GALLERIA XL7C-R3611800htop


当記事では、GALLERIA XL7C-R36 11800H搭載の評判とレビューをまとめている。RTX 3060 Mobile×Core i7-11800H搭載のゲーミングノートPCだ。ミドルクラスのモデルでフルHD環境でのゲームプレイを考えている方向けとなっている。

ミドルクラスのモデルで消費電力が抑えられているというのが強みになる。排熱のために本体を大きくする必要がなくゲーミングノートPCとしては本体重量が軽く持ち運びも行いやすいというメリットがある。

GALLERIA XL7C-R36 11800H搭載のスペック

GALLERIA XL7C-R36

ブランド名GALLERIA
製品名XL7C-R36 11800H搭載
液晶サイズ15.6インチ 144Hz
価格Windows 10 / 179,980円(税込)
CPUCore i7-11800H
グラボGeForce RTX 3060 Mobile
メモリDDR4-3200 16GB
SSD512GB NVMe対応
HDD非搭載
重さ約2.10kg
バッテリー駆動時間約5.0時間

>>GALLERIA XL7C-R36 11800H搭載を購入<<

GALLERIA XL7C-R36 11800H搭載のゲーミング性能

GeForce RTX 3060(GPU)

rtx3060mobileseinou

GeForce RTX 3060 Mobileは、Ampere世代のモバイル向けミドルクラスのグラフィックボードだ。従来モデルのRTX 2060 Mobileよりも10%程度ゲーミング性能が向上している。当然レイトレーシング性能も向上している。RTX 3060 Mobileは、フルHD環境でのゲームプレイに最適なモデルで多くのユーザーにとってちょうどよい性能を持っていると言える。デスクトップ向けのRTX 3060との性能差は35%と同じ60番台のモデルでも大きい。デスクトップモデルと同じ感覚で考えてはいけない。

Core i7-11800H(CPU)

i7-11800hseinou

Core i7-11800Hは、Intel第11世代のハイパフォーマンスモデルだ。8コア16スレッドというスペックを持つ。Core i7-10875H/Core i7-10870Hの後継モデルでおよそ40%CPU性能が向上している。マルチスレッド性能が高く動画編集や画像編集など様々な用途での使用を考えている方にもおすすめだ。

ノート向けCPUとしてはトップクラスの性能を誇る。従来モデルのCore i9-10980HKを大きく上回る性能は圧巻だ。ゲーム適性も高く上はRTX 3070 MobileからRTX 3050まで合わせやすくラインナップ数も豊富だ。RTX 3060 Mobileとの相性もばっちりだと考えてよい。

>>GALLERIA XL7C-R36 11800H搭載を購入<<

GALLERIA XL7C-R36 11800H搭載の特徴&注意点

最新のIntel第11世代CPUを搭載した一台

GALLERIA XL7C-R36 11800H搭載は、最新のCPUであるCore i7-11800Hを搭載したゲーミングノートPCだ。8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高くゲームを含めたCPU負荷の高い作業を行いたいという方におすすめだ。ノートパソコンの場合CPUが性能不足になることが多いので、CPU性能は高いに越したことはない。

Core i7-11800Hは性能と消費電力のバランスもよく扱いやすいというメリットもある。Core i9-11980HKになると消費電力/発熱量が多く本体が大きくなるというデメリットが生じてしまう。そういう意味ではCore i7-11800Hは非常にバランスの取れたCPUだと言える。ゲーミングノートPCとしても魅力的な選択肢だ。

カスタマイズができない完成品となる

GALLERIA XL7C-R36 11800H搭載は、カスタマイズができないいわゆる完成品だ。当該モデルではBTOパソコンのメリットの一つであるカスタマイズが封印されてしまっている。メモリやストレージの増設を考えている方は注意しよう。どうしても増設したいなら保証がなくなることを覚悟してご自身で行う必要がある。

もちろんこれには様々な要因があるだろう。例えば、販売しているモデルの構成を揃えることで在庫の管理がしやすくなったり、カスタマイズに掛かる人件費を抑えることができたりといったことが挙げられる。それでもメモリやストレージぐらいはカスタマイズできるとよかったのだが…

旧モデルとの価格差が大きくコスパはイマイチ

ブランドGALLERIAGALLERIA
イメージGALLERIA XL7C-R36GALLERIA XL7C-R36
型番XL7C-R36 11800H搭載XL7C-R36
価格179,980円(税込)159,980円(税込)
液晶サイズ15.6インチ 144Hz15.6インチ 144Hz
重量約2.10kg約2.00kg
バッテリー駆動時間約5.0時間約5.8時間
CPUCore i7-11800HCore i7-10875H
GPURTX 3060RTX 3060
最大グラフィックスパワー130W130W
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-2666 16GB
SSD512GB NVMe512GB NVMe
HDD非搭載非搭載
公式公式公式
レビュー当ページレビュー

GALLERIA XL7C-R36 11800H搭載は、ドスパラ売れ筋No.1モデルである「GALLERIA XL7C-R36」の後継モデルとなっている。CPUがCore i7-10875Hから最新のCore i7-11800Hに変わりそれに合わせてメモリがDDR4-2666からDDR4-3200へと変更されている。

その他細かいところでは本体重量が0.1kg重くなりバッテリー駆動時間が14%短くなった。これはCPU性能が引き上げられたことによる代償だ。Core i7-10875Hと比べるとおよそ40%も性能が上がっているのでバッテリー駆動時間などは妥当な範囲だろう。

問題は価格差が20,000円と大きいことだ。確かにCPU性能が40%程度高くなっているが、CPUの性能が上がるだけでゲーミング性能が40%高くなるということではない。グラフィックボードはどちらもRTX 3060 Mobileなので実質フレームレート的に大きな違いが生まれるわけではない。そう考えるとやはり20,000円高いことはデメリットになってしまう。

今後人気No.1モデルになる可能性はある。ただし、その場合はGALLERIA XL7C-R36と同等の価格まで落ちないと厳しいのではないかと思う。Core i7-10875H搭載モデルがなくなれば価格が下がるだろう。待てる方は待つとよい。

>>GALLERIA XL7C-R36 11800H搭載を購入<<

GALLERIA XL7C-R36の本体レビュー

本体正面

GALLERIA XL7C-R36-syoumenゲーミングノートPCには見えないすっきりとデザインが印象的だ。15,6インチの狭額縁デザインで視認性が高い。本体自体も薄く持ち運びも問題ない。カフェで仕事をすることもできるだろう。

キーボード

GALLERIA XL7C-R36-keyboardキーボードは日本語配列キーボードを搭載している。違和感なく使用できるはずだ。キーボードはコストの掛かる部分だが、ここは惜しまずに投資をした形だ。これまでのキーボードは英語配列に近くかなり癖が強かった。おそらくユーザーからも意見があったのではないかと思う。そこをしっかりと押さえてくるのはドスパラのすごさだ。

本体天板

GALLERIA XL7C-R36-tenban天板にはシルバーでGALLERIAのロゴが入っている。派手すぎないデザインが秀逸だ。背面には電源端子、USB 3.1 Gen2 Type-C、LANポート、HDMI端子が配置されている。すっきりまとまっていて使い勝手がよい。なお、USB Type-CはPower Deliveryに対応していないため充電はできない。

本体右側

GALLERIA XL7C-R36-right本体右側は盛りだくさんだ。カードリーダー、USB 3.0 Gen1 Type-A×2、排気口・が配置されている。比較的I/Oパネルは充実している。

本体左側

GALLERIA XL7C-R36-left本体左側には排気口・USB 2.0、ヘッドホン出力・マイク入力が配置されている。

ACアダプター

GALLERIA XL7C-R36-batteryACアダプターは、一般的なものが採用されている。持ち運ぶにはやや躊躇ってしまうかもしれない。USB Power Deliveryに対応していないのはデメリットだ。

>>GALLERIA XL7C-R36 11800H搭載を購入<<

G-Tune E5-165と比較

ブランドGALLERIAG-Tune
イメージGALLERIA XL7C-R36E5-165
型番XL7C-R36 11800H搭載E5-165
価格179,980円(税込)208,780円(税込)
液晶サイズ15.6インチ 144Hz15.6インチ 165Hz
重量約2.10kg約1.73kg
バッテリー駆動時間約5.0時間約7.5時間
CPUCore i7-11800HCore i7-10870H
GPURTX 3060RTX 3060
最大グラフィックスパワー130W130W
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-2666 16GB
SSD512GB NVMe512GB NVMe
HDD非搭載非搭載
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
ここをチェック!!

ドスパラと同じ大手BTOメーカーであるマウスコンピューターのゲーミングブランドであるG-Tuneから構成の似たモデルをピックアップしている。価格差は約29,000円でG-Tune E5-165の方が高い。結論から言えばドスパラのGALLERIA XL7C-R36 11800H搭載の方がコストパフォーマンスが高い。

GALLERIA XL7C-R36 11800H搭載は最新のIntel第11世代のCore i7-11800Hを搭載している。G-Tune E5-165で採用されているCore i7-10870Hの実質後継モデルだ。CPU性能は40%程度引き上げられている。動画編集や画像編集などのクリエイター作業を考えている方にも最適だ。

G-Tune E5-165が優れているのは採用されている液晶モニターのリフレッシュレート・本体重量・バッテリー駆動時間となる。これらの点に魅力を感じる方であれば検討してもよいかもしれないが、やはり価格差や性能差を考えると賢明な判断とは言えないだろう。

管理人による総評(GALLERIA XL7C-R36 11800H搭載)

GALLERIA XL7C-R36

GALLERIA XL7C-R36 11800H搭載は、RTX 3060 Mobile×Core i7-11800H搭載の最新のゲーミングノートPCだ。CPUがCore i7-10875HからCore i7-11800Hへと換装された。8コア16スレッドと従来モデルを踏襲しつつCPUコアが一新されてパフォーマンスが引き上げられている。

ゲーム以外の用途、例えばクリエイター作業などを考えている方にとってはメリットが大きい。メモリ16GB、SSD 512GBとオーソドックな構成を採用している。カスタマイズができないためこの部分は受け入れる必要がある。価格が少し高めなので価格が下がるのを待つのも吉だ。

価格CPUグラボ
179,980円(税込)i7-11800HRTX3060
メモリSSDHDD
16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!