ALIENWARE X15 R2

当ページでは、Core i7-12700Hの性能レビュー及び搭載ゲーミングノートPCの紹介をしている。2022年1月にIntel第12世代のモバイル向けハイパフォーマンスモデルが登場となった。Core i7-11800Hの後継モデルということになる。Alder Lake世代になってハイブリッドコアアーキテクチャが採用されている。

従来モデルの8コア16スレッドから14コア20スレッドへとスペックが大幅に強化されてマルチスレッド性能が向上している。実はフラグシップモデルであるCore i9-12900HKとコア/スレッド数は共通でクロック周波数が異なるだけだ。そういう意味では、Core i7-12700Hは非常に魅力的なCPUだと言える。

よくわかる!!Core i7-12700Hの特徴まとめ

cpu

コードネームAlder Lake
プロセス10nm
コア/スレッド数14コア(8Pコア+6Eコア)/20スレッド
Pコア定格/最大クロック2.3 GHz/ 4.7 Ghz
Eコア定格/最大クロック1.7 GHz/ 3.5 Ghz
L3キャッシュ24MB
PBP45W
MTP115W
発売日2022年01月28日
価格$457
特徴 (+) 14コア20スレッドとスペックが高い
(+) メインストリームでNo.1になる可能性が高い
(+) ゲーミング性能が向上している
(-) 搭載モデルがまだ出揃っていない
(-) 搭載モデルの価格がやや高い
評価 ・総合評価
★★★★★★★★★★ 10.0

・ゲーム評価
★★★★★★★★★★ 9.5

Core i7-12700HのCinebench R23スコア

cinebenchr15corei7-12700h-cinebenchr23

Core i7-12700Hの性能を測るのに定番のベンチマークソフトであるCinebench R23を参考にしよう。従来モデルのCore i7-11800Hと比べてマルチスレッド性能が25%高く、シングルスレッド性能が22%高い。Core i9-11980HKと比べてもマルチスレッド性能が20%高く、シングルスレッド性能が27%高くなっている。

AMDの第4世代RyzenシリーズのフラグシップモデルであるRyzen 9 5900HXと比べても性能差は大きい。14コア20スレッドとコアが増えたことによる恩恵だ。これまでは8コア16スレッドが最上位だったがついにAlder Lake世代になってその上限が解き放たれた。この高い性能はゲーミングCPUとしても期待が持てる。

Core i7-12700Hの基本スペック

モバイル向けCPUと比較

 Core i7-12700HCore i7-11800HRyzen 7 5800H
コードネームAlder LakeTiger LakeZen 3
プロセス10nm10nm7 nm
Pコア688
Eコア8--
トータルコア1488
スレッド数201616
定格クロック(P)2.3 GHz2.3 GHz3.2 GHz
最大クロック(P)4.7 GHz4.6 GHz4.4 GHz
定格クロック(E)1.7 GHz--
最大クロック(E)3.5 GHz--
オーバークロック×××
L3キャッシュ24MB24MB16MB
対応メモリDDR5-4800
LPDDR5-5200
DDR4-3200
DDR4-3200 DDR4-3200
DDR4-4266
内蔵グラフィックスIris Xe GraphicsUHD GraphicsRadeon Graphics 7
PBP45W45W45W
MTP115W109W80W
価格$457$395-
発売日Q1'22Q2'21Q1'21
Core i7-12700Hのスペックを他のモバイル向けCPUと比較していく。まずは旧世代に当たるTiger Lake世代のCore i7-11800Hと比較していこう。プロセスは同じ10nmとなっている。Core i7-11800HにはEコアはなくPコア8コアのみだ。ハイパースレッディングに対応しているためスレッド数は16となる。一方で、Core i7-12700HはPコア6コアとEコア8コアでトータルコアは14コアで75%アップだ。スレッド数も20で25%アップとなる。

Core i7-12700Hで採用されているハイブリッドコアアーキテクチャは注目の進化だと言える。これまでのコアはPコアに該当しゲームプレイなど負荷の掛かる作業をメインに行う。Eコアは省電力性に特化して比較的負荷の軽い作業を担うことになる。消費電力を抑えつつより高いパフォーマンスを得られるのだ。どの作業がどちらのコアに振り分けられるかはOS側(Windows 11)で制御される。

Pコアのクロック周波数を比較していく。定格クロックはどちらも2.3GHzだ。最大クロックはCore i7-12700Hの方が3%高い。L3キャッシュは24MBと共通だ。対応メモリ規格はアップグレードされた。Core i7-12700HではDDR5-4800と省電力なLPDDR5-5200に対応している。内蔵ぐらいックスもIris Xe Graphicsだ。PBPは45Wと共通でMTP(PL2)はCore i7-12700Hの方が6%高く115Wだ。価格差は$62とやや大きい。

競合モデルであるRyzen 7 5800Hのスペックを見ていく。Ryzen 7 5800HはZen 3アーキテクチャを採用したCPUだ。2021年初めに発売されている。7nmプロセスを採用していて10nmプロセスのCore i7-12700Hよりもアーキテクチャ的には一歩先を進んでいる。コア/スレッドはそれぞれ8コア16スレッドと旧モデルのCore i7-11800Hと同等だ。定格クロックはRyzen 7 5800Hの方が40%高く、最大クロックはCore i7-12700Hの方が7%高い。

L3キャッシュ容量はCore i7-12700Hの方が多く24MBとなる。対応メモリも最新モデルであるCore i7-12700Hの方が上位モデルに対応している。内蔵グラフィックスはそれぞれの上位モデルが搭載されている。性能的にはIris Xe Graphicsの方が上だ。もっともグラフィックボードを搭載することがほとんどなのでそれほど気にしなくてもよい。MTPはCore i7-12700Hの方が44%高くなっている。7nmプロセスを採用しているRyzen 7 5800Hは省電力性に優れている。

デスクトップ向けCPUと比較

 Core i7-12700HCore i7-12700
プラットフォームモバイルデスクトップ
コードネームAlder LakeAlder Lake
プロセス10nm10nm
Pコア68
Eコア84
トータルコア1412
スレッド数2020
定格クロック(P)2.3 GHz2.1 GHz
最大クロック(P)4.7 GHz4.9 GHz
定格クロック(E)1.7 GHz1.6 GHz
最大クロック(E)3.5 GHz2.1 GHz
オーバークロック××
L3キャッシュ24MB25MB
対応メモリDDR5-4800
LPDDR5-5200
DDR4-3200
DDR5-4800
DDR4-3200
内蔵グラフィックスIris Xe GraphicsUHD Graphics 770
PBP45W65W
MTP115W180W
価格$457$349
発売日Q1'22Q1'22
デスクトップ向けのCore i7-12700とスペックを比較していく。当然Core i7-12700は、Alder Lake世代で10nmプロセスを採用したCPUだ。いずれのCPUでも大きい「C0」と呼ばれるダイが採用されている。コアの内訳はPコアが8つとEコアが8つだ。Core i5-12400などで採用されている「H0」ダイではPコアが6つのみでEコアは搭載されていない。ここで下位モデルとの差別化が図られている。

Core i7-12700HではPコアが6つでEコアが8つに対して、Core i7-12700ではPコアが8つでEコアが4つとなる。Core i7-12700Hでは消費電力を抑えるために省電力性に長けたEコアの数が多くなっている。トータルコアではCore i7-12700Hの方が14とCore i7-12700よりも15%程度多くなっている。スレッド数は20と同じだ。Pコアのみハイパースレッディングに対応している。

Pコアの定格クロックはCore i7-12700Hの方が10%高く、最大クロックはCore i7-12700の方が5%高い。Eコアについては定格クロックはCore i7-12700Hの方が7%高く、最大クロックもCore i7-12700Hの方が70%高い。PコアがCore i7-12700よりも少ない分だけEコアのクロック周波数を引き上げてカバーしている形だ。

L3キャッシュはCore i7-12700の方が1MB大きい。対応メモリは同等だが、Core i7-12700Hでは省電力モデルのLPDDR5-5200に対応している。内蔵グラフィックスはそれぞれモバイル向け・デスクトップ向けの最高峰のモデルが選択されている。PBPはCore i7-12700の方が45%高く、MTPもCore i7-12700の方が57%高い。価格差は$108でCore i7-12700Hの方が高価だ。消費電力を抑えるためにどうしてもコストが掛かってしまうのだろう。

Core i7-12700Hの強み&搭載モデルの特徴

メインストリームのNo.1モデルになる可能性が高い

Core i7-12700Hは、メインストリームにおけるNo.1モデルになる可能性が高いと考えている。ゲーミングノートPC=Core i7-12700Hになると考えてよさそうだ。各BTOメーカーが軒並みラインナップを増やしてくるだろう。もっともこの予想自体が難しいわけではなく、これまでのCore i7シリーズが軒並みトップモデルになっていることを考えると当然の結果だ。

Core i7-11800H・Core i7-10875H/Core i7-10750H・Core i7-9750H・Core i7-8750H・Core i7-7700HQとCore i7シリーズはすべてゲーミングノートPCで定番のCPUだった。上位モデルのCore i9シリーズとそれほど性能差は小さく選ぶメリットが大きいわけではない。何よりもCore i9シリーズになると価格は跳ね上がってしまうためコストパフォーマンスの観点からもCore i7シリーズは好ましい存在だと言える。また、下位モデルのCore i5シリーズでは性能的に物足りなさがあり、Core i7シリーズはちょうどよい性能を持っているのだ。

14コア搭載モデルの中で最安値となっている

hseriesichiran出典:(NOTEBOOKCHECK, 2022)

Core i7-12700Hは、14コア20スレッドを持つモデルの中で最安値クラスのCPUとなっている。実はフラグシップモデルであるCore i9-12900HKも同じ14コア20スレッドなのだ。コア/スレッドだけを見ればCore i7-12700Hは非常にコストパフォーマンスの高いCPUだと言える。特にCore i9シリーズは玄人向けモデルという位置付けだ。

上位モデルとの差は違いはクロック周波数のみで用途によってはそれほど性能に差が生じるわけではない。クロック周波数を引き上げた上位モデルでは熱対策などにコストが掛かり搭載モデルの価格が上がってしまうというデメリットもある。ハイブリッドコアアーキテクチャに対応したIntel第12世代Core iシリーズではよほどフラグシップモデルにこだわりたい方でない限りCore i7で十分だろう。

搭載モデルの価格が高めになると予想される

Core i7-12700H搭載ゲーミングノートPCの価格はCore i7-11800H搭載モデルほど価格は下がらないのではないかと予想している。まずCPU単体のMSRPがCore i7-12700Hは、Core i7-11800Hよりも$62高い。さらに、メモリ規格もより高価なDDR5-4800/LPDDR5-5200搭載モデルが増えるのではないかと思う。これだけを見るとやはりCore i7-11800H搭載モデルほど価格が下がらない可能性があるのだ。

それでもフラグシップモデルであるCore i9-12900HKよりも価格は抑えられていて人気が出ることは間違いない。グラフィックボードのラインナップにRTX 3080 TiやRTX 3070 Tiも追加されて、各BTOメーカーからも多くのモデルがリリースされるだろう。予算は多めに取っておくとよい。場合によってはCore i5シリーズの購入を検討してもよいかもしれない。Core i5-12500Hなら12コア16スレッドと従来モデルよりも飛躍的にスペックが向上していてパフォーマンスに期待ができる。

Core i7-12700Hのベンチマーク一覧

Core i7-12700Hについて2つの消費電力でのベンチマークをまとめている。45Wは最小で75Wは一般的に採用されることの多い消費電力だ。当然75Wモードになるとパフォーマンスは大きく向上する。

Handbrake

handbrakei712700h-handbrake

HandbrakeではRyzen 7 5800Hと同等のパフォーマンスを発揮する。従来モデルのCore i7-11800Hと比べて13%程度パフォーマンスが高い。Core i9-11980HKと比べても10%程度上回っている。75WならRyzen 9 5900HXと比べて13%程度パフォーマンスが高くなっている。動画のエンコードに適したCPUだと言えるだろう。モバイル向けモデルでは最高峰だ。

Blender 2.91

blenderclassroomi7-12700h-blender

3DCGに特化したBlenderでのパフォーマンスを見ていこう。Core i7-12700Hが、Ryzen 9 5900HXを抑えてトップとなっている。45Wでも上回るのは素晴らしい。75Wになるとさらに20%以上パフォーマンスが高い。従来モデルのCore i7-11800Hと比べて20%以上パフォーマンスが向上している。Core i9-11980HKとの性能差も15%以上と大きい。

7-Zip

zipi7-12700h-zip

7-Zipは基本的にRyzenシリーズが得意とする用途だった。ところが、Intel第12世代のCore i7-12700Hはその前評判をひっくり返してしまっている。Ryzen 9 5900HXと比べて解凍速度は1%程度速く、圧縮速度も36%程度速くなっている。従来モデルのCore i7-11800Hと比べて解凍速度が21%程度速く、圧縮速度も39%程度速い。ゲームプレイ以外でも対応力の高いCPUだと言える。

Adobe Photoshop

photoshop12700h-photoshop

Adobe Photoshopでは圧倒的な強さを見せている。シングルスレッド性能の高さがこの結果に繋がっているのだろう。従来モデルのCore i7-11800Hと比べて39%もパフォーマンスが高い。Core i9-11980HKよりも30%高くなっている。写真を撮ったり、画像を編集したりすることが多い方は必見です。ノートパソコンとしては高いパフォーマンスを期待できます。

Adobe Premiere Pro 2022

i7-12700hadobepremierepro

グラフィックボードによるパフォーマンスの差が現れているもののやはりCore i7-12700Hの性能の高さは本物だ。Core i7-11800Hと比べて15%以上パフォーマンスが高くなっている。Ryzen 9 5900HXとの性能差は50%以上とかなり大きくなっている。

Core i7-12700Hのゲーミング性能

搭載しているグラフィックスを統一することが難しく、正直ゲーミングノートPCで純粋なCPU性能を測ることができないので一つの参考として見ていただけると幸いだ。できる限りCPU負荷の高いタイトルを抜粋している。基本的にはCPU性能が高いことでより高いフレームレートを実現できるということだ。

Resident Evil 2

Resident Evil 2i7-12700h-resident evil2

Resident Evil 2ではRyzen 9 5900HX搭載モデルよりも1%-3%程度フレームレートが低い結果となった。グラフィックス性能ではRTX 3080 Tiの方が上なので、相性の問題かもしれない。全体的にRyzenシリーズのモデルが高いパフォーマンスを得ている。それでも従来モデルのCore i7-11800Hと比べて20%前後パフォーマンスが向上している。グラフィックス性能に差はあるもののCPUがボトルネックとなりやすいタイトルにおいては理想通りの結果だと言えるかもしれない。

Hitman 3

hitman3i7-12700-hitman3

Hitman 3ではCore i7-12700Hがトップのフレームレートを叩き出している。Core i7-11800Hよりも43%程度平均fpsが高い。RTX 3080を搭載したCore i9-11980HKと比べても40%近くもフレームレートが高くなっている。グラフィックボードの差があるとは言ってもこれだけの差があればCPU性能が高いことの証明になるのではないかと思う。Ryzen 9 5900HXと比べても24%程度フレームレートが高くなっているのも心強い。

Tom Clancy’s Rainbow Six Siege

Rainbow Six Siegei7-12700-Tom Clancy's Rainbow Six Siege

Core i7-11800Hと比べて25%程度フレームレートが向上している。1% Lowの数値は40%も改善している。フラグシップモデルだったCore i9-11980HKと比べても6%高い。1% Lowは25%も向上している。Ryzen 9 5900HXと比べても性能差は25%と大きい。ゲーミングCPUとしては十分な性能を持っていると言えるだろう。

Core i7-12700H搭載のゲーミングノートPC一覧

Katana GF76 12U Katana-GF76-12UGS-032JP(MSI)

Katana GF76 12U Katana-GF76-12UGS-032JP価格:260,800円(税込)
液晶:15.6インチ 144Hz
CPU:Core i7-12700H
GPU:GeForce RTX 3070 Ti Mobile
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:1TB NVMe
HDD:非搭載

公式サイト

2022年2月時点で最安値クラスのモデルだ。さすがに最安値で税込26万円台は手を出しにくいだろう。長野 剛氏とのコラボレーションモデルでデザイン性に優れたモデルとなっている。グラフィックスにはハイクラスのRTX 3070 Ti Mobileを搭載している。144Hz対応モニターを活かすのに十分な性能を持つ。メモリ16GB、SSD 1TBと構成も充実している。メモリ規格は従来モデルのDDR4-3200である点は注意しよう。DDR5メモリに比べてパフォーマンスは劣ってしまう。グラフィックボードやCPUの高い性能をサポートするために冷却システムにもこだわりが見られる。COOLER BOOST 5を採用していて長時間のゲームプレイにも耐えられるのだ。

NEW ALIENWARE X15 R2 フルカスタマイズ(ALIENWARE)

NEW ALIENWARE X15 R2価格:396,130円(税込) 310,384円(税込)
液晶:15.6インチ 165Hz
CPU:Core i7-12700H
GPU:GeForce RTX 3060 Mobile
メモリ:LPDDR5-5200 16GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載

公式サイト

RTX 3060 Mobile搭載のミドルクラスのゲーミングノートPCだ。まだ発売されたばかりということもあって価格は高めだ。しばらくすればもう少し価格は下がるだろう。165Hz対応モニターを搭載していて滑らかなゲーム描写が実現可能となる。カスタマイズでQHD 240Hz対応モニター or FHD 360Hz対応モニターを選択することもできる。メモリは省電力モデルのLPDDR5-5200 16GBを搭載している。

NEW ALIENWARE X15 R2 プラチナ(ALIENWARE)

NEW ALIENWARE X15 R2価格:583,130円(税込) 459,984円(税込)
液晶:15.6インチ 165Hz
CPU:Core i7-12700H
GPU:GeForce RTX 3080 Ti Mobile
メモリ:LPDDR5-5200 32GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載

公式サイト

エイリアンウェアブランドのハイエンドクラスの一台だ。グラフィックボードにはRTX 3080 Ti Mobileを搭載していて高いパフォーマンスを期待できる。165Hz対応モニターでは物足りなさがあるほどだ。予算に余裕があれば上位規格のモニターを選択しよう。メモリLPDDR5-5200 32GB、SSD 512GBと構成も充実している。性能帯を考えるとストレージ容量についてはカスタマイズを考えてもよいかもしれない。クワッドファンテクノロジー採用でハイエンドクラスのグラフィックボードを搭載していても安心して使用できる。また、エイリアンウェア独自のガリウムシリコン熱伝統素材を採用していてパフォーマンス低下を防ぐことが可能だ。

参照外部サイト

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

ベンチマークテスト環境

notepc

モデルXMG GM7AG8M
GPUNvidia GeForce RTX 3080 Ti
メモリDDR5-4800 32GB
ストレージ