GALLERIA RM5R-R36 4500top


当記事では、ドスパラ「GALLERIA RM5R-R36 4500搭載」の詳細レビューをまとめている。Ryzen 5 4500×RTX 3060搭載のミドルクラスのゲーミングPCだ。フルHD環境でならある程度のゲームプレイを行える。Ryzen 5 4500は、2022年4月に発売された比較的新しいCPUだが、Ryzen 5 3600のリフレッシュモデルに近く性能的にもそれほど変わるわけではない。価格がそのRyzen 5 3600以上になっていて選びづらさがある。今はIntel製CPU搭載モデルを検討する方が満足度が高いはずだ。

GALLERIA RM5R-R36 4500搭載のスペック

RM5C-G50

ブランド名GALLERIA
製品名GALLERIA RM5R-R36 4500搭載
価格194,980円(税込)
CPURyzen 5 4500
グラフィックボードGeForce RTX 3060
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GB
HDD非搭載
電源650W BRONZE
マザーボードチップセットA520
コスパ★★☆☆☆☆☆☆☆☆ 1.7

>>GALLERIA RM5R-G60S 4500搭載を購入<<

各タイトルの対応表

Final Fantasy 14
4K
Apex Legends
144Hz
Apex Legends
60Hz
フォートナイト
240Hz
フォートナイト
140Hz
ff14suisyou
★★☆☆☆
Apex-Legends
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★☆
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA RM5R-R36 4500seinou

GALLERIA RM5R-R36 4500搭載はRyzen 5 4500とRTX 3060を搭載したミドルクラスのゲーミングPCだ。性能のバランスはよく、扱いやすいモデルである。初めてのゲーミングPCとしても安心して使えるはずだ。フォートナイトやApex Legendsのような人気タイトルをメインにプレイするには適したモデルだ。ただし、144Hzを超えるような環境では設定を大きく下げても安定しにくいので注意が必要だ。性能についてはしっかり理解しておこう。

GALLERIA RM5R-G60S 4500搭載のゲーミング性能まとめ

Ryzen 5 4500(CPU)

ryzen54500benchmark

GALLERIA RM5R-G60S 4500搭載で搭載されているのは第3世代Ryzenシリーズの最新作であるRyzen 5 4500だ。まさか2022年4月に第3世代のRyzenシリーズが登場するとは思わなかった。Ryzen 5 3500の後継モデルで13%程度性能が向上している。Ryzen 5 3600と比べると30%程度パフォーマンスで劣ってしまう。Ryzen 5 3500の後継モデルとして考えると及第点だろう。6コア12スレッドとハイパースレッディングに対応したことで動画編集や画像編集などのクリエイター作業への適性も上がった。Core i3-12100と同程度の性能であることを考えるとやや厳しいか。

GeForce RTX 3060(GPU)

rtx3060benchmark

当該モデルで採用されているグラフィックスは、Ampere世代のGeForce RTX 3060だ。ミドルクラスのグラフィックボードで人気が高い。GPUメモリ容量が12GBと大容量なのも魅力的なポイントだ。従来モデルのRTX 2060と比べると20%近く処理性能が向上している。フルHD環境でなら高設定でも対応可能だ。タイトルによっては設定調整が必要だが、ゲーム適性はまずまずだ。Ryzen 5 4500とのバランスを考えると悪くない。GTX 1660やGTX 1060 6GBからの買い替えなら性能差を体感できる。

>>GALLERIA RM5R-R36 4500搭載を購入<<

GALLERIA RM5R-R36 4500搭載の特徴まとめ

値上げと被って低評価スタート

GALLERIA RM5R-R36 4500搭載は、最新のCPUであるRyzen 5 4500を搭載して登場したゲーミングPCだ。注意点として、Ryzen 5 4500の中身は現行である第4世代のRyzenではなく、第3世代のRyzenに近い。AMDお得意のリネームモデルと言う方がしっくり来る。旧世代で言えばRyzen 5 3600とRyzen 5 3600との間でややRyzen 5 3500寄りだ。

登場から数年経って価格の下がったRyzen 5 3600と登場したばかりのRyzen 5 4500では価格差が大きい。数万円単位で高くなっている。今さらRyzen 5 4500を選択するメリットがない状況である。RTX 3060と組み合わせても価格を抑えられていない。Ryzen 5 3600と言えば、Core i5-11400と同等程度の性能である。

世代を考えれば健闘しているが、価格で見ればとんでもないことだ。今は搭載モデルも少なくなったが、Core i5-11400とRTX 3060の組み合わせは15万円程度である。そのモデルよりも性能で落ちるGALLERIA RM5R-R36は19万円台での販売だ。性能で上回るモデルよりも4万円高いとなれば、何を理由に選択すればいいのだろうか。

ゲーミングPCは価格や性能だけで決められない部分がある。それでも、あえて性能が低く価格の高いモデルは選ばないだろう。円安でドスパラは値上げを適用している。このタイミングで最新のCPUとなれば割高になるのは目に見えている。円安が落ち着くのを待っていると次世代の第5世代のRyzenシリーズが登場してしまう。

空気のような存在感ながら、今しか登場のタイミングはなかったということだ。価格が安ければ選びやすいモデルになっていたかは別として、低評価スタートとなったGALLERIA RM5R-R36の今後は少し厳しそうだ。比較対象モデルを確認しておくべきだろう。

独自性の少ないモデル

GALLERIA RM5R-R36 4500搭載の評価が低いのは、性能に対する価格の高さによるものだ。これがCore i5-12400のように、全てのCPUを過去にする性能を持ち、非常に抑えられた価格を持っていたなら話は違っていた。また、構成にこだわりが見られるなどオンリーワン的な存在であれば評価は変わったはずだ。

Core i5-12400の性能はCore i7-11700を超え、Ryzen 7 5700Gに匹敵する性能を持っている。これまでRyzen 5 3600と同等だったCPUが一気に化けた。新しいCPUにはこういった性能の伸びを期待したい。Ryzen 5 4500に対する印象は、古くなったRyzen 5 3000シリーズの換装だ。

新しさよりもマイナーチェンジ・リニューアル・リネームと言ったところだろうか。そのため、既存の性能と同じ程度ならあえて新しい方を選ぶことはない。もしも、価格が同じであるなら新しい方がいいが、そんなことにはならなさそうだ。今回のRyzen 5 4000シリーズにしても、Ryzen 5 5000シリーズにしても、ユーザーのためという印象はない。

結局、Ryzen 5 4500を搭載していても、これまでにあったモデルと同じ性能で価格が高いモデルとなる。これでは魅力のあるモデルとは言えない。本来であれば、この4000シリーズと5000シリーズはRyzen 5 5600Xからあまり間を置かずに登場させたかった。

GALLERIA RM5R-R36はこれまでにないモデルというわけではない。これまで同等の性能を持つモデルはいくつもあった。そして、それらのモデルよりも高値での登場だ。目新しさという独自性を持たない最新モデルは今選択する価値はなさそうだ。

>>GALLERIA RM5R-R36 4500搭載を購入<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA RM5C-G50-syoumenドスパラの新ケースとなっている。デザインハウスが設計したケースだけあってデザイン性が高い。ミニタワーケースとなっているが、従来のミニタワーよりは一回り大きくなっていてミドルタワーの差が縮まっている。違うのは高さだけで奥行きと幅はミドルタワーと共通だ。

右サイド

GALLERIA RM5C-G50-right右サイドはシンプルで吸気口だけが設けられている。高さ分の吸気口があるのでエアフロー改善には効果的だ。ガンメタリックのケースが高級感を演出している。

左サイド

GALLERIA RM5C-G50-left左サイドにも吸気口がある。また、一部クリアガラスパネルを採用していて中身が見えるようになっている。最近のモデルらしいデザインだと言える。

背面パネル

GALLERIA RM5C-G50back背面パネルについてはオーソドックスなものになっている。前面の両サイドから取り入れられた空気が上部及び後ろから排出してくれる。本体内部に熱がこもらないような工夫が見られる。140mmサイズの冷却ファンを搭載しているのも後押ししてくれる。

正面-LED

GALLERIA RM5C-G50-ledケースの枠組みにLEDが配置されている。オシャレな演出だ。このLEDについては専用のソフトウェアからコントロールすることができる。

I/Oパネル

GALLERIA RM5C-G50-iopanel前面に斜めにI/Oパネルが配置されている。電源ボタン、USB 3.2 Gen1 Type-A x4、ヘッドフォン端子が設けられている。USBが4つもあるのは使い勝手が良い。

似ているモデルとの比較

ブランド名GALLERIAG-Tune
イメージgalleriarseriesnextgear-micro
製品名RM5R-R36 4500搭載TD-S
価格194,980円(税込)189,800円(税込)
CPURyzen 5 4500Core i7-11700F
GPURTX 3060RTX 3060 Ti
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
電源650W BRONZE700W BRONZE
マザーボードA520B560
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象は当サイトとG-TuneによるコラボレーションモデルG-Tune TD-Sだ。一世代前のCore i7-11700搭載だが、Ryzen 5 4500よりも圧倒的に優れた性能を持っている。そして、GPU性能もワンランクアップし、ハイクラスの性能帯である。

価格も5,000円安いので、性能やコストパフォーマンスを重視するなら間違いなくおすすめだ。今Ryzen 5 4500搭載モデルをチェックするなら、旧型のIntel製CPU搭載モデルが狙い目になる。その数は減ってきているので、探すにしても選ぶにしても早めをおすすめする。

>>GALLERIA RM5R-R36 4500搭載を購入<<

管理人による総評(GALLERIA RM5R-R36 4500搭載)

RM5C-G50

GALLERIA RM5R-R36 4500搭載は、Ryzen 5 4500×RTX 3060搭載のゲーミングPCだ。フルHD環境でのゲームプレイがメインターゲットとなる。Ryzen 5 4500の存在はややトリッキーで最新モデルながら旧モデルとなっている。ゲーム適性がそれほど高いわけではなく今の価格が継続されてしまうと選びづらい。

もう少し時間が経てば価格が下がってくるのではないかと思う。現時点ではIntel製CPUを搭載したモデルを選択するべきだ。AMDにとっては、あまりにも分が悪い戦いになってしまう。メモリ16GB、SSD 500GBと構成は必要十分だ。

価格CPUグラボ
194,980円(税込)Ryzen 5 4500RTX3060
メモリSSDHDD
DDR4 16GB500GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya