ryzen51600aftop
当ページでは、Ryzen 5 4500の性能レビュー&搭載ゲーミングPCを紹介している。2022年4月に低価格帯のRyzenシリーズがラインナップに加わった。2020年2月に発売されたRyzen 5 3500の後継モデルだ。Ryzen 5 3500搭載モデルが市場からなくなり完全に切り替わっている。6コア6スレッドから6コア12スレッドへとスペックが高くなったが、アーキテクチャ自体はZen 2が維持されている。L3キャッシュ容量も半減だ。

性能的にはRyzen 5 3500とその上位モデルであるRyzen 5 3600の間に収まる。飛躍的な性能アップが見込めるわけではないので過度な期待はしない方がよい。搭載モデルについては、「Ryzen 5 4500搭載おすすめゲーミングPC」でまとめている。同時期に発売された「Ryzen 5 5500」もぜひチェックしておこう。それほど価格差もなく(およそ4,000円)ワンランク上のパフォーマンスを得られる。Zen 3アーキテクチャを採用しているのはポイントだ。搭載BTOパソコンの購入ならラインナップの豊富なRyzen 5 4500がよいのではないかと思う。発売から2年が経過しているが搭載モデルは多く今でも現役だ。単体CPUについては取り扱いショップが減少傾向にあり世代交代が進みそうだ。

現行モデルはZen 4アーキテクチャ採用の「Ryzen 5 7500F」だ。6コア12スレッドとスペック自体はRyzen 5 4500と同じだが、Ryzen 5 4500と比べてL3キャッシュが4倍になるなどキャッシュ周りが強化されている。Ryzen 5 7600Core i5-14400と同等のゲーム性能を誇る。残念ながらベンダー向けでBTOパソコンでしか手に入らない。

Ryzen 5 4500の基本情報

コードネームZen 2(Renoir)
プロセス7nm
コア/スレッド数6コア/12スレッド
定格/最大クロック3.6 GHz/ 4.1 Ghz
L3キャッシュ8MB
TDP65W
発売日2022年04月04日
MSRP$129
国内価格13,980円~ *2024/02/18時点
特徴 (+)低価格帯の候コスパCPU
(+)6コア12スレッドと性能が高くなった
(-)旧世代のZen 2アーキテクチャを採用している
(-)L3キャッシュが少なくゲーム適正が低い
評価 ・総合評価
6.0

・ゲーム評価
5.5

Ryzen 5 4500の基本情報

スペック

9,879円Ryzen 5 4500Ryzen 5 5500Ryzen 5 3600Ryzen 5 3500
*2023/06/22時点AMDAMDAMDAMD
コードネームZen 2
(Renoir)
Zen 3
(Cezanne)
Zen 2
(Matisse)
Zen 2
(Matisse)
プロセス7nm7nm7nm7nm
トランジスタ数98.0億107億38億-
ダイサイズ156 mm²180 mm²74 mm²-
コア6666
スレッド1212126
定格クロック3.6 GHz3.6 GHz3.6 GHz3.6 GHz
最大クロック4.1 GHz4.2 GHz4.2 GHz4.1 GHz
L3キャッシュ8MB16MB32MB
16MB
対応メモリDDR4-3200DDR4-3200DDR4-3200DDR4-3200
CPUクーラーWraith StealthWraith StealthWraith StealthWraith Stealth
内蔵GPU××××
PCI-ExpressGen 3Gen 3Gen 4Gen 4
TDP65W65W65W65W
MSRP$129$159$199$129
国内価格*13,980円
15,980円9,980円(中古)7,980円(中古)
発売日2022年04月04日2022年04月04日2019年07月07日2020年02月22日
Ryzen 5 4500のスペックについて見ていこう。前世代のRyzen 5 3500の後継モデルだ。Ryzen 5 3500もRyzen 5 4500と同じZen 2アーキテクチャを採用している。コードネームがMatisseからRenoirに変更された。APUの内蔵グラフィックスをなくしたモデルだ。トランジスタ数が多くそしてダイサイズが大きいのはそれが理由だ。7nmプロセスを採用しているのは共通点となっている。

Ryzen 5 3500は6コア6スレッドだが、Ryzen 5 4500ではハイパースレッディングに対応となり6コア12スレッドへと強化された。定格クロック及び最大クロックはそれぞれ3.6 GHz・4.1 GHzと変わっていない。L3キャッシュはまさかの半減で8MBだ。対応メモリはDDR4-3200となっている。CPUクーラーはWraith Stealthが搭載されている。

内蔵GPUはどちらも非搭載だ。別途グラフィックボードが必要となる。PCI-ExpressはGen 4からGen 3へとまさかのダウングレードだ。TDPは65Wとなっている。価格は$129だ。国内価格はついに10,000円を切っている。Ryzen 5 3600と非常に似たスペックであることがわかる。Ryzen 5 3600になると最大クロックが0.1GHz高く4.2GHzに到達している。さらに、L3キャッシュが4倍の32MBで、PCI-ExpressはGen 4.0に対応している。

最後に同時期に発売された上位モデルであるRyzen 5 5500とスペックを比較していく。Ryzen 5 5500は次世代のZen 3アーキテクチャを採用したCPUだ。プロセスは7nmとなっている。トランジスタ数が10%多く、ダイサイズも16%大きい。コア/スレッドは6コア12スレッドと共通だ。定格クロックはRyzen 5 5500も3.6GHzとなる。最大クロックもRyzen 5 5500の方が3%高い。L3キャッシュも倍の16MBだ。

メモリ・CPUクーラー・PCI-Express・TDPは共通となっている。価格差は$30だ。+$30でワンランク以上性能の高いCPUが入るということになる。相当に価格が下がらない限りRyzen 5 4500は選びづらいのではないかと思う。2024年2月時点での国内販売価格は13,980円となっている。上位モデルのRyzen 5 5500が15,980円なので妥当な価格設定と言えるのではないだろうか。Ryzen 5 3500は中古で7,980円~購入できる。コスパ重視ならRyzen 5 3500も選択肢として悪くない。

総合性能

ryzen54500benchmark

Ryzen 5 4500は、Ryzen 5 3600に近い処理性能を持つCPUだ。L3キャッシュ容量が少ないものの他のスペックは似ているため順当な評価だろう。従来モデルのRyzen 5 3500と比べて55%以上パフォーマンスが向上している。ハイパースレッディングに対応したことによる恩恵だ。上位モデルであるRyzen 5 5500との差は20%前後となる。L3キャッシュ容量に差があるためゲームプレイなどではこれよりも差が広がる形になる。Intelの同価格帯であるCore i3-12100と比べると35%上回っているが、やはりゲームプレイなどでは負けてしまう。

Ryzen 5 4500の特徴&注意点

待望のRyzen 5 3500の後継モデルが登場

Ryzen 5 4500は、多くのユーザーが待ち望んでいたCPUだ。低価格帯で安くパソコンを構築したい方の味方だ。2022年2月に登場したRyzen 5 3500が今でも販売されているのは異例だと言える。さすがに2022年時点でRyzen 5 3500では性能的に物足りなさが出てしまうため、Ryzen 5 4500の存在は大きい。

Ryzen 5 3500と比べてパフォーマンスも向上していてクリエイター用途でもある程度通用すると考えてよい。Ryzen 5 3600よりも安く購入できるなら十分候補に入る。問題はZen 3アーキテクチャ採用のRyzen 5 5500の存在だ。価格差がないのであればRyzen 5 5500の方が性能が高くマルチに通用する。

L3キャッシュ容量が少なくゲーム適正が低い

Core i7-1370037,120
Ryzen 7 7700X34,974
Ryzen 7 770034,121
Ryzen 5 7600X33,795
Ryzen 5 760031,422
Core i5-1340029,972
Ryzen 7 5700X28,269
Core i5-1240027,950
Ryzen 5 5600X27,823
Ryzen 5 560027,398
Ryzen 7 3700X26,934
Core i3-1310025,735
Core i3-1210025,031
Ryzen 5 550024,989
Ryzen 5 360023,412
Ryzen 5 450021,237
Ryzen 5 350019,903
Ryzen 3 410018,857
確かにRyzen 5 4500は価格が安く魅力的なCPUだが、ゲーム適正の低さが問題だ。L3キャッシュ容量が少ないことがマイナスになっている。上記ゲーミング性能を表したテーブルを見て分かる通り、Ryzen 5 3600やRyzen 5 5500と比べて大きくパフォーマンスが低下してしまう。20%-30%程度低くなると考えておく必要がある。4コア8スレッドのIntel Core i3-13100の方がゲーム適正は高い。

どのような用途を想定しているのかを基準に考えないと後悔してしまうことになるだろう。絶対に価格に釣られて手を出さない方がよい。2023年9月時点で各BTOメーカーのゲーミングPCあるいはグラフィックボード搭載ビジネスモデルを価格の安い順に並べるとRyzen 5 4500を搭載したモデルがトップに出てくる。

下位モデルならGTX 1650から上位モデルになるとRTX 4060 Tiとの組み合わせもあるぐらいだ。バランスを考えると悩ましいがグラフィックボード性能を重視するなら候補に入れてもよいかもしれない。FPSなどで高リフレッシュレートを目指す場合は不利になることがある。いずれにしてもRyzen 5 4500の性能を理解した上で選ぶのであれば価格を抑えられるという点で価値のあるCPUだ。ゲーミングデバイスに予算を割くこともできる。

搭載ゲーミングPCはラインナップが多く人気

各BTOメーカーで価格の安いゲーミングPCを検索すると、このRyzen 5 4500を搭載したモデルが多いことに気がつくはずだ。最近だとGTX 1650・RTX 3050・RTX 3060・RTX 3060 Ti・RTX 4060・RTX 4060 Ti搭載モデルとの組み合わせが人気だ。ドスパラ・パソコン工房・マウスコンピューター・TSUKUMOなどの大手BTOメーカーがこぞってラインナップ数を増やしている。

単体価格が9,980円と10,000円を切っていて市場では圧倒的な安さとなっている。Intel製CPUの低価格帯で人気のCore i5-13400(F)が31,940円~35,970円なのでいかに安いかがわかる。また、あまりゲーミングPCでは一般的ではないCore i3-13100(F)が18,000円~22,340円だ。予算を抑えたゲーミングPCにおいては必然的にこのRyzen 5 4500が選ばれる。ゲーミング性能自体はCore i5-13400やCore i3-13100よりも劣る点は理解しておくことが大切だ。あくまでも予算重視で選びたいユーザー向けと言える。

Ryzen 5 4500のゲームベンチマーク一覧

Far Cry 6

farcry6ryzen54500-Far Cry 6

Far Cry 6でのフレームレートを見ていく。Ryzen 5 3600と比べると18%-21%程度フレームレートが低い。やはりL3キャッシュ容量が少ないことによる弊害が生じてしまっている。Ryzen 5 5500との差は30%以上とさらに大きい。ゲーム目的ならRyzen 5 5500以上のZen 3アーキテクチャを採用したモデルがよいだろう。また、AMD製CPUにこだわりがなければIntel製CPUを選ぶ方がよいかもしれない。

Hitman 3

hitman3ryzen54500-Hitman 3

Hitman 3でも傾向は変わらない。Ryzen5 3600と比べてもパフォーマンスが低く、フレームレートの差は24%程度だ。Ryzen 5 5500と比べるとその差は45%以上まで広がってしまう。Core i5-12100と比べても34%も劣ってしまっている。

Watch Dogs: Legion

watchdogslegionryzen54500-watchdogs

Watch Dogs: Legionではやや差が縮まっているもののそれでもRyzen 5 3600との差は10%程度だ。最小fpsは16%程度劣っている。Ryzen 5 5500との差は21%-30%だ。Ryzen 5 5500との価格差は$30なのでやはりゲームプレイがメインならRyzen 5 5500を選択するべきだろう。

その他アプリケーションのベンチマーク

Cinebench R23

cinebenchryzen54500-cinebenchr23

Cinebench R23でCPUのパフォーマンスを見ていく。スペック通りのパフォーマンスが発揮されやすく実際の用途ではこの通りの性能が現れないことがあるのであくまでも一つの参考として見る必要がある。Ryzen 5 4500の性能はRyzen 5 3600とほとんど変わらない。スペックを見ればこれは納得できる。L3キャッシュの影響はないということだろう。Ryzen 5 5500との差はマルチスレッド性能で13%、シングルスレッド性能で22%だ。

Handbrake

handbrakeryzen54500-handbrake

動画のエンコードに掛かる時間を計測している。動画のエンコードではコア/スレッドが多いことが功を奏してCore i3-12100よりも10%前後高いパフォーマンスを発揮する。Ryzen 5 3600と比べるとx264では7%程度劣るもののおおよそ同等のパフォーマンスを持っていると言えるだろう。上位モデルのRyzen 5 5500になるとおよそ10%高い性能を期待できる。クリエイター用途を中心に考えているならRyzen 5 4500は魅力的な選択肢になるのではないかと思う。

Adobe Lightroom and Premiere Pro

Adobe Premiere Pro CCryzen54500-adobe

Adobeソフト使用時のパフォーマンスを見ていく。Ryzen 5 4500は、おおよそRyzen 5 3600と同等のパフォーマンスを期待できることがわかる。Ryzen 5 5500との差はLightroomで17%、Premiere Proで15%とやや大きい。Zen 3アーキテクチャ採用のCPUとの差は明白だ。Core i3-12100と比べてもそれぞれ15%前後パフォーマンスが低い。6コア12スレッドでも4コア8スレッドのCPUに適わないのは悩ましいところだ。

Ryzen 5 4500搭載おすすめゲーミングPC

Lightning AH5 Ryzen5 4500搭載モデル(ドスパラ)

Lightning AH5価格:87,980円+送料3,300円
CPU:Ryzen 5 4500
GPU:GeForce GTX 1650
メモリ:DDR4-3200 16GB
ストレージ:SSD 500GB NVMe
電源:450W 80PLUS BRONZE
コスパ:6.6

公式サイト詳細

ドスパラの低価格帯の救世主であるLightning AH5でもRyzen 5 4500を搭載したモデルが登場した。登場時は109,980円という価格設定だったが、22,000円も価格が下がってグラフィックス搭載モデルとして最安値クラスとなっている。税込10万円以下で購入できるのは魅力的だ。マウスやキーボードなどのデバイスを揃えても10万円前後で対応できる。グラフィックスにはエントリークラスのGeForce GTX 1650を搭載している。フルHD環境で設定を下げれば十分ゲームプレイに対応可能だ。メモリ16GB、SSD 500GBと構成も必要十分だと言える。電源ユニットは450W BRONZEだ。

Lightning AS5(ドスパラ)

Lightning価格:100,980円+送料3,300円
CPU:Ryzen 5 4500
GPU:GeForce RTX 3050
メモリ:DDR4-3200 16GB
ストレージ:SSD 500GB NVMe
電源:550W 80PLUS BRONZE
コスパ:7.4

公式サイト詳細

コストパフォーマンスの高い一台だ。Ryzen 5 4500×GeForce RTX 3050の組み合わせで10万円台は素晴らしい。CPUにはRyzen 5 4500を搭載していて最低限必要なCPU性能を持つ。グラフィックスはローエンドクラスでフルHD環境でのゲームプレイに適している。GeForce GTX 1650よりも余裕を持って対応できるのは嬉しい。レイトレーシング・DLSSといった機能もサポートしている。ただし、性能的にはDLSSの併用が必須となる。メモリ16GB、SSD 500GBという構成だ。電源ユニットは550W BRONZEを採用している。

LEVEL-M1P5-R45-LAX-SAKURA (パソコン工房)

LEVEL-M1P5-R45-LAX-SAKURA価格:99,800円+送料2,200円
CPU:Ryzen 5 4500
GPU:GeForce RTX 3050 6GB
メモリ:DDR4-3200 16GB
ストレージ:SSD 500GB NVMe
電源:650W 80PLUS BRONZE
コスパ:調査中

公式サイト

Ryzen 5 4500×GeForce RTX 3050 6GB搭載のゲーミングPCだ。ホワイトカラーのミニタワーケースを採用している。LEDカラーは桜色だ。GeForce RTX 3050 6GB搭載モデルが税込10万円以下で購入できるのは魅力的だ。GPUメモリ8GBモデルと比べると性能は低くGeForce GTX 1650が近い。フルHD環境で設定調整を行う必要がある。Ryzen 5 4500はCore i5シリーズと比べるとゲーム適正では劣ってしまうが、価格的な優位性があるなら選ぶ理由もある。メモリDDR4-3200 16GB、SSD 500GBと構成も充実している。電源ユニットは650W BRONZEを採用している。

Lightning AV5 Ryzen5 4500搭載モデル(ドスパラ)

Lightning価格:117,980円+送料3,300円
CPU:Ryzen 5 4500
GPU:GeForce RTX 4060
メモリ:DDR4-3200 16GB
ストレージ:SSD 500GB NVMe
電源:650W 80PLUS BRONZE
コスパ:7.3

公式サイト詳細

RTX 4060搭載モデルが税込11万円台で購入できる。旧世代に当たるRTX 3060搭載モデルよりも安い。今は時期がよい。サードウェーブ(ドスパラ)だからこそ実現できる価格設定だ。ケースデザインを気にしないなら選択肢に入れてもよい。RTX 4060は、Ada Lovelace世代のミドルクラスのグラフィックボードでフルHD環境でのゲームプレイに最適だ。RTX 3060と比べて20%以上処理性能が向上している。メモリDDR4-3200 16GB、SSD 500GB NVMeという構成だ。電源ユニットは650W BRONZEを採用している。

NEXTGEAR JG-A5G6T (マウスコンピューター)

nextgear価格:124,800円(送料無料)
CPU:Ryzen 5 4500
GPU:GeForce RTX 3060 Ti GDDR6X
メモリ:DDR4-3200 16GB
ストレージ:SSD 1TB NVMe
電源:750W 80PLUS BRONZE
コスパ:8.4

公式サイト詳細

GeForce RTX 3060 Ti搭載モデルが12万円台で購入できる。GDDR6X版でメモリ周りが強化されている。これで送料無料+標準3年保証付きなのだから非常にお得だ。旧世代ながらGeForce RTX 4060を上回る性能を持ち高リフレッシュレートでのゲームプレイも実現できる。メモリDDR4-3200 16GB・SSD 1TB NVMeと構成も十分だろう。電源ユニットは750W BRONZEを採用している。

NEXTGEAR JG-A5G60(スターターセット)(マウスコンピューター)

nextgear価格:159,800円(送料無料)
CPU:Ren 5 4500
GPU:GeForce RTX 4060
メモリ:DDR4-3200 16GB
ストレージ:SSD 512GB NVMe
電源:750W 80PLUS BRONZE
コスパ:8.6

公式サイト詳細
管理人コメント

ゲーミングモニター・ゲーミングマウス・ゲーミングキーボード・ゲーミングヘッドセットがセットとなったモデルだ。税込159,800円で一式を揃えられるのはメリットだ。送料無料+基本保証3年間とサポートも手厚く初めてのゲーミングPCとしてもぴったりだ。ゲーミングPC本体はRyzen 5 4500×GeForce RTX 4060搭載のミドルクラスだ。フルHD環境でのゲーム適性が高い。最新のタイトルでも対応しやすい。メモリDDR4-3200 16GB・SSD 512GB NVMeと構成も必要十分だ。電源ユニットは750W BRONZEを採用している。

Ryzen 5 4500搭載のゲーミングPC一覧

製品名価格CPUGPUメモリSSDHDD
GALLERIA RM5R-R46 4500搭載144,9805 4500RTX406016GB500GB×
GALLERIA RM5R-G50 SSD500GB搭載94,9805 4500GTX165016GB500GB×
GALLERIA RM5R-G60S104,9805 4500GTX1660 SUPER16GB500GB×
GALLERIA RM5R-R35119,9805 4500RTX305016GB500GB×
GALLERIA RM5R-R36129,9805 4500RTX306016GB500GB×
GALLERIA RM5R-R46 4500搭載134,9795 4500RTX406016GB1TB×
GALLERIA RM5R-R46T154,9805 4500RTX4060Ti16GB500GB×
Lightning AH585,9805 4500GTX165016GB500GB×
Lightning AS5100,9805 4500RTX305016GB500GB×
Lightning AV5117,9805 4500RTX406016GB500GB×
NEXTGEAR JG-A5G60129,8005 4500RTX406032GB1TB×
NEXTGEAR JG-A5G6T RTX 3060 Ti搭載124,8005 4500RTX3060Ti16GB1TB×
NEXTGEAR JG-A5G6T144,8005 4500RTX4060Ti16GB1TB×
G-Tune DG-A5G1B129,8005 4500GTX165016GB512GB×
LEVEL-M1P5-R45-LAX-WHITE99,8005 4500RTX3050 6GB16GB500GB×
LEVEL-M1P5-R45-RLX-WHITE124,8005 4500RTX406016GB500GB×
LEVEL-M1P5-R45-SAX-WHITE122,8005 4500RTX3060Ti16GB500GB×
LEVEL-M1P5-R45-SLX-WHITE134,8005 4500RTX4060Ti16GB500GB×
LEVEL-M7P5-R45-RBX119,7005 4500RTX306016GB500GB×
LEVEL-M7P5-R45-RLX129,8005 4500RTX406016GB500GB×
LEVEL-M7P5-R45-SLX139,8005 4500RTX4060Ti16GB500GB×
LEVEL-M1P5-R45-TLX-WHITE169,8005 4500RTX407016GB500GB×
FRGAG-B550/WS824125,8005 5600XRTX406016GB512GB×

参照外部サイト

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

ゲーミングPCの選び方
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
ゲーミングPCの特徴を比較
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya