Geforce RTX2080Tiの性能スペック&搭載ゲーミングPC紹介 | GTX1080Tiよりおよそ30%高い性能を持つ、単体で20万円近い価格は強気だ!

RTX2080Ti
画像引用元:https://www.amazon.co.jp/(Amazon公式)

当記事では、Geforce RTX2080Tiの性能スペック&おすすめBTOパソコンを紹介している。2018年9月20日についに登場したウルトラハイエンドクラスのグラフィックボードだ。

これまで長らく王者だったGTX1080Tiをその座から引き下ろした。早速このグラボについて詳しく見ていこう。すでに搭載ゲーミングPCも販売されているので気になっている方も多いだろう。

よくわかる!!の特徴まとめ

  • シングルGPUで最速を誇るグラフィックボード(+)
  • 将来性が高く4K解像度でもヌルヌル動かせる(+)
  • 最新技術RTXを生かせる場面が少ない(-)
  • GTX1080Tiよりも大幅に価格が上昇(-)

>>>>>Amazonで最新価格をチェック!!

RTX2080Tiの概要、基本を押さえる!

基本スペック・仕様

 RTX 2080TiRTX 2080GTX 1080Ti
コードネームTuringTuringPascal
トランジスタ数186億136億118億
ダイサイズ754m㎡545m㎡471m㎡
GPC数6基6基6基
SM数68基46基56基
CUDAコア数435229443584
RTコア数68基46基-
ベースクロック1350MHz1515MHz1480MHz
ブーストクロック1545MHz1710MHz1582MHz
メモリバス帯域幅616 GB/s448 GB/s484 GB/s
GPUメモリ11GB GDDR68GB GDDR611GB GGDR5X
TDP250W215W250W
価格$999$699$699
発売日2018/09/202018/09/202017/03/11
RTX2080Tiの性能を見ていこう。コードネームはTuring(テューリング)となる。前世代のPascalの最上位モデルGTX1080Tiと比較すれば何が変わったのかがわかりやすい。まず、トランジスタ数は118億から186億と60%近く増えていて、これはダイサイズが471→754へと60%向上したことによるものだ。CUDAコアについても20%以上上がっていてこれだけで性能が上がっているということが容易に想像できる。ベースクロックについては10%ほど下がっているが、総合性能を見るとおよそ30%上がった。

また、メモリの規格もGDDR6へと進化しているがそれほど影響を与えるものではない。その他GPC数、SM数、RTコア数などは初心者向けではないので後述している。ハード初心者はそれほど気にしなくても良いだろう。大切なことはコードネームが変わりアーキテクチャが変わったことトランジスタ数及びCUDAコアが増えたことぐらい押さえておけば良い。

*補足
GPCとはグラフィックボードの核となる部分だ。それが6基あり、それぞれのGPCについき12基の演算ユニットが搭載されている。つまり、理論上は72基の演算ユニットがあるが、その内4基が無効化され68基となっている。

RTコアとは、今回のRTXシリーズから新たに実装されたものでNVIDIAが押していたレイトレーシングに特化したコアだ。今はまだレイトレーシングに対応しているタイトルは少ないが今後増えてくるとRTXシリーズの存在価値が出てくる。現時点で対応されているのはBattlefieldやTomb Raiderとなっている。

RTX2080Tiの実力は!?総合性能を計る!

rtx2080tiseinou

RTX2080Tiの実力を知るにはグラフィックボード全体での立ち位置を見るとわかりやすい。これまでのフラグシップモデルだったGTX1080Tiよりも明らかに性能がアップしている。シングルGPUではこれ以上ない性能だと言えるのだ。フラグシップモデルを買いたいという方には魅力的だろう。価格がありえないことになっているが…

RTX2080Tiの特徴まとめ

とにかく価格が高いので今は手を出すときではない

現時点ではパフォーマンスがいかに高くても価格が高すぎて手を出しにくい。GTX780Tiが$649、GTX980Tiが$649、GTX1080Tiが$699と続いている。そこで今回$999なのだからさすがに差がありすぎだ。現状単体価格でおよそ19万円、ゲーミングPCだと30万円近くと高額だ。BTOメーカー側もそれほど数が出るとは考えていない。予算に余裕がある方ならいいが今は買い時ではない。

新しくグラフィックボードあるいはゲーミングPCの購入を考えているのであればGTX10シリーズあるいは10万円前後まで価格が落ちてからにしたほうが良い。現在TITANを持っている方は、RTX2080Tiを羨ましく思いながら新しく出るTITANを待っているだろう。もし、そのときが来たらGeForce RTX全体の価格が落ちることになる。たった数カ月末だけで良い。また、AMDの動きにも注目したい。2019年は何か動きがでるはずだ。

4K解像度でのゲームプレイが大前提

このクラスになると4K解像度でのゲームプレイが前提となっていることを忘れてはならない。少なくともウルトラワイド(3440×1440)でのゲームプレイが前提だ。それ以下ならあえてRTX2080Tiを購入する必要はない。また、WQHDでの144Hzも対象だ。

このパフォーマンスを実現しているのは新技術の「GPU Boost 4.0」の恩恵も大きい。これはGPU温度を監視して一定の温度に到達するまではブーストクロック以上のパフォーマンスを発揮させることができる機能だ。ユーザー側でうまく熱対策を行えば負荷が掛かる場面でもパフォーマンスが落ちず安定してゲームをプレイすることができる。

>>>>>Geforce RTX2080Tiを確認する(Amazon)<<<<<

GeForce RTX2080Tiのベンチマーク一覧

グラフィックボード性能を測るのにゲームタイトルごとにベンチマークを計測するのは有効だ。すべてのタイトルにおいて最高設定を適用している。

PUBG

pubgrtx2080tipubg

人気のPUBGでも安定したフレームレートを計測している。WQHDで142.3FPS、4Kでも75.7と圧倒的な性能を見せつけている。GTX1080Tiよりも30%以上高い数値となっている。GTX1080Tiの場合4Kでは60FPSを切っているがGTX2080Tiなら余裕で60FPSを超えている。4Kにこだわるなら最高のグラフィックボードだろう。将来性も高く長く使用することができる。

Assassin’s Creed Origins

assassinassasinsrtx2080ti

PUBGと同様4K解像度でも余裕の60FPS超えだ。GTX980Tiよりも12.8%高いスコアとなる。QWHDに関しては特に触れなくても良いだろう。

Grand Theft Auto5

gta5rtx2080tigta5

4K Max + 4xMSAA + Advancedでゲームプレイをしている。まだ最適化不足なのか60FPS到達とはならなかった。このクラスでフレームレートが伸びないならそれはゲーム側の問題だろう。

GeForce RTX2080Ti搭載おすすめBTOパソコン

  • GALLERIA XZ(ドスパラ)
  • 価格:269,980円
    CPU:Core i7-8700
    GPU:GeForce RTX 2080 Ti
    メモリ:DDR4 8GB
    SSD:500GB
    HDD:2TB
    電源:CORSAIR 650W 静音電源

    公式詳細

    CPUにはi7-8700を搭載している。ただやはりRTX2080Tiに合わせるには心許ない。メモリ8GBはできれば16GBにアップグレードすると良い。それにしてもこの価格は厳しい。GTX10シリーズを選択することを推奨する。お金に余裕がある方なら良いのだが…

    ————————————————————————————————————————

  • GALLERIA ZZ(ドスパラ)
  • 価格:320,800円
    CPU:Core i7-8700K
    GPU:GeForce RTX 2080 Ti
    メモリ:DDR4 16GB
    SSD:NVMe 500GB
    HDD:3TB
    電源:Enhance 800W 静音電源

    公式詳細

    なんと30万円オーバーのゲーミングPCだ。ただ、GALLERIA XZに比べてあらゆる面でパワーアップが図られている。CPUはCore i7-8700Kとフラグシップモデルを搭載。これならバランスは良い。また、ストレージには高性能なNVMe対応M.2 500GBを搭載している。より快適なゲームプレイを約束してくれる。数年先まで見据えて選択すれば意外とコスパは悪くないかもしれない。

    ————————————————————————————————————————

  • MASTERPIECE i1630PA2-SP2 (G-Tune)
  • masterpiececase価格:349,800円
    CPU:Core i7-8700K
    GPU:GeForce RTX 2080 Ti
    メモリ:32GB
    SSD:NVMe対応M.2 512GB
    HDD:3TB
    電源:800W 80PLUS TITANIUM

    公式詳細

    RTX2080Ti搭載の最強ゲーミングPCだ。現時点で購入できる最高峰の一台に仕上がっている。グラフィックボードもさることながらメモリ32GB、NVMe対応SSD 512GBと圧巻の構成。これならカスタマイズしなくても十分だろう。予算に余裕がある方であれば選択して後悔することはない。

    ————————————————————————————————————————

RTX 2080Ti搭載ゲームパソコン一覧

製品名価格CPUGPUメモリSSDHDD
GALLERIA XZ269,980i7-8700RTX2080Ti8GB500GB2TB
GALLERIA ZZ319,800i7-8086KRTX2080Ti16GB500GB3TB
GALLERIA ZZ i9-9900K339,980i9-9900KRTX2080Ti16GB500GB3TB
im620PA1-SP294,800i9-9900KRTX2080Ti16GB×1TB
im620PA2-SP339,980i9-9900KRTX2080Ti32GB480GB1TB
i690PA1-SP2289,800i7-9700KRTX2080Ti16GB256GB2TB

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

ベンチマークテスト環境

desktoppc

CPUIntel Core i7-8700K
メモリ16GB DDR4-2666
マザーボードGigabyte Z370 Aorus Gaming 7
電源ユニットEVGA SuperNova P2 1000W

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ