rtx2070supertop画像引用元:https://www.techspot.com/

当記事では、GeForce RTX 2070 SUPERの性能スペックレビュー&ベンチマークを紹介している。Turing世代のハイクラスでRTX 2070の後継モデルとなる。RTX 2080に近い性能を持つ。RTX 2070 SUPERのリリースから少し遅れて、RTX 2080の上位モデルとしてRTX 2080 SUPERが登場しているため70番台と80番台との性能差は維持されている。AMD NaviアーキテクチャのRadeon RX 5700 XTの対抗モデルとしてNVIDIAが新しいモデルを投入してきた。

やはり、競う相手がいると製品の品質が上がりユーザーにとっては好ましいと言える。2019年時点で売れ筋のグラフィックボードだった。ゲーミングPCランキングの上位には必ずこのRTX 2070 SUPER搭載モデルがランクインしていたほどだ。なお、すでに後継モデルである「GeForce RTX 3070」がリリースされている。レイトレーシング性能も高くなりよりゲーム適性が向上している。

世代Turing
プロセス12nm
CUDAコア2560
ベースクロック1605MHz
ブーストクロック1770MHz
TDP215W
MSRP$499
中古価格26,980円~ *2024/6時点
発売日2019/07/09
よくわかる!!RTX 2070 SUPERの特徴まとめ

  • (+)手頃な価格でRTX 2080に近い性能が手に入る
  • (+)売れ筋のゲーミングPCに搭載されている
  • (+)AMD RX 5700 XTに対抗できる
  • (-)RTX 2070との性能差は小さく買い換える必要はない

RTX 2070 SUPERの概要

総合性能

rtx2070supergame

RTX 2070 SUPERは、オリジナルのRTX 2070よりも10%程度高いパフォーマンスを持つ。RTX 2070と同じ価格を維持したのは大きい。Pascal世代のフラグシップモデルであるGTX 1080 Tiに匹敵するパフォーマンスを持つ。性能面ではRTX 2080に近づいたと言える。もっともこちらも後継モデルであるRTX 2080 SUPERが発売されているため実際の比較対象はより性能の高いRTX 2080 SUPERとなり性能差は7%前後となる。

競合のAMD製Radeon RX 5700 XTよりもパフォーマンスが高くゲーム適性が高い。AMD製モデルではRadeon RX 6600 XTが登場してRTX 2070 SUPERと同等のパフォーマンスを発揮する。2020年10月にその後後継モデルであるAmpere世代のRTX 3070が発売された。一気にパフォーマンスが高くなり、RTX 2080 Tiを超えるゲーミング性能を持つグラフィックボードだ。RTX 2070 SUPERと比べて28%程度パフォーマンスが高い。

現行のRTX 4070だとさらに性能が高く50%以上の性能差がある。レイトレーシングやDLSS 3.0と機能面も強化されて魅力的なモデルに仕上がっている。RTX 2070 SUPERは2023年時点でミドルクラス+αの性能を持っているに留まる。フルHD環境でのゲームプレイに適している。時代の流れは残酷だ。

基本スペックまとめ

RTX 2070 SUPERRTX 2080RTX 2070RTX 2080 SUPER
コードネームTuringTuringTuringTuring
プロセス12nm12nm12nm12nm
GPUTU104TU104TU106TU104
ダイサイズ545m㎡545m㎡445m㎡545m㎡
トランジスタ数136億136億108億136億
SM数40463648
CUDAコア数2560294423043072
RTコア数40基46基36基48基
Tensorコア数320基368基288基384基
ベースクロック1605MHz1515 MHz1410MHz1650MHz
ブーストクロック1770MHz1710MHz1710MHz1815MHz
GPUメモリ8GB GDDR68GB GDDR68GB GDDR68GB GDDR6
メモリクロック14.0 Gbps14.0 Gbps14.0 Gbps15.5 Gbps
メモリバス256 bit256 bit256 bit256 bit
メモリ帯域幅448.0 GB/s448.0 GB/s448.0 GB/s496.0GB/s
FP329.062 TFLOPS10.07 TFLOPS7.465 TFLOPS11.15 TFLOPS
TDP215W215W185W250W
補助電源1x 6-pin +
1x 8-pin
1x 6-pin +
1x 8-pin
1x 8-pin1x 6-pin +
1x 8-pin
バスインターフェースPCIe 3.0 x16PCIe 3.0 x16PCIe 3.0 x16PCIe 3.0 x16
MSRP$499$699$499$699
中古価格26,980円~26,980円~24,980円~30,980円~
発売日2019/07/092018/09/202018/10/182019/07/23

簡単に言えばRTX 2070 SUPERは、RTX 2080の縮小版モデルということになる。GPU自体は同じTU104を採用しているが、ストリーミングプロセッサ(SMs)が40と少なく差別化が図られている。RTX 2070では一回り小さなGPU TU106が採用されていたことを考えるとスペック的には大きなプラスだ。1つのSM当たり64個のCUDAコア、1個のRTコア、8個のTensorコアを含んでいる。

結果、CUDAコアは2560(40×64)だ。RTコアは40、Tensorコアは320だ。クロック周波数はベースクロックが6%高く、ブーストクロックも3%高い。GPUメモリ回りは同等だ。FP32はRTX 2080の90%に留まる。消費電力はRTX 2080と同じ215Wとなる。補助電源もRTX 2080と同じ1×6-pin+1×8-pinへと変更されている。

参考としてRTX 2080の上位モデルであるRTX 2080 SUPERについてもまとめている。RTX 2070 SUPERの登場に合わせてRTX 2080 SUPERがリリースされて70番台と80番台でしっかりと線引きを行っている。フルスペックバージョンのTU104を採用していて、CUDAコア数は3072だ。メモリクロックが少し引き上げられてメモリ帯域幅は496.0 GB/sに到達している。TDPは250Wとかなり高い。

GeForce RTX 2070 SUPERの中古価格

製品名ゲーム性能価格コスパVRAMTDP発売日
RTX 3070 Ti29,95746,9800.6388GB290W2021/06/10
RTX 307028,19434,9800.8068GB220W2020/10/29
RTX 2080 SUPER23,71230,9800.7658GB250W2019/07/23
RTX 406022,62044,3800.5108GB115W2023/06/29
RTX 208022,59026,9800.8378GB215W2018/09/20
RTX 2070 SUPER22,27626,9800.8268GB215W2019/07/09
GTX 1080 Ti22,20916,9801.30811GB250W2017/03/11
RX 6650 XT21,99029,9800.7338GB180W2022/05/10
RX 6600 XT21,14720,9801.0088GB160W2021/08/10
GTX 108019,65014,9801.3128GB180W2016/05/27
RTX 207020,38724,9800.8168GB175W2018/10/18
GTX 1070 Ti19,11915,9801.1968GB180W2017/11/02

GeForce RTX 2070 SUPERの中古価格は26,980円~だ。上位モデルのGeForce RTX 2080と価格が同じなので、購入時はGeForce RTX 2080の価格もチェックしておくとよい。現行モデルで近い性能を持つGeForce RTX 4060の新品価格が44,380円なのでかなり割安感がある。もちろんレイトレーシング・DLSS性能が大きく向上していてかつ省電力性が高くなっているので純粋に比較することは難しいと理解しておこう。

競合のRadedon RX 6600 XTと比べるとコストパフォーマンスは劣ってしまう。Radeon RX 6650 XTと比べてもRadeon RX 6600 XTは割安だ。GeForce RTX 2070 SUPERよりも1世代前のGeForce GTX 1080 TiやGeForce GTX 1080になるとさらにコストパフォーマンスは上だ。GeForce GTX 1080 TiについてはVRAMが11GBと大容量なのも強みとなる。ただしすでに7年前に発売されたモデルで故障リスクは高くなる。

RTX 2070 SUPERの特徴&注意点【2019年時点】

RTX 2070の価格でRTX 2080と同等の性能が手に入る

RTX 2070 SUPERは、オリジナルであるRTX 2070と比べてスペックが引き上げられているにも関わらず価格が維持されているのが魅力だ。RTX 2070 SUPERのリリースでRTX 2070の価格が下がる可能性があるが、完全に上位互換と言えるだろう。GPUがTU106からRTX 2080と同じTU104になったのは大きい。CUDAコア数・クロック周波数がしっかりと引き上げられている。

性能的にはRTX 2080に近づいたグラフィックボードだ。現時点ではRTX 2070 SUPER搭載のBTOパソコンが出るかはわからないが一部のショップでは切り替わる可能性もある。登場したては割高になるだろう。価格が落ち着いて現在のRTX 2070搭載モデルと同等になれば魅力的な選択肢となる。

その後ドスパラ・G-Tune・パソコン工房など国内の大手BTOメーカーから軒並み搭載モデルがリリースされた。売れ筋ランキングの上位に入るモデルも多く一定の地位を築いたと言える。70番台は60番台と同様に売れ筋モデルが多く排出される傾向にある。

AMD RX 5700 XTを意識した製品となる

RTX 2070 SUPERの発売自体は予想できたものだ。なぜなら、2019年7月にAMDからRX 5700/RX 5700XTの発売が予定されていたからだ。同時にRX 5700XTはGeForce RTX2070よりも10%程度高い性能を持つということがわかっていた。当然NVIDIAとしても黙っていることはできず対抗馬を投入するというわけだ。

今回3種類のSUPERシリーズが登場することになった。これまでもそうであったように競合同士で競い合うことになる。ユーザーからすればよりよいモデルを安価な価格で手に入れられるのでメリットしかない。すでにRTX 2070シリーズを購入したからすると損をした気分になってしまうかもしれない。それでも性能差が大きいわけではなく買い換えるほどではないのでそこは安心してほしい。

各BTOメーカーが力を入れていて搭載モデルが豊富

RTX 2070 SUPERは優れた製品だ。RTX 2070と同じ価格でRTX 2080に近い性能を持っていることを考えるとこの点に疑いの余地はない。ただし、目新しいものがないのも事実だ。RTX 2070 SUPERは、既存のRTXシリーズに搭載されているのと同じTuringアーキテクチャを採用している。

RTX 2070 SUPERの特徴を端的に言えば、追加のCUDAコアと高いクロック周波数を持ちRTX 2070よりも高い性能を持っているだけということになる。完成品としてのゲーミングPCを見るとRTX 2070搭載モデルがRTX 2070 SUPER搭載モデルに切り替わっている。2020年7月時点で売れ筋のゲーミングPCとなっている。

ドスパラを筆頭にG-Tune、パソコン工房、パソコンショップセブンなど各BTOメーカーがRTX 2070 SUPER搭載モデルに力を入れている。売れ筋ランキングでも上位に入っていることが多い。どのモデルがよいか悩んだらRTX 2070 SUPERモデルを基準に考えると失敗しにくいはずだ。

>>RTX 2070 SUPERを確認(Amazon)<<

RTX 2070 SUPERのベンチマーク一覧

Far Cry 5

farcry5

RTX 2080110.1
131.8
RTX 2070 Super102.7
130.7
RTX 207093.0
124.9
RTX 2060 Super90.4
121.0
RTX 206077.9
108.9
WQHDFULL HD

RTX 2070よりも10%性能向上が見込める。WQHD環境で102.7fpsと高い性能を持っている。FULL HDではRTX 2080とほぼ同等の130.7fpsとなっていることからやはり性能はアップしているということがわかるだろう。新しいグラフィックボードとしてはやや物足りないかもしれないが、選択肢として悪くない。

Fortnite Season 9

fortnite

RTX 2080121.3
186.3
RTX 2070 Super109.4
169.4
RTX 2070100.1
157.0
RTX 2060 Super93.6
148.1
RTX 206081.6
129.1
WQHDFULL HD

RTXシリーズになるとFULL HD環境では余裕が見える。ForniteでもRTX 2070との差は10%程度だ。WQHD環境で109.4fps、FULL HD環境で169.4fpsとなっている。最高設定でこれだけの数値が出ると十分だ。FotniteではRTX2070 superまでは不要だということがわかる。

Hitman 2

hitman2

RTX 208095.9
113.3
RTX 2070 Super85.5
110.5
RTX 207081.7
109.9
RTX 2060 Super77.7
105.5
RTX 206069.4
98.8
WQHDFULL HD

Hitman 2においては、FULL HD環境ではCPUがボトルネックとなるようだ。スコアの差がそれほど大きくない。WQHD環境でもRTX 2070との差は5%にとどまる。RTX 2080との差は10%弱とやや大きめになっている。

Shadow of the Tomb Raider

Shadow Of The Tomb Raider

RTX 208099.2
131.7
RTX 2070 Super92.8
126.9
RTX 207085.8
114.8
RTX 2060 Super82.0
109.5
RTX 206072.4
99.4
WQHDFULL HD

RTX 2070との差は8%性能が高くなっている。FULL HD環境では10%の性能差が出ている。RTX 2080との差が埋まっていることは間違いない。あくまでもAMDに対抗するためのモデルだと考えれば特に問題はないだろう。決してRTX 2070からRTX 2070 Superへの買い替えをしないようにしたい。

>>RTX 2070 SUPERを確認(Amazon)<<

GeForce RTX 2070 SUPER搭載のおすすめゲーミングPC

GALLERIA XA7C-R70S(ドスパラ)

GALLERIA XA7C-R70S (2)価格:169,980円
CPU:Core i7-10700
GPU:GeForce RTX 2070 SUPER
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載
電源:650W BRONZE

ドスパラの売れ筋モデルとなっている。新ケースを採用してリニューアルされた。ゲーム適性が高く4K解像度あるいはFULL HD環境(高リフレッシュレート)でのゲームプレイを考えている方必見だ。最新モデルでありながら価格は控え目となっているのは嬉しい。メモリ16GB、SSD 512GBと構成も充実している。必要に応じてHDDを追加カスタマイズするとよいだろう。

GALLERIA ZA7C-R70S(ドスパラ)

GALLERIA XA7C-R70S (2)価格:189,980円
CPU:Core i7-10700K
GPU:GeForce RTX 2070 SUPER
メモリ:DDR4 16GB
SSD:1TB NVMe対応
HDD:非搭載
電源:650W BRONZE

当該モデルは、GALLERIA XA7C-R70Sの上位モデルだ。CPUがCore i7-10700からCore i7-10700Kにアップグレードされている。それに合わせてチップセットもZ490になっていてオーバークロックに対応することが可能だ。CPU性能が上がったことでゲームのやりやすさは上がっている。SSD容量も多くゲームや動画の保存も行いやすい。

LEVEL-R049-iX7-TWSH-CR(パソコン工房)

LEVEL-R027-i7-RNR価格:171,980円
CPU:Core i7-10700
GPU:GeForce RTX 2070 SUPER
メモリ:DDR4 16GB
SSD:480GB
HDD:2TB
電源:700W BRONZE

GALLERIA XA7C-R70Sの比較対象モデルだ。コストパフォーマンスはトップクラスとなっている。最大の特徴はSSD 480GB、HDD 2TBのダブルストレージを採用しているということになる。OSシステムをSSDにその他のデータをHDDに保存と使い分けることが可能だ。メモリ16GB、電源ユニット700W BRONZEと構成面でも不安はない。

G-GEAR GA7A-J193/XT(TSUKUMO)

G-GEAR GA7A-B180T価格:199,980円
CPU:Ryzen 7 3700X
GPU:GeForce RTX 2070 SUPER
メモリ:DDR4 16GB
SSD:500GB
HDD:2TB
電源:700W 80PLUS BRONZE

Ryzen 7 3700Xを搭載したゲーミングPCだ。グラフィックボード・CPUともに新しいパーツを搭載。8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高くゲームプレイだけではなく、動画配信なども得意としている。メモリ16GB、SSD 500GB、HDD 2TBと構成も充実した一台だ。

G-Tune HP-Z(G-Tune)

masterpiececase価格:249,800円
CPU:Core i9-10900K 水冷CPUクーラー
GPU:GeForce RTX 2070 SUPER
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:2TB
電源:800W TITANIUM

RTX 2070 SUPER搭載のゲーミングPCだ。構成面でも最高クラスの一台となっている。エアフローに余裕のあるフルタワーは、Core i9-10900Kが最適だと言える。水冷CPUクーラーを搭載していて熱に対して安心感がある。4K解像度でのゲームプレイにも対応しやすいのはポイントだ。メモリ16GB、SSD 512GB、HDD 2TBと充実の構成もこのクラスなら当たり前だと言える。800W TITANUIUMの電源ユニットで安定したゲームプレイを可能にしてくれる。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

ゲーミングPCの選び方
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
ゲーミングPCの特徴を比較
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya

ベンチマークテスト環境

desktoppc

CPUIntel Core i7-8700K
メモリ2x8GB G.Skill TridentZ RGB DDR4-3200
ストレージSamsung 970 Evo 1TB
Samsung 860 Evo 4TB
電源ユニットEVGA SuperNova P2 1000W
マザーボードGigabyte Z370 Aorus Gaming 7