Core i7-9700画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

当ページでは、Core i7-9700の性能レビュー及びベンチマークの紹介をしている。ついに第8世代で人気の高かったCoffee Lake世代のCore i7-8700の後継モデルが登場した。Core i7-8700は価格と性能のバランスが良く多くの人気モデルで搭載されていたCPUだ。その後継モデルということでCore i7-9700も期待値が高い。

8コア8スレッドのCoffee Lake-R世代の高性能モデル当該CPU搭載のゲーミングPCも増えてきたので気になっている方も多いだろう。なお、今はCore i7-9700の後継モデルである「Core i7-10700」が発売されている。ハイパースレッディング対応となり8コア16スレッドへとスペックが引き上げられている。

Core i7-9700の基本情報

コードネームCoffee Lake-R
プロセス14nm++
コア/スレッド数8コア/8スレッド
Pコア定格/最大クロック3.0 GHz/ 4.7 Ghz
L3キャッシュ12MB
TDP65W
発売日2019年06月07日
価格$323
特徴 (+)高コストパフォーマンスのCPU
(+)8コア8スレッドと物理コアがアップ
(-)搭載モデルが多く選ぶのが難しい
評価 ・総合評価
★★★★★☆☆☆☆☆ 4.5

・ゲーム評価
★★★★★☆☆☆☆☆ 4.5

Core i7-9700の基本情報

スペック

 Core i7-9700Core i7-9700KCore i7-8700
コードネームCoffee Lake-RCoffee Lake-RCoffee Lake
プロセス14nm++14nm++14nm++
CPUコア数886
スレッド数8812
定格クロック3.0GHz3.6GHz3.2GHz
最大クロック4.7GHz4.9GHz4.6GHz
オーバークロック××
L3キャッシュ12MB12MB12MB
メモリ規格DDR4-2666DDR4-2666DDR4-2666
CPUクーラー付属なし付属
グラフィックス UHD Graphics 630 UHD Graphics 630 UHD Graphics 630
TDP65W95W65W
価格$323$374$303
発売日2019/06/072018/10/202017/11/02
Core i7-9700は、先に発売されたCore i7-9700Kのオーバークロック非対応モデルとなる。今回からCPU内蔵グラフィックス非搭載のFシリーズも発売されている。価格が抑えられているためメリットがある。CPU性能自体はどちらも同じなので好みで選んでよいだろう。まずはCore i7-9700Kとスペックを比較していく。

定格クロックはCore i7-9700Kの方が20%高く、最大クロックは5%高い。その上でオーバークロックに対応しているためCPU性能自体は高い。L3キャッシュは同じ12MBだ。メモリ規格はDDR4-2666となっている。Core i7-9700KにはCPUクーラーは非同梱だ。

KシリーズではCPUクーラーが搭載されていないのが一般的になっている。価格面ではCPUクーラーが同梱のCore i7-9700が有利だ。CPU内蔵グラフィックスはどちらもUHD Graphics 630となっている。TDPはクロック倍率フリーのCore i7-9700Kの方が47%大きい。Core i7-9700を選択すれば電源ユニットに掛ける費用を抑えられたり、マザーボードのチップセットを廉価版にしたりして価格を下げられるのが嬉しい。

Core i7-9700K搭載モデルだとどうしてもコストは掛かってしまう。もちろん純粋な性能の高さはあるもののオーバークロックをする方はそれほど多くないと思うので、Core i7-9700でも十分なことが多いだろう。CPU自体の価格差は$51だ。ゲーミングCPUとしてはCore i7-9700の方が人気が高い。

第8世代のCore i7-8700と比較するとスペックが向上していることがわかる。プロセスは14nmでコードネームもリフレッシュモデルで大幅にアーキテクチャが変わったわけではない。Core i7-9700でハイパースレッディング非対応となったが、物理コアが33%アップしているためそれが性能に跳ね返っている。

やはり仮想的なスレッドよりも物理的なコアの方が性能面に大きく影響を与える。定格クロックが6%落ちているが、最大クロック周波数が上がりマイナスとはならない。第8世代→第9世代に掛けてi7シリーズは性能アップが著しい。価格は$20、およそ2,200円高くなっている。スペックが上がっていることを考えると納得できる。

総合性能

corei7-9700seinou

総合性能では、従来モデルである第8世代のCore i7-8700Kと同等の性能を持つ。物理コアが引き上げられてマルチスレッド性能が上がったことでゲーミングパフォーマンスも向上している。現行モデルでいうとCore i3-12100と同程度に留まる。ハイパースレッディングに対応したCore i7-10700になると45%以上パフォーマンスが高い。上位モデルのCore i7-9700Kとの差は25%だ。Ryzen 7 2700と比べると12%程度性能は低い。

>>Core i7-9700Fを確認(Amazon)<<

Core i7-9700の特徴&強みまとめ

第9世代のラインナップでちょうどよい性能を持つ

Core i7-9700は、第9世代のCPUの中で売れ筋になるポテンシャルを持つCPUだ。それは第8世代でゲーミングPC搭載CPUとしては最も人気の高かったCore i7-8700の後継モデルというのがある。もう一つは、8コア8スレッドとCore i7の性能が向上しCore i7-9700でも十分であることが多いからだ。

消費電力を抑えられているという点でもCore i7-9700Kよりも優位性がある。また、オーバークロックを考えないのであればCore i7-9700を積極的に選んでよい。もっともキャンペーンなどでCore i7-9700Kに無償アップグレードが行われるならそれを捨てる理由はない。オーバークロックをしないとしても純粋に性能が高いからだ。価格が変わらないなら上位モデルがおすすめだ。

オーバークロックとは!?

オーバークロックとは、CPUの性能を極限まで高めることだ。10%~20%ぐらい性能を引き上げられる。ただし、マザーボードのチップセットがZ390であること発熱対策が行われていることが必須だ。オーバークロックをすると故障するリスクもあるため初心者の方にはおすすめしない。また、BTOメーカーの保証対象外となるのも理解しておこう。

性能の高いRTX 20シリーズと相性の良いCPU

Core i7-9700は、RTX 20シリーズのグラフィックボードと相性が良いCPUとなっている。ゲーミングPCを構築する上でCPUとグラフィックボードのバランスを考えることは重要だ。いずれかの性能が低いとボトルネックとなってしまい本来の性能が発揮できなくなる可能性があるからだ。

その上で、Core i7-9700は、高性能なRTX 20シリーズを考えているならおすすめのCPUだと言える。売れ筋であるRTX 2070やRTX 2060と合わせると価格とパフォーマンスでも魅力的なモデルとなる。ただし、RTX 2080以上になるとCore i7-9700Kも選択肢に入れた方がよいだろう。

今後BTOメーカーのラインナップが増えると予想

現時点ではほとんどラインナップにない。2019年6月に登場したばかりで前モデルの在庫処分があるからだ。それでも在庫がなくなってくればどんどんCore i7-8700→Core i7-9700へと切り替わっていくだろう。このクラスだけ第8世代しかない状態で少し違和感があったが、やっとそれが解消されることになる。

これで第9世代のCPUのラインナップが全て揃った。新しい時代の幕開けだ。2020年になって予想通り搭載モデルが増えてきた。売れ筋のCPUであることは疑いの余地がない。ゲーミングPC搭載CPUの基準として考えると良いだろう。当サイトのランキングでも上位に多くCore i7-9700搭載モデルがランクインしている。

その後ドスパラ・G-Tune・パソコン工房など各BTOメーカーから搭載モデルがリリースされている。売れ筋ランキングに食い込むモデルも増えてきた。やはりCore i7-8700と同様に人気モデルへの道を駆け上がっているように思える。一方で、ラインナップが多すぎて選びづらく感じてしまうかもしれない。当サイトを参考にぜひベストな一台を見つけ出して欲しい。

>>Core i7-9700Fを確認(Amazon)<<

Core i7-9700のゲームベンチマーク一覧

RTX 2080 Tiを搭載したゲーミングPCでのCPUごとのフレームレートを計測している。フレームレート自体にそれほど意味はなく、他のCPUとの相対的な位置を見て欲しい。そうすればそのCPUの性能を知ることができるからだ。

Far Cry 5

farcry5farcry5-i7-9700f

Core i7-9700は、従来モデルのKシリーズであるCore i7-8700Kとほぼ同等のスコアを叩き出している。Core i7-8700よりも3%程度高くなっている。Core i7-9700Kとの差は1.5%だ。8コア8スレッドとスペックの向上はゲームプレイにおいてプラスになっていることがわかる。

Civilization 6

civ6civ6-i7-9700f

Core i7-9700Kとのスコア差が小さくなっている。フレームレートの差は1%未満だ。従来モデルであるCore i7-8700との差は4%となった。Core i7-8700Kよりもフレームレートが高いのは期待通りだ。

その他アプリケーションのベンチマーク

Cinebench R15

cinebenchCinebench R15-i7-9700f

CPUのレンダリング性能をスコア化できる定番のソフトウェアだ。スペックに忠実に数値が出ることからCPU性能を図るのに適している。ただし、実際のアプリケーションでは当てはまらないことがあるのは理解しておいて欲しい。

Core i7-9700は、マルチスレッド性能が大きく向上している。Core i7-8700よりも8%高く、Core i7-8700Kよりも5%高い。シングルスレッド性能についての差は小さいものの十分性能差が見て取れる。

Handbrake

handbrakeHandbrake-corei7-9700f

動画のエンコード速度を計測している。x264では、Core i7-8700よりも14%高性能になった。x265では35%程高速化されている。コア数が増えたことでより高速で処理を行えるということだろう。

>>Core i7-9700Fを確認(Amazon)<<

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya