ゲーミングPCとOSの選択まとめ【2018年度版】 | Windows10かWindows7のどちらがおすすめか!?過去のOSも徹底検証!

windows10

当記事では、ゲーミングPCにおけるOSの選び方や各OSの特徴について解説している。Windows 7やWindows 8など過去のOSを使いたいという方向けのコンテンツだ。

これからOS搭載のゲーミングPCの購入を考えている方はWindows10の一択となる。特にBTOメーカーでは、Windwos7や8は選べないのでOSのことを考える必要はない。

Windows10が基準になる!Win 10を選ぶメリットまとめ

win10
画像引用元:https://www.microsoft.com(マイクロソフト社HP)

パソコンでゲームをプレイすることを考えるとWindows 10がベストな選択だと考えて間違いない。BTOメーカーではWindows10以外の選択肢がないので、基準にして良いだろう。最新のOSなので、今後は有料を含むアップデートを優先的に繰り返していくことになる。

ゲームとの相性が良い

今後リリースされるタイトルはWindows10が基準になっていることは間違いないので、よほどの理由がない限りはWin10を選択しておく方が良い。当サイトでは元々Windows10が出た当初は、Windows7の方を推奨していた。その理由はただ一点「古いソフトなどに対応していない」ということがあったからだ。

これはソフトウェア以外にもゲームタイトルに対応していないことがあり、動作はするが予期せぬことが起きるかもしれないという注意文が書かれているものもあった。どちらのOSが優れているかをゲーム中心で考えていくと、機能などよりもどれだけプレイしているタイトルに対応しているかが目安となる。

現在はほぼ全てのゲームにWindows10が対応している状況なので7を選ぶ理由は見当たらない。自分が使用しているソフトなどが全てWindows10に対応しているのであれば、Windows10に変更することにデメリットはなさそうだ。

パフォーマンスが高い

Windows10は最新のOSだけあってパフォーマンスが高い。簡単に言うとアプリやWEB閲覧がさくさく行えるということだ。

あらゆるアプリケーションに最適化されているので、Windows7などと比べて上回っていると言える。例えば、PCのOS起動、オフィスの起動、WEB閲覧、動画視聴など有利に行えるのだ。

パソコンを使用する上でストレスを感じたくないというユーザーはまず一番に検討して欲しい。ユーザビリティの高さはさすがの一言だ。

セキュリティ面で安心

随時優先的にアップデートされるということは、当然セキュリティ面も強固になるということだ。パソコンは常にウイルスなどの脅威にされされているが、マイクロソフトが徹底して対応してくれるのでユーザーの負担は軽減する。また、Windows10に実装されているWindows Defenderは、流通されているセキュリティソフトと比べても遜色のない仕上がりだ。

これだけでWindows10を選ぶ十分な理由になるだろう。セキュリティなんて気にしなくても良いと考えている方はもう一度考えて欲しい。今はネット銀行やSNSなど個人情報がたくさんPC内にある。それらが流出してしまうリスクは痛い。

サポート期限が長い

Windows10は最新のOSなので、サポート期限も長くなっている。OSにはサポート期限があって、仕様変更のアップデート、セキュリティ更新、無償サポートなどを受けられる期限のことだ。

上記のセキュリティもサポート期限が長いことによる恩恵だと言える。長くパソコンを買い換えるつもりがないのであればやはりWindows10を選ぶメリットは大きい。

各OSのサポート期限一覧

  • Windows 8.1 2023年1月10日
  • Windows 7 2020年1月14日

各OSとゲーミングPCの相性検証【2018年】

ここではWindows 10以外のOSとゲーミングPCの相性を見ていこう。具体的にはWindows 7、Windows 8.1、Mac OSの3つだ。これらのOSの導入を検討している方はぜひ参考にして欲しい。

Windows 7

win7
画像引用元:https://www.microsoft.com(マイクロソフト社HP)

Windows 7は人気が高く、Windows 10登場後もしばらくゲーミングPCの主流だった。各BTOメーカーも7と10の選択肢を用意していたことから一定の需要があったことがわかる。今まで使用してきた環境であることが最大のメリットであり、多くのソフトに対応していることも選ばれていた理由だ。

現在は、Windows10のユーザビリティの改善とほとんどのタイトルがWindows10に対応していることからこれらのメリットは薄れている。ただ、メリットが薄れてしまったとしても、これまでの環境を維持し続けられるという意味では問題ないのかもしれない。Windows 7ユーザーは、使用しているソフトがWindows 10に対応しているかを検討しよう。焦ってOSを変更して、使用できなかったり挙動がおかしくなったりすると不都合だ。

2018年6月時点でWindows7からWindows10への移行時期が来ていることは間違いない。サポートも2020年に終了予定なので、マイクロソフト側も移行したい気持ちが強いことがわかる。使いやすさで言えば、今まで使っていたWindows7のほうが使いやすいのは当然だ。また、ゲームもWindows10に完全対応していないものもあって、ゲーム中心でいくなら少し様子見したほうがいいかもしれないと考えていた。この点についてはすでに述べている通り対応が進み問題ないと言える。

Windows 8.1

win8
画像引用元:https://www.microsoft.com(マイクロソフト社HP)

Windows 8は不評なのか?ゲーミングPCでそれほど需要の高いOSではない。多くの方が疑問に思うのはWindows 10とWindows 7のどちらがいいのかだ。Windows 8が対象となることは稀だと考えている。まずWindows7に比べて動作が高速で快適なのは間違いない。しかし、タッチパネルに対応したことで操作性などがこれまでのWindowsと大きく異なり、慣れるまでが非常に大変だ。従来のような設定も可能だが、デフォルトではなく細かく設定していく必要がある。

これらの点ではアップデートなどにより対応されつつあるものの、そのアップデートにより設定が戻ってしまったりと不評が続いているようだ。最近になって少し落ち着いてきたようにも見える。それでも、スタートダッシュに完全に失敗してしまったOSというレッテルがある以上どうしても抵抗がある。

スマホやタブレットのような操作性から従来のWindowsにユーザビリティでは近いものになってはいるように感じる。ただ、デスクトップパソコンにはあまり適していないのではないかと考えている人もいるのも事実だ。Windows8.1になり、Windows7と同じようなデスクトップ画面やタスクバーを使用することが可能になったので少しずつ受け入れられているようだが・・・

すでに初めに書いたがWindows8では少し前のゲームの場合対応していないことがある。ゲームが全く出来ないということは無いが、対応していないタイトルもまだまだ多い。少し中途半端なOSとなってしまっているのが現状だ。これはWindows7の発売当初もそうだったように、これから対応していくだろうとは思うが現時点では推奨しない。今までプレイできていたタイトルがプレイできなくなる可能性がある以上、ゲームをプレイするという前提では確実に適していない。

OSなどの重要なソフトは発売されてすぐ購入するのは非常にリスクが高いため、これまで痛い目に遭った人達はしばらく様子を見るようになる。案の定、販売開始から不評が飛び交い、Vista同様に「失敗作」と言われていた。それがアップデートなどで優れたOSに進化していっているので需要は少し高まりつつあるようだが、もう少し様子を見てみたい。

Mac OS

macos
画像引用元:https://www.apple.com/jp/(Apple社HP)

Mac OSについても少し触れておこう。本来はここで取り扱うべきではないが、気になることも多いと思うので、少しだけ当サイトの見解をまとめておく。Macに対応しているゲーム自体がほとんどなく、ゲーミングPCには向いていない。

多くの方が認識している通りだ。特に無料オンラインゲームなど身近なゲームは壊滅的だ。用途がはっきりしている以上、それに適したOSを手にしたいところだ。

PUBG推奨スペック
pubgos
画像引用元:http://pubg.dmm.com/(DMM公式)

人気タイトルであるPUBGの推奨スペックを引用しておいた。OSの欄にMacの記載はない。他のほとんどのタイトルが同様だ。FF14などほんの一部のタイトルではMac版が用意されていることもある。

ゲームプレイにおけるOS選びのよくある疑問

32bitと64bitの違いは?

32bitか64itどちらを選べばいいのかは疑問に思うことだろう。結論64bitを選択しよう。搭載可能メモリが64bitの方が多いので、現状32bitOSを選択するメリットは無い。32bitのOSは最大4GBまでのメモリしか扱うことが出来ない。そのため、最新のゲームなどをプレイするには非常に厳しく、4GB搭載できるだけで使用できるのは3GBちょっとだ。ゲームプレイを考えるのであれば8GB以上は必要なので論外となる。

さらに、搭載できるHDDは一つあたり2TBの上限がある。今はさほど窮屈に思わないがこの先どうなるか分からない。ゲームなどをプレイせず、仕事用というのであれば十分かもしれないが今主流は64bitに完全移行している。64bitのOSではOSのタイプごとに異なっている。Windows7 HomePremiumでは16GBまで、Windows7 Professional以上で192GB、Windows8 Pro以上では512GBまで読み込むことが可能だ。

パソコンだけでなくゲームも進化を続けている以上既に頭打ちとなっている32bitを選択する余地は無い。過去には32bitでしか動作しないCPUやソフトウェアが存在していたのだが、現状その問題は解消されている。ソフトウェアも32bit版と64bit版が同梱されたり、両方で対応できるようにと変化している。以上のことから、ゲームをプレイする上で必要なOSはWindows10 64bit版だ。

HomeとProのどちらが良いのか?

Windows10にはHomeとProの二種類がある。これらは機能的に違うものだが、どちらを選んでも問題ない。Homeは一般の消費者向けで家庭用のパソコンで使用されることが多い。

一方、Pro版はビジネス向けのモデルということでビジネスに便利な機能が備わっている。例えば、BitLocker、Remote Desktopなどが代表的だろう。これらの機能が必要なのであれば選ぶと良い。

当記事のまとめ

当記事では、ゲーミングPCにおけるOSの選択及び各OSの特徴について解説した。2018年時点ではWindows 10がベストな選択だということは間違いない。これはゲームとの相性が良いことやセキュリティ面で安心だという理由が大きい。

今後Windows 7のサポート期限が終了したらもうOS選びで悩むことはなくなるだろう。なお、Macはそもそもほとんどのタイトルが対応していないので比較対象としては弱い。ゲームをプレイするならWindowsを選ぶ方が良い。

合わせて読みたい記事一覧

  • OSとは | パソコンパーツの基礎
  • OSとは何かなど基本的なことを知りたい方向けのコンテンツだ。ゲームというよりもっと広範な意味でのOSについて解説している。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

ゲーミングPCの選び方

初心者の方はセール情報や今プレイしているタイトルを基準にゲーミングPCを選ぶとわかりやすい。ぜひ参考にして欲しい。

セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo

ゲーミングPCの特長を比較

中級者以上の方はゲーミングPCのスペックやショップの比較で目当てのパソコンの絞り込むを行うと良いだろう。グラフィックボードや価格比較は非常に人気のあるコンテンツだ。

グラボ価格構成BTOショップ
gpueisyakakakukouseishop

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ