geforceGT710画像引用元:https://www.kuroutoshikou.com/

有名パーツブランドである「玄人志向」から3世代前のGeForce GT 710が登場しました。なぜ今頃と思う人もいるかもしれませんが、ゲームをプレイしない人にとっては今も有用なグラフィックボードとなっています。GeForce GT 710の特徴及び2つの製品について詳しく解説していきます。

GeForce GT 710の概要

およそ4年前に発売されたエントリークラスのグラボ

どうして2019年10月になって2016年1月に発売されたこのグラフィックボードが登場したのか気になる方も多いかもしれません。GeForce GT 710は歴史も古く、そして性能の低いグラフィックボードです。どのくらい低いのかと言うとCPUに内蔵されているグラフィック機能の半分程度の性能しかありません。

ですのでゲームや3Dを用いた作業には全くと言っていいほど適していません。当サイトでもメインで扱うことはありません。GeForce GT 710の最大の魅力はその安さです。新製品でも5,000円を下回るほどの低価格ですし、ロープロファイルに対応、1スロット占有、ファンレスなどの要素があります。つまりパソコンへの負担も少なく搭載しやすいというのがメリットです。

内蔵GPU非搭載のCPUにも最適

第九世代のCPUになってCPU内蔵GPUがないCore i5-9400FのようなCPUが登場しています。そのようなCPUを使用していてかつ高性能なグラフィックボードが必要無い場合に選択するのが一つです。デュアルモニター、トリプルモニター環境の構築用に使用する方も多いですね。

現在のCPUであればグラフィックボード無しでもトリプルモニターに対応できますが、その分負荷も高くなってしまうため快適とはいかなくなります。特に4Kモニターを安定して運用するには厳しいのでGT 710のような安価なグラフィックボードが役に立ちます。

ただ、GT 710は性能が低いので4Kモニター3枚では不安定になります。CPUにグラフィック機能があるなら両立するのもありでしょう。また、GPU機能を利用したエンコードなど用途は様々です。高価なグラフィックボードが必要でない処理の場合、GT 1030ではなくあえてGT 710という選択肢があるのです。

玄人志向のGeForce GT 710シリーズ

geforceGT710画像引用元:https://www.kuroutoshikou.com/

GF-GT710-E2GB/LP/P

コアクロック954 MHz
メモリクロック1600 MHz
ビット幅64 bit
メモリDDR3 2GB
バスPCI-Express 2.0 (x8)
冷却空冷ファン (1スロット専有)
I/OHDMI x1
DVI-D x1
D-sub x1
サイズ115 x 69 mm (ブラケット含まず)

DDR3 2GB搭載モデルで、ロープロファイルに対応したGT 710です。とてもコンパクトでスリムなグラフィックボードなのでスリム型など搭載する機種を選びません。出力はHDMI、DVI-D、D-subが各種1つずつ。必要最低限にまとめられています。

GF-GT710-E1GB/LP/P

コアクロック954 MHz
メモリクロック1600 MHz
ビット幅64 bit
メモリGDDR5 1GB
バスPCI-Express 2.0 (x8)
接続にはx16スロットが必要
冷却空冷ファン (1スロット専有)
I/OHDMI x1
DVI-D x1
D-sub x1
サイズ145 x 69 x 20.7 mm
(ブラケット含まず)

高速のGDDR5 1GB搭載モデルで、ロープロファイルに対応したGT 710です。GF-GT710-E2GB/LP/Pと比べると少し大きくなりますが、こちらもスリム型に搭載できるくらいコンパクトです。出力や用途もGF-GT710-E2GB/LP/Pと同じです。PCI-Expressにx16が必要な点は注意してください。

当記事のまとめ

ゲーム用途ではないグラフィックボードは意外とあります。中でも低性能低価格のGT 710は未だに市場から消えていません。性能を求めないなら古いグラフィックボードのほうが安く購入できるので今なお人気があります。ただ、デュアルモニターやトリプルモニターを構築する上で必須というわけではありません。負荷を分散させるために搭載するグラフィックボードです。

GT 710を搭載したからと言って性能が格段に上がるわけでもありません。内蔵GPU非搭載のCPUには必須ですが、自作で無い限りグラフィック機能が搭載されたCPUかグラフィックボードが搭載されたモデルになります。これは交換、自作向けと考えておいて問題ないでしょう。

サイトのトップに戻る