gamingkeyboardtop

当ページでは、おすすめのゲーミングキーボードを紹介している。ゲームプレイをする上でゲーミングマウスと同じぐらい身近なデバイスの一つだ。これからキーボードの購入を考えている方はぜひ参考にしてほしい。

なお、BTOパソコンを購入する際に同時に購入するのはおすすめしない。ラインナップがないことと価格が割高なことが要因だ。Amazonあるいはリアル店舗でチェックすることをおすすめする。

ゲーミングキーボードとは

ゲーミングキーボードとは、そのままゲームをプレイすることを前提に開発されたキーボード、あるいはゲームをプレイするのに最適なキーボードのことだ。キーボードには様々な種類があり、様々な特徴に分類されるため、好みやデザイン性も重視されやすい。マウスと同じく、一度店頭で触るのがベストだ。

ゲーミングキーボードは安価なキーボードと違い、耐久性が非常に高いため安価なキーボードを買い換えるよりも結果的に安くなる傾向にある。場合によっては一生モノとなるキーボードもあり、2万円を超えるような高価なキーボードも選択肢に入る。ゲームの操作性はもちろん、長時間の使用でも疲れにくいのでゲーマーには必須とも言えるゲーミングデバイスだ。

おすすめのゲーミングキーボード一覧

SteelSeries APEX PRO

SteelSeries APEX PRO画像引用元https://jp.steelseries.com/

当該モデルは超高速な反応と調節可能なメカニカルスイッチを採用しており、多くのユーザーにとって相性の問題を解決してくれる。軽めのタッチから重めのタッチまでキーごとの感度をカスタマイズすることができる唯一のキーボードだ。

RGBのカラーも細かく調整できるので、ゲーミングキーボードとしては非常に面白い。ただ、価格が25,000円を超えるのは大きなデメリットとなってしまう。予算が合えば選択肢に入れてほしい。

RealForce RGB TKL / R2TLA-JP4G-BK

RealForce RGB TKL R2TLA-JP4G-BK画像引用元:http://www.realforce.co.jp/

静電容量無接点方式採用のRealForceから登場したゲーミングキーボード。キースペーサーが付属していることで、キーストロークの深さやタッチの軽さを変更することが可能でバックライトのLEDも細かく設定できる。RealForceの打鍵感そのままに登場したゲーミングキーボードはコアなゲーマーに対しても満足度の高い仕上がりだ。ただ、ゲーミングデバイスメーカーと違ってシンプルなキーボードであり、機能を優先するならあまりおすすめはしない。

Razer BLACK WINDOW(GREEN SWITCH)

Razer BLACK WINDOW画像引用元:https://www2.razer.com/

Razer GREENを採用したゲーミングキーボードは、その打鍵感も然ることながら機能面で非常に優秀なキーボードに仕上がっている。内蔵目盛りとクラウドのハイブリッド・ストレージにより、カスタマイズプロファイルを保存することができる。ゲームごとに違う設定を引き出したり使い方は様々だ。

Razer HyperShiftは特定のキーを長押してしている間は特定のキーが別のキーに変更される機能だ。これによりキーバインドの幅が広がり、左手操作の限界を超えることができる。豊富な機能はゲーミングキーボードの中でもトップクラスと言えるだろう。

FILCO Majestouch 2 TKD 91 MX茶軸

FILCO Majestouch 2 TKD 91 MX画像引用元:https://www.diatec.co.jp/

ゲーミングキーボードが今よりもっと少なかった時代、RealForceとともにゲーマーに愛されたMajestouchは今でも人気が高い。シンプルなキーボードながら比較的安価であることで人気を博し、メカニカルキーボードの入門としても知られる。シンプルでいて完成されたキーボードは初心者から熟練者まで幅広い層に支持されている。

Corsair K65 RAPIDFIRE

Corsair K65 RAPIDFIRE画像引用元:https://www.corsair.com/

銀軸採用のゲーミングキーボード。よりコアなゲーマーに人気の銀軸採用のゲーミングキーボードはまだまだ数が少なく、その銀軸採用ゲーミングキーボードを代表するモデルとなっている。RGB対応で派手な見た目と高速打鍵に適した性能はまさに王道な一台だ。手頃な価格ということで現在使用者が大きく伸びている。

ゲーミングキーボードの選び方

ゲーミングキーボードを選ぶとき、何を基準に選択すれば良いのか。初めて買うユーザーには戸惑う部分だ。一度でもゲーミングキーボードを使用したことがあるなら、それを基準に不満点が改善されたキーボードを選択するなど、どういったものなのかが想像しやすいと思う。

荷重

キーの重さ。一般的な荷重は45g、重くて55g、軽くて35gである。メーカーによっては少し差異があったり、同じ55gでも体感する重さが違ったりもする。安価なキーボードは65gや55gと重めのものが主流だ。この安価キーボードの55gとゲーミングキーボードとなる軸を持つ55gとでは打鍵感の違いから体感する重さが違う。

高速タイピングやFPSプレイヤーには35gの軽めなもの、45gの標準的なものが人気だ。タイプミスを減らすことやミスのない操作を求めるゲーマーには45g以上の重めの荷重が人気である。この荷重はホームポジションの親指や人差し指は重く、小指に近づくほど軽くなる変荷重のタイプもあり、この辺りは好みの差やタイピングを重視するかどうかで変わってくる。

キースイッチの種類

ゲーミングキーボードの主流であるメカニカルキーボードにはCherry MXのキースイッチが採用され、それぞれの軸色によって特徴が異なる。その他、キースイッチには様々な種類があり、それぞれの特徴と合わせて確認してもらいたい。

Cherry MX 茶軸

Cherry MX-brown画像引用元:https://www.diatec.co.jp/

スイッチ感のあるオーソドックな軸。メカニカルキーボードとはこういうものだというのがよく分かる。荷重は主に45gで、押したというのがわかりやすく、いつの間にか押していたというミスはほとんどなくなる。
メカニカルキーボードの定番軸。

Cherry MX 赤軸

Cherry MX-red画像引用元:https://www.diatec.co.jp/

スイッチ感がほとんどなく、キー荷重が軽いのが特徴の赤軸は長時間のゲームプレイや高速打鍵を求めるユーザー向けだ。打鍵音は比較的抑えられているため、ボイスチャットをしながらの操作でもそこまで影響を与えない。荷重は35g~45g相当で、ストッピングなどの素早い操作が求められるゲームに適している。

Cherry MX 青軸

Cherry MX-blue画像引用元https://www.diatec.co.jp/

打鍵感と打鍵音がとても気持ちの良い軸で、荷重は45g相当。カチャカチャと小気味良い打鍵音はタイピングを楽しめること間違いなし。ただ、ボイスチャットをつなぎながらのゲームプレイではそこそこ嫌われるほどの音量で、ゲームの種類によってはうるさくて味方をイライラさせることも。一人でプレイするゲームであれば、ゲームプレイにとても良いアクセントを加えることができる。

Cherry MX 黒軸

Cherry MX -black画像引用元:https://www.diatec.co.jp/

重い茶軸のようなタイプで荷重は55g~65g相当。重いことはデメリットのように感じられるかもしれない。実際には、押し込めば押し込むほど重く反発する力が大きくなる。そのため軽くキーを押下するようなタイプに適している。反応までの深さはそこまであるわけではない。キー自体が重くても軽いタッチで操作ができる。割と好みは分かれるゲーミングキーボードであることを考えると実際に触らずに選択するのはおすすめしない。

Cherry MX 銀軸(SPEED)

Cherry MX-silver画像引用元:https://www.hyperxgaming.com

赤軸を極端な高速打鍵にしたのが銀軸という印象。ゲーミング向けの軸として登場し、アクチュエーションポイントが浅めであることから非常に軽快な操作が可能となっている。ただし、赤軸よりも反応が良いことで慣れるまで、慣れてからも誤入力してしまう諸刃の剣のようなキーボード。素早い操作と高速打鍵を求めたメカニカルキーボードで最も癖のある軸とも言える。

Cherry MX 桃軸(SILENT)

Cherry MX-pink画像引用元:https://www.diatec.co.jp/

静音性に特化した軸で、打鍵音がほとんどしない。ボイスチャットで味方に不快感を与えにくいという特徴を持ち、その犠牲のせいか打鍵感はかなり好みが分かれる。特にタイピングに関しては小気味良さがほとんどなく操作感もない。静かなキーボードを求めているならありかもしれない。

Razer GREEN

Razer GREEN画像引用元:https://www2.razer.com/

Cherry MX 青軸のような小気味良い打鍵音と茶軸のような打鍵感が合わさったような軸。少し重めながらアクチュエーションポイントはやや浅めで、素早い操作も可能なオールラウンドな軸とも言える。ただ、青軸のような打鍵音は割とうるさいので配信やボイスチャットにはあまり適していない。

Razer YELLOW

Razer YELLOW画像引用元:https://www2.razer.com/

Cherry MX 銀軸に近い性質を持ち、アクチュエーションポイントは非常に浅い。正確な操作と素早い判断が求められるFPSやRTSのようなゲームには最適。一方で誤入力のリスクはついてまわるため癖が強いとも取れる。慣れてしまえばリカバリーの素早く行えるようになるので一考の価値はある。軽いタッチは負担も軽く、初めてのゲーミングキーボードならその違いに最も気付きやすいタイプかもしれない。

Razer ORANGE

Razer ORANGE画像引用元:https://www2.razer.com/

Cherry MX 赤軸をやや高反応にした性質を持っている。アクチュエーションポイントが浅くなり、赤軸と銀軸の中間のような位置づけだろうか。軽快な操作と素早い判断を反映できる反応速度はFPSやRTSにおすすめだ。軽めのタッチが好きならまずまず気に入るだろう。

メンブレン

membren画像引用元:https://www2.elecom.co.jp/

シリコンキャップを採用しているタイプのキースイッチで、比較的安価なタイプのキーボードは概ねメンブレン式である。シリコンキャップによる跳ね返りがそのままタッチに反映されているためやや重く、そして耐久性もシリコンキャップの劣化具合によるところが大きい。

ゲーミングキーボードでも安価なものはメンブレンであり、メリットが薄いのでおすすめはしない。しかしながら、MMORPGなどの細かく素早い判断を求められないようなゲームにおいては無難な選択肢であり、予算を抑える上では重要な選択肢である。メンブレンの特性が掴めたらメンブレン以外のキースイッチを採用したゲーミングキーボードに挑戦するのも、その違いをより体感できるため面白い。

静電容量無接点方式v
seidenyouryou画像引用元:http://www.realforce.co.jp/

かの有名なRealForceが採用しているキースイッチタイプで、一度使用するともう戻れないと言われるほどの打鍵感が特徴。30gのキーを採用していたり、キースペーサーをとりつけることでキーストロークを浅くしつつアクチュエーションポイントも浅くでき、非常に軽快かつ高速な打鍵を実現している。高速な操作を求めるユーザーにとって最高峰のキーボードであり、これ以上高速打鍵に適したキーボードはほぼ無い。

ゲーミングPCを選ぶ際のポイント&注意点

黒いキートップに黒い印字は避けるべき

keytop-black
黒いキートップを採用したキーボードであっても、白い印字がしてあればまだ見やすい。黒いキートップに黒い印字がしてあるタイプは光の加減等で印字が見えなくなる。タッチタイプできてキーボードなんて一切見ない人もいるだろう。ただゲームに限って言えば左手のホームポジションはASDに置くのが一般的で、普段右手で押しているキーの位置を左手で押すことになるとつい確認してしまいがちだ。

タイピングで困らなくてもゲームで困る場面はこれまで幾つもあった。カッコ良さに惹かれて黒いキートップ+黒い印字のキーボードを選んでしまった筆者はそれなりに苦労している。そして割と後悔もしているので、できれば見やすいキーボードを選択してほしい。

ゲーミングキーボードならRGB対応の光るものが主流になりつつある。そう考えるとあまりその心配は必要ないかもしれない。ただ、RealForceのキー荷重30gにはRGB対応が無いので選ぶ際は慎重にして欲しい。

フルキーボードとテンキーレス

fullkeyboard-tenkeyless
http://www.realforce.co.jp/
テンキーとはキーボード右側にある数字キーだ。これがあるのと無いのとではキーボード本体のサイズに大きな違いが出る。テンキーはキーバインドにも割り当てられるものの、使用頻度は少ない人が多い。そのため必要ならUSB接続のテンキーで事足りる。最近ではこのテンキーの無いテンキーレスタイプがゲーム用途では主流である。

フルキーボードはテンキーがある分だけマウスパッドに干渉しやすく位置を決めにくい。テンキーレスは本体が軽く短いのでマウスパッドに干渉しにくくベストポジションに持ってきやすい。少し前まではテンキーレスタイプのキーボードは重量が軽くズレやすいこともあり、あまり人気はなかった。

しかし今では重さもそこそこあり、しっかりした滑り止めで動きにくくなったため一気に主流なキーボードとして人気を博している。どちらが良いかは実際に使用する環境次第である。が、テンキーを必要とするゲームはほとんど無くテンキーレスがおすすめだ。

当記事のまとめ

ゲーミングキーボードはゲームをプレイする上で非常に重要なデバイスである。マウスが足ならキーボードは手だ。ゲーミングデバイスの中では比較的高価であることから手を出しにくい。ただ、一度購入すればマウスやヘッドセットのような消耗品としてではなく、3年4年と長く使用することができるため期間で見ればそこまで高いものではない。

一度ゲーミングキーボードを使用すれば二度と離れられないほどの操作性を生み、ゲームの上達にも繋がるので考えてもらいたい。特に長時間のゲームプレイにかかる負担を大きく軽減できるので、自分のパフォーマンスを長時間高水準で維持できる。

マウスとキーボードはPCゲームではコントローラーとしての役割を持つもので、切っても切れない関係だ。ゲームをプレイする上で最も重要なデバイスに数えられるキーボードは、自分が最も快適にゲームプレイできるものを選択したい。

今主流の軽いタッチのものはオールラウンドに対応できるため人気が高く、まずはその軽いタッチがどのようなものかを体験してみるのも良いだろう。操作性の向上はモチベーションの向上にも繋がるのでまだ所持していないユーザーは一度検討してもらいたい。キーボードの買い替えは快適性を体感しやすいのでゲーミングデバイスの中では最も重要視したい。

BTOパソコン購入後に読んで欲しい記事まとめ

購入後(PC購入後に読むべきコンテンツ)
ゲーム環境構築
ゲームの仕組み
kankyou

PCの置き場所
gameshikumi

FPS英語、3D酔い
BTOお役立ち情報デバイス・周辺機器
oyakudati

BTOパソコンの保証
BTO PCが届いたら
device

ゲーミングモニター
ゲーミングマウス

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2019年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

サイトのトップに戻る