minecraft

当記事では、MineCraftの必要スペックとおすすめの推奨ゲーミングPCを紹介している。コアユーザーの多い人気タイトルで、熱中度が非常に高い。かなりのプレイ時間に達している方も多いだろう。

マインクラフトは求められるスペックは低いと思われがちだが、Modによってはそれなりのスペックが要求される。購入検討中の方は是非参考にしてほしい。

マインクラフトの必要動作環境&推奨環境紹介

必要動作環境

CPUIntel Pentium D または Athlon 64(K8) 2.6GHz
グラフィックボードCPU搭載のグラフィック機能
メモリ2GB
HDD空き容量200MB

推奨環境

CPUCore i3以上
グラフィックボードオンボード以上
メモリ4GB
HDD空き容量1GB
GamingPCs検証推奨スペック
CPU     :i5-7500、i5-8400以上

マルチスレッドは使用できないため、4コアのみの動作であるi5がおすすめ。コストパフォーマンスも良く、適正が高い。

グラボ    :GTX950、GTX1050以上

MoD次第では更に高性能なグラフィックボードが必要となるが、最低限必要なのはこの辺り。

メモリ    :8GB以上

余裕を持って16GBとしたいところだが、サーバーとクライアントを同じパソコンで起動するケースは少ないはず。サーバーを構築してのプレイであっても人数が少なければそれほど必要としない。

HDD空き容量 :5GB

膨大な数のMoDを入れるとしても、そこまで必要としないかもしれないが今後のことを考慮して。

MineCraft向けおすすめのゲーミングPC

LEVEL-R037-i5-RNJ(パソコン工房)

LEVEL-M037-i5-VN価格:102,980円
CPU:Core i5-8400
GPU:GeForce GTX1060 3GB
メモリ:8GB DDR4
SSD:非搭載
HDD:1TB
電源:500W 80PLUS SILVER
公式詳細

グラフィックのクオリティを求めなければLEVEL-R037-i5-RNJでも十分だ。税抜き10万円ちょっとで購入できるのは嬉しい。この価格でこの性能なら不満はないだろう。綺麗なテクスチャでMineCraftをプレイするとなると少し性能に不安はある。このゲームでは何よりもCPUとグラフィックボードのバランスが重要。

GALLERIA ZV(ドスパラ)

zgmiddle価格:179,980円
CPU:Core i7-8700K
GPU:GeForce GTX1070Ti
メモリ:8GB DDR4
SSD:640GB
HDD:2TB
電源:500W BRONZE
公式詳細

多くの環境に対応できるモデルを探しているのであればこのGALLERIA ZVが第一の選択肢に入る。人気ランキングでも常に上位に輝くモデルでハイスペックな構成となる。ほとんどのクラフターには必要ない性能だと思う。しかし、前述の通りMineCraftはMoDと環境次第で必要環境は大きく異なってくる。MineCraft以外のゲームをプレイするにしても、MineCraftを極めるにしても余裕があるに越したことはない。

推奨スペックの考察

設定などにこだわなければ低スペックでもプレイ可能

MineCraft単体ではモバイルノートやタブレットタイプでも動作は可能だ。スマートフォンでも登場していることからわかるように、とりあえずプレイしたいというなら特にスペックは必要ない。もちろんビジネスモデルのノートパソコンでも動作は可能となっている。

極端な話インターネットに接続さえできれば問題ない。ただし、最高設定となると流石に厳しくなる。あくまでも設定にこだわらない方という条件付きとなる。

Ver1.7以前ではコアが複数あっても一つしか利用せず、Ver1.8以降は最大4コアまで使用できるがハイパースレッティングを用いたマルチスレッドは使用できない。このため、最適なCPUはi5となるがバージョンが1.7以前であればi3が優秀ということになる。グラフィックボードはオンボードやCPUのグラフィック機能で十分だが、マルチサーバーやMoD次第ではGTX950、GTX1050以上が必要となる。

MoDを利用するならミドルスペック以上が欲しい

このタイトルの一番の醍醐味は多種多様なMoDを用いたプレイだ。建造物やトラップタワー、侵略MoDや他ゲーをオマージュしたMoDまで存在している。グラフィックを綺麗に描写する影MoDやテクスチャによっては負荷は増大する。マルチサーバーの人数にも影響することもあるが、基本的にサーバーを構築するときに考慮すべきことだ。MineCraftは特殊な環境で、バージョンが違うだけで必要とするスペックは大きく異なる。

特に最高設定で影MoDを入れると非常に負荷が高くなるため、グラフィックも楽しむとなるとミドルスペックは必要だ。メモリは4GBを推奨しているが、動画ソフトやボイスチャットツールを同時起動すると8GBは必要だろう。

更にサーバーを建てながらスカイプを起動して、動画を撮りながらプレイするとなると16GBとは言わないまでもそれなりの負荷は覚悟しておく必要がある。8GBでも厳しいこともある。いまやMoDが当たり前となっているため、構築する環境で必要な性能が大きく異なる。それでもバニラでは要求スペックが低いこともあり、高望みをしなければ低スペックでも遊べる軽いゲームに含まれる。

QUadroの方が適正がある!

グラフィックボードの場合はGeForceより業務用GPUであるQuadroのほうが適正があるという話もある。ゲーミング向けのグラフィックボードとして一般的なRadeonやGeForceはDirectXに特化しているが、MineCraftがDirectXではなくOpenGLを採用しているからだ。

そうは言ってもGeForceでも十分対応できる。このように一般的なオンラインゲームとは違う特殊なゲームであることを垣間見せている。最高設定に影MoDを入れてフルHD以上の高解像度に加え、描写chunkも最大にするとGTX1080クラスが必要になることも・・・。

最大限楽しもうとすればするほど要求スペックは高くなってしまう。ただ、テクスチャを似たものに変えたりやりくりするのも楽しいひと時だ。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2018年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2018年最新】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る

公式サイトをチェックする