デスクトップPCの置き場所を考えてみる | 机の上 or 机の下どちらに置くのがユーザーにベストな選択かを検証!

PC置き場

当記事では、デスクトップパソコンの置き場所に関する考察をまとめて紹介している。パソコンを使用している方にとって、PCをどこに置くかということはとても悩ましいことだろう。

そして同時にPCの設置場所を真剣に考えるのは非常に重要なものでもある。なぜなら、パソコンの性能を最大限に引き出すにはパソコンの排熱を考えて配置する必要があるからだ。また、あなたの環境やライフスタイルに合わせて選択することも大切だろう。

ゲーミングPCならほとんどがデスクトップとなるので必ず考える必要がある。ノートパソコンなら考えなくていいので楽だが…それでは早速設置場所についての考察を参考にして欲しい。

机の上/机の下設置のメリット・デメリットを理解しよう!

排熱のみを考えると極端な話、屋外に出すか、夏場ならエアコンの真ん前に置けば良いが別の重大な問題が生じるので現実的ではない。排熱を考える前に前提として安定している場所に置くというものがある。

排熱性及び安定性を考えて、一般的に多くのゲーマーが置く場所は机の下だろう。しかし机の下だからと言って万全ではない。埃を集めやすかったり、エアフローが悪くなったりするため考えるべきこともある。

ぜひメリット及びデメリットを理解した上で考えて欲しい。これからパソコンを購入するという方はできれば購入前の段階で考えておくと良い。

パソコンの置き場所を考察

パソコンの置き場所は机の上か机の下の二択だ。それ以外の場所は思いつかない。それぞれ長所と短所をみていこう。

机の上

galleriasg11
机の上に置くメリットとしては、エアフローが良く排熱効率が良いこととインテリアとして使えるということだ。スペースに余裕があるのであれば机の上に置くことも選択肢に入る。排熱に関しても風の通り道であることが多く優秀だ。また、ゲーミングPCはオシャレなデザインのものが多く、インテリアとして映えるので上に置きたいという方もいるだろう。また、広いデスクがあるオフィス等では机の上にパソコンを置いていることも多い。周りからの視線を遮る目的もあるだろう。

写真のモデルはガレリアSシリーズでスリムタワーだ。机に置くことを考えるとスリムタワーやコンパクトシリーズが良いだろう。大きめのデスクを利用しているのであればミドルタワーでも問題なく置くことができる。デメリットとしては、机のスペースが必要なことと音や振動が気になってしまう可能性があるということだ。そして机の耐荷重によっては物理的に設定できないということもある。身体に近くなるので人によってはパソコンの音が結構気になってしまうかもしれない。机が振動して音が大きくなる。机がある程度しっかりしていないとビビリ音がしてしまうこともある。

机の下

underdesk
多くの方が机の下(足元)に置くことを選択するだろう。足元は基本的にスペースに余裕があるため置くことが多いだろう。ゲーミングPCに関しても最も一般的な置き場所だと考えられる。しかし、デメリットがないわけではない。まず、窓の高さによっては空気が通らず排熱効率は落ちることがある。また、埃が溜まりやすくなるということが言える。

月に1度でも掃除をすることで排熱の効率は維持できるので置き場所を考えなくても良くなる。それが面倒だと感じるのであれば防塵フィルターなどで埃の侵入を食い止めたりするのも方法としてはありだ。写真の画像はNEXTGEARシリーズでミドルタワーだ。机の上に置くことが難しいミドルタワーやフルタワーの場合机の下に置くのが一般的だろう。

座椅子を使用している場合は机の下に置くのは難しいかもしれない。しかし、その場合は机の横に置けばいいだけだ。地面に置くことで、よほど不安定な場所でない限り倒れたりすることもないので基本となっている。また、パソコンを横にすることで絶対に倒れない安定したものとなる。

置き場所を考える時に押さえておくべきポイント

ゲーミングPCをどこに置くかを考えるときに押さえるべきポイントをまとめてみた。パソコンを置くのは机の上か下の二択だ。それを踏まえた上で、今置き場所で悩んでいるという方は参考にしてほしい。押さえるべきポイントさえ知っておけば無用なトラブルを引き起こすことはない。

安定している場所を探す

まずは前提として安定しているところに設置する必要がある。パソコンがデスクから落ちそうな置き方や倒れそうな置き方は論外だ。日本国内であれば地震が起きる可能性もあるので、ここなら落ちないだろうと過信するのは良くない。ある程度余裕を持って考える必要がある。

これらのことを考えると、やはり机の下というのが安定していると考えて間違いないだろう。大き目の机で壁際にあるのであれば、落下の危険はないので机の上という選択肢もあるにはある。ただ、その場合はパソコンの稼働音が小さくないとわずらわしく感じてしまうだろう。

実は横に寝かせることで排熱効率は格段によくなることもあるので考える余地はありそうだ。CPUの排熱は横方向の排熱から上方向の排熱に変わるため、非常に優秀になることがあるのだ。しかし、エアフローがしっかりしているパソコン(立てておくことを想定しているPC)では、エアフローが乱れてしまうので効率が落ちることもある。BTOショップで購入したゲーミングパソコンはこれに当てはまると考えても良いだろう。

奇抜な方法よりも基本に立ち返っての手段を探したほうが良さそうだ。パソコンは衝撃に強い機械ではない。置く場所を考えるときに第一に安定性を考える必要があるだろう。

排熱効率を考慮する

安定性の次に考えて欲しいのがこの排熱効率だ。すでに排熱に関しては少し述べたがここではもう少し詳細をみていこう。パソコンはとにかく熱に弱い機械なので、熱を逃がすことを考えないと故障の原因になることがある。また、あまりないことだが湿度の高い場所に置くと故障の原因となってしまうので、風通りが良くても避けたほうが無難。

夏場は特に排熱が上手く行われず、性能の低下や故障を起こしてしまいやすい。室温も上昇しやすいため多くのゲーマーの体調面の理由ではなくパソコンを守るためにもエアコンが必須になるのだ。

夏を乗り越えるにはパソコン自体の排熱性能だけでなく、室内の環境にも目を配らなくてはならない。扇風機で風を送るのも効果的なようだが、埃が舞い上がるので健康を害する恐れがある。あなたの部屋やPC環境に応じて下記に説明している2種類から選択すればよいだろう。

排熱に関する詳しいことは下記を参考にしてほしい。

関連記事:ゲーミングPCの排熱性能が高いのは各パーツが発する熱が天敵だからだ

PCの置き場所に関するよくある質問

風の通り道がない部屋の場合はどうすればよい?

風が通らない部屋なのであれば、室温を下げるのが一番効果的だろう。排熱しても部屋の温度が低ければそこまで温度が高くなることはない。暑い部屋で熱風を吸って、更に熱くなった空気を排熱していくと部屋の温度もぐんぐん上昇していき効率が悪くなっていく。

熱くなった部位を冷却するための排熱、吸気であるので部屋の温度を下げて冷たい空気を吸気したほうが性能の低下も防げる。熱い空気は上昇し、冷たい空気は下降するので部屋の温度を下げるときはパソコン本体は地面に近いほうが良い。

このことから、置き場所は机の下などの地面に近い場所が良いとされている。埃の掃除を定期的に行えば、多少排熱性能の低いパソコンでも十分に対応できる。ただし、パソコンをつけている限りエアコンをつけ続けることになるので電気代はどうなるかは人それぞれだ。

窓際にパソコンを置いても大丈夫?

基本的には窓側に設置しても問題ない。しかし、西日など直接日光が当たる場合はカーテンを使用したりする等工夫をする必要がある。

温度が上がる可能性があるのであれば避けるべきだ。パソコンの天敵は高温多湿な場所。このことさえ気を付けていれば設置場所として検討し大丈夫だ。

ディスプレイの裏に設置しても大丈夫?

奥行きのある机であるならばモニターの裏という手段もある。しかし、排熱効率は若干下がることがある。というのも、モニターが発する熱もあれば風の通り道になりにくいということが考えられるからだ。

壁に向けてデスクを置いているのであればエアフローはどうしても気になる。壁との隙間はある程度空けておくのが良いだろう。どうしても置きたいのであればUSBタイプの扇風機などで風を当てて上げるのも効果的。

当記事のまとめ

パソコンの置き場所と考えられるのは机の上あるいは机の上だ。それ以外には考えられないだろう。押さえておくべきポイントは二つだけだ。。安定している場所とパソコンの排熱だ。当然、ちょっとした地震で落下してしまうような不安定な場所に置くのは絶対に避けるべきだ。また、熱がこもってしまう場所も厳禁だと言える。

排熱に関しては、適切な室温を維持して風の通り道になっているかどうかを考えればいいだろう。余裕があれば、パソコン掃除をしたり、簡単なメンテナンスをすると言うことなしとなる。これらのことを考えるとエアコンが効いた部屋で、パソコンをデスクの下つまり床に置くのが一番無難でおすすめだ。

当ページと合わせて読みたい人気記事

2 Responses to “デスクトップPCの置き場所を考えてみる | 机の上 or 机の下どちらに置くのがユーザーにベストな選択かを検証!”

  1. あいう より:

    はじめまして、質問なのですがパソコンを下に置く場合、マイク、マウスなどの周辺機器はどのようにして接続されていますか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ