fpscategory

当カテゴリーでは、FPSに属するタイトルを紹介している。昔から主力タイトルも多く非常に人気のあるカテゴリーだと言える。シビアな操作と臨場感が魅力だ。

FPSタイトル一覧

Borderlands 3Counter-Strike: Global Offensive
Borderlands 3topcsgo
Escape From TarkovSTAR WARS バトルフロント
Escape From Tarkovtopstarwarsbattlefrontpc

FPSは”First Person shooting ”または”First Person shooter”の略で、一人称視点でのシューティングゲームだ。最近ではホラーやアドベンチャーにも適用されることも多く、単純に一人称視点で進むゲームをFPSとして扱うこともある。特に、当カテゴリでは一人称視点で進むゲーム全般を扱っている。

FPSには対人メインのゲームと対AIメインのゲームの2種類がある。e-sportsは競技性の高い対人メインのゲームが選ばれる。代表的なものではCounter StrikeシリーズやRainbow six siegeなどがあり、プロゲーマーの数も多くほぼ毎日どこかで大会が行われている。この対人メインのFPSはMoba系やRTSなどと合わせて三大競技ジャンルに数えられ、プレイヤースキルが非常に重要となるジャンルだ。

対AIメインのFPSはBorderlandsシリーズなど多くのゲームに採用されており、臨場感とそのゲームの世界へ入り込みやすさが魅力だ。また、Portalシリーズを始め探索系のゲームにも多く採用され、一人称視点だからこそ楽しめるゲームも多い。ホラーゲームとの相性も良く、視点が一方であることでより恐怖心を煽られる。

これら2つのジャンルは要求スペックに違いが出やすい。競技性の高い対人メインのFPSは作り込みが浅く要求スペックが低い。これはプレイするユーザーが性能で差をつけにくいように遊びやすくしていることと、グラフィックよりもゲーム性が重要であることが影響している。

一方で対AIメインのゲームは対戦ではないため作り込みがしっかりしていて、広大なマップであることが多く負荷が高くなりがちだ。これはシングルプレイがメインになるゲームになればなるほど負荷が高くなる傾向にあり、ゲーム性と同時にグラフィックの作り込みによるものが影響している。

また、対人メインのFPSは要求スペックは低くともフレームレートが大きくプレイに影響を与える。そのため、ギリギリよりも余裕を持たせて144fpsや240fpsでのゲームプレイが標準となりがちで、そのフレームレートでプレイの操作性などが変化する。対AIメインのFPSではフレームレートはそこまで重要でなく、安定することが重要となる。現行のミドルエンド以上の性能を要求されることが多い。

このようにFPSはゲーム性が異なれば要求されるスペックに大きな差が生まれやすい。スペックが低いことでラグや遅延が発生し、そのゲーム性から3D酔いしてしまったりするのでしっかりとした性能を準備しておきたい。対人メインではカクついてまともに戦闘できなくなり、対AIメインではゲーム進行にストレスが発生する。

ただ、前述のようにミドルエンド程度のスペックがあれば十分なのでジャンル全体では要求スペックが高いというわけではない。対人、対AIともにやりこみ要素が豊富で長く遊べるゲームジャンルとも言える。特に対人メインのFPSは1試合完結になるので何度でも繰り返し楽しむことができる。が、連携や個人スキルが非常に重くのしかかってくるので気軽に遊べる反面、やや攻撃的なプレイヤーが多く存在し、遭遇してしまうのでゲーム以外でのストレスやプレッシャーがあるので最近はゲームより競技性の高さが突出しているように思う。

対人メインのFPSは登場から長く市場に残るため要求スペックが低め、対AIメインのゲームは新作タイトルが続々登場するので要求スペックが高めと考えておけば問題ないだろう。

Co-op(FPS)カテゴリー一覧

Killing Floor2 
killingfloor2pc

対戦形式のFPSではなく、味方と協力してAI相手にゴールを目指すタイプのFPSだ。有名なところではゾンビ系のLeft4DeadやKilling Floorなどがある。対戦形式のFPSと違い、一つのミスでチームが崩壊するようなことが少なく、ミスをカバーしたりするところが楽しい部分でもある。

カジュアルに楽しめるが、難易度によってはルートや装備をしっかり確認しなければ簡単にクリアはさせてもらえない。優れた難易度やゲームバランスで人気だ。しかし、長寿の秘訣はそのゲーム性にある。スタート地点からゴールまで様々な邪魔をされながら突破していくというものだが、これによりMoDはほとんど存在していない。

ただ、ユーザー作成のカスタムマップが豊富だ。マップが違うというだけで新鮮な気持ちで挑めるタイプのゲームなので、長くプレイされる。同じマップであっても、毎回モンスターの出現位置が異なるので簡単ではないが、新鮮味があってこそだ。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2020年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2020年最新】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。