gamingpcsokiba
当記事では、デスクトップパソコンの置き場所に関する考察をまとめて紹介している。パソコンを使用している方にとって、PCをどこに置くかということはとても悩ましいことだろう。この記事を読めばあなた自身でパソコンをどこに置くのがベストかを判断できるようになるはずだ。少しでもお役に立てれば幸いだ。

パソコンの置き場所はとても重要

gamingpcokiba
PCの設置場所を真剣に考えるのは非常に重要なものだ。なぜなら、パソコンの性能を最大限に引き出すにはエアフロー/排熱を考えてパソコンを配置する必要があるからだ。エアフローや湿度の影響などを考えずに設置してしまうと最悪の場合故障に繋がってしまうことになる。

もちろん、あなたの環境やライフスタイルに合わせて選択することも大切だ。ゲーミングPCならほとんどがデスクトップパソコンとなるので必ず考える必要がある。ノートパソコンなら考えなくていいので楽だが…それでは早速設置場所についての考察を参考にして欲しい。

基本的にはパソコンの設置は机の下か机の上の二択だ。それぞれの特徴を理解しておけばスムーズに設置場所を考えられるだろう。画像付きで解説しているのでぜひ参考にしていただければと思う。

机の下/机の上設置のメリット・デメリットを理解しよう!

排熱を考える前に前提として安定している場所に置くというものがある。地震などで落ちてしまったり、ちょっと身体が当たって落ちてしまったりということもあるだろう。排熱のみを考えると極端な話屋外に出すか夏場ならエアコンの風の当たるちょうど真ん前に置けばよいことになるが、埃やスペースなど別の重大な問題が生じるので現実的ではない。

安定性及び排熱性を考えて、一般的に多くのゲーマーが置く場所は机の下なのではないかと思う。もちろん、机の下に置いておけば100%万全というわけではない。埃を集めやすかったり、エアフローが悪くなったりするため考えるべきこともある。足元に置いているとすぐにホコリまみれになってしまう。定期的にメンテナンスが必要となる。細かい点だと電源ボタンを押すのに身体を屈める必要があり少し面倒だ。

ぜひメリット及びデメリットを理解した上で考えて欲しい。これからパソコンを購入するという方はできれば購入前の段階で考えておくとよい。より詳しく考察していくとしよう。パソコンの置き場所は机の上か机の下の二択だ。それ以外の場所は思いつかない。それぞれ長所と短所をみていこう。

机の下に設置する場合【画像あり】

deskshitamiddletowerミニタワーでも机の下に置くとしっくり来る。ガレリアの場合ミニタワーでもやや大きさがあるためミドルタワーとの差は大きくない。パソコン工房のLEVEL∞のR-Classならもう少し空間に余裕が生まれる。

deskshitaminitowerミドルタワーになると机の下がベストだろう。かなり本体が大きくなるため机の上に置くと圧迫感が出てしまう。

deskshitacubeキューブ型になると机の下はあまり似合わない。テーブルとの隙間が大きくなりI/Oパネルが使いづらい。

deskshitakogata小型PCでも机の下は避けた方がよさそうだ。I/Oパネルも地面に近くて使い勝手が悪くなってしまう。そもそも机の下に置くことを想定していないように思う。

最もオーソドックスな設置の仕方

多くの方が机の下(足元)に置くことを選択するだろう。足元は基本的にスペースに余裕があるため置くことが多いはずだ。机の上に置くことが難しいミドルタワーやフルタワーの場合机の下に置くのが一般的だろう。画像を見てわかる通りミドルタワーでも圧迫感がなくすっきりした印象を受けるはずだ。ゲーミングPCに関しても最も一般的な置き場所だと考えられる。ゲーミングPCの場合どうしても本体が大きくなりがちなので現実的だ。

座椅子を使用している場合は机の下に置くのは難しいかもしれない。その場合は机の横に置けばいいだけだ。地面に置くことで、よほど不安定な場所でない限り倒れたりすることもないので基本の置き場所となっている。また、パソコンを横にすることで絶対に倒れない安定したものとなる。特に問題がなければ机の下でよいだろう。

排熱効率が落ち埃も溜まりやすい

もちろん机の下が万全というわけではなく、デメリットがないわけではない。まず、窓の高さによっては空気が通らず排熱効率は落ちることがある。エアフローは必ず考える必要がある。例えば、周りには何も置かないい方がいいし、壁と密着させるのも好ましくない。机の奥側に天板がある場合は要注意だ。また、本体上部に吸気口があるケースも多くそこを塞がないようにしよう。エアフローが悪くなってしまう。

もう一つの注意点は、埃が溜まりやすくなるということが言える。少しでも放置しておくと本体が真っ白になっていることに気づくだろう。月に1度でも掃除をすることで排熱の効率は維持できるのでマメな方なら億劫にはならないはずだ。それが面倒だと感じるのであれば防塵フィルターなどで埃の侵入を食い止めたりするのも方法としてはありだ。どうしても耐えられないなら机の上に置くことを考えてもよい。

机の上に設置する場合【画像あり】

okibaminitowerミニタワーならデスクの上でも問題ないかもしれないが、やや圧迫感が出てしまう。もちろんミニタワーでもブランドごとにサイズが異なる。もう一回り小さいモデルなら机の上でも違和感は出ないだろう。

okibamiddletowerミドルタワーになると高さが出るためI/Oパネルが使いづらくなる。本体も重く机への負担も気になってしまうところだ。

okibacubeキューブ型はデスクの上が似合う。デザイン性の高いケースなら常に視界に入るのはメリットだろう。

okibakogata小型PCも机の上の方がよさそうだ。I/Oパネルも使い勝手もぐっとよくなる。これぐらいのサイズ感なら2,3台設置しても問題なさそうだ。

エアフロー・排熱効率がよい

机の上に置くメリットとしては、エアフローが改善され排熱効率がよいこととインテリアとして見栄えがよいということだ。大きめのデスクを使用しているケースなどスペースに余裕があるのであれば机の上に置くことも選択肢に入る。排熱に関しても風の通り道であることが多く優秀だ。

また、ゲーミングPCはオシャレなデザインのものが多く、インテリアとして映えるので上に置きたいという方もいるだろう。あえて魅せるために机の上に設置する方もいる。広いデスクがあるオフィス等では机の上にパソコンを置いていることも多い。周りからの視線を遮る目的もあるだろう。IT企業などではデスクの上に置いているケースが多いように思う。

机のスペースを占領してしまう

机に置くことを考えるとスリムタワーやコンパクトシリーズがよいだろう。大きめのデスクを利用しているのであればミドルタワーでも問題なく置くことができる。机の上に設置するデメリットとしては、机のスペースが必要なことと音や振動が気になってしまう可能性があるということだ。

そして机の耐荷重によっては物理的に設定できないということもある。身体に近くなるので人によってはパソコンの音が結構気になってしまうかもしれない。机が振動して音が大きくなる。机がある程度しっかりしていないとビビリ音がしてしまうこともある。机の下に置くことと比べるとハードルは少し高くなってしまう。

置き場所を考える時に押さえておくべきポイント

ゲーミングPCをどこに置くかを考えるときに押さえるべきポイントを2つに絞ってまとめてみた。パソコンを置くのは机の上か下の二択だ。それを踏まえた上で、今置き場所で悩んでいるという方は参考にしてほしい。押さえるべきポイントさえ知っておけば無用なトラブルを引き起こすことはない。

安定している場所を探す

まずは前提として安定しているところに設置する必要がある。パソコンがデスクから落ちそうな置き方や倒れそうな置き方は論外だ。日本国内であれば地震が起きる可能性もあるので、ここなら落ちないだろうと過信するのはよくない。ある程度余裕を持って考える必要がある。これらのことを考えると、やはり机の下というのが安定していると考えて間違いないだろう。

大き目の机で壁際にあるのであれば、落下の危険はないので机の上という選択肢もあるにはある。ただ、その場合はパソコンの稼働音が小さくないとわずらわしく感じてしまうだろう。実は横に寝かせることで排熱効率は格段によくなることもあるので考える余地はありそうだ。CPUの排熱は横方向の排熱から上方向の排熱に変わるため、非常に優秀になることがあるのだ。

しかし、エアフローがしっかりしているパソコン(立てておくことを想定しているPC)では、エアフローが乱れてしまうので効率が落ちることもある。BTOショップで購入したゲーミングパソコンはこれに当てはまると考えても良いだろう。奇抜な方法よりも基本に立ち返っての手段を探したほうが良さそうだ。パソコンは衝撃に強い機械ではない。置く場所を考えるときに第一に安定性を考える必要があるだろう。

排熱効率を考慮する

安定性の次に考えて欲しいのがこの排熱効率だ。すでに排熱に関しては少し述べたがここではもう少し詳細をみていこう。パソコンはとにかく熱に弱い機械なので、熱を逃がすことを考えないと故障の原因になることがある。また、あまりないことだが湿度の高い場所に置くと故障の原因となってしまうので、風通りが良くても避けたほうが無難だ。

夏場は特に排熱が上手く行われず、性能の低下や故障を起こしてしまいやすい。室温も上昇しやすいため多くのゲーマーの体調面の理由ではなくパソコンを守るためにもエアコンが必須になるのだ。扇風機で風を送るのも効果的なようだが、埃が舞い上がるので健康を害する恐れがある。あなたの部屋やPC環境に応じて下記に説明している2種類から選択すればよいだろう。排熱に関する詳しいことは下記を参考にしてほしい。

夏を乗り越えるにはパソコン自体の排熱性能だけでなく、室内の環境にも目を配らなくてはならない。意外とエアコンを付けずに暑い部屋でゲームに没頭している方もいる。ゲーミングPCの場合高性能なグラフィックボードやCPUを搭載しているため熱を発しやすい。暑い部屋がもっと暑くなってしまい悪循環だ。

PCの置き場所に関するよくある質問

風の通り道がない部屋の場合はどうすればよい?

風が通らない部屋なのであれば、室温を下げるのが一番効果的だ。排熱しても部屋の温度が低ければそこまで温度が高くなることはない。暑い部屋で熱風を吸って、更に熱くなった空気を排熱していくと部屋の温度もぐんぐん上昇していき効率が悪くなっていく。

熱くなった部位を冷却するための排熱、吸気であるので部屋の温度を下げて冷たい空気を吸気したほうが性能の低下も防げる。熱い空気は上昇し、冷たい空気は下降するので部屋の温度を下げるときはパソコン本体は地面に近いほうが良い。

このことから、置き場所は机の下などの地面に近い場所が良いとされている。埃の掃除を定期的に行えば、多少排熱性能の低いパソコンでも十分に対応できる。ただし、パソコンをつけている限りエアコンをつけ続けることになるので電気代はどうなるかは人それぞれだ。

窓際にパソコンを置いても大丈夫?

基本的には窓側に設置しても問題ない。ただし、西日など直接日光が当たる場合はカーテンを使用したりするなど工夫をする必要がある。直接日光が当たってしまうと本体が日焼けで劣化してしまったり、熱がこもってしまったりとデメリットが出てしまう。

窓際は結露しやすいのでそこもネックとなる。パソコン本体が結露によって濡れてしまうと故障の原因となる。パソコンの天敵は高温多湿な場所だ。このことさえ気を付けていれば部屋の窓際を設置場所として検討して大丈夫だ。

ディスプレイの裏に設置しても大丈夫?

奥行きのある机であるならばモニターの裏という手段もある。コンパクト型のモデルの場合VESAアダプタでモニター裏に取り付けられるようになっているものもある。ただし、排熱効率は若干下がることがある。というのも、モニターが発する熱もあれば風の通り道になりにくいということが考えられるからだ。

壁に向けてデスクを置いているのであればエアフローはどうしても気になる。壁との隙間はある程度空けておくのがよいだろう。どうしても置きたいのであればUSBタイプの扇風機などで風を当てて上げるのも効果的だ。熱対策はし過ぎてもし過ぎることはないと考えておこう。

当記事のまとめ

パソコンの置き場所と考えられるのは机の上あるいは机の下だ。それ以外には考えられないだろう。押さえておくべきポイントは二つだけだ。安定している場所とパソコンの排熱だ。当然、ちょっとした地震で落下してしまうような不安定な場所に置くのは絶対に避けるべきだ。また、熱がこもってしまう場所も厳禁だと言える。

排熱に関しては、適切な室温を維持して風の通り道になっているかどうかを考えればいいだろう。余裕があれば、パソコン掃除をしたり、簡単なメンテナンスをすると言うことなしとなる。これらのことを考えるとエアコンが効いた部屋で、パソコンをデスクの下つまり床に置くのが一番無難でおすすめだ。

BTOパソコン購入後に読んで欲しい記事まとめ

BTOパソコンとはパソコンパーツ
kaigaipc

返品
届いたら
cpuparts

CPUとは
メモリとは
トラブル対処法デバイス・周辺機器
oyakudati

スペック不足
プチフリ
device

ゲーミングモニター
ゲーミングマウス
ゲーム環境構築
ゲームの仕組み
kankyou

モニター解像度
PCの置き場所
gameshikumi

FPS英語
3D酔い

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya