corei3-8100画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

当記事では、ローモデル、ローコストで評価されているIntel Core i3はゲームに不向きなのかを検証したいと思う。

i5やi7と比較して価格が非常に安いため気になるゲーマーが多いのではないだろうか。CPUはゲーミングPCにおいて重要なパーツの一つだということはほとんどの方が知っているだろう。もう一つはもちろんグラフィックボードだ。

今回はそのCPUの中でCore i3というCPUについて掘り下げていこうと思う。もちろん、i5やi7と比べると性能が劣るのは当たり前だが、実際ゲームをする上で不便さを感じるのだろうか。それでは性能面をメインに前世代のCPUとの比較をしながらCore i3の特長について触れていく。

第八世代CPUと第七世代CPUから比較から見る進化

 i3-8100i3-8350Ki5-7500i3-7100
コードネームCoffee
Lake-S
Coffee
Lake-S
Kaby
Lake-S
Kaby
Lake-S
CPUコア数4442
スレッド数4444
定格クロック3.6GHz4.0GHz3.4GHz3.9GHz
最大クロック--3.8GHz-
L3キャッシュ6MB6MB3MB
TDP65W65W51W
過去のCPUと比較をしている。左二つが現行の第八世代CPUで、右の二つが一世代前の第七世代CPUだ。先代のi3-7100と比較するとコア数が倍になっている。これのおかげで第八世代CPUのi3シリーズはゲーミングとしても通用すると言われているのだ。実際先代のi5シリーズ以上のパフォーマンスを発揮する。性能については次のベンチマークを参考にして欲しい。L3キャッシュも倍となって余裕がある。ただし、消費電力も約25%アップの65Wとなっているもののこれは許容範囲だろう。

価格面での優位性も健在だ。2018年5月6時点の各CPUの価格を比較(Amazon.co.jp参照)するとCore i3-8100(13,475円)、Core i3-8350K(20,269円)、Core i5-8400(21,880円)と価格の安さは今でも強みだと言える。ただ、Core i3-8350Kになるとi5と価格がほとんど変わらないので、やはりi3の中心はCore i3-8100となる。

最新のCore i3のベンチマーク

corei3seinou1

Core i3-8100は、総合性能でi5-7600Kに匹敵することがわかる。これなら現時点なら十分ゲームでも通用すると考えて良いだろう。i3-8350Kなら先代のi7シリーズに匹敵する性能だ。もっとも価格は相応に高くなっているが…今七世代よりも前のi3やi5のCPUを使っているのであれば買い替えによる恩恵は大きいだろう。

第八世代ならi3シリーズも選択肢に入る

最新の第八世代ならCore i3シリーズを検討しても良いだろう。Core i3搭載パソコンのメリットは何と言ってもその価格の安さだ。ゲームはもちろんそれ以外でも目的があるならば、i3も立派な役割を担うことのできるCPUのひとつだと言える。学生などあまりお金を掛けられない方にとっては選択肢が増えるのは大きい。

ただ、そうは言ってもゲームをプレイするという人にとってはデメリットがついてまわる。Core i5やi7と比べるとどうしても性能は劣ってしまうので、ゲームでは特に力を発揮しにくいCPUとなってしまうからだ。ゲームでの設定調整は必須だ。また、最近はパーツの進化に合わせてゲームの要求スペックも高くなっている傾向にあるので、将来性はそれほど高くないかもしれない。

これらのデメリットを理解した上で購入するのであれば反対ということはない。ちなみに第七世代までは大反対という立場だった。

Core i3-8100搭載のおすすめゲーミングPC紹介

Core i3-8350K搭載モデルはほとんど取り扱われていないので、i3-8100のおすすめモデルをピックアップしている。また、i3シリーズ搭載モデルはラインナップは少ないので選びやすい。現時点では低価格帯ではパソコン工房が強いと考えている。

  • LEVEL-M037-i3-LN(パソコン工房)
  • LEVEL-M037-i5-VN価格:78,980円
    CPU:Core i3-8100
    GPU:GeForce GTX1050
    メモリ:8GB DDR4
    SSD:非搭載
    HDD:1TB
    電源:500W 80PLUS SILVER
    公式詳細

    構成バランスを考えるとベストだろう。低価格帯のゲーミングPCとしては最高のモデルだと言える。SSDを非搭載とすることで価格を下げて強みが光っている。このモデルならカスタマイズはしないで欲しい。

    ————————————————————————————————————————

【過去記事】第七世代までのCore i3シリーズのゲーム適正度まとめ

ここからは過去記事となっている。主に第七世代より前のCore i3シリーズを対象とした記事だ。

処理速度から見るIntel Core-i3

今回は第七世代CPUのみをピックアップしてみる。まずIntel Core i7の特徴はマルチスレッドで4コア8スレッドが基本となっている。モデルによっては6コア12スレッド、8コア16スレッドというものもある。

i5はマルチスレッドに対応していないi7というモデルで、性能はi7に近くゲームをメインでプレイするのであればi5があれば十分とされている。その理由に、マルチスレッドに対応していないゲームもまだ多いという点だ。純粋にクロック数だけを見て選べる親切さもある。

今回のトピックであるi3は、マルチスレッドには対応している。しかし、2コアしかないためクロック数が同じであってもi5やi7の半分の処理しかできないことになる。厳密に言えばそれも少し違うが、分かりやすく言えばそういうことになる。

i3はi5のコアを半分にしてマルチスレッドに対応させたもので、ゲーム以外ではi5と同等の働きをする。しかし、コアが2つしかないため、ゲームの処理性能はi5に大きく劣ってしまっている。これはゲームをする上で大きなマイナスとなってしまうのが実情だ。

Intel Core-i3はゲームが出来ないのか!?

この答えはNOである。i3であってもゲーム自体を行うことは可能だ。しかし、快適にプレイするというのであればYESにもなってしまう。コア数が少ないというのは、それだけ処理に時間がかかってしまうということだ。1つの作業を2人で分担するのと4人で分担するのとではどちらが楽かという話になる。

CPUとGPUのバランスについては別途記事にしているが、GPUにGTX980を搭載していてもCPUがi3なら性能は発揮できないだろう。要求されるグラフィック性能を大幅にクリアしていたとしても、基本となる処理が追いつかなくなってしまうからだ。

大手のショップなどでi3搭載モデルが少ないのは、ゲームに適していないからというだけでなくバランスの取れるグラフィックボードがないというのもある。それでもゲームによってはCPUよりグラフィックボードを重視しているものもあるので、全くダメというわけではない。そうは言っても、寿命は長くはなさそうだ。

関連記事:CPUとグラフィックボードのバランスを考えればゲーミングPCの性能を120%引き出せる!

当記事のまとめ

当記事では、Core i3シリーズのゲーム適正についてまとめた。そもそもこの記事は第七世代までの2コアだった時代のi3を対象に書いたものだ。今回2018年5月に更新をしたのは、第八世代CPUの登場で状況が変わったからだ。

これまではi3はゲーム用途としてはダメという考えだったが、記事で書いたように今は設定を調整すればi3でも十分対応できると考えている。価格を抑えたいという方はぜひ検討して欲しい。ただし、理想はi5以上であるということは変わらない。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

ゲームにおすすめのCPU紹介【2019年最新のCPU性能スコア比較表】

第七世代と第八世代を中心にCPUの性能スコア比較表を作成した。Core i3が全体で見てどのぐらいの位置にいるのかを把握することができる。

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2019年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2019年最新】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る