PS4とゲーミングPCの性能比較 | リモートプレイとVRから見えるもの

ps4

当記事ではPS4とゲーミングPCの関係についてまとめている。

オンラインゲームは今やPCだけのものではなくなってきており、PS4、PS3やXboxなどのマルチプラットフォームに対応したゲームが増えてきている。パソコンのオンラインゲームが他のプラットフォームに対応していくだけでなく、発売当初から対応していたり、オンラインゲームはコンシューマ機でも当たり前になっている。

そのため、PS4とゲーミングPC(パソコン)は今後さらに関係性の深いものになっていくと誰もが簡単に予想できるだろう。2016年4月6日に配信された新しいバージョンである「3.50 “MUSASHI(ムサシ)」の登場によってその関係が深くなった。このバージョンではパソコンとPS4を接続してリモートプレイが可能となる。まだまだ重さを感じる等課題は残るが、新たな一歩を踏み出したと言えるのではないだろうか。

PS4とPCの違いという側面とPS4とPCの共存という側面の二面から記事を書いていこうと思う。

1. PS4とPCの違い

1.1 一般ゲーム

PS4は価格が安く、PCは性能が高くマルチ用途に対応

PS4はどの本体でも性能が同じなのでゲームによってスペックを合わせる必要がなく扱いやすいという特徴がある。これがパソコンとの大きな違いだ。一方、パソコンは、モデルごとに性能が異なりゲームによっては快適にプレイできないという状況が生まれることがある。また、拡張機能であるMoDというものが存在していて、ゲーム人口が減りにくいというメリットもがある。

しかし、PS4でも「Fallout4」のようにMoDを導入することが可能なタイトルも当たり前になってくるかもしれない。無料オンライン系のゲームにはMoDが存在しないのでこの辺りのゲームをプレイするのであれば、価格が安いPS4のほうが良さそうだ。ゲームをするための機械という点ではパソコンと少し用途が異なるということはある。しかし、4万円というのはゲーミングPCでは考えられない安さだ。価格を考慮してゲームのみで考えればPS4に大きく分があると考えている。このままではPCゲームがすべてPS4に移ってしまうのではないかと考えても不思議ではない。

上述の通りかなりPS4が有利のように思えるが、全てのパソコンゲームをPS4でプレイすることができるわけではないということは心に留めておく必要がある。もちろんそれはPS4のゲームがパソコン版で出るとは限らないというように逆もありえる。また、パソコンはゲーム以外にもビジネス(word)、動画鑑賞(これはPS4でも可能)、動画や画像編集等様々な用途で使用できることも大きい。

PSゲームのみの用途で言えば当然PS4に軍配が上がる。しかしながら、それ以外の用途が少しでもあるならばパソコンが大きくリードする。どちらかを選ぶのでなく、どちらも違った性能なのだから比較するのがそもそもおかしいのである。3DSとVitaを比較するようなものだろう。ゲームに関してのみで言えばプレイしたいゲームがあるほうを選べば良いと思う。

PS4とPCのスペック比較

もしもプレイしたいタイトルが両方のハードで発売されているのであれば、そこで初めて両者のスペックを比較することになる。現時点で使用しているパソコンのスペック次第で比較の内容も異なるだろう。

現在GTX1080や1070搭載のようなハイスペック以上のパソコンを使用しているのであればわざわざPS4を購入する必要はないと考える。PS4のスペックはパソコンで言えばミドルスペック程度である。また、PS4はfps制限をかけることで高い負荷をかけても安定させようとしているのもあり、グラフィックレベルなどで見ればパソコンのほうが圧倒的に上だろう。

しかし、ここまで大きな成長を遂げているコンシューマ機は、今後パソコンのシェアを奪っていく可能性は0とは言えないと考えている。ただ現在は同じゲームタイトルがプレイできるというだけであって、比較するのは非常に難しいと思う。なんとなくだがゲーミングPCとPS4どちらも所有するというのがスタンダードになる気がしている。ゲーマーにとって今後が楽しみな話題の一つだ。

1.2 PS4とパソコンにおけるVR(バーチャルリアリティ)

2016年VR(ヴァーチャルリアリティ)が登場した。一見するとかつて存在していたコンシューマ機、ヴァーチャルボーイのように見える。しかし、中身はかなり進化していてPS4向けのVRであるPSVRは255インチのモニターを2.5m離れて見ている映像が見えるようになっている。つまり、ゲーム内をリアルに間近で体験できる。

VRに関してPS4版とPC版とでは大きな違いがある。まずPS4版についてだが、2016年の秋ごろにPS4Kという4Kに対応し、性能が高くなったPS4が登場する。呼称は様々でPS4K、PS4.5、PS4 NEOがある。PSVRはこのPS4Kにしか対応していないが、後々PS4にも対応するという発表があった。

しかし、PS4と性能が違う以上クオリティの低下が懸念される。PS4の上位モデルに位置づけられるPS4Kではあるが、PS4K専用のゲームソフトの販売は無いとのことでPS4とは併売されていく。そして最大の魅力はPSVRはPC版のVRと違い安価で、今後PSVRはPCにも対応していくということだ。実現するかどうかはまだ未知数だが、これによりPC版のVRとは一線を画すというより、PC版に割り込んでいく形になりそうだ。

さて、このPS4Kには大きなネックが存在している。それは4K対応のモニターやテレビが必要ということだ。そうでなくては選択するメリットが非常に薄い。4K以外での動作は恐らく可能だろう、しかし正式な発表は行われていない。性能は格段に高くなり、今まで30fps動作だったゲームであっても60fpsでの動作が可能になるので、4K以外でも動作するのであれば性能を求めての選択もありだろう。

PC版はPS4版と違い価格が高いというデメリットがある。しかし、VR対応のゲームは既に300近くあり、PS4版よりも多いというメリットがある。強みとしてはパソコンには性能差があるため、非常に優れた性能を持つウルトラハイエンドモデルであれば相応の恩恵を得られる可能性があるということだ。

PS4とPCでは同じゲームでもグラフィックの品質はPC版のほうが優れているものが多い。これは性能が統一されていないPC版では細かく設定することができるからだ。同じことがVRでも可能なのかは分からないが、PC版に期待できるのはよりリアルなグラフィックだ。一方でPSVRとPC版のVRで同じソフトが販売されるのかどうかも疑問点だ。

VR3製品の比較

ここでVR3製品を簡単に比較してみる。

製品名PSVROclusVIVE
対象端末PS4PCPC
発売日2016/102016/032016/03/
視野角100°110°110°
リフレッシュレート90Hz90Hz120Hz
解像度1920×10802160×12002160×1200
付属品と価格VRヘッドセット
プレセッサーユニット
44,980円
VRヘッドセット
赤外線カメラ
Xbox oneコントローラー
94,600円
VRヘッドセット
ベースステーション
Viveコントローラー
$979(約10万円)

値段を考えるとPSVRは非常にコストパフォーマンスに優れている。ただ、注意しなくてはならない点がある。それはリフレッシュレート120hzとなっているが、これは60hzを倍増させて120hzにしているだけなので多少カクつきを感じるような場面もあるかもしれないということだ。価格は非常に安い。しかし、その分だけ削られた性能もあるようで必ずしもPSVRが一番良いというわけではない。

他の2つは価格に見合った素晴らしい性能を持っている。特にSteamのVRであるVIVEは立ったり座ったりだけでなく歩いたり動いたりすることも可能で性能はズバ抜けている。

PSVRは価格的に非常に大きなアドバンテージを得ているが、それは何も無い状態からであっても同じだ。OlulusとVIVEはGTX1060とi5-6500を搭載したゲーミングPCが必要となる。価格としては10万円前後は見ておく必要がある。つまり、ゼロからの場合だとPCの費用も加算されるためコストではPSVRには遠く及ばない。いかに優れていてもこの部分は大きなネックとなるだろう。

それぞれが一長一短ある中、現時点ではPSVRはPS4K(PS4)専用のVRとなっているため線引はされている。今後PSVRはPCにも互換性を持つようになってくるとのことだが、その時に解像度やリフレッシュレートなど、多くの問題を解決できるのかは疑問だ。まだ確定したわけではないので、あまり期待せず様子を見たい話だ。PS4とPC、どちらが良いかという話はこのVRの登場で更にこじれそうだ。

該当するゲーミングPCは下記一覧表を参考にしてほしい。

関連記事:ゲーミングPCの評判とレビュー | 紹介ゲーミングPC一覧

2. PS4とPCの共存

PS4とPCの共存についてまとめている。

2.1 PS4のリモートプレイが実現

2016年4月のアップデートでついにパソコンでPS4のリモートプレイをすることができるようになった。今まではPlayStation VitaあるいはXperiaスマートフォン及びタブレットでのみの対応だったが、今回のアップデートで拡充された。ノートパソコンさえあれば外出先でもPS4をプレイすることができるという正に夢の様な機能になる。

外出時はこれまでPS4とのクロスバイやリモートプレイでVitaが支えてきたが、これからはクロスバイ非対応のゲームであっても他の媒体からリモートプレイすることが可能になる。その最大のメリットは解像度や画面の大きさではないだろうか。Vitaでのオンラインゲームは解像度や画面の大きさで辛いものがあった。特にPS4を所持して大きなモニターでプレイしているとなおさらだ。大きなモニターでリモートプレイできるというのは強みだろう。

やり方は非常に簡単で専用のアプリケーションをパソコンにインストールすればいつでもPS4に接続してリモートプレイを楽しむことができる。下記サイトよりインストールすることが可能だ。

PS4公式ホームページ:https://remoteplay.dl.playstation.net/ (外部サイト)

PS4のリモートプレイに必要なパソコンスペック
 WindowsMac
OSWindows10
WIndows8.1
OS X El Capitan
OS X Yosemite
CPUIntel Core i5-560M以上のプロセッサ
(2.67GHz )
Intel Core i5-520M以上のプロセッサ
(2.4GHz)
HDD(SSD)100MB以上のストレージ空き容量40MB以上のストレージ空き容量
メモリ2GB以上のRAM2GB以上のRAM
解像度1024 x 768以上-
その他USBポート
サウンドカード
USBポート

注意点としてWindows7には対応していないという点だ。以前に比べるとラインナップ自体が減ってきているとはいえ、Windows7のシェアは最も多いため対応していて欲しかった。今後はWindows10が主流となり、シェアも高くなっていくことを考えると妥当なプランとも言えるが…。

必要なスペックに関しては、ゲーミングPCを所有している方であればほとんど問題となることはないと思う。まだまだ課題はあるものの「こんなことができればいいな」と思っていたことの一つが実現された。プレイできる幅が、場所が増えるというのは大きな進歩であり、据置機として快挙とも言えるだろう。

PS4リモートプレイの課題

まだPS4リモートプレイは完成形というわけではない。どうしても課題が残っている。リモートプレイは操作を完璧にできるというよりは液晶にPS4が描写している映像を映し、遠隔操作を行うというものだ。つまり、PS4の電源をつけてゲームをプレイできる画面に設定していなければならない。パソコンやスマートフォンに映像を飛ばして、パソコンやスマートフォンから操作した情報をPS4に飛ばすというもの。要求されるスペックが低い反面、まだまだ制約は多い。しかし、今回のアップデートは今後のゲーム業界に大きな影響を与えるだろう。

  • 遅延が発生する
  • 多少遅延が発生してしまうので、PS4のゲームプレイをさくさくプレイということはできない。RPG等であれば気にならない程度の遅延ではあるが、格闘ゲームやアクションゲームとなるとその微妙な差が致命傷となってしまう。PS4単体でプレイするよりももっさりとした操作性になってしまう感は否めない。

    この遅延があることでプレイできないゲームもあり、ジャンルによっては自宅でリモートプレイするメリットはほとんど無いかもしれない。操作の遅延が影響し辛いアドベンチャーやタイミングや激しい操作を必要としないゲームであれば問題は無い。

    もちろん、アクションゲームやタイミングが必要なゲームであっても遅延を感じつつ問題無くプレイできるものもあるかもしれない。リモートプレイにはこの遅延はついて回る問題だ。

    もしもこの先、この遅延が更に小さくなっていくことがあれば、更に素晴らしい物になっていくだろう。それだけに、この課題が現在最も懸念される材料だ。

  • コントローラーが必須
  • パソコンでPS4のリモートプレイをする際にDUALSHOCK 4(コントローラー)が必須となる。キーボードやマウスを使用することはできないため、カフェやラウンジ等でのプレイはためらってしまう。

    帰省中や出張先で気楽にプレイ出来るかもしれないが、自宅のPS4の電源はつけっぱなしにしなくてはならないということになる。アカウントで同期できるようになればとも思うが、あくまでもリモートプレイである。

    スポーツやアクションではコントローラーがある方が操作性が高い。一部のMMORPGではチャットがキーボードでないと出来ないものもある。その場合は定型文でしか会話ができないのがネックだ。

これらの課題はユーザーによっては致命的なデメリットである可能性もある。しかし、リモートプレイが可能になったこと自体に何のデメリットも無いはずだ。これは大きな一歩であり、進化であり、悲しむべきアップデートではない。

致命的なデメリットであれば使用しなければ良いだけの話で、PS4ユーザーの多くは歓迎するだろう。リモートプレイができるようになったのだから、PS4はPS4の枠から飛び出したと言ってもいい。パソコンはマルチな用途に対応した媒体だが、PSも近い将来様々なことができるようになるかもしれない。その時、パソコンはPSシリーズにどう対抗していくのだろうか。

PS4とゲーミングPCの性能比較まとめ

PS4とゲーミングPCは似ている部分が多くある。マルチプラットフォーム対応タイトルが増えたことVRに対応していること等が挙げられる。また、パソコンでPS4のリモートプレイをすることができるようになる等今後の関係も興味深い。

両者の大きな違いは価格及び性能にある。PS4の方が安価で入手することができる。一方、パソコンは幅があるものの価格が高く高性能になっている。まだまだ性能面ではPS4は勝てない。また、パソコンであればワードやエクセル等様々なアプリケーションを起動することができるのも大きい。

どちらが良いということはなく、ユーザーの利用環境に合わせて検討すると良いだろう。ただ、当サイトはゲーミングPCを紹介することを目的とするので、是非パソコンを第一に考えて欲しいのが正直なところだ。

当ページの後に読むユーザーが多い人気記事

PS4とPCのクロスプラットフォーム(2017年2月末までに発売のもの)

PS4とPCの両方でプレイすることができるタイトルをまとめているので参考にしてほしい。

  • アスタブリード
  • ウイニングイレブン 2016
  • ウルトラストリートファイターIV
  • オクトダッド -タコと呼ばないで-
  • チャイルド オブ ライト
  • テトリス アルティメット
  • ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城
  • ドラゴンボール ゼノバース
  • トランスフォーマー ライズ オブ ザ ダーク スパーク
  • →PC対応のSteam版が異様に高い

  • ニード・フォー・スピード
  • バイオハザード リベレーションズ2
  • バイオハザード HDリマスター
  • バトルフィールド ハードライン
  • プラント vs. ゾンビ ガーデンウォーフェア
  • →PCは海外版のみ

  • ブレイドストーム 百年戦争&ナイトメア
  • ホットライン・マイアミ
  • メゾン・ド・魔王
  • メタルギアソリッドVファントムペイン
  • メタルギアソリッドV グラウンド・ゼロズ
  • メタルスラッグ3
  • ララ・クロフト アンド テンプル オブ オシリス
  • ロケットリーグ
  • ローグ・レガシー
  • ワンピース 海賊無双3
  • →SteamではOne Piece Pirate Warriors 3だが日本からの購入はできないようだ

  • ワールドサッカー ウイニングイレブン 2015
  • 幻想の輪舞
  • →PC版の販売は2014年をもって完了と公式ホームページに記載

  • 信長の野望・創造
  • 信長の野望・創造 with パワーアップキット
  • 信長の野望Online
  • 真・三國無双 Online Z
  • 真・三國無双7 Empires
  • 真・三國無双7 with 猛将伝
  • 戦国無双4-II
  • →SteamではSAMURAI WARRIORS 4-II

  • 閃乱カグラ ESTIVAL VERSUS -少女達の選択-
  • →2015年10月16日にPC版登場を明言 PS4はR17指定

  • 大航海時代 Online ~Gran Atlas~
  • 大戦略 大東亜興亡史3 第二次世界大戦勃発! 枢軸軍対連合軍 全世界戦
  • →2013年発売のPS4移植版?

  • 討鬼伝 極
  • →SteamにてToukiden: Kiwamiの名称で登場

  • 彼女はオレからはなれない
  • →PC版はアダルトゲーム

  • Aaru’s Awakening
  • AKIBA’S TRIP2
  • ALIEN: ISOLATION
  • Armello
  • Assassin’s Creed Chronicles: China
  • Assassin’s Creed Freedom Cry (アサシン クリード 自由の叫び)
  • Assassin’s Creed IV BlackFlag
  • Assassin’s Creed Syndicate
  • Assassin’s Creed Unity
  • Batman: Arkham Knight
  • BATTLE FIELDバトルフィールド4
  • BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA EXTEND
  • Call of Duty: Advanced Warfare
  • Call of Duty: Black Ops III
  • Call of Duty: Ghosts
  • CastleStorm
  • Chariot
  • Contrast
  • Croixleur Σ
  • DARK SOULS II
  • Daylight
  • DEAD OR ALIVE 5 LAST ROUND
  • DEVIL MAY CRY 4 SPECIAL EDITION
  • Diablo III
  • Dishonored
  • →PS4版はフルHD化したもので、ゲーム内容はPC版と同じ

  • Dragon Age: Inquisition
  • Dust: An Elysian Tail
  • Dying Light
  • EVOLVE
  • Fairy Fencer F ADVENT DARK FORCE
  • →Fairy Fencer Fの移植版、PS3・PC版とほぼ内容は同じだが追加要素などがある

  • Fallout4
  • Far Cry 4
  • FEZ
  • →ファンタジーアースゼロではない

  • FIFA 14 ワールドクラスサッカー
  • FIFA 15
  • FIFA 16
  • FINAL FANTASY TYPE-0
  • →CERO D 17歳以上対応

  • FINAL FANTASY XIV:新生エオルゼア
  • Goat Simulator
  • Grand Theft Auto V
  • GUILTY GEAR Xrd -SIGN-
  • HELLDIVERS
  • In Space We Brawl
  • LEGO バットマン3 ザ・ゲーム ゴッサムから宇宙へ
  • LEGO マーベル スーパーヒーローズ
  • LEGO THE Movie
  • Lords of the Fallen
  • →PC版は俗に言うおま国。Steamにキー登録はできるので入手できれば日本語字幕も可能なようだ

  • Mad Max
  • Metro Redux
  • →PC版は厳密にはMetro Reduxではなく、Metro2033,Metro Last Lightを同梱した旧作品 誤って購入しないように

  • Minecraft: PlayStation 4 Edition
  • →超有名なゲーム。PS4版になったもの

  • MotoGP 15
  • MURDERED 魂の呼ぶ声
  • NBA 2K14
  • NBA 2K15
  • Need for Speed Rivals Complete Edition
  • Need for Speed: Rivals
  • Never Alone
  • Nom Nom Galaxy
  • Oddworld: New ’n’ Tasty
  • OlliOlli
  • OlliOlli2: Welcome to OLLIWOOD
  • Paperbound
  • Pix the Cat
  • PSYCHOBREAK
  • Race The Sun
  • RIDE
  • Saints Row IV
  • Secret Ponchos
  • Shadow of Mordor
  • Spelunky
  • Sportsfriends
  • STAR WARS BATTLE FRONT
  • SteamWorld Dig
  • Stick It To The Man
  • Terraria
  • Teslagrad
  • THE CREW
  • The Witcher 3: Wild Hunt
  • Thief
  • Titan Attacks!
  • Tom Clancy`s Rainbow Six Siege
  • TOMB RAIDER
  • TorqueL
  • Tower of Guns
  • TowerFall Ascension
  • Transistor
  • Trials Fusion
  • Trials Fusion – The Awesome MAX Edition
  • Trine 2: Complete Story
  • TROPICO 5
  • Valiant Hearts The Great War
  • Velocity 2X
  • Watch Dogs
  • Wolfenstein: The New Order
  • Wolfenstein: The Old Blood
  • ZOMBI
  • Zombie Vikings

番外編

  • Bloodborne
  • →PC版発売しろと海外で2万5000人を超える署名運動、フランスAmazonで発売の情報もあったとか

  • 新次元ゲイム ネプテューヌVII
  • →一時期Steamに存在していた模様

  • ボーダーランズ ダブルデラックス コレクション
  • →Steamにはそれぞれ個別に存在しているがDLCは別売り

  • 夏色ハイスクル★青春白書
  • →正式名称「夏色ハイスクル★青春白書~転校初日のオレが幼馴染と再会したら報道部員にされていて激写少年の日々はスクープ大連発でイガイとモテモテなのに何故かマイメモリーはパンツ写真ばっかりという現実と向き合いながら考えるひと夏の島の学園生活と赤裸々な恋の行方。~」と非常に長い。PC版はない。

  • UNTIL DAWN
  • →B級ホラーとしては有名だが、日本版は規制されすぎでストーリーが意味不明なことに・・・PC版はない模様

  • Destiny
  • →PC版発売という情報もあったが、確認できず

  • 聖闘士星矢 ソルジャーズ・ソウル
  • →Steamでは日本からの購入はできない模様

  • The Amazing Spider-Man2
  • →PCは海外版のみ、日本からはSteamで購入できない模様

  • Stealth Inc: A Clone in the Dark ULTIMATE EDITION
  • →SteamのStealth Inc 2: A Game of Clonesよりステージ数は多い

  • How to Survive:ゾンビアイランド ストームワーニングエディション
  • →PC版はシリーズ揃っているがこのエディションは無い

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ