Borderlands 3top

当記事では、Borderlands 3の必要スペックとおすすめのゲーミングPCの紹介をしている。Borderlands3はFPS+RPGというシステムを持つボーダーランズシリーズの最新作だ。カートゥーン風のグラフィックと独特な世界、そしてコミカルでシリアスなストーリーが魅力のゲームとなっている。

これまでのボーダーランズシリーズと同様にカートゥーン風のグラフィックとブラックユーモアに溢れたストーリーで2019年で最も注目されているゲームだ。Epic Gamesでは9月14日からスタート、Steamでは半年遅れの2020年3月~4月開始予定となっている。

シリーズ4100万本の売上を誇るビッグネームの最新作は、既に多くのユーザーにプレイされている。シーズンパスの販売も行われており、DLCの展開で長く深く遊べるゲームであることは間違いないだろう。

2014年に登場した番外編「Borderlands: The Pre-Sequel」から5年の時を経て新登場となった。おすすめのゲーミングPCを知りたい方は、ページ最下部の「Borderlands3向けおすすめのゲーミングPC」を参考にして欲しい。

Borderlands 3の必要環境と推奨環境

最低環境

OSWindows7/10
CPUAMD FX-8350 / intel i5-3570
グラフィックボードAMD Radeon HD 7970
NVIDIA GeForce GTX 680
メモリ6GB
ストレージ75GB

推奨環境

OSWindows7/10
CPURyzen 5 2600 / Intel i7-4770
グラフィックボードAMD Radeon RX 590
NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB
メモリ16GB
ストレージ75GB
最低環境と推奨環境には大きな差があることから、設定を細かく調整できるのは相変わらずのようだ。注目したいのは必要はストレージ容量が75GBとなっているところだ。SSDにインストールを検討している場合は容量に注意したい。

CPU性能、GPU性能ともに4世代以上前であってもプレイ自体は可能となっている。それでも最高設定でのゲームプレイを考えるなら、現行のミドルスペック以上は必須だろう。

GamingPCs独断の推奨環境

OSWindows7/10
CPURyzen 5 2600 / Intel i5-9400
グラフィックボードNVIDIA GeForce GTX 1660
メモリ16GB
ストレージ75GB
当サイトが判断するBorderlands 3の環境は上記の通りだ。これは、既にBorderlands 3の予約サイトではシーズンパスの存在が確認できる。DLCで大きく要求スペックが変わるということはあまり考えられない。しかし、最低スペックに合わせてしまうと快適性が損なわれる可能性が高い。

そのため、現行のミドルスペックに合わせた性能を最低ラインにしておくほうが対応しやすいはずだ。ボーダーランズは過去のシリーズから見ても、要求スペックはそこまで高くない。ライト向けのゲーミングPCではメモリの拡張が必要になるくらいだろう。

カートゥーン風なグラフィックであっても、背景はかなり作り込まれていると言える。Borderlandsの世界を、ストーリーを意識しやすいように細かいオブジェクトも散りばめられていて負荷は高い。更に、そのゲーム性もあってか攻撃などのエフェクトが非常に激しい。マップを探索中でも読み込みが行われるのか、著しくfpsが低下する場面や負荷に耐えきれずゲームがクラッシュすることもある。

最低設定で遊ぶなら現行のロークラスでも対応は可能だ。ただし、144hzや安定した60fpsを目指すのは少し厳しいかもしれない。特に複数人でプレイするなら性能には余裕を見ておきたい。今後のアップデートでは負荷は軽くなる可能性は低い、あっても劇的に軽くなるということはないだろう。Borderlands3を快適にプレイするには標準設定に絞って選択したほうが良さそうだ。

Borderlands 3の対応CPU&グラフィックボード

対応CPU

推奨以上推奨標準最低
Core i7-8700K
Core i7-8700
AMD Ryzen 5 2600X
Core i7-6800K
Core i7-4930K
Core i5-8600K
Core i5-8600
Core i7-7700K
Core i5-9500
Core i5-8500
Core i5-9400
Core i5-8400
Core i7-4790K
Core i7-6700K
Core i7-7700
Core i3-9300
Core i7-6700
Core i7-4790
Core i7-4770K
AMD Ryzen 5 3400G
AMD Ryzen 5 2600
AMD Ryzen 5 2500X
Core i7-4770
Core i7-3770K
Core i7-3770
Core i3-8350K
Core i5-7600K
Core i3-9100
Core i7-3820
Core i5-7600
Core i3-8300
Core i7-2700K
Core i7-980
Core i7-4800MQ
Core i7-2600K
AMD Ryzen 5 1500
Core i7-5700HQ
Core i7-970
Core i7-8550U
Core i7-2600
Core i7-6700HQ
Core i5-6600K
Core i3-8100
Core i7-4720HQ
Core i7-4710MQ
Core i5-4690K
Core i5-6600
Core i7-4700HQ
Core i5-4690
Core i5-4670K
Ryzen 3 1300G
Core i5-4670
Ryzen 3 2200G
Core i5-4590
Core i5-7400
Core i5-6500
Core i7-4712MQ
Core i7-4700EQ
Core i5-3570K
Core i5-4570
Core i5-3570

Intel第8世代のi5、i7シリーズは推奨環境をクリア。Ryzenは第2世代であればRyzen5シリーズ以上で概ね推奨環境をクリアしている。古いCPUでも十分対応できる。注意点としては、CPU単体の性能よりもメモリやGPUなどの性能を合わせた総合性能が重要になる。

対応グラフィックボード

推奨以上推奨標準最低
GTX 1080 Ti
RTX 2080 Mobile
RTX 2070 Super
RTX 2070
RTX 2070 Mobile
GTX 1080
RTX 2060 Super
GTX 1070 Ti
RTX 2060
GTX 980 Ti
RTX 2060 Mobile
GTX 1660 Ti
Radeon RX Vega 56
GTX 1070
GTX 1660
GTX 1660 Ti Mobile
GTX980
GTX 1070 Mobile
Radeon R9 Fury
GTX 1060 6GB
Radeon RX 590
GTX 1060 3GB
GTX 780 Ti
GTX 970
Radeon RX 580
GTX TITAN
GTX 780
GTX 1650
GTX 1060 Mobile
Radeon R9 290X / 390X
Radeon R9 290 / 390
GTX 1650 Mobile
Radeon RX 570
Radeon R9 380X
Radeon R9 380
GTX 770
GTX1050 Ti
GTX 980M
Radeon R9 280X
GTX 960
GTX 680

グラフィックボードは割と要求される性能が高めだ。ただ、現行のミドルスペックあれば十分で、2世代前ならハイクラス、3世代以上前であれば当時のハイエンドクラスがあればというところだ。最新のゲームとしては抑えられているものの、番外編「Borderlands: The Pre-Sequel」の要求スペックは推奨環境でGTX 560であり、5年という歳月で要求される性能は高くなっている。

Borderlands3向けおすすめのゲーミングPC

要求されているスペックはそこまで高くなく、3世代前のゲーミングPCでも対応できるくらいだ。しかし、実際にプレイしてみると性能に余裕があってもカクつく場面はそれなりにある。Borderlandsは長くプレイできるゲームあるため、今後のことも考えて性能を重視して選びたい。

NEXTGEAR-MICRO TD-G(G-Tune)

価格:129,800円
CPU:Core i7-9700
GPU:GeForce GTX 1660 Ti
メモリ:DDR4-2666 16GB
SSD:NVMe対応256GB
HDD:2TB
電源:500W BRONZE
公式GALLERIA XT詳細

CPU性能が高く、メモリ容量は16GBであるためGTX 1660 Tiであっても標準設定付近でのゲームプレイが可能だ。最高設定や高設定では厳しい部分もあるため、標準設定以下でのゲームプレイを想定している。高リフレッシュレートに対応するのであれば最低設定まで下げればなんとかなるだろう。予算を抑えつつ性能を確保した当サイトとG-tuneによるコラボレーションモデルは、Borderlands3を快適にプレイしたいユーザーに適している。

GALLERIA XF(ドスパラ)

価格:178,980円
CPU:Core i7-9700K
GPU:GeForce RTX 2070 Super
メモリ:DDR4-2666 16GB
SSD:NVMe対応512GB
HDD:2TB
電源:700W BRONZE
公式GALLERIA XT詳細

最高設定や標準設定以上で144hz環境を構築したいヘビーゲーマー向けの性能を持つトップモデル。キャンペーン中はCPUがi7-9700かi7-9700Kにアップグレードされ、メモリも倍増されやすい。GALLERIA XFを選択するときは、CPUとメモリのアップグレードが必須である。両方がアップグレードされていれば推奨環境を大きく上回るため安定感が高くなる。注意点としては最高設定で144hzのゲームプレイは少し厳しく、場面によっては100前後をウロウロするに留まるだろう。

NEXTGEAR-MICRO TD-B(G-Tune)

価格:87,800円
CPU:Ryzen 5 3600
GPU:GeForce GTX 1650
メモリ:DDR4-2666 8GB
SSD:NVMe対応256GB
HDD:1TB
電源:500W BRONZE
公式GALLERIA XT詳細

BorderlandsはRyzenに最適化されたゲームであるため、CPU性能を上手く発揮出来る。そのため最低限必要な性能よりも少し高く、最低設定を前提にすれば十分対応できるモデルだ。60fpsを基準にすることは前提ながら、最低設定+αくらいまではアップすることはできるかもしれない。実際に自分が許容できるくらいまで設定を上げてプレイしたほうが楽しめるだろう。とにかく価格を抑えたいユーザー向けのローエンド、ロークラスのモデルである。

NEXTGEAR TD-P(G-Tune)

nextgeartop価格:239,800円
CPU:Core i9-9900K
GPU:GeForce RTX 2080 Super
メモリ:DDR4-2666 32GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:3TB
電源:700W GOLD
公式GALLERIA XT詳細

最高設定で144hzを視野に入れた究極のモデル。グラフィックボードは理想のギリギリを目指すRTX 2080 Superを搭載している。RTX 2080 Tiではない理由は、少しでも価格を抑えつつ他に必要な箇所を強化するためだ。
このモデルの特徴は大容量32GBのメモリを搭載している点である。これにより、最高設定でのメモリ消費にも余裕を持って対応することが可能で、配信や動画撮影も可能になる。Borderlands3を隅々まで楽しむ最高のモデルだ。

Borderlands3ゲーム概要

ブラックなユーモアと濃厚なストーリー

blackhumor
アメリカのゲーム会社Gearboxが開発しているだけに、ブラックなユーモアが当たり前のようについてくる。少しグロテスクな表現もカートゥーン風なグラフィックでコミカルに描かれているのも特徴だ。PvEのFPSにRPGの要素を練り込んだボーダーランズは、RPGが苦手なユーザーにも入り込みやすいゲーム性となっている。

ストーリーを追うことで進む物語は、正義対悪というシンプルで分かりやすい骨組みだ。しかし、その濃厚さやサブクエストなどの番外編要素もあり、ボーダーランズの世界に入り込んでしまうだろう。徐々に強くなる敵に対し、こちらも強化したり強い武器を持って対応するRPG要素、敵の弱点を狙い撃つFPS要素のバランスは絶妙である。

何度も遊べるやりこみ要素

ボーダーランズと言えば周回プレイだ。一度クリアしてハードモードでもう一度プレイ。一見何でも無いように見えてより強い武器を手に、難易度の高いモードをクリア。何度もクリアすることで敵も大幅に強化され、難易度は大きく跳ね上がっていく。

全く同じストーリでも進み方が大きく変わり、大雑把に戦ってきたイージー、ノーマルと全く異なる戦術で戦うことになる。やりこみ、周回することでよりボーダーランズの世界が広がっていく。DLCなどの追加コンテンツで更に遊びの幅は広がっていくだろう。

装備を集める楽しみ

ボーダーランズは武器が重要なゲームだ。様々な場面で入手出来る武器は同じ性能のものは2つとないのではないかというくらい膨大である。どこまで行っても最強の武器というものは無い。そこには好みや扱いやすさ、属性などの要素があるためどこまで行っても尽きることはない武器への欲求がある。

もちろん、そこまで求めなくとも十分に突き進むことは可能だ。強力な武器は効率を高めるだけでなく、周回プレイには必須となるためレジェンダリ武器が出た時の喜びは大きい。自分好みのメーカーの武器を集めるというのも一つのプレイスタイルだろう。

実際にプレイしてみて感じたスペック

jissainoplay
現在約16時間ほどのプレイで、ストーリーもチャプター9をクリアしたところまでだ。プレイ環境はi7-8700K,GTX 1080 Ti,DDR4 32GBと、割と余裕のあるスペックでプレイしている。fpsをできるだけ144hzに近づけ、できるだけ高い設定を望んだものの中と高の間くらいの設定に落ち着いた。

それでも悪い時は80を切るほど落ちてしまうところを見ると、最適化の問題もまだまだありそうだ。最低設定に変更しても視点を大きく動かしたりすればかなり不安定で100を切ることも珍しくない。最高設定であるウルトラであれば最大120ほどで、最低は60まで落ちる。このことからゲームが提示している推奨環境は標準設定60fpsが基準となっているようだ。

100も出ていれば良いと思うかもしれないが、144から100に落ちると体感できるくらいのラグがある。実際にどのような環境でプレイするのかを予め決めておく必要がある。60fpsでのプレイなら公式の推奨環境を基準に、当サイト基準の最低と標準の中間あたりに狙いを絞るほうが良さそうだ。高リフレッシュレートでプレイするのであれば、当サイト基準の標準以上の性能は必要となるだろう。

公式動画(Youtube)

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2019年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2019年最新】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る