corei7-10700top画像引用元:https://www.sofmap.com/

当ページでは、Core i7-10700の性能レビュー及び搭載ゲーミングPCの紹介をしている。Core i7-10700は、前世代の上位モデルであるCore i9-9900と同等の性能を持つ。より安価に購入できるということもあってコストパフォーマンスは段違いだ。Core i7-9700の後継機はどこまで「使えるCPU」なのかを検証していく。気になるゲーム性能に注目したい。

搭載モデルについては、ページ下部の「Core i7-10700搭載のおすすめゲーミングPC一覧」で紹介している。Core i7-9700搭載のゲーミングPCが人気ランキングの上位を独占していたことからこのCPUも売れ筋になるポテンシャルを持っている。Intel第10世代CPUのベンチマーク的存在だと言える。

なお、Core i7-10700の後継モデルである「Core i7-11700」も登場している。ゲーミング性能で言えばそれほど大きく変わらないので価格の安いCore i7-10700の方が有利だ。Intel製CPUが大きく変わるのは10nmプロセスに変わる第12世代以降になるのではないだろうか。

よくわかる!!Core i7-10700の特徴まとめ

corei7-10700top

コードネームComet Lake
プロセス14nm
コア/スレッド数8コア/16スレッド
定格/最大クロック2.9 GHz/ 4.8 Ghz
L3キャッシュ16MB
TDP65W
発売日2020年05月20日
価格$323
コメント 前世代のCore i9シリーズに匹敵するゲーム性能
高コストパフォーマンスのCPUが登場
ゲーム用途ではCore i5シリーズがライバルになる?
評価 ・総合評価
9.5

・ゲーム評価
10.0

>>>Amazonで最新価格を確認

Core i7-10700の基本情報

総合性能

i7-10700seinou

Core i7-10700は、高いパフォーマンスを持つCPUだ。総合的な性能ではCore i9-9900には僅かに届かないものの従来モデルの倍率ロックフリーモデルであるCore i7-9700Kを超えている。Core i7-9700からの伸びを見ると妥当なラインだろう。Intel第11世代のCore i7-11700になるとさらに性能は高くなるが、飛躍的にパフォーマンスが向上しているわけではない。

第3世代のRyzen 7には追いつけていないのはIntelにとって痛い。第4世代のRyzenの登場を控えている今、この性能はやや不安要素だと言える。その後Ryzen 7 5800Xが登場して大きく引き離す形となった。ただし、これはあくまでも総合的な性能である。ゲーム用途ではIntel製CPUが有利な状態が続く。

一般的な用途では、定格と最大のクロックで上回るCore i9-9900が上というのは順当な結果だ。Intel製CPUの本領はゲーム性能である。また、最新のCPUということで、前世代のCPUとは差別化が図られてCore i9-9900をゲームでは上回る可能性は十分にある。

なお、総合的な性能でCore i7-9700Kを超えた部分は評価したい。Core i7-9700Kは第10世代登場後もゲーム性能ではトップクラスに立っていて真っ向から対抗できるとは思えない。もしも並び立つことができれば、ゲーム向けCPUのフラグシップとして地位を確立できるだろう。

性能では落ちるCore i7-9700が、上位のCore i7-9700Kよりも高い人気を誇っていたように、Core i7の主流はi7-10700になると考えられる。総合性能では期待値通りのi7-10700が、ゲームでは一体どこまで性能を伸ばせるのか。第10世代でも主流のCPUになれるのかに期待したい。

Core i7-10700の当面のライバルはCore i7-10700Kではない。コストパフォーマンスで異彩を放つCore i5シリーズだ。これに関しては国内のショップがCore i7とCore i5のどちらを中心に据えるかにかかっている。そのキーポイントとなるのはCore i3である。Core i3シリーズを搭載したゲーミングPCが多く登場すればするほど、Core i5シリーズが中心を担うことになる。

基本スペック

 i7-10700i9-9900i7-9700
メーカーIntelIntelIntel
プロセス14nm14nm14nm
コードネームComet LakeCoffee LakeCoffee Lake
CPUコア数888
スレッド数16168
定格クロック2.9 GHz3.1 GHz3.0 GHz
最大クロック4.8 GHz5.0 GHz4.7 GHz
L3キャッシュ16MB16MB12MB
対応メモリDDR4-2933DDR4-2666DDR4-2666
内蔵グラフィックスUHD Graphics 630UHD Graphics 630UHD Graphics 630
TDP65W65W65W
TBM3.0対応非対応非対応
TVB非対応非対応非対応
価格$323$449$323
発売日2020/05/202019/08/192019/06/13
スペックだけを見るとCore i7-10700は、Coffee Lake世代のCore i9-9900に近い。わずかにクロック周波数が落ちているもののほぼ同じだ。価格が安くなったi9-9900と考えて良い。それは即ち、Core i7-9700から大きくスペックアップしているということに繋がる。Core i7-9700からの主な変更点は、スレッド数が倍になっていることだ。

第8世代以来のハイパースレッディング機能の復活だ。Ryzen 7 3700Xと戦うにはこうするしかない。RyzenシリーズがあるからこそIntel製CPUの性能も高くなっていくということだ。ユーザーにとってはメリットしかないだろう。

L3キャッシュは第9世代のCore i9と同等の16MBにアップしている。また、メモリ規もDDR4-2933にまでアップグレードされている。ただし、DDR4-3200を搭載した場合、2933駆動となる。現時点ではDDR4-3200の方が安価なこともあり、ゲーミングPCではDDR4-2933よりもDDR4-3200を搭載したモデルが多い。今後流用も可能になると考えれば悪くはないだろう。

Turbo Boost Max Technology 3.0(TBM 3.0)に対応しているのも変化と言えるだろうか。これは1~2基のコア性能を、電力と熱が抑えられている状態で引き上げる機能だ。なくても困らないが、あればよい程度の機能である。定価は従来通りの$323なので、時間が経てば国内価格もCore i7-9700と同等にまで落ちる。

第9世代ではCPU内蔵GPU機能を排除したi7-9700Fが主流だった。この流れは第10世代にも波及するかもしれない。価格に関しては参考程度に留め、性能やスペックに注目したい。スレッド数が増えたことで、クロック数値は多少の上下が見られる。定格は0.1減少、最大は0.1増加。スレッド数が倍になっているので、この上下はプラス方向に働くだろう。

このクロックはi9-9900を下回っている。これが性能にどう影響を与えるのか、これから見ていくことになる。i9-9900と比べればi7-10700は確実に価格が安い。そう考えれば同等程度に落ち着けば十分だ。

>>>Core i7-10700を確認(Amazon)<<<

Intel Core i7-10700の特徴

ワンランク上のi9-9900に近いゲーム性能を持つ

Intel第10世代CPUの特徴は、前世代のモデルにおける1つ上の性能を持っていることだ。具体的にはCore i7-10700は、Core i9-9900に近い性能を持つということだ。Core i5ならCore i7、Core i7ならCore i9の性能に近づいている。その上で、価格は従来と同じに設定されているというのは好ましい。

そのため、コストパフォーマンスは第9世代の比ではない。Core i7-10700がCore i9-9900に近いゲーム性能と言っても、タイトルによってはCore i9-9900Kをも超える。前世代最強CPUに並ぶことも夢ではない。Core i7がCore i9の領域に入ったとなれば、第10世代のCore i9の価値は少し薄らいでしまいそうだ。

現時点でCore i9-10900Kだけが他よりも突出したパフォーマンスを発揮できるゲームタイトルは存在していない。ゲームに関して言えば、Core i7-9700KとCore i9-9900Kが未だに強い。そしてその2製品と並ぶゲーム性能を持つCore i7-10700は最良のゲーミングCPUになるのではないだろうか。

性能に重きを置くなら、これ以上ないコストパフォーマンスの高さを誇る。RTX 2080 SUPERともバランスの取れるCore i7-10700はフラグシップモデルになれる力がある。オーバークロックのできないCore i9-9900KやCore i7-9700Kと考えれば分かりやすい。ゲームにも、ゲーム以外にも扱いやすいCPUだ。

ゲーム配信性能に関してはRyzen 7シリーズと同等の位置に着いている。配信単体では劣っていても、ゲーム性能の高さで補える。快適なゲームプレイ+αを実現している。オールラウンド性が高まったことで、Core i7の常識を覆す存在になるかもしれない。第10世代で最も人気の高いCPUになる可能性は高い。ただ、Core i7-10700の評価でそうなるわけではない。

期待のCore i5やCore i3の性能や扱い次第だ。悪く言えば、消去法でCore i7-10700が残る可能性がある。Core i9-9900搭載モデルが少なく認知度が低かったように、ショップの扱いに評価が左右されてしまうおそれがある。性能だけで見れば、評価を見ずとも選ぶ価値はある。後は搭載モデルの価格次第ということだ。

i9-9900よりも安価で価格的に選びやすい

第10世代に限り、定価よりも高く設定されていても選択する価値はある。それだけ性能が高いのだ。通常新しいパーツの登場時はASK税や前世代の関係で価格が高めに設定される。これまでは、価格が下がるまでは前世代のCPUを推奨してきた。性能的には最新モデルがよくてもコストパフォーマンスを考慮すると魅力に乏しい状況になるのが普通だ。

ところが、Intel第10世代CPUでは従来モデルの価格を引き継ぐ形になっている。Core i7-9700と同じ$323ということだ。Core i7-10700とCore i9-9900の価格差は定価で$126となっている。もちろんCore i7-10700の方が安く発売直後に割高に設定されていたとしても、この価格差より広がることはない。

つまり、Core i7-10700は登場時点でi9-9900と同等以上の性能を持ち、価格が安いCPUということになる。ワンランク上の環境を少し安く手にすることができるので、価格が高くても選びやすい。コストパフォーマンスでは、既にi9-9900を超えている。

>第10世代のネックはマザーボードにある。世代関係なく使用できるRyzenシリーズとの差とも言える部分だ。第10世代は新たに400シリーズのチップセットが必要になる。i7-10700を選択するなら第8世代より前のCPUを使用していることが前提だろう。

また、搭載モデルであれば第9世代からでも買い替えの価値はある。ただし、第9世代搭載モデルが市場から消えない限り、第10世代の価格が下がり切ることはない。第10世代の価格が下がり、現在の第9世代搭載モデルと同等にまで落ちるには1年は掛かるだろう。その頃には第11世代の登場も目前に控えているかもしれない。選びやすい価格であっても、選ぶタイミングは難しい。

他の第10世代の影響を大きく受ける

Core i7-10700は価格と性能のバランスが素晴らしい。反面、ゲーミングPCに搭載されると、その価値は薄れてしまうかもしれない。これまで何度も繰り返した通り、第10世代シリーズではCore i5が非常に強力だ。第9世代はCore i7-9700が人気だったが、その人気をCore i7-10700が100%引き継げるわけではない。

Core i7-9700の性能が求められていただけで、Core i7-10700の性能が求められるとは限らない。仮にCore i7-9700の性能が必要だったとすれば、第10世代ではCore i7-10700ではなくCore i5-10400やCore i5-10600K辺りが選ばれるかもしれない。Core i7-9700より高い性能で価格の安い第10世代のi5シリーズは強力なCPUだ。

Core i7-10700は人気CPUの系譜と言えど、必ずしも人気に火が付くとは言えないのだ。例えばGTX 1660 Tiとバランスを取るためにはCore i7-9700が必要だった。第10世代であればCore i5-10400でも十分バランスが取れる。Core i7-9700よりも相性は良いかもしれない。

それなら、Coire i7-10700と組み合わせるメリットがほとんどない。GTX 1660 Ti搭載モデルにi7-10700を搭載するということは、Core i9-9900を搭載するのと同じである。CPU性能が突出してしまい、ゲーム用途では性能を無駄にしてしまうだろう。ただ、CPU性能が高いこと自体はマイナスにならない。グラフィックボードの性能が突出するよりもマシだ。

GTX 1660 Tiの性能を上手く引き出し、性能を無駄にしないというならi5-10400でも十分だ。第10世代のCore i7以上のCPUが存在価値を示すには、新しいグラフィックボードが登場しなくてはならない。現行のグラフィックボードの性能では第10世代は扱い辛い部分がある。

RTX 2080 Tiのようなハイエンドモデルにはそれなりの恩恵があっても、ミドルクラス帯でCore i7を選択しても恩恵が薄い。結果、Core i7-10700は単独で人気になるようなことは考えにくい。ショップがこれまで通り、Core i7-10700搭載モデルを主軸に置けば人気モデルになれる。

一方で、Core i5を重視すれば平凡な人気で終わってしまう可能性が高い。Core i7-10700単体の評価ではなく、下位CPUの性能や対応力に最終的な評価が左右される。これがCore i7-10700の弱点だ。

>>>Core i7-10700を確認(Amazon)<<<

Core i7-10700のベンチマーク一覧

Cinebench R20

cinebenchcorei7-10700-cinebenchr20

Cinebench R20でのベンチマークをまとめている。Core i7-10700のスコアは、総合性能に近い位置取りとなっている。ただ、シングルコアの性能ではCore i7-9700Kより低い。i7-9700Kのシングルコアの強さが、ゲーム性能の高さに繋がっているのだと考えられる。

マルチコア性能を活かせるゲームでは対等に渡り合うこともできるかもしれない。クロック周波数を引き上げられるTBM3.0が機能していれば、i7-9700Kを上回れるスコア差だ。最新のCPUの機能で上回れると考えれば同等以上として見ることができる。

Adobe Photoshop 2020

photoshop-i7-10700

Adobe Photoshop 2020は、第10世代CPUが得意とするアプリケーションだ。ここではi7-9700Kやi9-9900を引き離した。ただ、数値的には同等と言える範囲だろう。

第10世代の圧倒的な性能を見せるチャンスだったが、思惑通りにはいかないようだ。Ryzen 7 3700Xを上回っているので合格点であることは間違いないと言える。

Adobe After Effects 2020

i7-10700-aftereffect

Adobe After Effects 2020でのベンチマークをまとめている。ここでもCore i7-10700は、Core i9-9900とi7-9700Kを超える数値を出している。第10世代は概ね高い数値が出るので順当である。

Core i7-9700Kとの差が僅かなのが気になる。ここはある程度引き離しておきたいところだ。i9-9900との差は開いている。この辺りの原理は分からない。第10世代に最適化されたようなものなのだろうか。

Core i7-10700のゲームプレイ時のフレームレート

Far Cry New Dawn 1080p

farcrynewdawn

Core i9-10900K135
105
Core i7-9700K134
105
Core i7-10700K133
105
Core i7-10700133
105
Core i9-9900K131
105
Core i9-9900128
103
Core i5-10400118
95
Ryzen 7 3700X114
90
平均fps最小fps
Far Cry New Dawnのベンチマーク。ここでは僅かながらCore i9-9900やi9-9900Kを上回る数値を出している。最低fpsはi7-9700Kやi9-10900Kと同じ105だ。平均fpsはそれらより僅かに落ちる。むしろi9-9900Kの方が近い。

Ryzenシリーズと比べると、全体的にIntel製品の方が数値は高い。ゲーム向けとして扱われているのだから、この差は当然だろう。Core iシリーズとRyzenシリーズではゲームの適正が違う。それは上限の数値に表れている。特に、Ryzenは最適化されていないとゲームで性能を発揮する事は難しい。

Far Cry New Dawn 1440p

farcrynewdawn

Core i9-10900K126
103
Core i7-10700K126
103
Core i7-9700K125
103
Core i7-10700125
101
Core i9-9900K123
101
Core i9-9900123
101
Ryzen 7 3700X108
83
平均fps最小fps
WQHD環境での計測だ。Core i7-10700は平均fpsでi7-9700Kに並び、最小fpsではi9-9900Kと並んでいる。i7-9700Kと、そしてi9-9900と同等という評価に落ち着きそうなスコアである。

それなりにゲームへの適性は示せている。しかし、性能の上限はあるのだろう。Core i9-10900Kとの差は僅かである。これならi7-10700を選択してしまっても良さそうだ。

Borderlands 3 1440p

boarderland3

Core i7-9700K67
60
Core i9-9900K67
60
Core i9-990067
60
Core i7-10700K67
60
Core i9-10900K67
60
Core i7-1070067
60
Ryzen 7 3700X64
57
平均fps最小fps
Borderlands 3でのベンチマークだ。Ryzenに最適化されているタイトルとなっている。Core i9-9900に僅かながら差をつけられる結果となった。Core i7-9700Kはトップのスコアを叩き出している。

Ryzenに最適化されていることもあり、Core iシリーズとの差はほとんどないい。最適化されてもRyzenはCore iに届かないと取るか、同等にまで伸びたと取るかで評価は割れるだろう。Intel視点なら、Ryzenに最適化されたゲームでも負けないと見れる。

Ghost Recon Breakpoint 1440p

Ghost Recon Breakpoint

Core i9-10900K113
97
Core i7-10700K113
97
Core i7-9700K111
95
Core i9-9900K111
95
Core i9-9900111
95
Core i7-10700111
95
Ryzen 7 3700X104
90
平均fps最小fps
Ghost Recon Breakpointでのベンチマークだ。Core i7-10700のスコアは2位タイである。i7-9700Kやi9-9900Kと同じスコアとなっている。WQHDのGhost Recon Breakpointでは、この辺りがスコアの上限なのだろう。

このタイトルではあまりCPUにこだわる必要はなさそうだ。それよりもグラフィックボードにお金を掛ける方がメリットが大きい。Ryzenシリーズとの差もそこまで大きくない。CPUが与える影響が小さいタイトルではRyzenシリーズも選択肢に入るということだ。

Total War : Three Kingdoms 1080p

totalwar

Core i9-10900K149
125
Core i7-10700K147
122
Core i7-10700147
120
Core i7-9700K147
97
Core i9-9900K144
119
Core i9-9900142
115
Ryzen 7 3700X123
82
平均fps最小fps
Total War :Three Kindomsでのベンチマークだ。第10世代に最適化されている。Core i7-9700Kと平均fpsは同じだ。しかし、最小fpsに大きな差がある。Core i7-9700Kは最大fpsでi7-10700より高く、最小fpsでは低い。やや波の荒さが際立ってしまう。この特性はRyzenシリーズに近いものがある。第10世代に最適化されたゲームでは、第10世代が当然強い。それより前のCPUでは安定を目指すのは難しいだろう。

>>>Core i7-10700を確認(Amazon)<<<

Core i7-10700搭載のおすすめゲーミングPC一覧

売れ筋モデルが揃っている。当初の予定を覆してCore i5シリーズではなくCore i7-10700に人気が集中した。やはりCore i7-10700搭載モデルはゲーマーの方にとっての基準となるのだろう。コスパ指標でもトップクラスで、Core i7-10700搭載モデルに注目が集まる。上位モデルであるCore i9シリーズやRyzen 9シリーズ搭載モデルに比べて手頃なので購入しやすいというのも人気の理由の一つだと考えている。後継モデルであるCore i7-11700が登場してもその人気は健在だ。

Monarch XT (ドスパラ)

monarch価格:144,980円(税込)
CPU:Core i7-10700
GPU:GeForce GTX 1660 SUPER
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB
HDD:1TB
電源:550W 80PLUS BRONZE

公式サイト詳細

GTX 1660 SUPER×i7-10700搭載で税込14万円台で販売されている。ドスパラの中でもイチオシモデルの一つだ。ゲーミング性能的にはフルHD環境がターゲットとなる。高解像度へのこだわりがない方にとって魅力的な選択肢になるだろう。メモリ16GB、SSD 512GB、HDD 1TBと構成も十分だ。クリエイター向けモデルという位置付けなのでゲーマー以外の方でも選びやすいはずだ。光学ドライブ搭載で利便性も高い。

G-Tune EM-B-KK(G-Tune)

nextgear-micro価格:159,800円(税込)
CPU:Core i7-10700
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:2TB
電源:500W BRONZE

公式サイトレビュー

RTX 3060×Core i7-10700搭載のゲーミングPCだ。税込159,800円という価格は破格だと言える。これは価格.com限定モデルだからこそ実現できたのだろう。近いうちに価格が引き上げられるのではないかと予想している。それだけコストパフォーマンスに優れた一台だ。RTX 3060は、Ampere世代の後発モデルでフルHD環境をメインターゲットとしている。GTX 1660 SUPERよりも余裕を持ったゲームプレイが可能だ。レイトレーシングやDLSSといった機能も搭載されている。

G-Tune TD-G(G-Tune)

nextgear-micro価格:186,780円(税込)
CPU:Core i7-10700
GPU:GeForce RTX 3070
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:2TB
電源:700W 80PLUS GOLD

公式サイト詳細

RTX 3070搭載で税込18万円台はコラボモデルでしか実現できないだろう。当サイトおすすめ度上位のモデルとなっている。RTX 3070は、従来のRTX 2080 Tiと同等の高い性能を持ち高解像度にも対応することができる。CPUも第10世代のCore i7-10700を搭載していて万全だと言える。メモリ16GB、SSD 512GB NVMe対応、HDD 2TBとダブルストレージ採用も強みだ。

Core i7-10700搭載のゲーミングPC一覧

製品名価格CPUGPUメモリSSDHDD
GALLERIA XA7C-R26149,980i7-10700RTX206016GB512GB×
GALLERIA XA7C-R36第10世代179,980i7-10700RTX306016GB1TB×
GALLERIA XA7C-R36T第10世代199,980i7-10700RTX3060Ti16GB1TB×
GALLERIA XA7C-R37第10世代209,980i7-10700RTX307016GB1TB×
GALLERIA XA7C-R37T第10世代229,980i7-10700RTX3070Ti16GB1TB×
G-Tune TD-S175,780i7-10700RTX306016GB512GB×
G-Tune HL-B186,780i7-10700RTX306016GB512GB×
G-Tune TD-G186,780i7-10700RTX307016GB512GB2TB
G-Tune PM-B164,780i7-10700GTX166016GB256GB1TB
G-Tune PM-Z175,780i7-10700GTX166016GB256GB1TB
G-Tune HM-B186,780i7-10700RTX306016GB512GB×
G-Tune HM-BJ197,780i7-10700RTX306032GB1TB×
G-Tune EM-B-KK159,800i7-10700RTX306016GB512GB2TB
G-Tune HM-Z-AC208,780i7-10700RTX307016GB512GB2TB
G-Tune XM-B179,800i7-10700RTX307016GB512GB2TB
G-Tune XN-Z-AC249,800i7-10700RTX308032GB1TB2TB
G-GEAR GA7J-F210/T154,364i7-10700FRTX306016GB500GB×
Dell G5プレミアム154,137i7-10700FGTX1660Ti16GB512GB×
Pavilion TG01 i7/グラフィックレス72,545i7-10700UHD63016GB256GB1TB
Pavilion TG01 i7/RTX3060Ti159,800i7-10700FRTX3060Ti16GB512GB1TB
OMEN 25L i7-10700F/GTX1660SUPER123,200i7-10700FGTX1660 Super16GB256GB2TB
OMEN 25L i7-10700F/RTX2060174,800i7-10700FRTX3060Ti16GB512GB2TB
FRGKB460/SG2173,800i7-10700RTX307016GB1TB2TB
FRGXB460/37159,800i7-10700RTX307016GB512GB1TB
FRGAH470/36/NTK144,800i7-10700FRTX306016GB1TB×

管理人による総評(Core i7-10700)

corei5-10400top

(+) 前世代のCore i9シリーズに匹敵する高いゲーム性能
(+) 第10世代CPUの中でもコストパフォーマンスが高い
(-) Core i5シリーズの影に隠れてしまう!?

Core i7-10700は強力なCPU性能と、抑えられた価格が魅力である。そして、従来通り事が進めば人気No.1のCPUになれるのではないかと思う。しかし、Core i7-10700は性能こそ上がったが、ゲームへの対応力は大幅に上がったわけではない。

前世代のi9-9900と同等言えば確かに聞こえは良い。実際にはCore i7-9700もゲームの上ではi9-9900にやや近い性能を発揮していた。大きく伸びたのは総合性能で、ゲーム性能に関してはスレッドが倍増した分程度の伸びだ。この辺りは第10世代に最適化されたゲームがどれほど登場するかで評価が変わってくる。

優れたCPUとして存在を確立していながら、他製品の動向に左右されるというのはマイナスだ。本命視されているCore i5に対し、性能の優位は保てている。一方で、コストパフォーマンスではCore i5シリーズが第10世代トップである。既存のゲームの多くは、CPUがゲームに与える影響が小さくなっている。

これから登場するゲームも、ほとんどは同じ形になるだろう。CPU性能が更に求められる頃には次世代CPUが登場しているはずだ。第8世代より前のCPUを使用しているユーザーからすると、革命的なCPUである。第8世代のCPUを使用していると、交換しても感動は薄いかもしれない。性能の伸びは感じられても、快適性自体に大きな差は生まれないだろう。

Core i7-10700を評するなら、Core i7-9700より大幅に成長したCPUである。そしてそれは、ゲーム性能を指すのではなく、総合的な性能を指している。プレイしたいタイトルが第10世代に最適化されるまでは様子を見るのも良いかもしれない。Core i7-10700搭載モデルに関しては単体よりも評価が高い。

チップセットが標準で搭載されているという点でも選びやすい。搭載モデルに関しては価格が落ちる前に選択しても、落ちてから選択肢ても後悔の 少ないモデルになると考えられる。ミドルクラスに搭載するには少し勿体ない性能に感じてしまう。今後、ベストバランスとなるグラフィックボードが登場するまでは、主役をi5に定めて見ておいた方が良いかもしれない。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!