GeForce GTX750の性能スペック及び特徴まとめ【2018年】| ロークラスのグラフィックボード、現時点でゲームの適性はない!

geforce750ti

当ページでは、GeForce GTX750の性能スペック及び特徴を解説している。エントリークラスとして、GTX750Tiと同時期(2014年2月)に販売された。

GeForce GTX750のスペックと性能

スペック

 GTX750GTX650GTX1050
アーキテクチャKeplerKeplerPascal
CUDAコア数512基384基640基
コアクロック1020MHz1024MHz1354MHz
ブーストクロック1085MHz-1455MHz
GPUメモリ1GB1GB2GB
TDP55W64W75W
GTX750のスペックを見ていこう。前世代のGTX650と現行のGTX1050との比較をしている。前世代のKeplerから見ると確かに性能がアップしている。消費電力もすくなっているのでアーキテクチャの革新があったということだ。

現行のGTX1050になるとさらに性能がアップしている。CUDAコア数のアップ、クロック数アップによる恩恵は大きい。GPUメモリも倍増しているため当時ゲームプレイに余裕ができていた。ただ、いずれのモデルも現時点で、50番台ではやはり物足りない。

性能

gtx750seinou

性能をテーブルにまとめた。前身のGTX650Tiよりも性能が向上している。ただ、GTX10シリーズから比べると性能は低い。当時からそれほど性能的に十分だということはなかった。それを理解しておく必要がある。

GeForce GTX750の評価【2018年時点】

GeForce GTX750はエントリーモデルのグラフィックボードだが、ゲームをプレイする上で性能の物足りなさを感じることがあるためおすすめできない。販売当時は非常にゲーミングPCのラインナップが多く非常に悩ましい存在だった。驚くことに5万円台のラインナップがあったのだ。

GTX750搭載のパソコンがゲーミングPCとしては販売されていたのは疑問だった。だからこそ当サイトではできる限りGTX750搭載モデルを推奨していなかったのだ。そう考えると今はロークラスのグラフィックボードでもある程度のゲームプレイが約束されているので恵まれていると言える。

到底ゲーミングとは呼べない。これは販売当時からずっと変わらない。同じ価格帯にGTX950やGTX960が存在していることから存在感がなくなってしまっていたが、2018年時点ならGTX1050を購入できる。わざわざ中古で購入するメリットもないだろう。安易に低価格ということだけで飛びつかないようにしたい。

ただし、ゲーム用途以外であれば選択するメリットはあるかもしれない。例えば、気軽にデュアルモニターにしたいとか3D処理を伴うアプリケーションを使いたいというケースだ。いずれにしても現行モデルを検討してから考えると良い。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

ゲーミングPCの選び方

初心者の方はセール情報や今プレイしているタイトルを基準にゲーミングPCを選ぶとわかりやすい。ぜひ参考にして欲しい。

セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo

ゲーミングPCの特長を比較

中級者以上の方はゲーミングPCのスペックやショップの比較で目当てのパソコンの絞り込むを行うと良いだろう。グラフィックボードや価格比較は非常に人気のあるコンテンツだ。

グラボ価格構成BTOショップ
gpueisyakakakukouseishop

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ