LEVEL-M0P5-R45-RBX


当記事では、パソコン工房「LEVEL-M0P5-R45-RBX」の詳細レビューを行っている。Ryzen 5 4500×RTX 3060搭載のゲーミングPCだ。ようやくRyzen 5 4500搭載モデルがパソコン工房からも発売された。Ryzen 5 3500の後継モデルで低価格帯のゲーミングPCを支える存在になるだろう。当該モデルについては比較的価格が抑えられいてコストパフォーマンスが高い。7.4という評価は昨今の市場を考えると十分過ぎる。ゲーム適正についてはCore i5-12400/Core i3-12100と比べて見劣りするものの価格が安ければ選ぶ理由はあるはずだ。他のモデルとしっかり比較検討しよう。

LEVEL-M0P5-R45-RBXのスペック解説

levelrclass

ブランド名LEVEL∞
製品名LEVEL-M0P5-R45-RBX
価格149,980円(税込)
CPURyzen 5 4500
グラフィックボードGeForce RTX 3060
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GB
HDD非搭載
電源700W BRONZE
マザーボードチップセットB550
コスパ★★★★★★★☆☆☆ 7.4

>>LEVEL-M0P5-R45-RBXを購入<<

各タイトルの対応表

Final Fantasy 14
4K
Apex Legends
144Hz
Apex Legends
60Hz
フォートナイト
240Hz
フォートナイト
140Hz
ff14suisyou
★★☆☆☆
Apex-Legends
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★☆☆
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

LEVEL-M0P5-R45-RBXseinou

LEVEL-M0P5-R45-RBXはRyzen 5 4500とRTX 3060を搭載したミドルクラスのゲーミングPCだ。CPU性能はやや控えめな性能ながら、RTX 3060に対してボトルネックになることはない。フルHDであれば最新ゲームを除く多くのゲームで144Hzを目指せる本格的なゲームプレイを想定しているなら悪くない性能だ。特にFortniteのようなゲームタイトルとは相性がいい。負荷がそれなりなら特にストレスを感じることなく快適にゲームプレイが可能だ。

LEVEL-M0P5-R45-RBXの性能まとめ

ゲーミングPCとは、グラフィックボードやCPUなどのPCパーツの集合体だ。ここでは特に重要なグラフィックボードとCPUについて分解して細かく見ていく。

PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しいだろう。一体として見るよりも一つずつのパーツを見ていくと理解がしやすいと考えている。

Ryzen 5 4500(CPU)

ryzen54500benchmark

LEVEL-M0P5-R45-RBXではCPUにRyzen 5 4500を搭載している。Ryzen 5 3500の後継モデルで、ハイパースレッディングに対応したことで大きくパフォーマンスが向上している。性能差は55%を超えるほどだ。Intelの同価格帯のCore i3-12100と比べても35%もパフォーマンスが高い。動画編集やWEBデザインなどのクリエイター作業への適性もまずまず高いと言える。一方で、ゲーム適正については期待外れな部分が大きい。Core i3-12100と比べてもゲーム適性は低く、Core i5-12400との差は歴然だ。搭載モデルではCore i5-12400との差が小さくゲーム目的だとおすすめしづらい側面がある。L3キャッシュがRyzen 5 3500の半分の8MBになったのが致命的だ。ゲームの伸びはそれほど大きくない。LEVEL-M0P5-R45-RBXに関しては比較的価格が抑えられていて選びやすい。Core i5-12400搭載モデルと比較することが大切だ。

GeForce RTX 3060(GPU)

rtx3060benchmark

当該モデルではグラフィックスにGeForce RTX 3060を搭載している。Ampere世代のラインナップの中でも人気の高いグラフィックボードの一つだ。ミドルクラスに位置しておりフルHD環境でのゲームプレイに適している。多くのユーザーはこの性能があれば満足できるのではないかと思う。従来モデルのRTX 2060と比べて20%近くも処理性能が向上している。RTX 2060 SUPERと比べると微増に留まるが、レイトレーシング性能については引き上げられている。DLSSによるサポートも考慮すればタイトルよってはレイトレーシングを楽しめる。競合モデルはRadeon RX 6600でわずかに上回っている。レイトレーシング性能では頭二つ分ぐらい抜き出ているためオールラウンド性が高いモデルだと言える。

>>LEVEL-M0P5-R45-RBXを購入<<

LEVEL-M0P5-R45-RBXの特徴&強み

Ryzen 5 4500を搭載した優秀なモデル

LEVEL-M0P5-R45-RBXは、Ryzen 5 4500を搭載したモデルの中では非常に優秀なモデルである。Ryzen 5 4500はRyzen 5 3500の後継モデルで注目度が高いが、まだまだ広く普及しておらずドスパラなどの一部ショップでのみ採用されている程度だ。そのRyzen 5 4500は型番が古くZen 2アーキテクチャを採用している。

本来はもっと早くに登場しているはずのCPUだった。その登場が遅れたこと、Core i5-12400が登場してしまったことで価値を失っていた。もしかしたら本来はリリース予定がなく、Core i5-12400が脅威に映り急遽発売したのかもしれない。Core i5-12400と比べると見劣りしてしまうのは事実だ。

それでもLEVEL-M0P5-R45-RBXのようにしっかり価格を抑えての搭載であれば、Ryzen 5 4500を搭載しているメリットが活きていくる。性能こそ低いが、価格も抑えられているのなら文句はない。多少割にあっていない感もあるかもしれないが価格が抑えられることに変わりはない。

本来であればRTX 3050搭載モデルぐらいしか選べない予算で、RTX 3060搭載モデルを選択できるようになったのは大きい。この価格帯で有用なモデルは少なく、円安による値上げでライトな性能のモデルしか選べなかった。

Ryzen 5 4500は処理性能、ゲーム性能ともにCore i5-12400に大きな差をつけられている。しかし、ゲームに限ってはRTX 3060を搭載していることが大きい。CPU性能が多少落ちても、優れたGPUを搭載しているのなら選択する価値はある。何のために登場したのか分からなかったCPUが、LEVEL-M0P5-R45-RBXによって価値を得たように思う。

対抗モデルには注意したい

現時点で、ゲーム性能に限っては価格帯でも上位クラスだ。キャンペーンやセールモデルの中には対抗し得るモデルがあるかもしれない。この14万円台というのは絶妙な価格帯だと言える。15円台になるとCore i5-12400とRTX 3060を搭載したモデルが出てくる。これらのモデルと比較するとCPU性能の差ではっきりと負けてしまう。

それらのモデルが多少値引きされても15万円台前半~中盤までで、14万円台に割って入ることはない。予算が15万円以内であるならLEVEL-M0P5-R45-RBXは唯一とも言えるモデルだ。これが15万円程度であるなら、少し手を伸ばして159,980円のようなモデルを選択する方がいいこともある。

性能は後から替えが利きづらい。足りない部分はカスタマイズや増設で無駄なく追加できるが、性能に関する部分は交換対応しかできないので、交換したパーツが余ってしまう。性能か構成を選ぶなら、性能を優先する方がいい。その考えでいくなら、多少無理してでも上のモデルを選択した方が長く安心して使用できる。

予算を重視するか、コストパフォーマンスを重視するかでLEVEL-M0P5-R45-RBXの評価は割れそうだ。比較対象にはRTX 3060搭載最強クラスのコストパフォーマンスを持つモデルをピックアップしている。価格か性能か、どちらを必要としているか確認してみてほしい。

>>LEVEL-M0P5-R45-RBXを購入<<

競合モデルとの比較

ブランド名LEVEL∞LEVEL∞
イメージLEVEL-M0B6-i5F-RILEVEL-M0B6-i5F-RI
製品名LEVEL-M0P5-R45-RBXLEVEL-M066-124-RBX
価格149,980円(税込)159,980円(税込)
CPURyzen 5 4500Core i5-12400
GPURTX 3060RTX 3060
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GBNVMe 500GB
HDD非搭載非搭載
電源700W BRONZE700W BRONZE
マザーボードB550B660
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象は同じパソコン工房のLEVEL-M066-124-RBXだ。CPU性能で大きくリードしており、ゲームやそれ以外の用途で圧倒的な差がある。ただし、価格は1万円高くなるので、予算と相談する必要がある。もしも、15万円以内での選択であるならLEVEL-M0P5-R45-RBXになるだろう。予算が17万円程度あって、少しでも安いモデルをとしてLEVEL-M0P5-R45-RBXを選択しようとするならあまりおすすめはできない。

LEVEL-M0P5-R45-RBXが評価されているのは、あくまでも14万円台だからだ。値上げ以降15万円の予算で選択できるモデルはRTX 3050くらいしかなかった。新たな選択肢として登場したことで評価されているのであって、予算に余裕があるならLEVEL-M066-124-RBXを強くおすすめしたい。

パソコンケースレビュー

正面

level-msyoumen1
2015年7月に発売されたミニタワーケースだ。7年ほど前のモデルだが、特別古さを感じることはないだろう。赤色のアクセントがうまく効いていてオシャレな印象を受ける。

背面

levelm-back
競合のミニタワーと比べても高さがなく省スペースを重視したいユーザーにおすすめだ。電源は珍しく本体上部に配置されている。最近は下部に配置されることが多いためここは古さを感じる点と言えるかもしれない。

左側面

level-mleft
左側面には大きめの吸気口が設けられている。円滑なエアフローを確保するために重要なポイントとなる。全面の赤色の部分にも吸気口がある。

右側面

level-mright
右側面には電源ボタン、USB 3.0 Type-A×2、ヘッドフォン/マイク端子が配置されている。やや使いづらさを感じてしまうかもしれない。特に足元で右側に置く場合ケーブルを巻き込む形になるからだ。

本体上部

levelmiopanel
右側に電源ボタンが見える。オプションで光学ドライブを選択することができる。

>>>>ケース詳細を見る

管理人による総評(LEVEL-M0P5-R45-RBX)

LEVEL-M0B6-i5F-RI

LEVEL-M0P5-R45-RBXは、AMDの最新モデルであるRyzen 5 4500を搭載したゲーミングPCだ。最新とは言ってもアーキテクチャはZen 4でもZen 3でもなく旧世代のZen 2となる。Ryzen 5 3500の後継モデルでハイパースレッディングに対応したことでマルチスレッド性能は高くなった。ただし、ゲーム適正についてはRyzen 5 3500から僅かに高くなっただけだ。グラフィックスにはRTX 3060を搭載していてバランスはまずまずと言えるだろう。フルHD環境でのゲームプレイを考えている方におすすめだ。RTX 3060搭載モデルが税込14万円台なら評価は必然と高くなる。

価格CPUグラボ
149,980円(税込)Ryzen 5 4500RTX3060
メモリSSDHDD
DDR4 16GB500GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya