GALLERIA RM7C-R46Ttop


ドスパラが販売する「GALLERIA RM7C-R46T」のレビューをまとめた。Core i7-13700F×RTX 4060 Ti搭載のミドルハイクラスのゲーミングPCだ。現在ガレリアブランドのNo.1モデルで注目度は高い。202,980円→194,980円→214,980円→229,980円→219,980円→218,980円と直近数ヶ月程度で大きく価格が変動している。Core i5シリーズではなくCore i7シリーズを搭載しての価格ならまずまずだ。

型番の解説コーナー

GALLERIA RM7C-R46Tという型番はただの英数字の羅列に見える。実はその英数字を分解して見るとグレードや搭載されているグラフィックボード/CPUがわかる仕組みになっている。「GALLERIA RM7C-R46T」は、R=シリーズ(Refine:洗練)、M=MicroATX(ケース)、7C=Core i7-14700F、R46T=GeForce RTX 4060 Tiということだ。

GALLERIA RM7C-R46Tのスペック解説

メーカードスパラ
ブランド名GALLERIA
製品名GALLERIA RM7C-R46T
価格219,980円
CPUCore i7-14700F(レビュー)
グラボGeForce RTX 4060 Ti(レビュー)
メモリDDR5-4800 16GB
ストレージSSD 500GB NVMe
電源650W 80PLUS BRONZE
マザーボードチップセットB760
おすすめ度Bランク
評価・コスパ
6.8

—–内訳—–
・ショップ評価
8.9
2024/6/7追記

GALLERIA RM7C-R46Tのコストパフォーマンスの評価は7.0だ。標準よりも高く、GeForce RTX 4060 Ti搭載モデルとしてはまずまずな数値だ。今回のリニューアルで1,000円安くなっている。現在ゲーミングPCは円安の影響で値上げが続いている。かつてはGALLERIA RM7C-R46Tも229,980円だった時期がある。この状況の中で僅かでも価格を下げたのは大きい。コストパフォーマンスの評価は相対的な影響を受ける。

1,000円でも値引きされると、それだけで大きく評価を伸ばすこともあるほどだ。GALLERIA RM7C-R46Tは価格を重視したモデルだ。理想を言えばもう少し価格を下げてほしいところだ。思ったよりも価格変化がないところから、値上げを抑えてなんとか維持しているということなのだろう。こういった価格を重視したモデルは、価格を抑えられなければなかなか選ばれない。

SSD容量は500GBであるため、これ以上のコストカットも難しそうだ。そう考えていると、いつの間にかメモリ規格がDDR4-3200からDDR5-4800にアップグレードされていた。体感しにくい差ながら、確実な性能アップが見込める変化だ。このアップグレードに合わせて1,000円の値引きは、価格以上の価値がある。通常なら5,000円近い値上げが適用されていてもおかしくない。

そのまま素直に受け止めると、素晴らしい変化だと言える。気になるのは最近のキャンペーン内容だ。ドスパラのキャンペーンは、いつしか値下げなどのセールではなくポイント付与が多くなっていた。そして、今ではポイントさえ付与しない形に変化している。ドスパラのキャンペーンは、通常モデルをカスタマイズして、数千円のクーポンを発行するに留まっている。カスタマイズ後の価格は、通常モデルをカスタマイズするのと同額だ。

つまり、モデルの単価を維持しつつ、少しお得に見せる手法になっている。GALLERIA RM7C-R46Tの1,000円引きとメモリ規格のアップグレードも、単価を維持する目的があるのではないかと邪推してしまう。本来なら5,000円引きだったところを、メモリのアップグレードで値引き額を抑えたのではないか。値引きやアップグレード自体はありがたいが、価格を抑えた方が恩恵は大きかったように思う。

>>GALLERIA RM7C-R46Tを購入<<

GALLERIA RM5R-R46Tのカスタマイズ(おすすめ度)

  • CPU ×
  • CPUファン △
  • CPUグリス △
  • メモリ △
  • SSD ◯
  • 電源 △

GALLERIA RM7C-R46Tのカスタマイズは幅が広い。CPUに関してはCore i7-14700を選択できるだけで、他に選択肢がないのでおすすめしない。Core i7-14700はCPUにグラフィック機能が内蔵されたタイプで、グラフィックボードを搭載しているゲーミングPCには不要だ。ただ、Core i7-14700F搭載はグラフィックボードが故障したり、グラフィックボードを流用したりする際にはモニターに出力する機能がない。何かあった時にはCore i7-14700は助かる。4,900円なので一考の価値はありそうだが、実用のタイミングが限定的でおすすめしにくい。

CPUファンとCPUグリスのカスタマイズは悪くない。CPUの電力制限を解除するなら、水冷のCPUファンや冷却性能の高い空冷ファンがおすすめだ。CPUファンを交換するなら、ついでにグリスも交換したい。恩恵はそれほど大きくないものの、せっかくならCPUファンのポテンシャルを引き出したい。

メモリは32GBまでならカスタマイズを検討してもいい。GeForce RTX 4060 Tiの性能ならゲームでも活かせる。Core i7-14700Fの性能があれば、ゲーム以外でも32GBが必要な用途に対応できる。このことから、メモリ容量はカスタマイズしても恩恵が大きいと言える。

おすすめ度がそれほど高くないのは、カスタマイズにかかる費用が割高であるからだ。とくに、メモリがDDR4-3200からDDR5-4800にアップグレードされたことで、12,100円だった費用が13,900円になった。価格を重視したモデルであるGALLERIA RM7C-R46Tにとっては、決して安くない金額だ。16GBで不足する自体が少ないことを考えると、重要性は低いとも取れる。金額の問題と合わせて、がおすすめ度の高くない理由である。

SSDはGALLERIA RM7C-R46Tの弱点の一つだ。SSDの容量を1TBにすることは、カスタマイズで最も恩恵が大きい。500GBと1TBでは容量が2倍違うだけではない。OSなどのシステム容量で100GB程度消費すると、空き容量は900GBと400GBだ。容量の差は2.25倍にまで広がる。必須のアプリケーションやゲームを保存するとその差はさらに広がる。1TBへ変更するだけで余裕がかなり違ってくるのでおすすめだ。

電源は標準で650W 80PLUS BRONZEを搭載している。Core i7-14700FとGeForce RTX 4060 Tiの組み合わせなら必要十分だ。余裕をもたせるなら750W 80PLUS GOLD、ハイエンドクラスのグラフィックボードなどに変更する可能性があるなら850Wの電源を選択しておきたい。とくに変更する予定がないなら、カスタマイズの必要はない。

各タイトルの対応表

Apex Legendsフォートナイトパルワールドマイクラ
Apex-Legends
・240Hz


・144Hz
fortnite
・240Hz


・144Hz
palworld
・144Hz


・60Hz
minecraft1
・影Mod


・通常

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA RM7C-R46TはCore i7-14700FとGeForce RTX 4060 Tiを搭載したミドルハイクラスのゲーミングPCだ。優れたCPUとグラフィックボードで、ゲームへの対応力が高い。扱いやすい性能は、初心者から上級者まで幅広くカバーしている。

Apex Legendsは240fpsの張り付きは少しむずかしい。設定を下げることを前提に、やや負荷を調整する必要はある。設定次第でおおよそ240fpsを実現できる。同じバトロワ系の人気ゲームフォートナイトは負荷が軽めだ。DirectX 12でなければ240fpsの張り付きは達成できる。設定を細かく調整すればDirectX 12の環境でも高いフレームレートで安定はできる。

爆発的な人気を博したパルワールドは、メモリ以外の推奨環境は満たせる。快適にプレイすることはできるが、144fpsのような高いフレームレートの安定はむずかしい。パルワールドも設定を下げることで安定させることはできる。

人気のMinecraftは、影Modのような負荷の高いModを導入しても安定させやすい。マルチサーバーでも安定し、ゲーム環境を選ばないのが持ち味だ。負荷の高いModやゲームシステムに変更を加えるModも対応可能だ。

GALLERIA RM7C-R46Tの性能まとめ

ゲーミングPCは、グラフィックボードやCPUなどのPCパーツの集合体だ。ここではゲームプレイに重要なグラフィックボードとCPUについて分解して細かく見ていく。

PC初心者の方がスペックから、性能をイメージすることは難しいだろう。全体として見るのではなく一つずつのパーツを見ていく方が理解しやすいと考えている。

Core i7-14700F(CPU)

i7-14700-gamescore

GALLERIA RM7C-R46Tで搭載されているCPUは、Intel第14世代のCore i7-14700Fだ。Core i7-14700FはCore i7-14700と異なり、CPU内蔵グラフィックスは非搭載である。当該モデルではグラフィックボードを搭載しているためデメリットにはならない。20コア28スレッドとスペックが高く従来のIntel第12世代最高峰のCore i9-13900Kに匹敵するゲーム性能を持ち優れたCPUであることがわかる。

競合モデルのRyzen 9 7900Xとの性能差は14%とかなり大きい。また、マルチコア性能でもハイブリッドコアアーキテクチャの採用で競合モデルを過去のものにした。ゲーム実況・動画エンコードなどの用途への適性も高い。ゲーミングCPUとしての評価も高く、GeForce RTX 4060 Tiを含むRTX 40シリーズ(Ada Lovelace世代)のグラフィックボードとも相性がよく、バランスも取りやすい。

GeForce RTX 4060 Ti 8GB(GPU)

rtx4060ti8gbgamescore

GeForce RTX 4060 Tiは、2023年5月24日に発売されたグラフィックボードだ。前世代で最も人気のあったRTX 3060 Tiの後継機である。処理性能はRTX 3060 Tiと比べて16%ほど高く、フルHDのみならずWQHDへも高い対応力を示している。現行のミドルハイクラスに位置づけられ、より環境を選ばなくなっている。プレイするゲームジャンルを問わず使用しやすい。前世代のRTX 30シリーズ(Ampere世代)のRTX 3070に匹敵する性能で、1世代の伸びとしてはそれほど大きいわけではない。価格はRTX 3060 Tiと大きく変わらないので、これから選択するなら優秀なグラフィックボードである。

CPUとGPUのバランス考察

i7-14700-rtx4060tibalance

Core i7-14700FとGeForce RTX 4060 Tiのバランスは優秀だ。GeForce RTX 4060 Tiの性能を引き出しやすく、ベストマッチと言えるほどのバランスである。Core i7-14700Fは電力制限を解除しているのが前提だ。そのまま使用しても問題はないが、少しバランスの評価は下がる。電力制限の解除は絶対ではないので、性能のバランスを重視するか、消費電力を重視するかは好みだ。初心者の方にはほんの少しむずかしいかもしれない。あまり気にしなくていい要素かもしれない。

>>GALLERIA RM7C-R46Tを購入<<

GALLERIA RM7C-R46Tの特徴

リニューアルで標準的なミドルハイクラスへ

GALLERIA RM7C-R46Tkakakusuii
GALLERIA RM7C-R46Tは、ミドルタワーのGALLERIA RA7C-R46Tがリニューアルされたモデルだ。ベースはそのままにミニタワー化し、価格を10,000円下げている。Core i7-14700FとGeForce RTX 4060 Tiを搭載したモデルは、ゲーミングPC全体でも人気が高い。その中でGALLERIA RM7C-R46Tは標準的な立ち位置となっている。

これはよい部分でもあり、悪い部分でもあると言える。ポジティブに捉えると、迷ったらとりあえずGALLERIA RM7C-R46Tを選んでおけば間違いない。GALLERIA RM7C-R46Tは誰にでもおすすめできるモデルでもある。大きなデメリットがあるわけではないため、選んで失敗するようなことはない。標準的なモデルは無難なモデルだ。別のモデルを選択するにしても、GALLERIA RM7C-R46Tが基準となってくるはずだ。

一方で、個性のない平凡なモデルという見方もできてしまう。ミドルハイクラスのゲーミングPCは、大体の製品が似た構成と価格になっている。抜きん出たモデルは他にもあることから、埋もれてしまう可能性もあるのが残念なところだ。今回のリニューアルで、最も大きな変化があったのはケースサイズだ。ミドルタワーからミニタワーに変更された。

省スペース性は向上したものの、拡張性は失われた。ただ、今のゲーム環境を考えると、拡張性はそこまで必要なのではないか。ストレージはM.2 SSDが主流になり、内部スペースが不要になっている。容量も大きくなっていることもあり、シングルストレージで事足りるユーザーがほとんどだ。

サウンドカードなどの拡張性は維持されているため、内部スペースが少し狭くなったくらいのものだ。弊害があるとすれば、マザーボードのサイズもATXからMicro ATXへサイズダウンしたことだ。USBポートなどが減少しているが、これも最低限必要な数が確保できていると言える。リニューアルでマイナス要素はあっても、気になるほどのマイナスではない。価格が10,000円安くなったことを考えればよいリニューアルだったと言える。

20万円を切ればトップモデルになる

GALLERIA RM7C-R46Tに期待したいのは値下げで199,980円という価格だ。20万円を切れば、GeForce RTX 4060 Ti搭載モデルの中でもトップクラスの評価になる。20万円はミドルハイクラスのゲーミングPCにとって一つのボーダーラインだ。Core i7-14700FとGeForce RTX 4060 Tiの組み合わせは、かつてドスパラでも20万円切りのモデルが用意されていた。

それこそ、GALLERIA RM7C-R46Tの前身であるGALLERIA RA7C-R46Tも194,980円で販売されていたことがある。GALLERIA RM7C-R46Tが目指すべきはゲーミングPC最強ではない。かつての同シリーズのモデルに並ぶことだ。優れた性能・必要十分な構成・選びやすい価格とこれら3つが揃ったモデルを展開していた過去がある。過去を超える必要はない。20万円を下回ることができればそれでいい。

そこまで高いハードルではない。むしろ今の方が価格を抑えられる要素はあるように思う。少し前の値上げラッシュで、一時は22万円台にまでなってしまった。値上げされた分を値下げすれば、理想的な価格に戻る。円安などの影響はあることは理解している。それでも、GALLERIA RM7C-R46Tはコストパフォーマンスが持ち味だったモデルの系譜だ。他の製品よりも前を行かなくても、GALLERIA RM7C-R46Tを選ぶメリットがはっきりしていればおすすめしやすい。

今のドスパラは値上げされやすくなっており、価格に期待して選ぶことは少ないだろう。価格だけで言えば、他のメーカー製品の方が上だ。GALLERIAブランドのネームバリューの安心感が独り歩きしているようにも感じる。GALLERIA RM7C-R46Tの系譜は1年以上GALLERIAランキング1位に君臨している。ドスパラが力を入れているのは明白だ。力を入れた状態が今なら、手加減が過ぎるように思う。ここからの巻き返しに期待したいところだ。

>>GALLERIA RM7C-R46Tを購入<<

競合モデルとの比較

ブランドGALLERIAGALLERIA
イメージgalleriaxseries
製品名GALLERIA RM7C-R46TGALLERIA XA7C-R46T
ケースミニミドル
価格218,980円243,980円
送料3,300円3,300円
CPUCore i7-14700F
(20コア28スレッド)
Core i7-14700F
(20コア28スレッド)
GPURTX 4060 TiRTX 4060 Ti
メモリDDR5-4800 16GBDDR4-3200 32GB
SSD500GB NVMe Gen41TB NVMe Gen4
電源650W BRONZE650W BRONZE
マザボB760B760
納期最短翌営業日最短翌営業日
保証1年間
(最大5年間)
1年間
(最大5年間)
電話サポート24時間365日24時間365日
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象は同じドスパラのGALLERIA XA7C-R46Tだ。価格差は25,000円となる。GALLERIA RM7C-R46Tと比べて、メモリ容量とSSD容量が倍増している。しかし、メモリ規格はDDR4-3200に下がっており、完全な上位互換というわけではないようだ。GALLERIA RM7C-R46TのメモリとSSDをカスタマイズしても238,880円で済む。メモリ規格のことを考慮すればお得だ。

GALLERIA XA7C-R46Tとの一番の違いはケースサイズである。ミドルタワーのゲーミングPCを探しているなら候補に入るだろうか。GALLERIAのミニタワーは割とサイズが大きめなので、GALLERIA RM7C-R46Tの方がよさそうだ。今後GALLERIA XA7C-R46Tの価格が5,000円以上安くなれば、GALLERIA XA7C-R46Tを選択する理由にはなる。メモリ規格が下がるので評価は下回る。理想を言えば229,980円で、ここまで下がればGALLERIA XA7C-R46Tをおすすめできる。それまではGALLERIA RM7C-R46Tを選んでおきたい。

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA RMsyoumenドスパラの新ケースとなっている。デザインハウスが設計したケースだけあってデザイン性が高い。ミニタワーケースとなっているが、従来のミニタワーよりは一回り大きくなっていてミドルタワーの差が縮まっている。違うのは高さだけで奥行きと幅はミドルタワーと共通だ。

右サイド

GALLERIA RMright右サイドはシンプルで吸気口だけが設けられている。高さ分の吸気口があるのでエアフロー改善には効果的だ。ガンメタリックのケースが高級感を演出している。

左サイド

GALLERIA RMleft左サイドにも吸気口がある。また、一部クリアガラスパネルを採用していて中身が見えるようになっている。最近のモデルらしいデザインだと言える。

背面パネル

GALLERIA RMlefthaimen背面パネルについてはオーソドックスなものになっている。前面の両サイドから取り入れられた空気が上部及び後ろから排出してくれる。本体内部に熱がこもらないような工夫が見られる。140mmサイズの冷却ファンを搭載しているのも後押ししてくれる。

I/Oパネル

GALLERIA RMlefthaimeniopanel前面に斜めにI/Oパネルが配置されている。電源ボタン、USB 3.2 Gen1 Type-A x4、ヘッドフォン端子が設けられている。USBが4つもあるのは使い勝手が良い。

本体上部

GALLERIA RMlefthaimeniopaneljyobu本体上部にもメッシュ加工が施されていてここから熱を放出する仕組みだ。高性能なグラフィックボードやCPUを搭載していても発熱が問題とならない工夫がある。

本体内部

GALLERIA RMlefthaimeniopanelinside*GALLERIA RM5R-R36 5600X搭載ではないため一つの参考として欲しい
内部にはある程度の余裕がある。ガレリアブランドの場合ミニタワーケースでもサイズは大きめであることがわかる。

正面-LED

GALLERIA RM5C-G50-ledケースの枠組みにLEDが配置されている。オシャレな演出だ。このLEDについては専用のソフトウェアからコントロールすることができる。

管理人による総評(GALLERIA RM7C-R46T)

GALLERIA RM7C-R46Tは、Core i7-14700F×GeForce RTX 4060 Ti搭載のミドルハイクラスのゲーミングPCとなっている。ドスパラのランキング上位に君臨しているモデルだ。価格高騰中の中でも比較的価格が抑えられていて選びやすい一台となっている。ガレリアブランドに魅力を感じる方なら候補に入れてもよいだろう。

ゲーミング性能は高くフルHD環境で高リフレッシュレートを目指しやすい。WQHD環境への対応力も伸びている。RPG系のゲームは高解像度の方が有利に進められるので好まれる傾向にある。今まではハイエンドクラスに近い性能が求められるような場面でも、GeForce RTX 4060 Tiを搭載していれば対応できジャンルを選ばない性能と言える。CPUとGPUのバランスがよく、ゲーム以外での用途にも適している。ゲーム動画の撮影や投稿、配信まで快適に行えるのが強みだ。

価格CPUグラボ
218,980円(税込)Core i7-14700FRTX4060Ti
メモリSSDHDD
DDR4 16GB500GB非搭載