ゲーミングPCとOSの選択 | Windows10かWindows7のどちらが良いか!?

microsoft

ゲーミングPCを購入する際のOSの選び方について解説している。パソコンである以上OSの選択は絶対となるがどれを選べば良いか分からない人もいると思う。

ゲームをプレイするという前提であるゲーミングPCを選択するのであればWindows10が優勢だと考えている。今でもWindows7の人気は高いが、多くのゲームがWindows10に対応していること各ショップでWindows10の方が安いことからWindows10を選択する方が賢明だと考える。

当サイトでは元々Windows10が出た当初は、Windows7の方を推奨していた。その理由はただ一点「古いソフトなどに対応していない」ということがあったからだ。これはソフトウェア以外にもゲームタイトルに対応していないことがあり、動作はするが予期せぬことが起きるかもしれないという注意文が書かれているものもあった。

どちらのOSが優れているかをゲーム中心で考えていくと、機能などよりもどれだけプレイしているタイトルに対応しているかが目安となる。現在はほぼ全てのゲームにWindows10が対応している状況なので7を選ぶ理由は見当たらない。自分が使用しているソフトなどが全てWindows10に対応しているのであれば、Windows10に変更することにデメリットはなさそうだ。

Windows7からWindows10への移行時期が来ている

使いやすさで言えば、今まで使っていたWindows7のほうが使いやすいのは当然だ。また、ゲームもWindows10に完全対応していないものもあって、ゲーム中心でいくなら少し様子見したほうがいいかもしれないと考えていた。この点についてはすでに述べている通り対応が進み問題ないと言える。

自分がプレイしているゲームが対応しているかどうかを確認して、対応していればWindows10にしてしまってもいいだろう。ゲーム以外であっても、ソフトウェアが対応していないこともある。自分の使用している全てのものが対応しているのであれば、Windows10のほうが起動などの速度が優れているためWindows10はおすすめだ。

各OSとゲーミングPCの相性を見ていこう

Windows7はまだまだ強い

Windows7は人気が高く、ゲーミングPCでは主流のOSとなっている。今まで使用してきた環境であることが最大のメリットであり、多くのソフトに対応していることだ。

とは言え、Windows7も発売当初は対応しているゲームも少なく人気はいまいちだった。だが、今はスタンダードのOSとなっていることから、同様にWindows10が主流となるのは時間の問題だと考えていた。結果現在は10が主流になっている。

ただ、主流になったとしても、これまでの環境を維持し続けられるという意味では問題ないのかもしれない。Windows7ユーザーは、使用しているソフトなどが対応するまでは様子見でいいだろう。焦ってOSを変更して、使用できなかったり挙動がおかしくなったりすると不都合だ。

Windows10は最後のOS

Windows10はMicrosoftが発表した最新であり最後のOSだ。今後は有料を含むアップデートを繰り返していくことになるのだろう。そして、パソコンのラインナップからWindows8.1が消えつつあり、Windows10のみしか選択できないものも増えてきた。

これはマイクロソフトがWindows10の販売を増やすように各ショップに通達をしているからだ。その結果ドスパラやG-tune等はWindows10を搭載しているパソコンの方が安くなっている。

Wndows10のメリットをまとめてみた。

  • Windows7と比べて起動が高速(Window8.1と比較すると若干遅い)
  • スタートメニューが一新され、Windows7に近いものとなった
  • マルチデスクトップ機能が追加

この辺りが、メリットとなるだろう。起動速度は環境に依存するようなので、速度の体感は個人差があると思われる。スタートメニューはWindows8.1ユーザーからするとありがたいものかもしれない。8.1だからといってスタートメニューが無いわけではないが。

使用感がWindows7に近いというのはこのスタートメニューの存在のおかげでもあるかもしれない。マルチデスクトップはスマートフォンのシートのような形で、複数のデスクトップを仮想的に作成することができる。

ブラウザのタブのようなもので、作業ごとに使用するデスクトップを変更できる。Vine Linuxではデフォルトであった気がするが、最近使用していないので記憶が曖昧。

Windows8は不評?

まずWindows7に比べて動作が高速で快適なのは間違いない。しかし、タッチパネルに対応したことで操作性などがこれまでのWindowsと大きく異なり、慣れるまでが非常に大変だ。従来のような設定も可能だが、デフォルトではなく細かく設定していかねばならない。

これらの点ではアップデートなどにより対応されつつあるものの、そのアップデートにより設定が戻ってしまったりと不評が続いているようだ。最近になって少し落ち着いてきたようにも見える。それでも、スタートダッシュに完全に失敗してしまったOSというレッテルがある以上どうしても抵抗がある。

スマホやタブレットのような操作性から従来のWindowsにユーザビリティでは近いものになってはいるように感じる。ただ、デスクトップパソコンにはあまり適していないのではないかと考えている人もいるのも事実だ。

Windows8.1になり、Windows7と同じようなデスクトップ画面やタスクバーを使用することが可能になったので少しずつ受け入れられているようだが・・・

Windows8ではゲームができない?

すでに初めに書いたがWindows8では少し前のゲームの場合対応していないことがある。ゲームが全く出来ないということは無いが、対応していないタイトルもまだまだ多い。少し中途半端なOSとなってしまっているのが現状だ。

これはWindows7の発売当初もそうだったように、これから対応していくだろうとは思うが現時点では推奨しない。今までプレイできていたタイトルがプレイできなくなる可能性がある以上、ゲームをプレイするという前提では確実に適していない。

OSなどの重要なソフトは発売されてすぐ購入するのは非常にリスクが高いため、これまで痛い目に遭った人達はしばらく様子を見るようになる。案の定、販売開始から不評が飛び交い、Vista同様に「失敗作」と言われていた。

それがアップデートなどで優れたOSに進化していっているので需要は少し高まりつつあるようだが、もう少し様子を見てみたい。

Windows以外はどうなのか

iPhoneなどでお馴染みのMACはそもそも対応するゲームが少なく、ゲーミングには向かないとされている。特に無料オンラインゲームなど身近なゲームは壊滅的だ。同じ点でLinuxもゲームをプレイするにはとても向かない。用途がはっきりしている以上、それに適したOSを手にしたいところだ。

32bitか64bitか

ゲームをすることを考えるならOSはWindows10の方がおすすめだということは伝えた。それでは次に32bitか64itどちらを選べばいいのだろうかについて解説をする。

結論64bitの場合搭載することが可能なメモリの上限がかなり高まり、現状32bitOSを選択するメリットは無い。32bitのOSは最大4GBまでのメモリしか扱うことが出来ない。そのため、最新のゲームなどをプレイするには非常に厳しく、4GB搭載できるだけで使用できるのは3GBちょっとだ。

更に、搭載できるHDDは一つあたり2TBの上限がある。今はさほど窮屈に思わないがこの先どうなるか分からない。ゲームなどをプレイせず、仕事用というのであれば十分かもしれないが今主流は64bitに完全移行している。

64bitのOSではOSのタイプごとに異なっている。Windows7 HomePremiumでは16GBまで、Windows7 Professional以上で192GB、Windows8 Pro以上では512GBまで読み込むことが可能だ。

パソコンだけでなくゲームも進化を続けている以上既に頭打ちとなっている32bitを選択する余地は無い。もちろん、64bitにもデメリットは存在していたのだが、現状そのデメリットは解消されている。それは32bitでしか動作しないCPUやソフトウェアの存在だ。しかし、CPUは新しくなったことでi7、i5、i3などは全て対応している。

ソフトウェアも32bit版と64bit版が同梱されたり、両方で対応できるようにと変化している。少し前まではどちらを選ぶかを用途に合わせていた。しかし、現在ではわざわざ32bit版を選択する必要は無い。以上のことから、ゲームをプレイする上で必要なOSはWindows10 64bit版だ。HomePremiumでもProfessionalやEnterpriseやUltimateでもいい。

まとめ

BTOショップで販売されているゲーミングPCに関しては、Windows10とWindows7という二つの選択肢がある。どちらが良いか悩んでいるというユーザーは多いだろう。当サイトでの回答は、「Windows10を選択するべきだ。」となる。その理由はWindows10の方が安く、セキュリティ面等を考慮しても優れているからだ。

Windows10の不安要素であった未対応タイトルはほとんどなくなり、多くのタイトルが対応している。今あえて古い7を選択する理由はない。bit数に関しては、64bitを選択する方が良いだろう。ただし、32bitはほとんど選択肢にないことから問題になることはないだろう。

合わせて読みたい人気記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ