GeForce GTX1080Tiの性能スペック&おすすめゲーミングPC紹介 | ゲーム用途最強のグラフィックボード、4K解像度でも快適なプレイが約束される!

gtx1080tigurabo画像引用元:https://www.amazon.co.jp/(Amazon公式)

当ページでは、GeForce GTX1080TiのスペックとおすすめのゲーミングPCを紹介している。2018年5月現在、ゲーミング向けのグラフィックボードとしては最も性能が高い製品だ。予算に余裕がある方必見だ。GTX1080Tiの後継モデルとして、最新の「RTX2080Ti」が発売開始となった。価格は高いが性能もワンランク上がっているので合わせて参考にして欲しい。

性能はGTX TITAN X(pascal)よりも高く、高い負荷に非常に強いのが最大の特徴となっている。一方で、オーバースペックとなりやすく、価格こそ従来のTITANシリーズと比べると抑えられているが選択しにくい。使用するユーザーを選ぶので一般向けとは言えない。

登場してそれなりに時間が経過していることもあり、他の10シリーズ同様値引き傾向にある。そのため、搭載モデルとしては登場して少しした時期のGTX1080搭載モデル並みにまで下がっている。ウルトラハイエンドを目指すユーザーにはありがたい。

2018年11月22日追記!!
管理人も使用しているグラフィックボードだ。性能の高さに関しては何も言うことはない。このグラボでプレイできないタイトルがあればそれはタイトル側の問題だと考えてよい。問題は発熱量の多さだ。高性能であるがゆえに本体が熱くなりやすい。夏場は特に注意が必要だ。故障の原因となってしまうので、冷房を入れるなどして熱対策を行おう。

>>>GTX1080を確認する(Amazon)<<<

GeForce GTX1080Tiの基本スペックと性能

基本スペック

 GTX1080TiGTX1080GTX980Ti
アーキテクチャPascalPascalMaxwell
CUDAコア数3584基2560基2816基
コアクロック1480MHz1607MHz1000MHz
ブーストクロック1582MHz1733MHz1075MHz
GPUメモリ11GB10GB6GB
TDP250W180W250W
基本スペックを見ていこう。同じPascal世代のGTX1080と、前世代MaxwellのGTX980Tiと比較している。こうしてみるとGTX980Tiの完全上位互換だと言える。圧倒的な性能向上を見込める。28%程度性能がアップしている。なお、GTX980Tiは現行でいうとGTX1070と同程度の性能ということになる。Pascal世代の凄さを痛感する結果だ。

また、現行のGTX1080と比べても性能差ははっきりと現れている。18%程度性能が高い。GPUメモリも11GBと余裕がある。TITANと比べてもGPUメモリが12GB→11GBである以外は基本的な性能は上だ。

性能

gtx1080tiseinou

頭一つ飛び抜けた性能を持っている。スペック通りの内容だ。フラグシップモデルの名に相応しいと言えるだろう。あらゆる状況下でも安定したゲームプレイができるのは嬉しい。ただし、フルHD環境下においてはGTX980Tiと差が出るかと言うとそういうわけではない。圧倒的な差が出る4Kを考えているかどうかが重要となる。予算に余裕がある方は是非検討して欲しい。

GeForce GTX1080Tiの特徴まとめ

4K解像度向けのハイエンドグラフィックボードの登場!(+)

GTX1080Tiは、その性能の高さから基本的には4K解像度などのフルHD以上となる高解像度向けとなっている。フルHDにも対応は出来るが、宝の持ち腐れとなってしまうため、用途をよく確認して選択したい。GTX1080Tiを評価する言葉として、4K解像度でFallout4を最高設定で快適にプレイできる唯一のグラフィックボードというものがある。

SLIや3wayではなく、一枚のグラフィックボードで対応出来るという評価は非常に高いことを表している。今現在はGTX1080Tiより性能は低いが、対応できるグラフィックボードも登場している。人気は高いものの、用途が限られているような現状もあり、GTX!060やGTX1070のような圧倒的な人気は博していない。将来的には4K解像度に対応するゲームが当たり前になってくるだろう。

しかし、その頃にはGTX1080Tiより性能が高く、DirectX12のような最新の技術やエンジンに対応したモデルが登場するはずだ。もちろん、その頃にもハイエンド帯に負けない性能はあるだろう。今はまだ高い負荷をかけることがない、というのであればあまり選択を考えないほうが無難だろう。

ユーザーを選ぶグラボ、高すぎる性能を扱えるかが肝(-)

人気のオンラインゲーム「PUBG」でさえ、GTX1070もあれば十分である。よりfpsを安定して出すという思惑があったとしても、早期アクセスが終了するまでにもっと最適化されていくはずだ。当初はGTX1070でも重かったゲームがGTX960でもある程度安定するようになっているのだから、そう予想することはそこまで的外れでもないだろう。

一般的なゲーム用途というよりも、少し特殊なゲームプレイに対応することが出来るモデルだ。ここで言う一般的な、というのはフルHD解像度で設定を最低~最高設定でのゲームプレイを指している。特殊な…というと聞こえは良くないかもしれないが、4K解像度やそれを超える高解像度である。レースゲームなどでは割りとポピュラーな用途ではあるが…。

非常に高い性能は持て余す可能性も高くなる。メリットでもあるがデメリットにもなる特性だ。それ故に、誰にでもおすすめできるというものでもない。多くのユーザーがGTX1050、GTX1050Ti、GTX1060、GTX1070に集まっているように、高過ぎる性能は人気があったとしてもニッチな枠に入ってしまいがちだ。

ただ、登場間もないゲームや早期アクセスで不安定なゲームであっても、ある程度余裕を持って対応出来るというのはゲーマーとしては何よりかもしれない。性能面で不安を覚える心配が無く、他のプレイヤーはもっとぬるぬる動作しているのだろうかと思い深けることもなくなる。安心と安定を手にするには価格やデメリットは大した障害にはならないかもしれないが、予算をオーバーしてまで手を伸ばす必要があるかは吟味して欲しい。

GTX1080Tiはコスパが高い!10万円弱で購入可能!(+)

GTX TITAN Xが200,000円以上、GTX1080Tiが最安値で110,000円(北米価格$699)となっている。北米価格に比べると高額だが、コスパは良好だ。同等の性能を持つGTX1080TiとTITAN Xは内部的に大きく異なり、得意分野も異なっているため、GTX1080Tiが上回っているのはあくまでもゲーミング用途である。

これまで、ウルトラハイエンドと呼ばれる最上位クラスのハイエンドモデルは15万円超えが当たり前だった。性能だけでなく、価格にも革命を起こした900シリーズを踏襲する形はユーザーの求めるそれだ。なお、グラフィックボード単体での購入を考えている方はAmazon.co.jpで最新の価格をチェックして欲しい。

gtx1080tiamazon

GTX1080Tiのベンチマーク

ベンチマークを見ていけばGTX1080Tiの性能がわかるだろう。タイトルごとにWQHD及び4Kでのフレームレートを計測。最高設定での数値なので、実際のゲームプレイでフレームレートを安定させたいなら設定を落とすことを検討しても良いだろう。なお、Pascal世代のTitan Xを超えるパフォーマンスを持つ。ただ、Titanはゲームに最適化されているわけではないので純粋な比較対象とはならない。

FF14 DirectX11

ff14gtx1080ti

GTX1080Tiだが、何故かVRAMが3GBになっているのが気になる。システムで確認すると正常であったので、これは仕様だろうか。スコア的には十分過ぎるものであり、10,000あればゲームに支障が無い。13,000あればフルHDのゲームは楽勝ラインだろう。と、するとやはりオーバースペック気味な性能だ。

3DMARK FireStrike

firestrikegtx1080ti

GTX980の2倍近い性能。GTX980Tiと比べても60%高いが、これはCPU性能もしっかり加味する3DMARKだからだろう。現行のGTX1080と比べても30%高くなっていて、スペックに問題は無い。

Grand Theft Auto 5

gta5gtx1080tigta5

GTX1080Tiはフラグシップモデルだけあって頭一つ抜き出ている。GTX1080と比べて30%以上高い性能となっている。WQHDでは103.8FPS、4K解像度でも83.6FPSと高い数値を叩き出す。これなら最高設定でも十分対応できるだろう。

Hitman

hitmangtx1080tihitman

GTA5ほどの差は出ていないが、トップのスコアを出していることがわかる。GTX1080と比べて10%-15%程度の差がある。4K解像度でもさくさくゲームプレイができるのはGTX1080Tiの特権だ。

Assassin’s Creed Origins

assasinscreedgtx1080tiassassins

GTX1080Tiの性能の高さがわかるタイトルだ。4K解像度で見るとGTX1080でも38.0FPSしか出ていない。一方、GTX1080Tiは30%程度高い50.2FPSとなっている。さすがに最高設定でヌルヌルとはいかないかもしれないが、設定を調整すれば十分対応できるだろう。WQHDなら最高設定でも余裕だ。

Battlefield 1

battlefieldgtx1080tibattle

Battlefieldでも安定のフレームレートとなっている。WQHDでは118.9FPSと圧倒的だ。さらに、4K解像度でも65.8FPSと唯一60FPS以上となっている。

The Division

thedivisiongtx1080tidivision

The DivisionでもGTX1080Tiの独走状態だ。4K解像度で唯一60FPSを超えている。最高設定でも満足のいくゲームプレイができるだろう。WQHDなら101.5FPSと余裕の数値だ。フレームレートを見ればその性能の高さが一目瞭然だ。

gtx1080tiamazon

GeForce GTX1080Ti搭載ゲーミングPC

  • NEXTGEAR-M im610PA1-SP2 (G-Tune)
  • 価格:189,980円
    CPU:Core i7-8700
    GPU:GeForce GTX1080Ti
    メモリ:DDR4 8GB
    SSD:非搭載
    HDD:1TB
    電源:SILVERSTONE 750W 静音電源

    公式詳細

    唯一のGTX1080Ti搭載モデルだ。直に消滅するだろう。GTX1080Tiを購入するのであれば同等以上の性能を持つRTX2080あるいはRTX2080搭載モデルを選択することを推奨。

    ————————————————————————————————————————

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

ゲーミングPCの選び方

初心者の方におすすめのコンテンツとなっている。セール情報やゲーム推奨パソコンを参考にすれば選びやすいだろう。

セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo

ゲーミングPCの特長を比較

ゲーミングPCの特長や販売ショップの比較をしている。十分に比較検討した上でパソコンを購入すれば後悔することはないと思う。

グラボ価格構成BTOショップ
gpueisyakakakukouseishop

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • 最新ゲーミングPCおすすめランキング(TOPページ)
  • 管理人厳選のゲーミングPCランキングを紹介している。常に最新の状態にアップデートしているので、「今」おすすめのモデルを知ることができる。
  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトで紹介している全てのゲーミングPCをまとめている。価格、スペック、コスパ指標等を全て把握できるテーブルを掲載。是非参考にして欲しい。

ベンチマークテスト環境

desktoppc

CPUIntel Core i7-5930K
メモリ16GB DDR4-2666
SSDSamsung 960 Pro 512GB
マザーボードGigabyte GA-X99-UD4
電源ユニットEVGA SuperNOVA 1300 G2

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ