Mount & Blade II Bannerlordtop画像引用元:https://store.steampowered.com/

当記事では、Mount & Blade II: Bannerlord推奨のゲーミングPCの紹介をしている。ページの下部で「Mount & Blade II: Bannerlord推奨おすすめゲーミングPC」をまとめているので、ぜひ参考にして欲しい。

Mount & Blade II: Bannerlordの動作&推奨スペック

Mount & Blade II Bannerlord2

最低環境

OSWindows 7 64bit以上
CPUIntel Core i3-8100以上
メモリ6GB
GPUGTX 780, GTX 970以上
GPUGTX 660, Radeon HD 7850以上
HDD空き容量60GB

推奨環境

OSWindows 10 64bit 以上
CPUIntel Core i5-9600K, Ryzen 5 3600X以上
GPUGTX 1060 3GB, Radeon RX 580以上
メモリ8GB RAM
HDD空き容量60GB

ゲーミングPC徹底解剖サイトの検証推奨スペック

CPUIntel Core i7-9700
GPUGTX 1660 SUPER以上
メモリ16GB

Mount & Blade II: Bannerlordでは最大1000人が戦場でぶつかり合う戦いが魅力だ。大規模な戦闘シーンでは、非常に高い性能が要求される。フルHD+最高設定で考えると、i9-9900KS + RTX 2080 Tiでも負荷はかなり厳しい。常時50fpsを下回り、最低では20以下にまで落ちる。

とても快適な環境を築けるものではなかった。これらはゲーム内設定を下げることで改善出来る。標準設定より少し下にすれば、i7-9700 + GTX 1660 SUPERでも十分対応出来る。まだ早期アクセス中のゲームだ。今後更に最適化が進むと信じつつも、少し余裕のある性能を手にしておきたい。

Mount & Blade II: Bannerlord向けおすすめのゲーミングPC

G-Tune TD-G(G-Tune)

NEXTGEAR-MICRO im610GA1-TD価格:129,800円
CPU:Core i7-9700
GPU:GeForce GTX 1660 Ti
メモリ:DDR4-2666 16GB
SSD:256GB NVMe対応+250GB SATA
HDD:2TB
電源:500W BRONZE
公式GALLERIA XT詳細

当サイトとG-Tuneによるコラボレーションモデル。当サイト基準の推奨環境をクリアしているので選びやすい価格帯最強モデルだ。最高設定でのゲームプレイを避ければ快適にプレイ出来る環境を構築出来る。2020年3月に登場した最新のゲームに対応出来る性能だ。今後登場するタイトルも見越して性能には少し余裕を持たせた選択だ。Mount & Blade II: Bannerlord はMoDが盛況なゲームでもあるので、不安要素は負荷の高いMoDが登場した際に対応出来るかどうかだ。G-Tune TD-GはMoDへの対応を想定しているわけではない。それでも概ね問題は無いという最低限のモデルとして見てもらいたい。

GALLERIA XA7C-R70S(ドスパラ)

GALLERIA XA7C-R70S (2)価格:159,980円
CPU:Core i7-10700
GPU:GeForce RTX 2070 SUPER
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載
電源:650W 80PLUS BRONZE
公式詳細

RTX 2070 SUPERを搭載していてグラフィックボードの性能が非常に優秀なモデルだ。CPU性能はG-Tune TD-Gと変わらない。グラフィック設定を上げたいユーザー向け。コストパフォーマンス的にも選びやすい。性能に不安が無くなるわけではない。ただ、アップデートやMoDに対応しやすくなる。Mount & Blade II: Bannerlord を快適にプレイしやすい環境を構築するためには目指したいモデルだ。CPU負荷を下げればほぼ最高設定に近い環境で快適なゲームプレイが可能となる。

GALLERIA AXZ (ドスパラ)

価格:333,333円
CPU:Ryzen 9 3950X
GPU:GeForce RTX 2080 Ti
メモリ:DDR4 16GB
SSD:1TB NVMe対応
HDD:非搭載
電源:750W GOLD
公式詳細

現在のMount & Blade II: Bannerlordは早期アクセス中だ。そのため、まだまだ最適化されているわけではなく非常に高いCPU性能が求められる。そういう意味ではマルチスレッド性能がずば抜けて高いRyzen 9 3950Xは最も必要となるCPUだ。しかし、早期アクセスが終了して安定すればオーバースペックになる。現段階で快適性を維持したいユーザーには最適なモデルと言える。総合的な評価はトップクラスである。この性能であっても安定しない可能性は高い。それでもこれ以上を望めない環境であれば諦めもつくだろうという後ろ向きな発想でピックアップ。コストパフォーマンスは良いとは言えないので、おすすめはしにくい。何よりも快適なゲームプレイを求めるユーザーのためのモデルだ。

Mount & Blade II: Bannerlordの概要とゲーミングPC選びのポイント

自由度の高い独特なゲーム性が魅力

12年の歳月が流れ新タイトルが登場

2008年に登場したMount & Blade。そこから2年後の2010年に続編「Mount & Blade: Warband」が登場。そのMount & Blade: Warbandの続編が今作の「Mount & Blade II: Bannerlord」である。元々2012年に発表されていたタイトルで、2019年夏頃まで動きは無かった。早期アクセスリリースが発表され、2020年3月に7年越しのリリースに至った。

ゲーム性はオーソドックスな戦略ストラテジーを軸に、無双シリーズのようなアクションを追加したものだ。これは初代のMount & Bladeから続いた独自のゲーム性である。アクションが苦手でも、後方で指揮を採って部隊に戦闘を任せたりも出来る。

また、若戦闘自体もスキップ出来るので初心者にも安心だ。ただし、スキップすると被害が少し大きくなるのでケースバイケースである。本当の意味で不利を逆転出来るゲーム性は面白い。筆者は最大99対1030という絶望的な差を逆転したこともある。無双シリーズと違い、戦闘は非常にシビアに出来ているので早々逆転は起こらないことも付け加えておく。

建国して世界を制する王として君臨するも良し。国に仕える戦士として貢献するのも良し。国に属さず、村を襲う野盗として生計を立てるのも良し。様々なプレイスタイルが確立できる自由度の高さも魅力だ。無双シリーズのような一騎当千の武将プレイも出来ないことは無い。それには高いプレイヤースキルと状況判断、部隊指揮が必要となる。

AIは不安定でこれからに期待したい

現在のAIはそこまで賢くはない。それでも雑兵の中に突っ込めば袋叩きにされる。武器の当たり判定も非常にシビアだ。横に壁や兵士が居ると横に振りかぶれない。当たるコースでも味方の盾に当たってしまうこともあるなど、戦闘の難易度は比較的高いと言えるだろう。数の不利は戦術的な采配や兵のレベルで覆すことは出来ても、密集戦の不利は覆すことは出来ない。

この上負荷によるラグが発生すれば一方的に攻められることになるだろう。一騎当千プレイは時間をかけて行うことが前提なので爽快感は得られないシステムとなっている。プレイヤーの能力はスキルによって底上げされる。片手武器を使用し続ければ片手武器の経験値が上がる。

そのレベルにより、獲得できるスキルを選び強化される。MAXにまで上げても圧倒的に強くなるわけではない。少しだけ不利を改善する能力が得られる程度だ。前述の99対1030を覆した戦いは、AIが見えない壁のようなものに挟まったことで達成出来た。基本的に、圧倒的な兵力差を覆すことは不可能に近い。

そして、圧倒的な不利も覆しにくい。城を落として勢力を拡大するにも、敵は1国だけではない。あちこちから攻められ、防戦一方になることも多い。戦略ストラテジーとしては難易度の高いゲームに感じる。そんな時でも自由度の高いゲーム性が活きる。

さっさと国を捨てて野に降り有利な国に仕えたり、敵国の友軍を説得したりも出来る。また、敵の将を処断し続ける悪逆非道の道を歩み、敵戦力をじわじわと削るという方法もある。国を取ることが全てではないのが面白いところである。

早期アクセス中ということもあって要求スペックは高い

最大1000人の兵がぶつかり合うので、CPUにかかる負荷は非常に高い。Mount & Blade II: Bannerlordでは高いCPU性能が求められる。グラフィック性能は設定次第で対応の幅が広がるので重要度はCPUに比べて落ちる。戦闘フィールドは意外と広い。戦闘は向かい合った状態から始まるので狭く感じるだろう。実際はスタート地点から後方が広くなっているので、敵味方の退却時にその広さを痛感することになる。

戦闘フィールもオープンワールドではなく、限定された戦場になるのでメモリ消費量は控えめだ。これらの事から、Mount & Blade II: Bannerlordを快適にプレイするためには高性能なCPUを基準に考えたい。公式推奨環境がi5-9600K/Ryzen 5 3600Xと非常に高い性能を求められることからも分かる。

前世代で言えばi7-8700、Ryzen 7 2700程度の性能になる。Intel第7世代以前のCPU、AMD第2世代Ryzen 5以下の製品は推奨環境から外れることになる。グラフィックボードはGTX 1060 3GB以上なので、少し高く感じるかもしれない。しかし、GTX 1060 3GBならGTX 970やGTX 780程度の性能で対応することが出来る。

推奨環境のグラフィックボードはCPUに比べるとそこまでハードルは高くない。メモリは8GBが推奨環境である。これはゲーミングPCに搭載される最低限のメモリ容量なので何の問題も無いだろう。一見総合的に高く見える推奨環境は、実のところCPUだけが突出して要求スペックが高いだけである。

新たにゲーミングPCの購入やパーツの交換を検討しているなら、公式が想定している負荷に耐えるためにも推奨環境は満たしておきたい。現在のスペックで対応出来るか不安なユーザーは安心して欲しい。設定を最低にまで下げて解像度も下げれば3世代前のミドルエンドクラスでも対応出来る。

予算を抑えたいユーザーも参考にして、必要な性能を検討してもらいたい。設定や解像度を下げることで、現行で言えばi5-9400 + GTX 1650でもプレイ可能である。ただしCPU性能が落ちると1000人規模の戦闘は難しいだろう。なるべくCPU性能を重視したモデルへの買い替え、CPUの選択を推奨したい。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2020年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2020年最新】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya

サイトのトップに戻る

動画

関連外部サイト