NEXTGEAR JG-A7G6Ttop


マウスコンピューターが販売する「NEXTGEAR JG-A7G6T」の詳細レビューをまとめている。Ryzen 7 5700X×RTX 4060 Ti搭載のミドルハイクラスのゲーミングPCだ。最新のケースを採用し、装いも新たにミドルハイクラスで注目を集めるモデルが登場した。迷ったらこのモデルを選んでおけばいいと言えるほど優等生的な存在と言える。

NEXTGEARブランドは見た目も構成も優れている。1.5万円の値上げも評価は高い。マウスコンピューターの製品は、3年保証や24時間365日の電話サポート付きで誰にとっても選びやすいのが魅力である。G-Tuneブランドのモデルと比べてもコストパフォーマンスが高い。今後セール・キャンペーン対象になればより魅力的なモデルになるはずだ。

NEXTGEAR JG-A7G6Tのスペック解説

nextgear

メーカーマウスコンピューター
ブランド名NEXTGEAR
製品名NEXTGEAR JG-A7G6T
価格184,800円(税込)
CPURyzen 7 5700X(レビュー)(水冷)
グラボGeForce RTX 4060 Ti(レビュー)
メモリDDR4-3200 16GB
ストレージSSD 1TB Gen4 NVMe
電源750W 80PLUS BRONZE
マザーボードチップセットB550
おすすめ度Sランク
評価・コスパ
10.0

—–内訳—–
・ショップ評価
8.9

コストパフォーマンスの評価は10.0と最高評価をマークしている。15,000円の値上げでも評価が大きく崩れることはなかった。Ryzen 7 5700XとGeForce RTX 4060 Tiの組み合わせは、多くのメーカーが力を入れている。人気のある性能のモデルは、評価が高くなる傾向にある。少しでも見劣りすると、選択する理由がなくなるからだ。その壮絶な戦いを繰り広げる中で、最高評価を得るNEXTGEAR JG-A7G6Tは一歩リードしたモデルと言える。

>>NEXTGEAR JG-A7G6Tを購入<<

NEXTGEAR JG-A7G6Tのカスタマイズ(おすすめ度)

  • CPU ×
  • CPUファン –
  • CPUグリス ×
  • メモリ △
  • SSD ×
  • 電源 △

当該モデルについては手を加える箇所が少ない。CPUは価格が高く、割に合わない。CPUグリスはRyzen 7 5700Xは体感できるほどの差がなく、発熱量からしても必要性がない。CPU周りは変更しない方が無難だ。メモリはGeForce RTX 4060 Tiの性能を活かせる32GBまでは悪くない。ただ、ゲームのみで32GBが必要になる場面はそう多くない。

32GBが必要となる環境は、GeForce RTX 4060 Tiでは対応しにくいのが実情だ。ゲームをしながら動画を見たり、複数のゲームやアプリケーションを起動したりする際には重要になる。使い方によって有用性が変わるため、好みに近い選択になりそうだ。

SSDは標準で1TB搭載されており、容量不足が懸念されにくい。2TBがどうしても必要だという場合を除き、後から追加できることもあってカスタマイズでの増量はおすすめしない。動画を撮影し、保存し続けるくらいしなければ2TBを使い切るのはむずかしい。

電源は標準で750W 80PLUS BRONZEを搭載している。Ryzen 7 5700XとGeForce RTX 4060 Tiの組み合わせなら十分だ。より安定性を求めるなら750W 80PLUS GOLDは悪くない。ただ、グリス同様体感しにくい部分だ。お守り程度に考えておくほうがいいだろう。

NEXTGEAR JG-A7G6Tの派生モデル紹介

NEXTGEAR JG-A7G6T(スターター5点セット)

NEXTGEAR-JG-A7G6Tstarter

  • 価格:209,800円(税込)
  • コスパ:10.0

ゲーミングモニター・ゲーミングマウス・ゲーミングキーボード・ゲーミングヘッドセットがセットになったNEXTGEAR JG-A7G6T(スターター5点セット)が登場した。これからPCゲームを始めるにあたり、ゲーミングPC一式を揃える必要があるなら選択肢に入れてもよいのではないかと思う。登場した当初は、はっきり言って微妙なセットだった。しかし、ゲーミングPCが円安の影響で値上げされたことで状況は変わった。

ゲーミングPC本体の値上げが行われているにもかかわらず、マウスコンピューターのセットモデルは価格が変わっていない。通常時が169,800円だった時でも、今の184,800円でも、セットモデルの価格は変わらず209,800円だ。以前は通常モデルに同じデバイスを追加した時の価格が211,270円だった。セットモデルより1,470円高い程度のものだった。

デバイスのうちどれか一つ不要なら、選択する価値がない状態だ。それが今では、通常モデルに同じデバイスを追加すると235,290円だ。セットモデルの方が25,490円もお得ということだ。デバイスが複数不要でも、モニターが必要ならセットモデルを選んだ方がいい。

何を選べばいいかわからない方用のエントリーセットから、お得なゲーミングデバイスセットに昇華された。ただし、モニターは165Hz対応なので優秀だが、その他は安価なゲーミングデバイスだ。それが悪いわけではないが、高価なデバイスと比べると、操作性などに違和感を覚える可能性がある。ゲーミングキーボードは、ゲーミングと謳っているもののメンブレン方式を採用している。メカニカルキーボードのようなタッチ感はない。

初心者へ向けたセットというのが強調されているように感じる。初めから高価なデバイスはよくない。まずはゲーミングデバイスがどういったものかを知るためのものだ。さらに、この周辺機器の中に1つでも不要なものがあると注意してほしい。通常モデルをカスタマイズした価格差は1,470円だ。仮に一番安価なマウスが不要だとしても3,960円だ。

何か一つデバイスが不要なだけで、通常モデルをカスタマイズした方が安くなる。NEXTGEAR JG-A7G6T(スターター5点セット)は初心者向けではある。実際には初めてのゲーミングPC向けという面が強い。パソコンには慣れていないが、すでに所持しているような初心者にはおすすめしにくい。そのままの意味でエントリー向けのモデルなのでその点は理解しておこう。

NEXTGEAR JG-A7G6T(ウルトラワイド5点セット)

NEXTGEAR-JG-A7G6Tultrawide

  • 価格:219,800円(税込)
  • コスパ:8.5

NEXTGEAR JG-A7G6Tのスターターセットには、ウルトラワイド5点セットも用意されている。これは、上記のスターター5点セットのモニターが、34インチのウルトラワイドゲーミングモニターに変更されている。通常のスターターセットと同様に、165Hz対応だ。また、セットになっているデバイスは同じであるため、モニターのみが異なるセットとなっている。

ウルトラワイドモニターはかなり人とゲームを選ぶモニターだ。ウルトラワイドに対応することで、引き伸ばしではなく視野が広がるゲームもある。これまで視点移動しなければ見えなかった部分も見えると、ゲームの進行が有利になることもある。その一方で、視野が広く、横に長いことがゲームによっては不利になることもある。

例えば、FPSでは縦が短く、横が長くなるため、マウスの移動距離に違和感を覚えるはずだ。上下左右でマウスセンシを変更できるゲームは調整できるが、全体のマウスセンシを設定するゲームではかなりのマイナスだ。横の長さに合わせてセンシを高くすると、縦方向の移動が高速になり過ぎる。

視点移動の激しいゲームよりも、RPGのようなゲームの方が適していそうだ。そのRPGでも、視野が広がりすぎて慣れるまでは時間がかかる。正面は普通に見えても、端の方になると丸くカーブして表示されることもある。視野角の設定ができるかも重要だ。

そして、最も重要なのはウルトラワイド解像度に対応していることだ。対応していなければ、16:9表示などになり画面の両端が黒く塗りつぶされる。これではウルトラワイドモニターを使用する意味がない。プレイしたいタイトルがウルトラワイド解像度に対応しているかも確認しておきたい。

この特殊なモニターはシミュレーション系のゲームに最適と言えるかもしれない。視野の広さがデメリットになりにくく、全体が見やすいというメリットがある。シミュレーター系では、複数モニターを使用せずともリアルな環境を構築しやすい。プレイするゲームジャンルがある程度固まっているのであればおすすめだ。

通常のフルHD165Hzゲーミングモニターの5点セットよりも1万円高い程度だ。34インチのウルトラワイドモニターが1万円高いだけで選択できるのは素晴らしい。必要であるなら、これほど有用なスターターセットはないだろう。注意したいのは、台数限定での販売であることだ。予定台数販売されると取り扱いも終了になる。いつでも選べるわけではないことは理解しておきたい。

NEXTGEAR JG-A7G6T(ホワイトカラーモデル)

NEXTGEAR-JG-A7G6Twhite

  • 価格:192,500円(税込)
  • コスパ:9.0

NEXTGEAR JG-A7G6Tにホワイトカラーモデルが登場した。価格は7,700円高くなる。通常のNEXTGEAR JG-A7G6Tのケースをカスタマイズしてホワイトカラーを選択すると、9,900円かかるので2,200円お得ということになる。ただ、パソコン工房などの他ショップでは黒か白かを選択できる形で、価格に差がないことを考えると割高感は否めない。少し前はホワイトカラーの方が10,000円高かった。少し安くなった分マシだろうか。

ゲーミングPCは黒い箱と揶揄されるように、黒いケースが非常に多い。汚れが目立たないなど、黒いケースが採用される無難な理由もある。NEXTGEARのケースは登場したばかりであり、ゲーミングPCらしいスタイリッシュで華やかなデザインだ。ケースカラーが白色になるだけで、その印象もまた大きく変わる。重厚さよりも繊細さを感じるケースデザインに見える。

ゲーミングPCの白色ケースは非常に人気だが、選択肢はほとんどないのが現状だ。大手ショップでは数える程度だ。NEXTGEARシリーズでも、全てのモデルに白色ケースが用意されているわけではない。今後、徐々に増え、価格も通常の黒色ケースと変わらなくなる可能性はある。個人的にはそういった変化を期待している。

ケース内部も当然白く、LEDの光が綺麗に反射する。黒いケースよりもLEDの光が広く反映される印象がある。一方で、黒いケースはケース内部が暗く見えることで、LEDの光が大きく見える。受ける印象はどちらも素晴らしく、好みは分かれるだろう。黒と白のケースで価格差がなければ、白色ケースの方が人気になったはずだ。

価格差はあると言っても、選べることに今は感謝したい。いくらLEDで派手になったと言っても、ケースカラーが変わるほどのインパクトはない。大人しく見える白色ケースは、やはり一般的でないことから派手に見える。性能や構成に違いはないので完全に好みだ。

予算内であるなら見た目で選ぶのも悪くない。ケースはどのパソコンパーツよりも長く使うことになるからだ。デザインがよければ、パーツの交換で対応したくもなる。買い替え時期を伸ばすことにもつながり、モチベーションの向上にもなる。あえて、ゲーミングPCを見た目で選ぶというのも面白い。

各タイトルの対応表

Apex Legendsフォートナイトパルワールドマイクラ
Apex-Legends
・240Hz


・144Hz
fortnite
・240Hz


・144Hz
palworld
・144Hz


・60Hz
minecraft1
・通常


・影Mod

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

NEXTGEAR JG-A7G6Tは、Ryzen 7 5700XとGeForce RTX 4060 Tiを搭載したミドルハイクラスのゲーミングPCだ。プレイできないゲームはないほど優れた性能が持ち味だ。負荷の高い環境にも対応しやすく、本格的なゲームプレイを想定する方にも選ばれている。

Apex Legendsなら200fps以上を安定させられる。240fpsの張り付きは少し厳しいが、それに近い数値を目指せる。240Hz環境に対応できると言える水準だ。同ジャンルのフォートナイトは、Apex Legendsと比べて負荷が小さい。そのため、240fpsの張り付きも目指せる。フォートナイトを240Hz環境で快適にプレイするならベスト性能である。

一時期話題となったパルワールドは、快適にプレイできるが144Hzのような高リフレッシュレート環境への対応はむずしい。推奨環境にメモリ32GBが指定されているように、中終盤のフィールドは負荷が大きく、フレームレートが不安定になりやすい。マルチプレイを行うならさらに負荷が増大するので注意したい。

今やPCゲームの定番となったMinecraftは、要求スペックが低く、快適にプレイできる。Modを導入しても安定する性能はある。ただし、グラフィック品質を向上させる影ModのようなModを導入すると、やや安定性に欠ける場面が出てくる。設定を少し下げて対応したい。

NEXTGEAR JG-A7G6Tの性能まとめ

ゲーミングPCは、CPUやグラフィックボードなどのPCパーツを集めてできている。ゲーミングPCの性能で最も重要なのはCPUとGPU(グラフィックボード)の性能だ。この2つのスペックをより詳しく見ていこう。あまりパソコンに詳しくない初心者の方にとってもわかりやすいはずだ。

AMD Ryzen 7 5700X(CPU)

ryzen75700x-gamescore20243

NEXTGEAR JG-A7G6Tには、AMDのRyzen 7 5700Xが搭載されている。8コア16スレッドで、基本とも言えるスペックを持っている。一世代前のRyzen 7 3700Xと比べて8%程度処理性能が高くなっている。Ryzen 7 5700XはZen 3アーキテクチャを採用しており、登場から1年以上経過した旧世代のCPUだ。

現行から見てRyzen 7 5700Xは一世代落ちるCPUである。しかしながら、その分価格が下がっていて選びやすさがある。性能も価格に見合っていて、同価格帯にある現行のCore i5-13400よりも選びやすさと性能の高さでリードしている。コストパフォーマンスを活かした選びやすさこそがRyzen 7 5700Xの魅力だ。同じ価格帯でRyzen 7 5700Xより優れたCPUはない。

その事実だけで選択にためらいが出ることはないだろう。現行のRyzen 7 7700XはRyzen 7 5700Xよりも20%ほど性能が高い。ただし、価格帯が異なるので純粋な比較対象とはならない。このことから、旧世代となった今でもRyzen 7 5700Xを選択するメリットは大きい。

GeForce RTX 4060 Ti 8GB(GPU)

rtx4060tinew

GeForce RTX 4060 Tiは、2023年5月24日に発売された最新のGPU(グラフィックボード)だ。一世代前のGeForce RTX 30シリーズでは、圧倒的な人気を誇ったGeForce RTX 3060 Tiの後継機に位置している。処理性能は従来のGeForce RTX 3060 Tiと比べて16%ほど高く、価格帯は大きく変わっていないので、純粋に上位互換として選べるグラフィックボードだ。フルHDが主体だったGeForce RTX 3060 Tiと違い、WQHDへの高い対応力で注目を集めている。

次世代のゲームはフルHDを超える環境を前提としているものもある。その点で、時代に沿った性能を持つGPU(グラフィックボード)と言える。幅広いプレイ環境に対応できることで、これまでこの性能帯に興味がなかった方にも選びやすいモデルになった。GeForce RTX 3060 Tiからの買い替えはあまりメリットを見出だせないが、GeForce RTX 3060 Tiよりも性能の低いグラフィックボードからの買い替えであるなら、その性能の違いを体感できるはずだ。

>>NEXTGEAR JG-A7G6Tを購入<<

NEXTGEAR JG-A7G6Tの特徴

15,000円の値上げで対抗製品の存在を許す

NEXTGEAR JG-A7G6Tは、コストパフォーマンスの高さを武器としていたモデルだ。15,000円の値上げで、少し選びにくいモデルになったように思う。もっとも他のメーカー製品も値上げされていて、相対的に評価を維持している。評価的にはマックスの10.0だ。

これまで、圧倒的な低価格を実現し、他の追随を許さないモデルだった。値上げにより、価格面でリードするモデルの存在を許すことになり、少し迫力がなくなったように感じる。Ryzen 7 5700Xを搭載したモデルは、性能よりも価格を重視する傾向にある。性能では現行世代に届かないため、価格に舵を切るのは間違いではない。正しい方向に進んでいるが、それは他のメーカー製品でも同じことが言える。

Ryzen 7 5700X搭載モデルは低価格化が進んでいる。値上げ額が控えめなモデルもあり、NEXTGEAR JG-A7G6Tとの差は詰まった。影も踏ませない独走状態から、急接近を許すことになった。圧倒的だった存在感も鳴りを潜めた。

せめて値上げが10,000円以下であったなら、17万円台に踏みとどまれていたなら、もっと違った結果になっていた。突き抜けたモデルという評価は相対的なものだ。他の製品を引き離しているからこその評価で、競合製品が登場すると勢いを失ったように見られる。

GeForce RTX 4060 Ti搭載モデルの中で、NEXTGEAR JG-A7G6Tはまだまだトップクラスのモデルなはずだ。価格に優れるモデルが登場しても、NEXTGEAR JG-A7G6Tの武器は価格だけではない。たくさんある特徴の中で、はっきりしていたのが価格というだけのことだ。ただ、その強みを一つ失ってしまったのは間違いない。比較の項目に登場するモデルと見比べて判断してほしい。

優れた構成でリードを保つ

NEXTGEAR JG-A7G6Tの特徴の一つとして充実の構成が挙げられる。これはNEXTGEAR JG-A7G6Tの特徴というよりも、NEXTGEARシリーズの特徴だ。Ryzen 7 5700Xに対して、水冷式のCPUファンを搭載している。発熱量はそこまで大きくなく、水冷式はオーバースペックなのではないかと思える。

マウスコンピューターはモデルのチェックに余念がない。長く使うために、少しでも懸念される材料を取り除きたかったのだろう。水冷式CPUファンを搭載していることは、他のメーカーにはない強みでもある。Gen4接続のSSD 1TBは、割とポピュラーなもので珍しさはない。コストパフォーマンス重視型のモデルとして見れば、有用な構成であるという印象だ。

これはRyzen 7 5700X搭載モデルのほとんどが同様のSSDを搭載しているため、特別強力な差別化ポイントにはならない。搭載されていて当然なパーツはしっかり妥協せず搭載する。変にコストカットを行わず、利便性も追求しているのがよくわかる。

電源は750W 80PLUS BRONZE搭載だ。多くのGeForce RTX 4060 Ti搭載モデルで採用されている650W 80PLUS BRONZEよりもワンランク上だ。電源容量が少しでも大きいと、電源使用率に差が出てくる。電源にかかる負荷が軽減され、耐久性も高くなる。水冷式のCPUファンに続き、電源も長く使うために必要な構成になっている。そこまで珍しい構成を持っているわけではないが、NEXTGEAR JG-A7G6Tと同等の構成を持つモデルは少ない。

価格でリードするモデルはあっても、構成まで含んだ総合的な評価で上回るモデルはほとんどない。セール・キャンペーンモデルでもない限りむずかしいはずだ。おすすめしやすいゲーミングPCは、なにかに特化したモデルだ。NEXTGEAR JG-A7G6Tは価格だけでなく、構成にも優れたモデルだ。強みが複数あるモデルもおすすめしやすい。

>>NEXTGEAR JG-A7G6Tを購入<<

競合モデルとの比較

メーカーマウスコンピュータードスパラ
ブランドNEXTGEARGALLERIA
イメージnextgeargalleriaxseries
製品名NEXTGEAR JG-A7G6TGALLERIA XA7R-R46T
ケースミニミドル
価格184,800円179,980円
送料無料3,300円
CPURyzen 7 5700XRyzen 7 5700X
CPUクーラー水冷(240mm)空冷
GPURTX 4060 TiRTX 4060 Ti
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSD1TB Gen4 NVMe1TB Gen4 NVMe
電源750W BRONZE650W BRONZE
マザボB550B550
納期約11営業日最短翌営業日
基本保証3年間1年間
電話サポート24時間365日24時間365日
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象はドスパラのGALLERIA XA7R-R46Tだ。NEXTGEAR JG-A7G6Tと同じく値上げされたが、金額は5,000円に留まっている。これにより価格差は逆転し、GALLERIA XA7R-R46Tの方が4,820円安くなった。ただ、ドスパラ製品は送料として3,300円かかるため、実際の価格差は1,520円と小さい。NEXTGEAR JG-A7G6Tの方がCPUファンに水冷式を採用しており、電源容量にも優れるので構成は上だ。

さらに、標準で基本保証3年が付属し、総合的に見てもNEXTGEAR JG-A7G6Tの方がお得である。GALLERIA XA7R-R46Tは納期が短いことが強みになる。保証を重視せず、すぐにほしい方はGALLERIA XA7R-R46Tがよいだろうか。少しでも優れたモデルを求めるならNEXTGEAR JG-A7G6Tがおすすめだ。

パソコンケースレビュー

画像は「NEXTGEAR JG-A5G1D」のものだ。CPUクーラー・グラフィックボードなどに違いがある点はご了承いただきたい。また、カスタマイズで赤色LEDケースファンを選択している。

梱包

NEXTGEAR-konpou
非常にシンプルだ。説明書と電源ケーブルがついている。

NEXTGEAR-konpou2
かなりきれいに梱包されている。

正面

NEXTGEAR-syoumen
NEXTGEARを表したピンクのNGというデザインロゴが黒いケースに映える。2世代前のNEXTGEAR-Microを彷彿とさせる強力なフロントファンが、エアフローの強さを感じさせる。確認しづらいが、フロントファンは3連ファンとなっており、吸気性能は非常に高いことがわかる。右下には小さくNEXTGEARのロゴも見える。シンプルでありながら、ゲーミングPCとしての存在感のある重厚でスタイリッシュなデザインに仕上がっている。

ライトアップ

NEXTGEAR-lightup
カスタマイズで変更可能な赤色LEDファンをライトアップ。カスタマイズなしはLEDファン非搭載なので注意。ゲーミングPCらしい派手なライトアップはガラスサイドパネル採用ケースには映える。従来のケースと異なり、サイドパネルを変更した上でLEDファンへ変更ではない。標準でガラスサイドパネル採用のケースである。単にLEDファンに変更するだけなので、コストも抑えられており、デザインを意識した選択がしやすくなっている。

I/Oパネル

NEXTGEAR-iopanel
I/Oパネルは最近のゲーミングPCに多い天板に搭載されている。USB 3.0が2つにイヤホン・マイクの入出力端子が1つのオーソドックスなものだ。一般的にUSBの接続端子が黒色はUSB 2.0を指すが、NEXTGEARのケースでは黒色でも3.0となっている。背面の黒色は2.0、青色は3.0となっているので少しややこしく感じる。天板部に黒色のUSB 3.0を採用したのはデザインを重視してのことだろう。

イヤホンマイクの入力端子にしても、I/Oパネルがケース全体の雰囲気を損なわない工夫だ。電源スイッチが黒く四角いタイプであることもケースデザインやカラーの基調に合わせたものだ。小さなところかもしれないが、こういった工夫がゲーミングPCのデザインと言える。

また、天板部には取り外し可能な防塵フィルターが装着されている。天板にも2基のファンがあり、吸気の強さを感じさせる。その分だけ埃の吸入も多くなるので、防塵フィルターの存在はありがたいものだ。パソコン内部に埃がたまりにくくなれば、それだけ長く使い続けることができる。本当によく考えられたケースであり、NEXTGEAR-Microの正当な後継機と言えそうだ。

右側

NEXTGEAR-right
NEXTGEARのケースの右側はエアホールのないカバーのみとなっている。左側がガラスサイドパネルであることを考えると、空気の出入りは左右から行われない構造である。吸気が強いことで、空気が横に流れずに正しいエアフローを構築するような形だ。フロント3基、天板2基のファンのよさを損なわないカバーである。

右側内部

NEXTGEAR-rightinside
右側パネルの中は背面通しが可能なケーブルマネジメント機構となっている。ボトムカバーと合わせて、ケーブルを見せずにすっきりさせる形状となっている。また、2つの2.5インチシャドウベイも右側パネルの中にある。SATA SSDを搭載する際は、ここに固定することで表からはSATAケーブルのみ見える形になる。すっきりするだけでなく、接続しにくい電源ケーブルに近いことでセットアップが容易になる。

搭載されているファンが多いことで、少しケーブルがごちゃごちゃして見えるかもしれない。しかし、表からは見えないようにすっきりさせるというポイントはしっかり抑えられている。意外とこういった形状は管理がしやすく、ケーブルの破損も少ないので合理的なものだ。

左側内部

NEXTGEAR-leftinside
ガラスサイドパネルを外しての撮影だ。これだけすっきりしていると、ガラスサイドパネルを外さなくてもパソコン内部を確認できる。できるだけケーブルを見せないことで、各パーツの視認性が上がり、取り外しも非常に容易になる。3.5インチベイを採用しないことで、フロント部の余分なスペースを上手く利用できている。ファンを搭載し、3.5インチベイや2.5インチベイにエアフローを阻害されることがない。

ボトムカバーを採用しており、電源周辺のケーブルもうまく見えなくしている。また、デザインの重さを下部に集中させ、3.5インチベイや2.5インチベイを廃止したことで、上部まで広くすっきりして見える。スペースを広く確保しつつ、ボトムカバーで底上げをすることで、ケーブルに光が吸収されにくく、しっかりとLEDが反射しやすくなる。単にLEDファンを設定できるだけではない。LEDファンを搭載することを前提としているからこそできたケース内部だ。最近のデザイン偏重のケースにも負けないスタイリッシュな内部だ。水冷クーラーのラジエーターも設置できることから、実用性の高さもうかがい知れる。

背面

NEXTGEAR-haimen
背面ははっきり言ってデザインを台無しにしやすい。ケース全体が黒なのに背面は銀色というのはよくある。ケースのしっかり合わせたカラーと形状をしており、評価を高めている。剛堅さを感じさせるフォルムに、使い勝手のよさを思わせる構造がある。

気になったのは背面ファンの取り付け位置だ。可変式の固定具があり、位置やサイズをあまり気にせず取り付けられそうだ。天板にファンを搭載しているケースにはよくあることだが、14cmファンなどの大きなタイプは干渉して取り付けられないことがある。それを考えてか、取り付け位置を上下に調整できるようになっている。これは天板のファンを交換することがあると恩恵を受けられる。大型、特殊なファンや機構を天板に取り付けると、設置できる背面ファンが限定されてしまいがちだ。それを防ぎ、幅を広げられている。デザインや機能を活かす機構が備わっているのは素晴らしい。

もう一つの注目点はPCIEカバーの留め具というのだろうか。スロットカバーを固定する箇所だ。内部にネジで固定するのではなく、外部の留め具に固定することで取り外しがしやすくなる。その留め具部分がしっかりケースと一体化しているのに驚く。実用的にもデザイン的にも軽視されやすい箇所を、しっかりとデザインの一部にしている。こほど完成度の高い背面は見たことがない。間違いなくNEXTGEARのケースは歴代のマウスコンピューター製品で最高峰の傑作である。

NEXTGEAR-soko
底面はマウスコンピューターの得意分野であると言える。おなじみのマグネット付きの防塵フィルターで、埃の吸引を抑えている。底面に関して少しても衝撃はあった。それは、底面の吸気箇所が完全に電源に集約されていることだ。G-Tuneのミニタワーは底面全体にエアホールがあり、全体を覆う防塵フィルターを採用していた。それをNEXTGEARでは実用性に完全に割り振っている。フロント3基、天板2基の吸気ファンは底面にも影響を与えていたのだ。

電源部分にのみ吸気口を用意しており、防塵フィルターもその部分だけにしている。これは完全に電源のためのスペースとして準備されている。電源の冷却と防塵のみを考えており、電源のパフォーマンスを安定させる構造だと言える。それはケース底面四隅の足を見てもわかる。一般的なパソコンやゲーミングPCはあまり高くないゴム足が採用されている。

そのため、底面はメンテナンスがしにくく、埃もたまりやすい環境になる。当然埃の吸入も多くなり、電源へのダメージは大きい。これだけの高さのあるNEXTGEARなら、電源は安定した吸気が可能となる。さらに、防塵フィルターの存在で電源へのダメージは軽微になるはずだ。ただ、防塵フィルターは定期的に水洗いして乾かすなどのメンテナンスが必要になる。

管理人による総評(NEXTGEAR JG-A7G6T)

nextgear

NEXTGEAR JG-A7G6Tは、Ryzen 7 5700X×RTX 4060 Ti搭載のミドルハイクラスのゲーミングPCである。最新のケースを搭載したゲーミングPCであり、これまでのG-Tune製品とは違ったコンセプトを感じるモデルに感じる。性能・構成・価格・サポートを充実させており、新しいゲーミングPCの形を生み出そうとしているようにすら見える。

Ryzen 7 5700XとRTX 4060 Tiを搭載したモデルは人気になりつつある。その中で、NEXTGEAR JG-A7G6Tは間違いなく頭一つ抜けた存在である。値上げによってやや平凡なモデルとなったが、評価が高いことは変わりない。特に、手厚いサポートは初心者ユーザーにも受け入れやすい。充実した構成は性能を上手く引き出せるようになっている。

フルHDのみならず、WQHDをも視野に入れた性能だ。CPUクーラーに水冷式を搭載したことで、CPUの冷却性能は非常に高くなった。CPU負荷の高い用途に関しても、問題なく安定したパフォーマンスを発揮できる。用途を選ばない高い対応力を持ったゲーミングPCと言える。低評価が続いたマウスコンピューター製品にも、圧倒的な存在感を放つモデルが登場した。

価格CPUグラボ
184,800円7 5700XRTX4060Ti
メモリSSDHDD
DDR4 32GB1TB非搭載