Lightning AV5top


当記事では、ドスパラ「Lightning AV5」の詳細レビューをまとめている。RTX 3060×Ryzen 5 3500を搭載したBTOパソコンだ。ビジネスモデルという括りだが、一定のゲーミング性能を持っている。価格の安いRyzen 5 3500を選択したことである程度価格が抑えられる結果となった。ゲーミングPC全体の価格が高騰している中では手頃であることは間違いない。しかしながら、RTX 3060搭載モデル全般は価格が下落傾向にある。そのような状況下では評価が上がらないのも必然だ。

Lightning AV5のスペック解説

Lightning AH5

ブランド名Lightning
製品名AV5
価格Windows 10 / 144,980円(税込)
CPURyzen 5 3500
グラフィックボードGeForce RTX 3060
メモリDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD非搭載
電源650W BRONZE
マザーボードチップセットA520
コスパ★★★☆☆☆☆☆☆☆3.4

>>Lightning AV5を購入<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★☆☆☆
Apex-Legends
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★☆
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

Lightning AV5の性能まとめ

PC初心者の方がスペックを見てもなかなか性能面をイメージすることができないかもしれない。ここでは具体的に当該ゲーミングPCに搭載されているパーツについて解説していく。

GeForce RTX 3060(GPU)

rtx3060seinounew

GeForce RTX 3060は、Ampere世代におけるミドルクラスのグラフィックボードだ。ついに60番台のグラフィックボードが登場した。GTX 1060 3GB→GTX 1660 SUPERと60番台はこれまでも人気が高いモデルだった。RTX 3060は、前世代のRTX 2060 SUPERよりも高い性能を持ちフルHD環境で快適にゲームをプレイすることができる。GPUメモリ容量が12GBと大容量で4K解像度に対応できるポテンシャルもある。Turing世代のグラフィックボードよりもワンランク上の性能となっている。

Ryzen 5 3500(CPU)

ryzen 5 3500-seinou

Ryzen 5 3500は、6コア6スレッドとゲーミング用途として控えめな性能のCPUだ。性能よりも価格を重視したモデルだと言える。RTX 3060との相性はそれほどよいとはいえないが、大きなデメリットとなることはない。高解像度でのゲームプレイは不利になってしまうことは理解しておこう。動画配信などを考えている方はRyzen 5 3600以上を選択した方が満足できるはずだ。

総合性能

Lightning AV5seinou

Lightning AV5は、RTX 3060とRyzen 5 3500を組み合わせたモデルだ。性能の高さよりも価格を意識した組み合わせだ。ややアンバランスな性能は扱い方によってはデメリットにならない。本格的なゲームプレイも可能な性能であるため、フルHDでの運用なら十分なパフォーマンスを得られるはずだ。

RTX 3060は4K解像度へ対応できる最低限のGPUだが、Ryzen 5 3500はあまり適していないことからFF14を4Kでプレイするのは少し難しい。フルHDを基本としたゲームプレイを想定したい。Apex Legendsやフォートナイトは設定を少し下げれば高リフレッシュレートでの安定も可能だ。GPU性能は非常に強力なので、フレームレートの安定を図りやすい。CPU負荷が低めのタイトルでは快適性は非常に高いはずだ。少しクセはあるが扱いやすいモデルである。

>>Lightning AV5を購入<<

Lightning AV5の特徴&強み

何も変わらず相対的に評価が下がる

Lightning AV5はあまり変化がないゲーミングPCだ。RTX 3060搭載モデルの不安定さからは考えられないほど安定している。しかし、プラス要素とも言える据え置きが評価を下げる要因となっている。実はRTX 3060搭載モデルの不安定さはCore i7やRyzen 7のような高性能なCPUと組み合わせたモデルが中心だ。価格を抑えたRyzen 5やCore i5搭載モデルは徐々に価格が下がり始めている。

また、多くのモデルがRyzen 5 3600を採用していることもあり、Ryzen 5 3500搭載で価格が下がらないことがマイナス評価となっている。同等の性能を持つモデルは13万円台に突入し、低価格路線を進めている。Lightning AV5も製品としては何の問題もない。標準的とも言えるモデルだ。ただ、低価格帯のモデルは他製品の影響を大きく受ける。

相場が下がればそれを追随しなくては一気に評価は落ちる。このように、価格で相対的に評価が下がる場合、高性能なモデルよりも顕著だ。性能や構成ではなく、価格で勝負するモデルにとっては最も重要な要素だからだ。値上げはせず、値下げはしっかりする。極端に言えばこういうモデルが評価される。

何の変化もないことは相場が上がっているときにはプラスでも、下がり始めるとマイナスになる。Lightning AV5はタイミング次第でおすすめできるモデルになる。相場が高くなり、15万円を超えた辺りからおすすめしやすくなる。価格が下がっている今は評価的にも微妙なモデルである。

魅力を感じにくいRTX 3060搭載モデル

前述のように、RTX 3060に組み合わせるRyzen 5の主流はRyzen 5 3600になりつつある。Ryzen 5 3500を採用する場合、Ryzen 5 3600搭載モデルよりも価格を抑える必要がある。価格が変化しないことが強みであり、弱みでもあるLightning AV5には重要なことだ。現状ではRyzen 5 3600搭載モデルよりも価格が高い。これではLightning AV5を選ぶメリットがない。

相場が上がったとしても、Ryzen 5 3600搭載モデルと比べた時、どの程度価格を抑えられるのかが重要になる。例えば、Ryzen 5 3500とRyzen 5 3600搭載モデルとの価格差は、多くの場合5,000円程度だ。相場が上がり、Ryzen 5 3600を搭載した比較対象のモデルが値上げをしたとする。13万円台から149,980円になったとしたら1万円以上の値上げだ。

しかし、Lightning AV5との価格差は5,000円なので上位モデルとしては適正価格となる。こうなってはLightning AV5にとって厳しい状況だ。価格が変化しないなら、Ryzen 5 3500搭載モデルとして現時点で価格を抑えていなければならない。しかもLightning AV5はゲーミングPCではなく一般向けPCだ。

掛かるコストも控えめであるため、ゲーミングPCよりも安くてこそのモデルだ。タイミング次第ではおすすめできるモデルではあるが、逆に言えばタイミング次第では絶対に選んではいけないモデルにもなり得るということだ。選択の際は比較対象のモデルをチェックしてみてほしい。

>>Lightning AV5を購入<<

Lightning AJ5のパソコンケースレビュー

正面

Lightning AH5-syoumenぱっと見るとわかるとおりゲーミングPCという印象を受けない。やはり一般用とのパソコンと考えた方が良いだろう。見た目も重視したい方は避けよう。I/Pパネルの一部は全面に配置されている。

右側

Lightning AH5-right本体の右側は何もなくシンプルだ。一般的なパソコンそのものだと言える。

左側

Lightning AH5-left左側には空気弁が設けられている。ここから空気を取り入れて本体内部を冷やす。ミドルクラスの性能なら不安は何もない。

内部

Lightning AH5-insideかなりすっきりとした中身となっている。GTX 1660自体がコンパクトなこともあって圧迫感はない。

エアフロー

Lightning AH5-airflowエアフローの流れをまとめている。すでに書いたサイドと前面から空気を取り入れてファンの力を借りて後方に熱い空気を排出する。

似ているモデルとの比較

ブランド名LightningG-Tune
イメージLightning AH5nextgear-micro
製品名AV5HM-A-KK
価格144,980円(税込)139,800円(税込)
CPURyzen 5 3500Ryzen 5 3600
GPURTX 3060RTX 3060
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
電源650W BRONZE700W BRONZE
マザーボードA520B450
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象はG-Tuneと価格.comのコラボレーションモデルG-Tune HM-A-KKだ。構成はよく似ているが、CPU性能、電源容量、チップセットでG-Tune HM-A-KKが上回る。性能と構成でG-Tune HM-A-KKが優れ、価格も5,000円ほど安い。現時点でRyzen 5とRTX 3060を搭載したモデルで最も優れたモデルだ。

抑えられた価格に扱いやすい性能を持っている。13万円台のモデルとしても非常に人気が高い。この価格帯・性能帯ならG-Tune HM-A-KKをおすすめしたい。Lightning AV5はG-Tune HM-A-KKよりも価格が5,000円以上下回ると選択肢に入ってくる。それまではG-Tune HM-A-KKを選んでおく方がいい。

管理人による総評(Lightning AV5)

Lightning

Lightning AV5は、RTX 3060×Ryzen 5 3500搭載のBTOパソコンだ。グラフィックボードはミドルクラスのRTX 3060を搭載している。フルHD環境以上にも対応できる裾の広さが魅力だ。CPUにはRyzen 5 3500を搭載している。6コア6スレッドと性能は控えめで高いパフォーマンスは期待できない。

RTX 3060と釣り合いが取れているわけではないが、最低限の基準はクリアできている。RTX 3060搭載モデルの価格が下がり始めている時期に価格が維持されているモデルは評価が上がらない。基本的には比較対象モデルをチェックしておくほうがよいだろう。

価格CPUグラボ
144,980円(税込)Ryzen 5 3500RTX3060
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB非搭載

当記事の訪問された方に人気の記事一覧

  • おすすめゲーミングPCランキング【2021年】
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ
  • Lightning AV5を販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。