FRGXB660WS15NTK


当記事では、FRONTIER GXシリーズFRGXB660/WS15/NTKのレビューをしている。Core i5-12400F×RTX 3060 Ti搭載のゲーミングPCだ。ハイクラスに属する性能を持ち高解像度でのゲームプレイにも対応できる。当サイト的に今熱い組み合わせだと考えている。フロンティアの台数限定セール対象モデルで相場よりもかなり安く購入できる。

ここ最近はそれほど尖ったモデルがなかった台数限定セールの目玉だと言えるだろう。なお、台数限定セールとは言っても次回のセールでしれっと復活することも多く急いで購入する必要はない。中には本当になくなってしまったり、値上げが適用となってしまったりということもあるので保証はできないが…特にこのモデルは明らかに相場からかけ離れすぎているので不安はある。

FRGXB660/WS15/NTKのスペック

FRGXB46037

ブランド名FRONTIER
製品名FRGXB660/WS15/NTK
価格172,800円(税込)
CPUCore i5-12400F
グラフィックボードGeForce RTX 3060 Ti
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TB
HDD非搭載
電源600W BRONZE
マザーボードチップセットB660
コスパ★★★★★★★★★ 10.0 Over!!

価格推移

FRGXB660WS15NTKsuii

前回のセール時よりも2,000円安くなって172,800円で販売されている。リリース直後は165,800円と圧倒的な安さだった。当時より価格が上がったとは言ってもコストパフォーマンスが高いことに変わりはない。

>>FRGXB660/WS15/NTKを購入<<

おすすめカスタマイズ

当該モデルのおすすめカスタマイズについて紹介している。用途などに合わせて検討するとよいだろう。

NVMe SSD ★★★★☆

FRGXB660WS15NTKssd

ストレージ容量を増やしたい方はSSD NVMeの追加がおすすめだ。SSD×2基のデュアルストレージは魅力的だ。+9,900円と比較的価格が抑えられいて選びやすい。FRGXB660/WS15/NTKはHDDの追加ができないためショップのカスタマイズではSSDのみとなる。HDDがよい場合はAmazonやPCパーツショップなどで購入してご自身で対応する必要がある。取り付け自体はそれほど難しくないので初心者の方でも問題はない。

光学ドライブ ★★★★☆

FRGXB660WS15NTKdrive

光学ドライブが必要な方は4,400円でDVDマルチドライブが搭載可能だ。最近はオンラインで完結することも多く光学ドライブの必要性は薄れているが、DVDやCDなどのメディア再生を行いたい方におすすめだ。

>>FRGXB660/WS15/NTKを購入<<

各タイトルの対応表

Final Fantasy 14
4K
Apex Legends
144Hz
Apex Legends
60Hz
フォートナイト
144Hz
フォートナイト
60Hz
ff14suisyou
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★★☆
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

FRGXB660/WS15/NTKのゲーミング性能

Core i5-12400F(CPU)

corei5-12400-seinou

FRGXB660/WS15/NTKで採用されているCPUは、Intel第12世代のCore i5-12400Fだ。CPU内蔵グラフィックス非搭載モデルとなっている。Alder Lake世代になってCore i5シリーズも大幅に性能が引き上げられた。従来モデルのCore i5-11400と比べて27%程度性能が高い。その上位モデルであるCore i7-11700と比べても8%も上回っている。

ゲーム実況や動画編集などの用途でも対応できる。Core i7-12700やCore i7-11700などのCore i7シリーズと比べてコア/スレッド共に少ないためこれらの用途ではパフォーマンスが落ちてしまうこともある。ゲームプレイにおいては必要十分な性能を持っていると言える。RTX 3070ぐらいまでのグラフィックスなら十分性能を引き出せるだろう。

GeForce RTX 3060 Ti(GPU)

rtx3060tiseinou20211224

当該モデルではグラフィックスにハイクラスのRTX 3060 Tiを搭載している。60番台ながら処理性能が高く、従来モデルのRTX 2080 SUPERを上回るパフォーマンスを発揮する。フルHD環境で高リフレッシュレートを出すこともできる。メインターゲットとなるのはWQHD環境だ。これだけ性能が高ければ多くのユーザーにおすすめしやすい。レイトレーシング・DLSSといった機能も活かしやすく一つ下のモデルであるRTX 3060とは一線を画する。

比較的価格が抑えられているのもポイントだ。コストパフォーマンスの高さから多くの人気モデルが輩出されている。RTX 3070搭載モデルとの価格差を確認しておくとよいだろう。1万円以上の差があればRTX 3060 Ti搭載モデルを選ぶ理由がある。

>>FRGXB660/WS15/NTKを購入<<

FRGXB660/WS15/NTKの特徴まとめ

RTX 3060 Ti搭載モデルの復権に心強い存在となる

FRGXB660/WS15/NTKはコストパフォーマンスが高く最近やや存在感が薄くなっていたRTX 3060 Ti搭載モデル復権に力強い存在となりそうだ。RTX 3060 Ti搭載モデルとして税込17万円台は圧巻だ。前回のセール時よりも9,000円の値上げが適用となったが、今でもコスパの高さは健在だと言える。RTX 3070搭載モデルとの価格差が広がり、RTX 3060搭載モデル並の価格設定となっている。

メモリ16GB、SSD 1TBと構成も平均以上だ。電源ユニットは600W BRONZEと十分だろう。正直これだけ価格が安ければ次回のセールで消滅してしまう可能性もあるのではないかと考えてしまう。消滅がなくても値上げの可能性はあるはずだ。タイミングを見計らって購入を検討して欲しい。

Core i5-12400F搭載がポイントとなる

このモデルのポイントは、CPUにミドルクラスのCore i5-12400Fを搭載していることだろう。RTX 3060 Tiとの組み合わせではCore i7-12700が選択されることが多いが、ここまで価格を抑えられたのはCPUにCore i5-12400Fを選択したことが大きい。他社BTOメーカーでもCore i5シリーズを搭載したモデルもあるが、ここまで価格が抑えられたモデルは存在していない。

ゲーミングPCにCore i5シリーズを搭載しているとなると躊躇いが生じる方もいらっしゃるかもしれない。それでもAlder Lake世代になってより高い性能を持ちRTX 3060 Ti搭載モデルとのバランスも取れる。Core i7-11700を搭載しているのと同等だと考えるとそれほど抵抗はないのかもしれない。

>>FRGXB660/WS15/NTKを購入<<

他社メーカーのモデルと比較

ブランド名FRONTIERGALLERIA
イメージFRGAH470FWS7RM5C-G50
製品名FRGXB660/WS15/NTKRM5C-R36T
価格172,800円(税込)204,980円(税込)
CPUCore i5-12400FCore i5-12400
GPURTX 3060 TiRTX 3060 Ti
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TBNVMe 500GB
HDD非搭載非搭載
電源600W BRONZE650W BRONZE
マザーボードB660B660
公式公式公式
レビュー当ページレビュー

ドスパラで似た構成を持つ「GALLERIA RM5C-R36T」と比較していく。実はこのGALLERIA RM5C-R36Tは、FRGXB660/WS15/NTKが登場するまで当サイトのおすすめランキングNo.1のモデルだった。FRGXB660/WS15/NTKがいかに優れたモデルなのかを見ていくとしよう。価格差は32,180円とFRGXB660/WS15/NTKの方が圧倒的に安い。GALLERIA RM5C-R36TではCPUにCPU内蔵グラフィックス搭載のCore i5-12400を搭載している。ここはCore i5-12400Fを搭載しているFRGXB660/WS15/NTKとの差がある。ただし、グラフィックボードを搭載しているので内蔵グラフィックスがあってもなくても大きな違いがあるわけではない。

グラフィックスはどちらもRTX 3060 Tiを搭載している。メモリも共通だ。ストレージについては違いがあってFRGXB660/WS15/NTKのストレージ容量は倍の1TBとなる。ドスパラのカスタマイズ費用は+9,900円なので価格差は42,080円まで広がる。FRGXB660/WS15/NTKは値上げされても圧倒的なコスパを持つ。さすがにこの差を縮めることはできないはずだ。電源ユニットはGALLERIA RM5C-R36Tの方が少しだけ容量が大きい。マザーボードチップセットはB660でどちらも同じだ。

>>FRGXB660/WS15/NTKを購入<<

GXシリーズケース詳細

2020年9月23日に新発売となったケースだ。比較的新しいケースということもあってエアフローと拡張性の高いミドルタワーとなっている。

正面

FRGXB460WSsyoumen
フロンパネルが一新された。これによって高級感のあるデザインとなっている。縦に入った赤色のラインがオシャレだ。

右側面

FRGXB460WSright1
右側面はすっきりとしている。縦に入った赤色のラインが目を引く。

左側面1

FRGXB460WSleft
排気口は左側に配置されている。

左側面2

FRGXB460WSmayoko
左側面に大型の排気口が設けられている。高性能なグラフィックボードやCPUを搭載しても安心だ。

I/Oパネル

FRGXB460WSjyoubu
I/Oパネルは本体上部にまとめられている。USB Type-A 3.2 Gen1×2、USB 2.0×2、ヘッドフォン端子、電源ボタンが配置されている。

管理人による総評(FRGXB660/WS15/NTK)

FRGXB46037

FRGXB660/WS15/NTKは、フロンティアの台数限定セールの対象モデルとなっている。Core i5-12400F×RTX 3060 Ti搭載モデルで税込17万円台は圧巻だ。他社BTOメーカーでは絶対に見つからないだろう。それは比較対象モデルを見れば歴然だ。メモリ16GB、SSD 1TBと構成にも妥協は見られない。今後値上げされてしまう可能性も否定できないため定期的に確認しておくとよい。もっとも1万円や2万円値上げされたところで評価は変わらない。

価格CPUグラボ
172,800円(税込)i5-12400FRTX3060Ti
メモリSSDHDD
DDR4 16GB1TB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • おすすめゲーミングPCランキング
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • フロンティア(FRONTIER)の評判解説
  • FRGXB660/WS15/NTKを販売しているBTOメーカーフロンティアの特徴や評判をまとめている。セールがお得なメーカーで人気がある。フロンティアの人気モデルも紹介。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya