GALLERIA RM5R-R46 4500top


ドスパラが販売する「GALLERIA RM5R-R46 4500搭載」のレビューをまとめた。Ryzen 5 4500×GeForce RTX 4060搭載のミドルクラスのゲーミングPCだ。GeForce RTX 4060搭載モデルとして選びやすい価格で当サイトとしても注目している。現時点ではより強力な競合モデルがあるためまずはそちらを確認しておくとよい。税込12万円台というのが破格であることは間違いない。

GALLERIA RM5R-R46 4500搭載のスペック

RM5C-G50-300x300

ブランド名GALLERIA
製品名GALLERIA RM5R-R46 4500搭載
価格128,800円(税込)
CPURyzen 5 4500(レビュー)
GPUGeForce RTX 4060(レビュー)
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GB
HDD非搭載
電源650W 80PLUS BRONZE
マザーボードチップセットA520
おすすめ度Aランク
評価・コスパ
7.2

—–内訳—–
・コスパ(CPU・GPUメイン)
7.2

・構成
5.5

・品質/サポート
9.0

>>GALLERIA RM5R-R46 4500搭載<<

各タイトルの対応表

FF15Apex LegendsFORTNITE
ff15
・4K


・WQHD
Apex-Legends
・240fps


・144fps
fortnite
・240fps


・144fps

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA RM5R-R46 4500搭載はRyzen 5 4500とRTX 4060を搭載したミドルクラスのゲーミングPCだ。CPU性能は控えめだが、グラフィックス処理性能が高くゲーム性能はまずまずだ。最高設定を下げれば、フルHDならほぼ全てのゲームを快適にプレイできる。

WQHDへの対応力も増していることから、ゲームによっては高解像度で楽しむことができる。Apex LegendsやフォートナイトはフルHDなら240Hz環境で対応可能だ。RPGなどの雰囲気を楽しむゲームや解像度が視野に影響を与えるゲームにも適した性能と言える。

GALLERIA RM5R-R46 4500搭載のゲーミング性能

AMD Ryzen 5 4500(CPU)

Core i7-1370037,120
Ryzen 7 7700X34,974
Ryzen 7 770034,121
Ryzen 5 7600X33,795
Ryzen 5 760031,422
Core i5-1340029,972
Ryzen 7 5700X28,269
Core i5-1240027,950
Ryzen 5 5600X27,823
Ryzen 5 560027,398
Ryzen 7 3700X26,934
Core i3-1310025,735
Core i3-1210025,031
Ryzen 5 550024,989
Ryzen 5 360023,412
Ryzen 5 450021,237
Ryzen 5 350019,903
Ryzen 3 410018,857

Ryzen 5 4500は、前世代のRyzen 5 3500と同じZen 2アーキテクチャを採用したCPUだ。性能は7%ほどの向上に留まっているが、6コア6スレッドから6コア12スレッドへと強化されている。スレッドが倍になったことで、純粋なCPU性能性能は向上している。一方で、L3キャッシュが半減となりゲーム適正はそれほど変わっていない。

対抗CPUのCore i5-13400と比べると30%以上の性能差があり、性能で対抗することは難しい。Ryzen 5 4500は価格で勝負するモデルで、搭載モデルでは1万円以上安いこともある。性能は落ちるが価格は安いというのが、今のRyzen 5 4500の強みだ。GALLERIA RM5R-R46はそのRyzen 5 4500のよさをしっかり引き出している。

GeForce RTX 4060(GPU)

RTX 407034,914
RX 680030,479
RTX 3070 Ti29,957
RTX 307028,194
RTX 4060 Ti28,036
RTX 2080 Ti26,552
RX 6700 XT25,895
RTX 3060 Ti24,213
RX 7600 XT23,782
RTX 406022,620
RX 760022,164
RX 6650 XT21,990
RX 6600 XT21,147
RTX 306018,722
RTX 2060 SUPER16,150
RTX 206014,812
GTX 1660 SUPER13,913

GeForce RTX 4060は、2023年6月29日に発売された最新のグラフィックボードだ。前世代のRTX 30シリーズでは最も人気のあったRTX 3060の後継機であり、かかる期待の高さは従来以上とも言える。性能はRTX 3060とRTX 3060 Tiの中間で、性能の伸びはそれほど大きくない。ただ、価格が従来と非常に近いこともあり、価格据え置きで性能だけ伸ばしたと考えれば優秀と言える。

従来のRTX 3060と比べて、RTX 4060は20%ほど性能が高い。また、WQHD環境への対応力が向上したことで、より汎用性の高いGPUとして人気が出ている。ミドルクラスでありながら、高解像度の対応力が伸びたことで新しい環境を構築しやすい。これまでになかったミドルクラスの一面が見られる特徴を持っている。そして、最大の特徴はワットパフォーマンスの高さだ。RTX 3060と同じ価格で性能は高く、RTX 3050と同等の消費電力である。従来のRTX 3060と比べて、完全な上位互換として、しっかりミドルクラスのニーズに合わせた特性を持ったGPUである。

>>GALLERIA RM5R-R46 4500搭載<<

GALLERIA RM5R-R46 4500搭載の特徴レビュー

選びやすいGeForce RTX 4060搭載モデルとして注目

GALLERIA RM5R-R46 4500搭載の魅力は、価格の安さだ。RTX 4060搭載モデルで税込13万円台は破格と言える。CPUにRyzen 5 4500を搭載し、チップセットも廉価なA520を採用して価格を抑えている。本来であれば、パフォーマンスを低下させるので弱点になる。しかし、価格が安いことで、それらの特性をうまく活かしているように見える。RTX 4060はミドルクラスのGPUだ。高くなり過ぎると選びにくい。

ミドルクラスのゲーミングPCは選びやすさと扱いやすさが重要だ。128,800円は誰にとっても選びやすい価格で、RTX 4060の性能はどんなゲームにも対応できる扱いやすさもある。GALLERIA RM5R-R46はこの価格帯でトップクラスのモデルと言える。登場からまだそれほど時間が経過していないことからも、まだまだ変化に期待が持てるのもいいところだ。少し前に特別モデルの対象となっていたように、ドスパラも力を入れているモデルと言える。

RTX 4060搭載モデルの中でも、優れた選びやすさのあるGALLERIA RM5R-R46は注目したいモデルだ。ゲーミングPCは15万円前後が最も選ばれている。その価格帯よりも少し低いところに設定されているのは素晴らしい。送料を含めても15万円以下に収まるのは評価できる。15万円の予算を用意している方ならゲーミングPC+周辺機器も買い揃えることができる。

モニターやマウスなどを安価に揃えるにしても、それなりに費用はかかってしまう。149,980円のモデルを購入しても、全て揃えるのに16万円をオーバーしてしまうことは間違いないだろう。それが128,800円であれば15万円以内で全て揃えることも可能だ。初心者にも、予算を抑えたい方にもおすすめしやすい価格帯であること、それがGALLERIA RM5R-R46のよさである。

ゲームを中心とするなら目立った弱点はない

GALLERIA RM5R-R46 4500搭載はRyzen 5 4500を搭載していることから、、CPU性能が低いという弱点がある。ただ、CPU性能が弱いことは、ゲームに対しての弱みになるとは限らない。RTX 4060の性能であれば高性能なCPU搭載モデルと比べても、パフォーマンスに差が生じにくい。これが最新のタイトルのように要求されるCPU性能が高いと顕著になりやすい。

もっとも、そういった場合はGPU性能も高めに要求される。つまり、バランス的にもそこまでボトルネックとならないのだ。そのことを考えれば、RTX 4060との組み合わせなら大きなマイナスとは言えないだろう。ゲーム用途に関して、GALLERIA RM5R-R46はRyzen 5 4500にネガティブな影響は受けにくいと言える。CPUが弱みになるモデルでも、本来のゲーム用途に限れば問題ない。

その一方で、ゲーム以外の用途に関して言えば、やや足を引っ張りやすい。単純にゲームをプレイするだけなら問題なくても、ゲームの動画を撮影、配信するとなるとRyzen 5 4500は性能的に苦しい。こういった点から、ゲームを中心とするなら目立った弱点はないが、幅広い用途に対応することは難しい。

初めてのゲーミングPCであったり、ゲームをプレイすることだけを考えていたりするならおすすめできる。配信や動画投稿を考えているなら、Core i5-13400Fのような汎用性のあるCPUを搭載したモデルをおすすめしたい。GALLERIA RM5R-R46が候補に入っているなら、特性を理解して選んでほしい。

>>GALLERIA RM5R-R46 4500搭載<<

似ているモデルとの比較

ブランドGALLERIANEXTGEAR
イメージGALLERIA RM5C-G60Snextgear
製品名GALLERIA RM5R-R46
4500搭載
NEXTGEAR JG-A5G60
ケースミニミニ
価格128,800円129,800円
送料3,300円無料
納期最短翌営業日最短4営業日
(有償オプションあり)
CPURyzen 5 4500Ryzen 5 4500
GPURTX 4060RTX 4060
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 32GB
SSD500GB NVMe1TB NVMe
電源550W BRONZE750W BRONZE
マザボA520B550
基本保証1年間3年間
電話サポート24時間365日24時間365日
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象はマウスコンピューターのNEXTGEAR JG-A5G60だ。GALLERIA RM5R-R46は値下げが適用となり、価格差は逆転している。ただし、価格差は1,000円程度であり、送料を考慮すれば価格差は逆転する。基本3年保証まで加えると、お得さではNEXTGEAR JG-A5G60が大きく上回る。GALLERIA RM5R-R46の強みは抑えられた価格だけだ。

が、それも覆されてしまいメリットの薄いモデルとなってしまった。現状ではNEXTGEAR JG-A5G60の方がおすすめしやすい。構成・価格・サポートで圧倒しているからだ。SSD容量・電源容量・チップセットでNEXTGEAR JG-A5G60がリードしている。特にキャンペーン中のメモリ32GBと倍増は大きい。

GALLERIA RM5R-R46はここからさらに価格を下げて、11万円台に突入すれば大きなアドバンテージを得られる。そうなってようやくNEXTGEAR JG-A5G60に対抗できる程度だ。送料込みで10,000円の差をつけることができれば、GALLERIA RM5R-R46を選ぶメリットも出てくる。そうなるまではNEXTGEAR JG-A5G60をおすすめしたい。

パソコンケースレビュー

スタンダードガンメタリックのレビューとなる。機能性についてはプレミアムもスタンダードも共通だ。

正面

GALLERIA RM5C-G50-syoumenドスパラの新ケースとなっている。デザインハウスが設計したケースだけあってデザイン性が高い。ミニタワーケースとなっているが、従来のミニタワーよりは一回り大きくなっていてミドルタワーの差が縮まっている。違うのは高さだけで奥行きと幅はミドルタワーと共通だ。

右サイド

GALLERIA RM5C-G50-right右サイドはシンプルで吸気口だけが設けられている。高さ分の吸気口があるのでエアフロー改善には効果的だ。ガンメタリックのケースが高級感を演出している。

左サイド

GALLERIA RM5C-G50-left左サイドにも吸気口がある。また、一部クリアガラスパネルを採用していて中身が見えるようになっている。最近のモデルらしいデザインだと言える。

背面パネル

GALLERIA RM5C-G50back背面パネルについてはオーソドックスなものになっている。前面の両サイドから取り入れられた空気が上部及び後ろから排出してくれる。本体内部に熱がこもらないような工夫が見られる。140mmサイズの冷却ファンを搭載しているのも後押ししてくれる。

正面-LED

GALLERIA RM5C-G50-ledケースの枠組みにLEDが配置されている。オシャレな演出だ。このLEDについては専用のソフトウェアからコントロールすることができる。

I/Oパネル

GALLERIA RM5C-G50-iopanel前面に斜めにI/Oパネルが配置されている。電源ボタン、USB 3.2 Gen1 Type-A x4、ヘッドフォン端子が設けられている。USBが4つもあるのは使い勝手が良い。

>>GALLERIA RM5R-R46 4500搭載<<

管理人による総評(GALLERIA RM5R-R46 4500搭載)

GALLERIA RM5R-R46ascii

GALLERIA RM5R-R46 4500搭載は、Ryzen 5 4500×GeForce RTX 4060搭載のゲーミングPCだ。登場から時間が経ち、旧世代のGeForce RTX 3060搭載モデルと変わらない価格にまで下がった。これにより、ミドルクラスのゲーミングPCを探している方にとって、以前と変わらず選びやすいモデルとなっている。60番台のモデルもWQHD環境への対応力も増し、様々なゲームでこれまでとは違う環境を楽しむこともできる。

以前のミドルクラスにはなかった特性を持っていることから、これまで以上に60番台のミドルクラスに注目が集まっている。CPUはRyzen 5 4500を採用している。性能自体は必要最低限で、かなり抑えられている。GeForce RTX 4060の性能であればボトルネックになるというようなことはない。その一方で、CPU性能が求められる用途には弱い。

ゲーム自体に問題はなくても、ゲームに関連した動画の撮影や編集、配信では性能不足を痛感する場面もあるだろう。GALLERIA RM5R-R46の強みはGeForce RTX 4060を搭載していることによるゲーム性能だ。ゲーム以外の用途をあまり考えていないなら、十分におすすめできるモデルだ。他社からより優れたモデルがリリースされているのがネックとなるぐらいだ。GALLERIAブランドにこだわりたい方向けと言える。

価格CPUグラボ
119,980円(税込)Ryzen 5 4500RTX4060
メモリSSDHDD
DDR4 16GB500GB非搭載