gtx1660tikurouto画像引用元:https://www.amazon.co.jp/(Amazon公式)*画像はイメージです。

当記事では、モバイル向けGeForce GTX 1660 TiのスペックとおすすめのゲーミングノートPCを紹介している。Turing世代初のノート向けミドルクラスグラフィックボードが登場した。GTX 1060の後継モデルということもあってコスパの高さに期待が持てる。FULL HD環境でのゲームプレイをメインに考えていてできる限りコストを抑えたい方向けだ。

同じTuring世代で高性能なRTXシリーズは魅力的だが、相応に価格が高くなってしまうため誰もが気軽に購入できるわけではない。そういう意味でもGTX16シリーズの存在意義は大きいだろう。ライトゲーマーも必見だ。ただし、最近は上位のRTX 2060の価格が下がり立場が危うい。搭載モデルについては、「GeForce GTX 1660 Ti搭載おすすめゲーミングノートPC」にまとめている。

ここがポイント!!

ノート向けのGTX 1660 Tiもデスクトップ向けのGTX 1660 Tiも同じ型番で販売(スペックは異なる)されている。両者を区別するために当サイトでは「Mobile」という文言を追加した。

GTX 1660 Tiモバイル&デスクトップ向けスペック比較

プラットフォームモバイルPC
型番GTX 1660 TiGTX 1660 Ti
CUDAコア15361536
ベースクロック1455MHz1500MHz
ブーストクロック1590MHz1770MHz
メモリ形式GDDR6GDDR6
GPUメモリ6GB6GB
消費電力80W120W
スペック的にはデスクトップ向けモデルよりも10%弱減!!

モバイル向けはパワーダウンしてしまうのが一般的だ。モバイル向けのグラフィックボードにはどうしても消費電力という問題がつきまとう。消費電力を抑えないと発熱量が大きくなりパフォーマンスを発揮できなくなってしまうからだ。デスクトップ向けGTX 1660 Tiの120Wと比較してモバイル向けモデルでは33%減の80Wに抑えられている。

この消費電力その分ベースクロック3%ダウンでブーストクロックは10%ダウンとなっている。CUDAコア数・メモリ形式・GPUメモリ容量は同じだ。それでも性能差が小さく抑えられているのはミドルクラスのグラフィックボードだからだろう。上位のRTX 20シリーズではデスクトップとノートパソコン向けで25%以上の差が付いている。

GTX 1660 Ti搭載ゲーミングノートPCの特徴

GTX 1070 Mobileよりも高い性能を持つ

GTX 1660 Tiは、GTX 1060 6GBの後継モデルとして登場したミドルクラスのグラフィックボードだ。性能的にはGTX 1060 6GBよりも30%程度性能がアップしている。同世代のGTX 1070 Mobileよりも高い性能を持つ。アーキテクチャが変わったことでより効率的にパワーを発揮することができるようになったわけだ。メモリ規格がGDDR5からGDDR6になったことも大きい。

もはや60番台でも侮れない性能を持つことになる。世代を重ねるごとに着実に進歩している。ゲーム側での要求スペックも上がってきているのでステップアップしていくことは意味がある。しかしながら、価格も従来の60番台に比べるとやや高く設定されている。もう少し価格を抑えたいのであれば下位のGTX 1650 TiやGTX 1650を選択肢に入れよう。

GTX 1660 Ti搭載のゲーミングノートは減少傾向にある

Turing世代のグラフィックボードが登場してある程度時間が経過して各モデルの扱いにに変化が見られる。その一つがGTX 1660 Ti搭載モデルの減少だ。上位のRTX 2060の価格が落ちてきたことで主力モデルはRTX 2060へと移ってきている。国内メーカーで力を入れているのはパソコン工房ぐらいであとはDellなどの海外メーカーのみだ。

ドスパラではGTX 1660 Tiのラインナップは一つでさらに旧モデルという扱いだ。売れ筋はRTX 2060搭載のゲーミングノートPCとなっている。これまではGTX 1660 Ti搭載モデルに注力していたショップだが、ここに来て方向転換となった。他のショップでも同様だ。G-Tuneでも売れ筋ランキングに入っているのはRTX 2060となる。TSUKUMOではそもそもGTX 1660 Tiのラインナップがない。

GTX 1660 Ti Mobileのベンチマーク(ゲーム)

ゲームプレイ中のフレームレートを計測している。fpsはframe per secondsの略で1秒間におけるコマ数を表す。およそ60fps以上になると快適だと言われているので一つの基準として考えると良い。

PUBG

pubg

RTX 2060 Mobile80.4
124.8
GTX 1660 Ti80.0
120.0
GTX 1660 Ti Mobile70.5
104.7
GTX 1060 Mobile49.4
67.3
WQHDFULL HD
WQHD環境までなら十分対応することができる。GTX 1060 6GBとの性能差は40%以上と大きくなっている。より安定したゲームプレイを望まれる方や今後発売されるであろうタイトルも視野に入れるなら最新のグラフィックボードを選択する方が賢明だ。

Fortnite

fortnite

RTX 2060 Mobile73.5
118.0
GTX 1660 Ti71.3
115.7
GTX 1660 Ti Mobile65.4
99.3
GTX 1060 6GB Mobile53.1
86.6
WQHDFULL HD
GTX 1060 6GBとのフレームレートの差はおよそ20%だ。しっかりと性能の底上げが行われていることがわかる。世代が変わるとはっきりと数値に出てくるのが興味深い。デスクトップ向けのGTX 1660 Tiと比べても10%程度の差なので優秀だ。

GeForce GTX 1660 Ti搭載おすすめゲーミングノートPC

LEVEL-15FX068-i7-RXSX(パソコン工房)

LEVEL-15FX064-i7-RFSS価格:134,980円
モニター:15.6インチ 60Hz
CPU:Core i7-10750H
GPU:GeForce GTX 1660 Ti
メモリ:DDR4 16GB
SSD:500GB
HDD:非搭載
公式

税抜13万円台で購入できるゲーミングノートPCだ。最安値クラスのモデルとなっている。標準的なモデルでビジネス向けモデルとしても使える。GTX 1660 Ti×i7-10750Hの組み合わせでFULL HD環境でのゲームプレイを考えている方向けだ。高設定でのゲームプレイは厳しいが設定を調整すれば十分対応することができる。メモリ16GB、SSD 500GBと十分な構成を持つ。

LEVEL-15FX069-R7X-RXSX(パソコン工房)

LEVEL-15FX069-R7X-RXSX価格:142,980円
モニター:15.6インチ 60Hz
CPU:Ryzen 7 3700X
GPU:GeForce GTX 1660 Ti
メモリ:DDR4 16GB
SSD:500GB
HDD:非搭載
公式

デスクトップ向けのRyzen 7 3700Xを搭載したゲーミングノートPCだ。当然CPU性能が高く動画編集やRAW現像などCPU負荷の高い作業をメインに考えている方向けだと言える。GTX 1660 Tiとの相性も良好でゲームプレイにも最適だ。メモリ16GB・SSD 500GBと不足はなし。ただし、デメリットが大きいモデルなのでそこは理解しておこう。一つは本体の重さで約2.68kgと持ち運びをメインに考えている方は注意しよう。もう一つはバッテリー駆動時間の短さでわずか1.1時間に留まる。消費電力の高いデスクトップ向けCPUを搭載していることの代償だ。

G-Tune E5(G-Tune)

NEXTGEAR-NOTE i7920価格:149,980円
モニター:15.6インチ 60Hz
CPU:Core i7-10750H
GPU:GeForce GTX 1660 Ti
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載
公式詳細

GTX 1660 Ti搭載のミドルクラスのゲーミングノートPCだ。Core i7-10750Hとの相性も良くおすすめしやすい。メモリ8GB、SSD 512GB NVMe対応と構成は控え目だ。カスタマイズで対応するとよいだろう。ナローベゼル採用モニターで視認性が高い。スタイリッシュなデザインで使う場所を選ばないのも高評価だ。

GALLERIA GCR1660TGF-QC(ドスパラ)

GALLERIA GCR2070RNF-E価格:159,980円
モニター:15.6インチ 60Hz
CPU:Core i7-9750H
GPU:GeForce GTX 1660 Ti
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載
公式詳細

GTX 1660 Ti搭載のミドルクラスのゲーミングPCだ。CPUのCore i7-9750Hはノート向けモデルとして定番だと言える。最新のCore i7-10750Hと比べると僅かに落ちるものの体感できるほどのものではない。ゲーミング性能は高くFULL HD環境でのゲームプレイに対応することが可能だ。メモリ16GB、SSD 512GB NVMe対応と構成も充実している。17.3インチの大型モニター搭載&SteelSeries製ゲーミングキーボード搭載が強みだ。品質の高いおすすめのモデルの一つだ

ALIENWARE M15 R3 フルカスタマイズ(エイリアンウェア)

ALIENWARE m15 NAM85VR-9HL価格:197,980円
モニター:15.6インチ 144Hz
CPU:Core i7-10750H
GPU:GeForce GTX 1660 Ti
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載
公式

Dellのゲーミングブランドから販売されているモデルだ。標準で144Hzの高リフレッシュレート対応モニターを採用している。滑らかなゲーム描写が可能だ。さらに、カスタマイズで300Hz対応モニターや4K有機ELモニターに交換することができる。クリエイター向けモデルとしても通用する一台だ。メモリ16GB・SSD 512GBとこのクラスとしては定番の構成となっている。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2020年】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

おすすめゲーミングPCランキング【2020年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

ベンチマークテスト環境

desktoppc

CPUCore i7-8700K
メモリ2x8GB G.Skill TridentZ RGB
DDR4-3200
SSDSamsung 970 Evo 1TB
Samsung 860 Evo 4TB
電源EVGA SuperNova P2 1000W
マザーボードGigabyte Z370 Aorus Gaming 7
参照元:NVIDIA GEFORCE GTX 1660 TI REVIEW (PCGAMER)