ryzen75800xtop
当ページでは、Ryzen 7 5700Xの性能レビュー&搭載ゲーミングPCを紹介している。Ryzen 7 5800Xが登場してから1年半の月日が流れてようやく下位モデルであるRyzen 7 5700Xがリリースとなった。第3世代Ryzenシリーズでも人気の高かったRyzen 7 3700Xの後継モデルということになる。

8コア16スレッドと高いスペックを持つ。Ryzen 7 5800Xのクロック周波数を落として、さらに省電力性に磨きを掛けたモデルだ。ただし、同じ価格帯のIntel Core i5-12600Kと比べるとコストパフォーマンス的に劣ってしまうのが残念だ。Alder Lake世代のCPUがより洗練されている。やはりZen 4アーキテクチャまでの繋ぎだと考えておく必要がある。後継モデルはZen 4アーキテクチャ採用の「Ryzen 7 7700X」だ。クロック周波数の引き上げによって大幅に性能が高くなった。特にゲーム適性はIntel第12世代CPUに匹敵するほどだ。

Ryzen 7 5700Xの基本情報

コードネームZen 3(Vermeer)
プロセス7nm
コア/スレッド数8コア/16スレッド
定格/最大クロック3.4 GHz/ 4.6 Ghz
L3キャッシュ32MB
TDP65W
発売日2022年04月04日
MSRP$299
価格36,980円
特徴 (+)Ryzen 7 5800Xよりも安くコスパが高い
(+)省電力性に優れている
(+)搭載モデルのラインナップが増える可能性が高い
(-)性能及びコスパでCore i5-12600Kに劣る
(-)Ryzen 7 5800Xの登場から時間が経ちすぎている
評価 ・総合評価
★★★★★★★☆☆☆ 7.0

・ゲーム評価
★★★★★★★☆☆☆ 7.0

>>>Ryzen 7 5700Xを確認(Amazon)<<<

Ryzen 7 5700Xの基本情報

スペック

 Ryzen 7 5700XRyzen 7 5800XRyzen 7 3700X
メーカーAMDAMDAMD
コードネームZen 3Zen 3Zen 2
プロセス7nm7nm7nm
トランジスタ数41.5億41.5億38.0億
ダイサイズ81 mm²81 mm²74 mm²
コア888
スレッド161616
定格クロック3.4 GHz3.8 GHz3.6 GHz
最大クロック4.6 GHz4.7 GHz4.4 GHz
L3キャッシュ32MB32MB32MB
対応メモリDDR4-3200DDR4-3200DDR4-3200
CPUクーラー×××
内蔵GPU×××
PCI-ExpressGen 4Gen 4Gen 4
TDP65W105W65W
価格$299
(36,980円)
$449
(36,579円)
$329
(-)
発売日2022年04月04日2020年11月06日2019年07月07日
Ryzen 7 5700Xのスペックについて詳しく見ていく。前世代のRyzen 7 3700Xと比べるとコードネームがZen 2からZen 3へと進化している。ここが一番のハイライトでIPCの改善などでパフォーマンスの底上げが行われている。トランジスタ数が9%増えて、ダイサイズも10%程度大きい。コア/スレッドは8コア16スレッドと共通だ。定格クロックはRyzen 7 3700Xの方が6%高く、最大クロックはRyzen 7 5700Xの方が5%高い。

L3キャッシュ容量は32MBと変わっていない。対応メモリはDDR4-3200と共通だ。CPUクーラーは非同梱となっている。内蔵GPUも非搭載だ。PCI-ExpressもGen 4.0をサポートしている。価格は$30安く$299だ。Ryzen 7 3700Xは、Ryzen 7 5700Xよりも3年近くも前に登場していたことになる。

上位モデルであるRyzen 7 5800Xと比較していく。基本的なスペックは共通であることがわかる。大きく違うのはクロック周波数・TDP・価格だ。定格クロックはRyzen 7 5800Xの方が12%高く、最大クロックもRyzen 7 5800Xの方が3%高い。また、クロック周波数が高い分だけTDPも高く105Wとなる。価格差は$150だ。

2022年8月時点では実売価格に差がほとんどない。Ryzen 7 5700Xが36,980円で、Ryzen 7 5800Xが36,579円でRyzen 7 5800Xの方が安いという奇妙な現象が起きている。もう少し時間が経てば価格差も広がるはずだ。ゲーミングPCの場合は数万円の価格差が生じていてRyzen 7 5700X搭載モデルの方が安く購入できる。

総合性能

ryzen75700xseinou202204

Ryzen 7 5700Xの総合性能はスペック通りで順当だと言えるだろう。性能は上位モデルであるRyzen 7 5800Xと比べると5%程度低く、従来モデルのRyzen 7 3700Xと比べると8%程度高い。ゲーミング最強を謳うRyzen 7 5800X3Dに近い性能だ。Alder Lake世代のCPUと比べるとやや分が悪い。

Ryzen 7 5700Xよりも$100安いCore i5-12400との性能差は2%弱で上回っているものの、同価格帯のCore i5-12600Kと比べると11%程度低い。次世代のZen 4が登場しないと厳しい状況になることは必至だ。8コア16スレッドというスペックで6コア12スレッドのCore i5-12400とそれほど変わらないのは驚くしかない。それだけAlder Lake世代のCPUが強いということだ。

Ryzen 7 5700Xの特徴&注意点

Ryzen 7 5800Xよりもコスパが高い

製品名性能価格コスパ
Ryzen 7 5800X24,001$44953.45
Ryzen 7 5700X22,789$29976.22
Core i5-12600K25,507$28988.26
Core i5-1240022,146$192115.34

上記テーブルは各CPUのコスパをまとめたものだ。$1当たりの性能を数値化している。Ryzen 7 5700Xのコスパは76.22で、Ryzen 7 5800Xの53.45よりも40%以上コスパが高い。従来モデルのRyzen 7 3700Xの立ち位置をしっかりと受け継いでいる。やはりAMDが好きな方にとっては待望のCPUだと言えるだろう。

ただし、Intel製CPUになるとより高いコスパを持っているのが悩ましい。Core i5-12600Kならさらに15%高く、Core i5-12400なら50%も高い。あくまでもAMDのラインナップの中では優秀な部類だということだ。第4世代Ryzenシリーズになって明らかにプレミアム路線に走っている。

国内の販売価格を見るとコストパフォーマンスはイマイチだ。上位モデルであるRyzen 7 5800Xとほとんど同じ価格となっているからだ。Core i5-12600Kとおおよそ同等の価格であることを考えるとRyzen 7 5800Xの方が割安感がある状況となっている。もしかしたらRyzen 7 5800Xの価格が上がる可能性もある。搭載ゲーミングPCの場合はRyzen 7 5700Xの方が安価で購入しやすい。

省電力性が高くパワー効率に優れている

ryzen75700xwatt
Ryzen 7 5800Xの最大の魅力は、性能でも価格でもなく省電力性の高さかもしれない。Ryzen 7 5800Xと比べて47%も消費電力が抑えられていることがわかる。下位モデルであるRyzen 5 5600Xと同程度だ。競合モデルであるCore i5-12600Kと比べると40%程度低い。これならPCケース・CPUファン・電源ユニットに掛けるコストを抑えられる。マザーボードもAM4に対応しているのもコスト面で有利になる。

登場が遅すぎたモデル

Ryzen 7 5700Xは多くのユーザーが待ち望んでいたCPUであることは間違いない。しかしながら、Zen 3アーキテクチャ採用の第一弾モデルであるRyzen 7 5800Xが登場してから1年半も経過していていくらなんでも遅すぎたと言わざるを得ない。その間にIntel第10世代からIntel第12世代へと競合モデルは2世代も進んでいる。

Intel第12世代の快進撃によって窮地に追い込まれている状況だ。価格的にも性能的にも負けている。2022年の秋以降にはZen 4アーキテクチャ採用の第5世代Ryzen 7000シリーズのリリースが予定(Wccftech, 2022)されている。Ryzen 7 5800Xと同時期に発売されていたら状況も変わっていたはずだ。

>>>Ryzen 7 5700Xを確認(Amazon)<<<

Ryzen 7 5700Xのゲームベンチマーク一覧

Far Cry 6

farcry6

上位モデルとの差は4%程度だ。最小fpsは3%程度となっている。価格差を考えると十分優秀なのではないかと思う。平均fpsについてはCore i5-12600Kと同等だ。最小fpsについては6%程度低く安定感の高さはCore i5-12600Kの方が優れている。Ryzen 5 5600Xと比べると7%程度高く十分差別化が行われている。

Hitman 3

hitman3ryzen75700x-hitman3

Hitman 3におけるRyzen 7 5800Xとのフレームレートの差は2%程度だ。最小fpsでは2%程度上回っていておおよそ同程度のパフォーマンスを発揮している。一方で、Core i5-12600Kと比べると20%もフレームレートが劣っている。同じ価格帯のモデルでこれだけの性能差があるのは厳しい。Ryzen 7 5700Xの購入を検討中の方はCore i5-12600Kも合わせて検討する必要がある。

Red Dead Redemption 2

Red Dead Redemption 2ryzen75700x-reddeadredemption

Red Dead Redemption 2では上位モデルであるRyzen 7 5800Xと比べて平均fpsは5%低く、最小fpsは3%低い。Ryzen 5 5600Xに劣っているのは気になるところだが、Core i5-12600Kと同程度のフレームレートを出しているのは評価できる。ややトリッキーな結果が出ていると言える。

>>>Ryzen 7 5700Xを確認(Amazon)<<<

その他アプリケーションのベンチマーク

Cinebench R23

cinebenchryzen75700x-cinebenchr23

Cinebench R23でのスコアを見ていく。客観的なパフォーマンスを見るのに最適なベンチマークソフトだ。Ryzen 7 5800Xと比べるとマルチスレッド性能は15%低く、シングルスレッド性能も3%低い。クロック周波数の差が出ていると考えてよさそうだ。Ryzen 7 5800XはTDPの余力もあってポテンシャルの高さが光る。

Ryzen 5 5600Xと比べるとマルチスレッド性能が15%高いが、シングルスレッド性能は4%低い。シングルスレッド性能についてはクロック周波数及びTDPの差が出ている。競合モデルであるCore i5-12600Kは、10コア14スレッドとスペックが高くそれがしっかりとスコアに表れている。マルチスレッド性能が34%高く、シングルスレッド性能も25%高い。

Handbrake

handbrakeryzen75700x-encode

動画のエンコードに掛かる速度を計測している。数値が少ないほど高性能であることを意味する。Ryzen 7 5800Xと比べるとx264では11%劣っていて、x265でも11%劣っている。Ryzen 5 5600Xと比べると10%前後パフォーマンスが高い。6コア12スレッドと8コア16スレッドとコア/スレッドの差があるということだ。よりコアの多いCore i5-12600Kになるとx264では21%高く、x265でも20%高く圧倒的な差がある。クリエイター作業を中心に考えているならやはりCore i5-12600Kを選択するべきだろう。

Adobe Lightroom and Premiere Pro

Adobe Premiere Pro CCryzen75700x-adobe

Adobeソフトでのパフォーマンスを見ていこう。Ryzen 7 5800Xとの差は1%-2%程度でほとんど同じだ。Ryzen 5 5600Xと比べると5%程度パフォーマンスが高い。Core i5-12600Kになると4%-9%程度パフォーマンスが高い。Intel製CPUに有利なソフトウェアだと言える。

>>>Ryzen 7 5700Xを確認(Amazon)<<<

Ryzen 7 5700X搭載おすすめゲーミングPC

LEVEL-M0P5-R57X-RJX(パソコン工房)

LEVEL-M049-iX7-RWS価格:139,800円(税込)
CPU:Ryzen 7 5700X
GPU:GeForce GTX 1660 SUPER
メモリ:DDR4-3200 16GB
ストレージ:SSD 500GB NVMe
電源:500W 80PLUS BRONZE
コスパ:調査中

公式サイト

パソコン工房のミニタワーケースを採用している。グラフィックスにローエンドクラスのGTX 1660 SUPERを搭載したゲーミングPCだ。フルHD環境でのゲームプレイ向けのモデルとなっている。タイトルによっては設定を下げるなどして対応する必要がある。メモリ16GB、SSD 500GBと構成は平均以上だ。電源ユニットは500W BRONZEを採用している。

GALLERIA XA7R-R36 5700X搭載(ドスパラ)

galleriaxseries価格:209,980円(税込)
CPU:Ryzen 7 5700X
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:DDR4-3200 16GB
ストレージ:SSD 1TB NVMe
電源:650W 80PLUS BRONZE
コスパ:調査中

公式サイト詳細

Ryzen 7 5700X×RTX 3060搭載のゲーミングPCだ。ミドルクラスのグラフィックボードを搭載していてゲームプレイにも余裕を持って対応できる。メモリ16GB、SSD 1TBと構成も充実している。電源ユニットは650W BRONZEだ。Ryzen 7 5700Xの省電力性が高くこれぐらいの容量でも余裕がある。

LEVEL-M0P5-R57X-SAX(パソコン工房)

LEVEL-M049-iX7-RWS価格:191,800円(税込)
CPU:Ryzen 7 5700X
GPU:GeForce RTX 3060 Ti
メモリ:DDR4-3200 16GB
ストレージ:SSD 500GB NVMe
電源:700W 80PLUS BRONZE
コスパ:調査中

公式サイト

Ryzen 7 5700X×RTX 3060 Ti搭載のハイクラスのゲーミングPCだ。ミニタワーケース採用でデスクの上にも置きやすい。RTX 3060 Ti搭載でWQHD環境でのゲームプレイにも最適だ。メモリ16GB、SDS 500GBと構成も充実している。電源ユニットは700W BRONZEで必要十分だ。

>>>Ryzen 7 5800X3Dを確認(Amazon)<<<

参照外部サイト

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya