NEXTGEAR JG-A5G6Ttop


マウスコンピューターが販売する「NEXTGEAR JG-A5G6T」の詳細レビューをまとめている。Ryzen 5 4500×RTX 4060 Ti搭載のミドルハイクラスのゲーミングPCだ。ゲームに対する優れたパフォーマンスと選びやすい価格とバランスがよく当サイトでも注目している。価格的に初心者にもおすすめしやすく、性能的には中級者以上の方にもおすすめできる。

CPU性能は控えめで、クセのあるモデルと言える部分もある。価格・構成・性能のバランスは悪くなく、ゲームに関しては非常に優秀な性能を持つ。高リフレッシュレートにも対応できるので、FPSなどの対人要素の強いゲームにも適している。マウスコンピューターは送料無料、3年保証に加えて365日24時間電話に対応している。こういった部分でも総額費用を抑えやすく、パソコンに不慣れな方にもおすすめだ。

NEXTGEAR JG-A5G6Tのスペック解説

nextgear

メーカーマウスコンピューター
ブランド名NEXTGEAR
製品名NEXTGEAR JG-A5G6T
価格159,800円(税込)
CPURyzen 5 4500(レビュー)
GPUGeForce RTX 4060 Ti(レビュー)
メモリDDR4-3200 16GB
ストレージSSD 1TB NVMe
電源750W 80PLUS BRONZE
マザーボードチップセットB550
おすすめ度Aランク
評価・コスパ
7.5

—–内訳—–
・ショップ評価
8.9

コストパフォーマンスの評価は7.5と優秀な数値だ。Ryzen 5 4500とGeForce RTX 4060 Tiの組み合わせで、しっかり価格を抑えられているからこその評価だ。値上げが適用となったもののゲーミングPC全体の価格が上昇している今相対的な評価は据え置きだ。選びやすいミドルハイクラスのポジションを維持できている。

>>NEXTGEAR JG-A5G6Tを購入<<

カスタマイズについて(おすすめ度)

  • CPU ×
  • CPUグリス ×
  • CPUファン –
  • メモリ △
  • SSD –
  • 電源 △

カスタマイズの選択肢は広くない。以前は選択できたSSDが選択できなくなっている。標準の構成は優秀なので、カスタマイズの必要性は低い。好みに応じて選ぶべきというのが率直な意見だ。CPUの変更は費用が高いことと、性能がそれほど上がらないのでおすすめしにくい。それなら標準でRyzen 5 5500を搭載したモデルを探した方がいい。

Ryzen 5 4500の発熱量であれば、CPUグリスを選択するメリットもない。メモリと電源は一考の余地はある。GeForce RTX 4060 Tiの性能なら、ゲームでメモリ32GBを活かせる。CPU性能が低いので、活かすことのできるゲームは限られる。それほど重要性は高くないものの、ゲーム以外にも使用する部分だ。32GBへ変更しても困ることはないだろう。

電源は標準で750W 80PLUS BRONZEを搭載している。容量だけを見れば十分過ぎる電源だ。今後CPUやグラフィックボードの変更を検討するなら、750W 80PLUS GOLDへの変更くらいはありだ。ハイエンドクラスを目指す可能性があるなら850W 80PLUS GOLDも選択肢に入る。重要性は低く、好みでカスタマイズする箇所である。

各タイトルの対応表

Apex Legendsフォートナイトパルワールドマイクラ
Apex-Legends
・240Hz


・144Hz
fortnite
・240Hz


・144Hz
palworld
・144Hz


・60Hz
minecraft1
・影Mod


・通常