GeForce GTX750Tiの性能スペック及び特徴まとめ【2018年】| 最新タイトルをプレイするには苦しい、負荷の低いゲームなら対応可能だ!

gtx750titop画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

当ページでは、GeForce GTX750Tiの性能スペック及び特徴を解説している。2014年2月に登場したグラフィックボードだ。2018年時点での評価と合わせて当時の評価をまとめている。

今当該グラボを使用している方や単純に興味のある方まで満足していただける記事になったと考えている。

GeForce GTX750Tiのスペックと性能

スペック

 GTX750TiGTX650TiGTX1050Ti
アーキテクチャKeplerKeplerPascal
CUDAコア数640基768基768基
コアクロック1020MHz928MHz1290MHz
ブーストクロック1085MHz-1392MHz
GPUメモリ2GB1GB4GB
TDP60W110W75W
GTX750Tiと前世代のGTX650Ti及び、現行のGTX1050Tiを比較している。GTX650Tiと比べると確実に性能は上がっている。コア数は落ちているがベースクロックがアップしていることとGPUメモリが倍増しているのが大きい。20%~30%程度の性能アップが見込める。省電力も進んでいるのがわかる。電源効率は非常に良いと言えるだろう。

そして、現行のGTX1050Tiとなるとさらに性能が向上。消費電力は上がっているものの全ての面で性能が格段に上がった。900番台を飛ばしているので2世代でこれほど進化するということがわかる。ただし、950Tiでもかなり性能がアップしているのは注目に値する。

性能

gtx750tiseinou

GTX750Tiの位置がわかりやすいように各グラボの性能をグラフにした。GTX900番台から性能がワンランク上になっていることがわかる。GTX650Tiから比べるともちろん性能は高い。ただし、やはり物足りない性能というのが本音だ。

GeForce GTX750Tiの評価【2018年時点】

やはり今このグラフィックボードを評価すると厳しいものになる。グラフィックボードは、900番台→10番台と着実に進化してきた。その流れで各タイトルの要求スペックも上がっているのが現状だ。やはり今の時代に2GBのGPUメモリとこの性能では苦しいと言わざるを得ない。GTX900番台が登場してもなお低価格ゲーミングPCを支えていたモデルだけに悲しい。

プレイするゲームがある程度固定されていて、かつ必要な性能がGTX750Tiで十分だというのであれば、選択するのもありかもしれない。例えば、サドンアタックやスペシャルフォースなどのFPSやPSO2やFF14などのMMORPGであれば対応できる。もちろん設定調整は必要だが画質にこだわなければ十分通用する。

これから購入するとなると中古市場に数がないことと価格がGTX1050Tiとそれほど変わらないため賢明な選択肢とはならない。自宅に家族が使っていたモデルがあるとかなら問題ないが新たに購入するのはおすすめしない。長らく現役でいたグラフィックボードだが時代の流れには逆らえない。

GTX900番台登場時の評価【2015年時点】

900番台登場後ラインナップにあった人気グラフィックボード

GeForce GTX750Tiは、GTX900番台の前身モデルだ。一世代前のモデルのため価格がかなり抑えられているのが特徴。性能的にはゲームをプレイする上で必要最低限だと言える。GTX750Ti搭載ゲーミングPCの価格帯は80,000円台からある。今でも多くのBTOショップで搭載ゲーミングパソコンが販売されているので、一定の需要があると考えて良いだろう。しかし、GTXX950またはGTX960と価格がほとんど変わらないため、あえて選択する必要はないかもしれない。

GeForce GTX750Tiは、GTX950よりも更にワンランク低い性能を持ったグラフィックボードだが、非常に安価なのが魅力。GTX950が登場する前はGTX960の下位モデルと存在していただけに、未だ現役で使用されている。性能は確かにGTX950より低い。しかしながら、その性能差よりも価格差が大きくコストパフォーマンスは非常に優れていると言える。

CPUとのバランスが難しい

CPUがi5-6500(i5-4460)やi5-6600(i5-4590)の構成よりも上になってしまうと、価格が上昇してしまいGTX960搭載モデルに手が届いてしまう。低価格というメリットが構成の自由度を奪い、ほぼ固定された構成になってしまっているのが難点。

それでもGTX950よりも低い価格で、なんと9万円を下回るモデルも存在している。当然、ゲームプレイを目的としたゲーミングPCとしてはあまりおすすめできないが・・・グラフィックボードはGTX750Tiが最低ラインであり、ゲームをプレイする人に選ばれるべきパソコンとしてはギリギリのラインだ。

注意点として、性能がどうしても低めになっていることから、ローエンドの位置づけでありほとんどのゲームを最低設定にしてプレイできるレベル。快適かどうかはゲームによるが、最新のゲームに対応するのは非常に難しい。


あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

ゲーミングPCの選び方

初心者の方はセール情報や今プレイしているタイトルを基準にゲーミングPCを選ぶとわかりやすい。ぜひ参考にして欲しい。

セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo

ゲーミングPCの特長を比較

中級者以上の方はゲーミングPCのスペックやショップの比較で目当てのパソコンの絞り込むを行うと良いだろう。グラフィックボードや価格比較は非常に人気のあるコンテンツだ。

グラボ価格構成BTOショップ
gpueisyakakakukouseishop

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ