radeonrx6650xtmsi画像引用元:https://www.msi.com/ *イメージ

当記事では、Radeon RX 6650 XTのスペックレビュー&性能ベンチマークを検証している。2022年5月にRadeon RX 6600 XTの後継モデルであるRadeon RX 6650 XTがリリースとなった。クロック周波数の引き上げとメモリ周りの強化が行われたマイナーチェンジモデルだ。従来モデルのRadeon RX 6600 XTとの性能差はそれほど大きいわけではないが、順当な進化だと言える。

競合モデルであるNVIDIAのGeForce RTX 3060 Ti/GeForce RTX 3060と比較しながらそのパフォーマンスを見ていく。次世代モデルであるRadeon RX 7000シリーズがリリースされるまでの繋ぎだ。搭載モデルについては、「Radeon RX 6650 XT搭載おすすめゲーミングPC」でまとめている。今後ラインナップが増えてくる可能性もあるため要チェックだ。次世代モデルはRadeon RX 7600だ。実はRadeon RX 6650 XTとそこまで性能が変わらないのでRadeon RX 6650 XTを所有している方は買い替え対象とはならない。

世代RDNA 2.0
プロセス7nm
CUDAコア2,048
ベースクロック2055 MHz
ブーストクロック2635 MHz
TDP176W
MSRP$399
国内価格35,800円~
発売日2020/12/08
よくわかる!!Radeon RX 6650 XTの特徴まとめ

  • (+)フルHD環境でのゲーム適性が高いグラフィックボード
  • (+)クロック周波数の引き上げ及びメモリ周りの強化が適用
  • (+)搭載モデルのラインナップに期待できる
  • (-)RX 6600 XTと比べると性能は微増に留まる
  • (-)コストパフォーマンスはRX 6600 XTに劣る
  • (-)レイトレーシング性能が低い

Radeon RX 6650 XTの基本スペック

RX 6650 XTRX 6700 XTRX 6600 XT
コードネームRDNA 2RDNA 2RDNA 2
GPUNavi 23Navi 22Navi 23
プロセス7nm7nm7nm
トランジスタ数110.6億172.0億110.6億
ダイサイズ237 mm²335 mm²237 mm²
CUs324032
CUDAコア数2,0482,5602,048
RTコア数324032
Tensorコア数---
ベースクロック2055 MHz2321 MHz1968 MHz
ゲームクロック2410 MHz2424 MHz2359 MHz
ブーストクロック2635 MHz2581 MHz2589 MHz
GPUメモリ8GB GDDR612GB GDDR68GB GDDR6
メモリ速度17.5 Gbps16 Gbps16 Gbps
メモリバス128 bit192 bit128 bit
メモリ帯域幅280.3 GB/s384.0 GB/s256.0 GB/s
Infinity Cache32 MB96 MB32 MB
TDP176 W230 W160 W
MSRP$399$479$379
実売価格35,800円~49,800円~31,800円~
発売日2022/05/102021/03/182021/08/10

Radeon RX 6650 XTのスペックについて従来モデルのRadeon RX 6600 XTとの比較を中心に見ていこう。およそ9ヶ月振りに最新モデルがリリースされたということだ。RX 6650 XTはあくまでもマイーナーチェンジでアーキテクチャが変わったわけではない。GPUはNavi 23と共通だ。プロセス・トランジスタ数・ダイサイズ・CUs・CUDAコア数・RTコア数も同じだ。

変更が加えられたのはクロック周波数とメモリ速度・メモリ帯域幅・TDP・価格となる。ベースクロック・ゲームクロック・ブーストクロックがそれぞれ4%・2%・1%高い。メモリ速度が約10%速くなって17.5 Gbpsとなっている。そのおかげでメモリ帯域幅が10%広く280.3 GB/sへと変わった。Infinity Cacheは32MBのままだ。TDPは10%引き上げられて176Wとなる。価格差は$20で少しだけ高い。実売価格では6%程度の差がある。

上位モデルであるRadeon RX 6700 XTでは一回り大きいNavi 22を搭載している。トランジスタ数は56%多く、ダイサイズも42%大きい。コンピュートユニットは25%増えて40となる。CUDAコアも25%多く2,560だ。RTコアも40となる。ベースクロック及びゲームクロックはRadeon RX 6700 XTの方がそれぞれ12%・0.5%高いが、ブーストクロックはRadeon RX 6650 XTの方が2%高い。

Radeon RX 6700 XTになるとGPUメモリ容量が50%増えて12GBとなる。メモリ速度はRadeon RX 6650 XTの方が速いが、メモリバスがRX 6700 XTの方が50%高くメモリ帯域幅もRX 6650 XTを37%広い。Infinity Cacheは3倍で96MBだ。TDPもRadeon RX 6700 XTの方が30%高く230Wだ。価格差は$80となる。実売価格では20%以上の差が開いている。

Radeon RX 6650 XTの最新評価【2023年】

次世代モデルのRX 7600と変わらないゲーミング性能を持つ

rx6650xtgamescore
Radeon RX 6650 XTは、ゲーム性能スコアが21,990とまずまずの性能を持つグラフィックボードだ。次世代モデルのRadeon RX 7600とほとんど変わらない性能となる。従来モデルであるRadeon RX 6600 XTよりもおよそ4%高いパフォーマンスを発揮する。RX 6650 XTも新しいモデルとしては期待外れと言えるかもしれない。もっともスペックがほとんど変わっていないことを考慮すれば妥当だろう。

競合モデルであるGeForce RTX 3060と比べて18%程度性能が高い。ミドルクラスとして十分な性能を持ちフルHD環境でのゲームプレイを考えている方に最適だ。レイトレーシング性能についてはGeFOrce RTX 3060に大きく劣ってしまう。レイトレーシングを重視したい方はNVIDIA製グラフィックボードを選択するべきだ。AIを活用してレイトレーシング有効時も負荷を下げられるDLSS機能もあってRX 6650 XTよりも優位性がある。

コスパはRX 6600 XTに劣る

製品名VRAMゲーム性能価格コスパ
RTX 4060(新品)8GB22,62041,9800.539
RX 7600(新品)8GB22,16438,8000.571
RX 6650 XT(新品)8GB21,99035,8000.614
RX 6650 XT8GB21,99027,9800.786
RX 6600 XT8GB21,14720,9801.008
RTX 306012GB18,72230,9900.604
RX 66008GB17,90018,9900.943
Radeon RX 6650 XTは比較的コストパフォーマンスの高いグラフィックボードだが、下位モデルのRadeon RX 6600 XTはさらに高くRadeon RX 6650 XTは見劣りしてしまう。Radeon RX 6650 XTよりも30%程度コストパフォーマンスが高い。現状の価格ではRadeon RX 6650 XTはやや選びづらい。レイトレーシング・DLSS性能を重視するならGeForce RTX 3060が魅力的だろう。VRAMが12GBと大容量なのもポイントだ。

Radeon RX 6650 XTの特徴&強み【発売時点】

他のラインナップに比べると性能向上は控えめ

Radeon RX 6650 XTは、従来モデルのRadeon RX 6600 XTと比べて性能が4%伸びただけに過ぎない。新しい製品としては物足りなさがある。フルHD環境がターゲットというのはRadeon RX 6600 XTと変わらない。同時期に発売されたRadeon RX 6950 XTやRadeon RX 6750 XTは従来モデルよりも10%程度伸びているため見劣りしてしまう。

当然Radeon RX 6600 XTからの買い替えは推奨しない。Radeon 5000シリーズやそれより以前のモデルを所有している方なら選択するメリットはある。もっとももう少し待てば次世代のRadeon RX 7000シリーズが登場するので悩ましいところだ。次世代モデルになれば現行モデルのネックとなっているレイトレーシング性能についてももう少し高くなる可能性がある。

コストパフォーマンスはRX 6600 XTに劣る

製品最安値(価格差)性能(性能差)コスパ
RTX 3060 Ti64,800(+30%)24,213(+10%)0.374
RX 6650 XT49,980(+7%)21,990(+4%)0.440
RX 6600 XT46,890(+5%)21,147(+4%)0.451
RTX 306044,80020,3220.454

Radeon RX 6650 XTのコストパフォーマンスは従来モデルのRadeon RX 6600 XTに劣ってしまうのは理解しておく必要がある。Radeon RX 6600 XTと比べて+4%の性能アップを見込める代わりに、+7%のコストが掛かってしまう。これならRadeon RX 6600 XTを選択する方が満足度が高いはずだ。

今後Radeon RX 6600 XTが市場からなくなってRadeon RX 6650 XTのみになればもう少し価格が下がってくるだろう。そうなるまでは様子見でもよいのではないかと思う。次世代モデルがリリースされればさらに価格が下がるはずだ。レイトレーシング性能や安定感を重視するならRTX 3060も魅力的な候補となる。

搭載モデルのラインナップが増える可能性がある

Radeon RX 6650 XTについては他のリフレッシュモデルよりも搭載モデルが増える可能性がある。なぜなら、リフレッシュモデルの登場でRadeon RX 6600 XTの販売が終了するからだ。上位モデルであるRadeon RX 6900 XTやRadeon RX 6700 XTについては販売がされるようだ。だからこそRadeon RX 6650 XTとRadeon RX 6600 XTとの性能差が小さいのかもしれない。

現時点でRadeon RX 6600 XT搭載モデルはドスパラ・G-Tune・パソコン工房・TSUKUMO・フロンティアなど多くのショップで取り扱いがある。今後Radeon RX 6650 XT搭載モデルへと切り替えられるのではないかと思う。価格もRadeon RX 6600 XT搭載モデル並に落ちれば非常に魅力的な選択肢となるだろう。

Radeon RX 6650 XTのゲーミング性能

Watch Dogs: Legion

watchdogslegion

RX 6750 XT92.0
68.5
RTX 3060 Ti87.0
64.6
RX 6700 XT86.5
64.5
RX 6650 XT73.5
53.2
RX 6600 XT72.3
51.9
RX 660063.9
44.7
RTX 306063.7
48.1
フルHDWQHD
Watch DogsではRX 6600 XTとほとんど性能差がない。それでもフルHD環境でなら最高設定でも73.5fpsと高い数値が出ている。価格が高めなことを考えるとRX 6600 XTの方が好ましい。もう少し価格が下がれば魅力的なモデルとなるはずだ。RTX 3060と比べると11%-16%程度フレームレートが高く、RTX 3060 Tiと比べると15%-17%劣る。ちょうどこれらのモデルの真ん中に位置するモデルだと考えてよいだろう。

Borderlands 3

boarderland3

RX 6750 XT128.6
88.1
RX 6700 XT121.8
82.4
RX 6650 XT102.8
67.0
RX 6600 XT102.5
66.7
RTX 3060 Ti98.7
70.0
RX 660083.3
53.9
RTX 306073.4
51.7
フルHDWQHD
Boarderlands 3でも従来モデルのRX 6600 XTとフレームレートが変わらない。フルHD環境ではRTX 3060 Tiと比べて4%程度フレームレートが高い。WQHD環境では4%程度劣るものの価格帯を考えると十分健闘している。RTX 3060と比べると30%-40%もフレームレートが高い。Radeonシリーズと相性のよいタイトルだと言えるだろう。

Far Cry 6

farcry6

RX 6750 XT141.4
103.0
RX 6700 XT134.5
97.6
RTX 3060 Ti123.1
94.7
RX 6650 XT118.5
82.1
RX 6600 XT114.8
80.4
RX 6600100.5
67.0
RTX 306097.2
71.0
フルHDWQHD
Far Cry 6ではRadeon RX 6600 XTとくらべて2%-3%程度フレームレートが高い。RTX 3060 Tiとの差は3%-12%程度だ。フルHD環境なら満足できる結果だと言える。RTX 3060と比べて15%-22%程度フレームレートが高い。絶妙なパフォーマンスを発揮する。RX 6650 XTは、NVIDIAのラインナップの隙間を埋める存在だ。

Radeon RX 6950 XTのレイトレーシング性能

Control

control

RTX 3060 Ti100.7
62.9
RTX 306074.9
46.2
RX 6750 XT74.8
47.3
RX 6700 XT70.6
45.6
RX 6650 XT58.9
37.1
RX 6600 XT56.8
36.7
RX 660048.4
30.1
中設定最高設定
レイトレーシング性能でもRX 6600 XTとほとんど変わらない。性能差は1%-3%程度だ。中設定ならレイトレーシング性能を有効化しても通用する。ただし、RTX 3060と比べると20%前後もフレームレートが劣ってしまう。さすがに価格帯的に下のモデルとこれだけ差があるのはいただけない。GeForce製グラフィックボードには到底及ばない。レイトレーシング性能をメインに考えている方はRadeonシリーズの選択を避けた方がよい。

Cyberpunk 2077

Cyberpunk2077top

RTX 3060 Ti46.0
39.6
RTX 306034.7
29.8
RX 6750 XT31.1
26.2
RX 6700 XT29.0
24.6
RX 6650 XT23.0
17.7
RX 6600 XT22.4
16.8
RX 660018.9
14.9
中設定最高設定
Cyberpunk 2077は非常に負荷のタイトルの一つだ。中設定でも23.0fpsとかなり厳しい。RTX 3060 Tiでも46.0fpsとなっていることを考えるとハイエンドクラスのグラフィックボードが必要になる。それでも他のモデルとの比較であればある程度参考になるはずだ。RX 6600 XTと比べて2%-5%程度フレームレートが高い。上位モデルのRX 6700 XTとの差は20%-28%程度とやや大きい。

Fortnite

fortnite

RTX 3060 Ti65.5
33.8
RX 6750 XT53.2
29.3
RX 6700 XT48.7
27.0
RTX 306048.4
26.1
RX 6650 XT40.6
22.0
RX 6600 XT40.0
21.8
RX 660033.5
18.2
中設定最高設定
Fortniteでは、RX 6600 XTとほぼ同等のフレームレートだ。RX 6600と比べて20%前後フレームレートが高い。RTX 3060との差は25%前後フレームレートが低くなっている。おおよそRX 6700 XTと同等の性能だ。

>>Radeon RX 6950 XTを確認(Amazon)<<

その他ベンチマーク一覧

消費電力

rx6650xtwatt

RX 6600 XTと比べて3%程度消費電力が高くなっている。RTX 3060と比べて3%程度消費電力が高いものの性能はそれ以上に高いため省電力性の高いモデルであることは変わらない。

温度

rx6650xttemp

グラフィックボード本体の温度はRX 6700 XTと同水準だ。RX 6600 XTと比べて24%程度高くなっている。ただし、温度は環境などによって大きく変わるため一つの参考として見るのがよい。

Radeon RX 6650 XT搭載おすすめゲーミングPC

LEVEL-M0P5-R45-DTX(パソコン工房)

LEVEL-M049-iX7-RWS価格:156,800円(税込)
CPU:Ryzen 5 4500
GPU:Radeon RX 6650 XT
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:500GB NVMe
HDD:非搭載
電源:500W 80PLUS BRONZE

Ryzen 5 4500を搭載したゲーミングPCだ。6コア12スレッドと必要最低限必要な性能を持つ。ゲーム適性ではCore i3シリーズにも劣ってしまう。RX 6650 XT搭載モデルの中では価格が抑えられている。フルHD環境でのゲームプレイに最適だ。メモリ16GB、SSD 500GBと構成にも問題はない。電源ユニットは500W BRONZEを採用している。

LEVEL-M06M-124-DTX(パソコン工房)

LEVEL-M049-iX7-RWS価格:169,800円円(税込)
CPU:Ryzen 5 5600X
GPU:Radeon RX 6650 XT
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:500GB NVMe
HDD:非搭載
電源:500W 80PLUS BRONZE

CPUに第4世代Ryzenシリーズの高コスパモデルであるRyzen 5 5600Xを搭載している。6コア12スレッドというスペックでCPUコアの改良もあって高いパフォーマンスを発揮する。Ryzen 5 4500搭載モデルと比べると13,000円も高くなるのは厳しい。Ryzen 5 5600X×RTX 3060の組み合わせならもう少し安く購入できる。ミドルクラスのモデルならこの王道の組み合わせが強敵だ。

GALLERIA XA7R-665XT 5700X搭載(ドスパラ)

GALLERIA XA7R-R37T価格:169,980円(税込)
CPU:Ryzen 7 5700X
GPU:Radeon RX 6650 XT
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:1TB NVMe
HDD:非搭載
電源:650W BRONZE

Ryzen 7 5700X×RX 6650 XT搭載のゲーミングPCだ。後発モデルであるCPU及びGPUを搭載しているのがポイントとなる。Ryzen 7 5700Xは、Ryzen 7 5800Xの下位モデルで高いコスパを誇る。8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高く人気がある。ドスパラのラインナップで見れば税込229,980円という価格はまずまずなのではないかと思う。メモリ16GB、SSD 1TB NVMeと構成も充実している。電源ユニットは650W BRONZEを採用している。

GALLERIA XA7C-665XT(ドスパラ)

GALLERIA XA7R-R37T価格:199,980円(税込)
CPU:Core i7-13700F
GPU:Radeon RX 6650 XT
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:1TB NVMe
HDD:非搭載
電源:850W GOLD

CPUにCore i7-12700を搭載した一台だ。12コア20スレッドとマルチスレッド性能が高く幅広い用途に対応できる。ゲーム実況・動画編集・画像編集などの作業を得意としている。Ryzen 7シリーズと比べても優位性がある。メモリ16GB、SSD 1TBという構成だ。電源ユニットは850W GOLDを採用していて万全だ。税込239,980円とやや高めと言えるかもしれない。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

ゲーミングPCの選び方
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
ゲーミングPCの特徴を比較
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya

ベンチマークテスト環境

desktoppc

CPUCore i9-12900K
マザーボードMSI Pro Z690-A WiFi DDR4
メモリDDR4-3600 32GB
電源ユニットCooler Master MWE 1250 V2 Gold