littlegearcase
当記事では、小型ゲーミングPCの特徴とお勧めのモデルを紹介している。ゲーミングPC=大きいという概念をぶち壊してくれるモデルだ。根強い人気のあるケースとなっている。小さいので机の上に設置しても邪魔にならないのは大きなメリットだ。ゲーミングPCの常識を覆すキューブ型モデルについても紹介している。

すぐにランキングをチェックしたい方は「人気の小型ゲーミングPCランキング」から該当の項目に遷移することができる。もしかしたら、すでにBTOメーカーの店舗で実機を見てミニタワーでもかなり大きいということに驚いてコンパクトなゲーミングPCを探しているという方もいるかもしれない。

私も初めてミドルタワーのゲーミングPCが手元に届いたときにはその大きさに戸惑ったものだ。とにかく小さいパソコンでゲームをしたいという方が知りたい情報をまとめた。ゲーミングノートPCとは違った特徴がある。ぜひ参考にして欲しい。

デスクの上にもおけるコンパクトさが最大の魅力!

Ggearalphatsukumo画像引用元:https://blog.tsukumo.co.jp/

小型ゲーミングPC最大の特徴が机の上に置いても違和感がないコンパクトなデザインだ。片手で持ち上げられるパソコンは他に例を見ない。特にTSUKUMOが販売しているG-GEAR ALPHAは、小型モデルの中でも最も小さいモデルとなっている。

まさにこんなゲーミングPCをずっと待っていたを体現していると言えるだろう。部屋にこだわりがある方にもおすすめだ。景観を損なわない控えめな佇まいが魅力的だ。女性の部屋に置いても違和感はない。

このG-GEAR ALPHAは2020年4月時点で販売を終了している。ある程度人気があったモデルだと思うが、排熱の問題などがあったのだろうか。グラフィックボードやCPUの性能が上がり排熱が追いつかなくなったのか、TSUKUMO以外のメーカーでも小型モデルは減少傾向にある。

その後2021年夏にG-GEAR ALPHAが復活している。小型ゲーミングPCのラインナップが少なくなっている中で救世主になれるだろうか。ハイクラスを選べるのは進化したということの証明だ。

小型ゲーミングPCのデメリット&注意点まとめ

排熱性能はどうしても低くなる

小型ゲーミングPCは排熱性能が高くないことを知っておいて欲しい。排熱性能は基本的にケース内部の余裕、ケース本体のエアフローによって決まる。ケース自体が小さくなると本体内部にパーツがぎっちり詰められた形になりエアフローが妨げられる。ミニタワーやミドルタワーと比べて排熱性能は高くない。

対策として夏場は特にエアコンや扇風機を使って温度管理を徹底的に行うべきだろう。パソコンのパーツが熱を持ってしまうとパフォーマンスは落ちてしまう。場合によっては故障の原因となってしまうこともある。小型のゲーミングPCを使用するなら必ず覚えておくべき事項だと言える。

同じ構成でもミニタワーに比べて割高

注意点として小型のゲーミングPCは割高だ。価格が高騰する要因は二つ。一つは、売れ筋モデルというわけではなく大量生産に向いていないため在庫リスクがありプレミアム価格となっているということ。もう一つは、排熱性能の弱さをカバーするためにケースにコストが掛かっていることが挙げられる。最近はグラフィックボードやCPUの発熱量も上がりより排熱にコストが掛かるようになっている。そいういう意味ではミドルクラスまでが最適なのかもしれない。

メッシュ採用ケースもある

ggearalpha
小型PCあるいはキューブ型のPCをよく見るとわかるが、側面のメッシュ面積がミニタワーなどと比べて明らかに大きい。ただ、その分剛性などでコストが掛かるので、価格が高くなるのは仕方がないだろう。下記はG-GEARの小型PCのケースだ。ほぼ全面がメッシュとなっていて冷却性能を高めている。

人気は下火でBTOメーカーのラインナップは少ない

小型ゲーミングPCが欲しいと思ってもラインナップが少なく選択肢はほとんどないと考えておこう。ハイエンドのグラフィックボードが搭載されていることはない。GeForce GTX 1660 TiやGeForce GTX 1660 SUPERなどミドルクラスが中心だ。ある程度決められたラインナップにユーザー自身が合わせる必要がある。大手BTOメーカーのドスパラでも小型モデルは取り扱っていない。

G-TuneではLITTLEGEARブランドがあるが、少し前に比べて明らかに力を入れていない。G-Tuneの場合はどちらかというと一般消費者向けではなく企業のイベントなどをターゲットにしているのだろう。同様にTSUKUMOやパソコン工房でもラインナップが僅少だ。初めの頃は各メーカーがこぞって小型のゲーミングPCを投入していたのだが…

イチオシの小型ゲーミングPCランキング【2021年】

おすすめの小型ゲーミングPCを紹介。小型=キューブ型が多い。LITTLEGEARやLEVEL Cシリーズがそれに該当する。G-GEAR alphaはキューブ型よりもさらに一回り小さい。

G-Tune EL-B-1660Ti(G-Tune)

FRGXB46037価格:159,280円(税込)
CPU:Core i5-10400
GPU:GeForce GTX 1660 Ti
メモリ:DDR4-2666 16GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載
電源:

公式サイト

取っ手付きで持ち運びしやすいのが特徴のキューブ型モデルだ。デザイン的にもインテリアに映える。サイズは幅178mm×奥行き395mm×高さ298mm、重さ約7.2kgだ。キューブ型とは言えやや大きく感じるかもしれない。グラフィックボードにはGeForce GTX 1660 Tiを搭載したゲーミングPCとなっている。GTX 1060 6GBを超えるゲーミング性能を持ちミドルクラスとして評価が高い。ある程度高性能なパーツでもカバーできるLITTLEGEARはさすがだ。

G-GEAR alpha GS5A-A204T(TSUKUMO)

FRGXB46037価格:299,800円(税込)
CPU:Ryzen 5 5600X
GPU:GeForce RTX 3070
メモリ:DDR4-3200 32GB
SSD:1TB NVMe Gen4
HDD:非搭載
電源:650W GOLD

公式サイト

TSUKUMOのコンパクト型ゲーミングPCだ。サイズは幅187mm×奥行き188mm×高さ388mm、重さ約8.0kgとなっている。かなりコンパクトで本命だ。グラフィックボードにハイクラスのRTX 3070を搭載しているのは驚きだ。排熱の問題をクリアできたということだ。CPUにはRyzen 5 5600Xを採用している。電源ユニットには高性能な650W GOLDを採用。高品質な電源採用で本体にこもる熱の軽減効果を期待できる。コンパクト型のゲーミングPCで最高峰のパフォーマンスを持つ一台だ。

G-GEAR alpha GS7A-B204T(TSUKUMO)

FRGXB46037価格:338,800円(税込)
CPU:Ryzen 7 5800X
GPU:GeForce RTX 3070
メモリ:DDR4-3200 32GB
SSD:1TB NVMe Gen4
HDD:非搭載
電源:650W GOLD

公式サイト

RTX 3070×Ryzen 7 5800X搭載のゲーミングPCだ。すでにブラックカラーは完売でホワイトカラーのみ選択できる。GPUとCPUのバランスもよく高いゲーミングパフォーマンスを発揮する。WQHD環境でのゲームプレイに最適だと言える。メモリ32GB、SSD 1TBと構成も圧倒的だ。クリエイター作業を考えている方にもおすすめしやすい。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!