おすすめのフルタワーゲーミングPCランキング【2018年】| 高価だが機能性&拡張性が高いフラグシップモデル、オシャレなデザインも魅力!

masterpiece

当記事では、フルタワーのゲーミングPCの特徴とお勧めモデルを紹介している。ゲーミングPC用のケースとして最も高級なケースだ。フルタワーのモデルを探している方必見。

BTOパソコンのラインナップはそれほど多くない

dosfulltower
BTOメーカーからほとんどフルタワーモデルのゲーミングPCは販売されていない。各メーカーのラインナップを見るとわかるが、ケースの主流はミドルタワーやミニタワーとなっていることがわかる。画像はドスパラのラインナップだ。ミニタワーとミドルタワーを足すと50種類以上あるもののフルタワーになるとRyzen Threadripper 2950X搭載の一つだけだ。

90%以上の方はミドルタワーあるいはミニタワーを購入していると考えている。自作PCでも主流はミドルタワーとミニタワーで、販売されているフルタワーに関しては種類が少ない。そう考えるうと仕方のないことだ。それでもドスパラやG-Tuneなど有名メーカーでもフルタワーのモデルを選択することができるのでぜひチェックして欲しい。他の人があまり選ばないからこそこだわりを持ったゲーミングPC選びをしよう。

フルタワーの特徴&強みを解剖

とにかくかっこいい!

フルタワーになると玄人向けの要素が出てくるためデザインにもこだわりが見られる。とにかくオシャレでかっこいいので部屋のインテリアとしても映えること間違いなしだ。特にBTOパソコンが販売しているオリジナルのミドルタワーやミニタワーはいい意味で万人受けするデザインになっている部分がある。

これは潜在的な顧客の数が最も多く奇抜なデザインにすることが難しいから仕方がない。また、安く販売するためにコストをカットせざるを得ないだろう。ただし、BTOメーカーが販売するパソコンでも上位モデルになるとコストを考える必要がなくなり社外のケースが採用されているためデザイン性が高い。

機能性&拡張性がずば抜けている

フルタワーになると機能性や拡張性は圧倒的になる。本体が大きいので内部の余裕も多くなるし、機能面でも自由度が高くなるので当然だろう。また、エアフローがしっかりしているため排熱性能も高くハイエンドなパーツを組み合わせても問題ない。オーバークロックをする場合でもたくさんのファンを搭載して対応できる。

価格が高い

フルタワーになるとどうしても価格が上がってしまう。同じ構成のミニタワーやミドルタワーと比べて数万円高いということもある。ケースにコストが掛かるのでそれが反映されている形だ。

また、BTOパソコンの場合はフルタワー=ハイエンドモデルが多く必然的に価格の高いモデルしかラインナップにないとも言える。予算がある方であれば魅力的な選択肢となることは間違いない。

人気のフルタワーゲーミングPCランキング【2018年】

GALLERIA ZG i7-9700K搭載(ドスパラ)

dosparafull価格:249,980円(+8,280円)
CPU:Core i7-9700K
GPU:GeForce RTX2080
メモリ:DDR4 16GB
SSD:500GB
HDD:3TB
電源:SILVERSTONE 750W PLATINUM

公式詳細

ドスパラのGALLERIA ZGは標準モデルではミドルタワーとなっている。+8,280円でケースをIn Win「GRone」にカスタマイズ可能だ。プロ仕様のフルタワーケースだと言える。3-Wayにも対応できる拡張性の高さはフルタワーならではだろう。本体底面にはメッシュフィルターを採用しエアーフローもしっかりとしているのが特徴だ。RTX2080×i7-9700Kの構成にしては十分すぎるケースだと言える。すでにストレージは大容量だがさらに拡張することも可能だ。

SR-ii9-8860V/S5/GP(パソコンショップセブン)

sevenfull価格:256,800円
CPU:Core i9-9900K
GPU:GeForce RTX2070
メモリ:DDR4 16GB
SSD:480GB
HDD:非搭載
電源:CoolerMaster 750W GOLD

公式

ケースにはCoolerMaster製 COSMOS C700Pを採用。BTOパソコンとしては珍しい。オシャレなデザインは多くのゲーマーの目を惹くだろう。フロントのI/OパネルでRGBライトをコントロールすることができ魅せるゲーミングPCとなっている。グラフィックボードにはミドルクラスのRTX2070を、CPUには8コア16スレッドのフラグシップ「Core i9-9900K」を搭載。4K解像度でも通用する高い性能を持っている。

MASTERPIECE i1630PA1-DL-TD(G-Tune)

masterpiececase価格:249,800円
CPU:Core i7-8700K
GPU:GeForce GTX1080Ti
メモリ:16GB
SSD:240GB
HDD:3TB
電源:700W BRONZE

公式詳細

当サイトとのコラボモデルとなっている。MASTERPIECEはG-tuneのフラグシップモデルだ。赤と黒を貴重としたシンプルで落ち着いたデザインはどこか大人の佇まいを持っている。I/Oパネルも正面右側にまとめられていてスッキリとした印象を与えてくれる。高い剛性を持ち安定感のあるケースだ。GTX1080Ti×i7-8700Kのハイエンドモデルでも安定したゲームプレイを約束してくれる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

合わせて読みたい人気記事一覧

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ