スペックが足りないことで起きる症状一覧 | 一番の対策は性能の高いパソコンへの買い替えだ!快適にゲームをプレイしよう!

crashpc

当記事では、スペック不足によってパソコンに現れる症状をまとめてみた。なんとなく性能不足かなーと感じたらぜひ参考にしてほしい。

スペック不足を受け入れよう!

このページを訪れているあなたはもうすでに何らかの症状が現れているのだと思う。そして、スペック不足ではないと信じているかもしれない。ただ、現実を受け入れてパソコンの買い替えを検討する方が賢明だろう。

ここで紹介する症状が現れると、通常のパソコン使用だけではなくオンラインゲームをプレイする上では致命的となる。残念だが基本的には対策はなく、買い換えるしかないことがほとんどだ。

スペック不足によって現れる症状一覧

クライアントダウン

クライアントダウンというのはいわゆる「落ちる」というもの。ブラックアウト、フリーズなどが発生し強制終了されてしまう状態だ。パソコンへの負荷も高くできる限り避けたい現象だと言える。次のフレームレートの低下から起こることが多く、最もストレスの溜まる瞬間だ。

ブルースクリーン

突如パソコンのモニターが真っ青になり、白い文字で理解不能な英語のような文字がズラーっと並ぶ症状だ。パソコンを使っていて一度ぐらいは出くわしたことがあるのではないだろうか。パソコンユーザーが最も恐れる現象の一つで心臓にとても悪い。

ゲームプレイ中に現れるスペック不足のサイン

カクカクする(フレームレートの低下)

スペック不足の典型的な症状がこのカクカクするという症状だろう。フレームレートが低下するとゲームプレイ中に画面がかくかくする状態になることがある。フレームレートは、fpsという単位で表記され、1秒間に描写される映像の数である。60fpsなら1秒間に60枚の写真をパラパラ漫画のようにして描写している。

これが不安定だったり、一桁近くなると静止画の域を出ないのでゲームとしては致命的だ。カクカクしているのは何も自分の視点だけでなく、その他のユーザーから見ても明らかにカクカクしている。このため、位置情報が飛び飛びになるので傍から見ているとワープしているように見える。チートだと思われてしまう可能性があるので注意が必要だ。

また、フレームレートの低下による遅延で攻撃が一気に出てしまうと、通常では考えられない一撃を放ったように見えてしまう。FPSで言えば胴体に5発撃たなければ倒せない武器を所持しての交戦で、自分は5発打って倒したのを確認していても、他の人には棒立ちから一発撃って倒したように見えることもある。

当たり判定がおかしくなる

当たり判定がおかしくなるという症状が現れることもある。モンスターの攻撃などが絶対届かないにも関わらずダメージを食らったり、見えない敵にしばかれてしまうことがある。アクション要素の高いゲームや協力プレイのゲームでこの状態になるとパニックに陥ったりフレンドリーファイアの原因となってしまったりする。非常にストレスの溜まる状態だと言える。

FPSで用いる銃の反動が大きくなり、連射性能が明らかに低下する。このため、撃ち合いになるとほぼ勝てない。相打ちのあるゲームでは、背後を取って2発先に撃てば相撃ちくらいは取れるかもしれない。対戦ゲームで非常に不利になってしまう可能性があるということを覚えておこう。

自分の行動が予測不能になる

投擲武器などを投げたつもりが投げず、しばらくして何の前触れも無く突如投げるという状態になることもある。FPSでは自殺やフレンドリーファイアの原因となる。傍から見たら迷惑行為をしているようにしか見えず、キックされることもある。スキルの詠唱などの隙が増えるというものもある。

MMORPGなどでは詠唱の入るスキルのほとんどにエフェクトがあるが、フレームレートの低下で重くなり自分の画面では問題無いように見える。しかし、他のプレイヤーから見ると詠唱終了してスキル発動後数秒間そのまま立ち止まっていることがある。ゲームにおいては致命的である。

上記の行動が重なる最悪の状態のことだ。投げたつもりが投げず、フレームレートが低下しカクカクになり、必死に攻撃ボタンなどを連打した場合に数秒~数十秒後突如早送りのようにこれまでの行動を一気に起こす。自分も味方も巻き込みパニックに陥れるため嫌われやすい。

その他上記に当てはまらないもの

その他にも一概にこういう不具合とは言えないが、予想もしない不具合が頻繁に起こってしまうことがある。モニターが真っ黒になってパソコンは動いているがどうやってもモニターが復帰しないので再起動する羽目になったり電源が繰り返し停止してしまったりと、対処の仕様がわからないケースも少なくない。

また、低スペックなパソコンで起こる弊害はゲームだけに留まらない。複数のアプリケーションを起動すると重くなったり、オフィスなどを起動しながらブラウザを起動するだけでまともに動作しなくなったりもする。もちろん、こういったケースは低スペックなだけではなく部品の故障なども疑ったほうがいいだろう。

ゲームに限って言えば、低スペックなパソコンで快適に動作するゲームは少なく、純粋に楽しむことは難しいだろう。MMORPGならパーティーに迷惑をかけてしまうだろうし、FPSではまず自分が楽しくないだろう。パソコンを買い換えるなどで、スペックが向上すれば今までとは全く違うゲームに見えてしまうほど、環境の変化は大きい。特に対人メインのゲームでは、低スペックから脱出するとプレイヤースキルの成長は著しく伸びる。

気楽に楽しむべきゲームをプレイしてストレスを溜めるという矛盾した行動は、出来るだけ早く辞めたほうがいいと思う。

当記事のまとめ

ゲームプレイをする上でスペック不足は致命的だと言える。まともにゲームをプレイすることができずストレスが溜まってしまうことになる。騙し騙しするよりもパソコンを新調することを推奨する。パーツの交換で対応できるのであればそれもいいが、CPUの世代が変わるとマザーボードごと交換しなければいけなくなるので新しく購入する方がお得なこともある。

いずれ購入しないといけないのであれば早めに購入する方がパソコンライフは素晴らしいものになるだろう。次の項目でおすすめのゲーミングPCを紹介しているのでぜひ参考にしてほしい。また、現金一括で購入するのが難しい方はローンでの購入も検討すると良い。ゲーミングPCは10万円以上のモデルがほとんどでローンを利用する方は多い。ショップも金利0キャンペーンを行っていることもあるのでチェックしておくと良い。

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ