cputoha

当記事では、Core i7-5960X Extreme Editionの性能スペックについて解説している。2014年8月に発売されたこのCPUは、当時最高峰のスペックを誇る超高性能プロセッサーだった。

8コア16スレッドとなっていてゲーミング向けとは到底言えなかった。かなり特殊なので一般ユーザー向けではないことを伝えておかなければいけない。おそらくこのサイトを見てくれている方にとってCore i7-5960X EEを搭載しているPCは購入の対象とはならないと考えている。ここでは一つの情報として読んでほしい。

>>Core i7-5960X EE確認する(Amazon)<<

Core i7-5960X EEのスペック

 i7-5960Xi7-7820X7 1700
コードネームHaswellSkylakeZen
製造プロセス14nm14nm22nm
CPUコア数888
スレッド数161616
定格クロック3.0GHz3.6GHz3.0GHz
最大クロック3.5GHz4.3GHz3.7GHz
L3キャッシュ15MB11MB16MB
TDP140W140W65W
価格$999$589$329
発売日2014年2017年2017年
これが2014年のCPUだとは言えないスペックだ。8コア16スレッドと驚異的なコア数を持つ。定格クロックは3.0GHz、ブースト時でも3.5GHzと抑え気味だ。クロック周波数が高くないのでやはりゲーム向けとしては適切ではない。また、8コアを生かす状況もそれほどなく、サーバー用などプロ向けのCPUだと言える。価格は$999と日本円にすると10万円オーバーと非常に高額だ。

その後のCPUの進化を簡単に見ておこう。まず3年後に発売となったi7-7820Xは価格がおよそ45%安くなっているものの性能は高い。クロック周波数が20%以上アップとなっている。なお、i7-7960Xになると12コアとよくわからないスペックとなり確実にゲーミング向けCPUという枠を外れる。

さらに驚くべきことは2017年にAMDがリリースしたRyzen 7シリーズだろう。価格はおよそ$300にもかかわらずi7-5960Xとほぼ同等のスペックとなる。さらに、65Wと省電力性に磨きが掛かっている。このときからRyzenの追撃が始まったが、スペックを比較するとそのすごさがわかる。

Core i7-5960X EEの特徴まとめ

DDR4メモリに初めて対応したCPU

実はDDR4メモリを初めて導入したCPUなのだ。その後のSkylake世代から一般的に普及したメモリ規格だが実は2013年時点ですでに採用されていたのだ。DDR4メモリがこれまでのDDR3よりも高性能なのは言うまでもない。

省電力性にも磨きが掛かっていてまさに次世代向けメモリと言えるのだ。さらに、クアッドチャンネルにも初めて対応したのだ。あまり表に出ることのなかったCPUだが実は今につながる基礎を築いたモデルだと言える。

8コア16スレッドの前身

今や8コア16スレッドは普通になっている面もあるが当時としては革新的だった。一般のゲーム向けCPUが4コア8スレッドが普通の時代なので奇妙ささえ感じた。当時はゲーム向けとしてではなくサーバー用やクリエイター向けのCPUというものだった。

今は価格も下がってきたことからゲーム用途で活用する人も増えているように思う。ただ、ゲーム側でマルチスレッドにうまく最適化されているとは言えず十分なパフォーマンスを発揮できていない。

Core i7-5960X EEのベンチマーク

Cinebench

i7-5960x

CPU性能を計るのに最適なベンチだ。前世代のi7-4960Xよりも36%高い数値となっている。レンダリング性能で最大32%高速化されたと公式で発表されたが偽りはないようだ。プロフェッショナル向けとして最高峰の性能を発揮している。

Handbrake

i7-5960xhandbrake

CPU速度やメモリ速度を計測するのに最適なベンチマークだ。H.264ファイルのエンコード速度を計測。i7-4960Xを圧倒。i7-5820Xでもわずかに上回っている。やはりCPU性能は高い。公式発表のデータによる4Kビデオの編集だと最大20%早くなっているということだ。

Bio Shock-ゲーム

i7-5960xbioshock

ミディアムクオリティで720P及び1080PでFPSを計測。i7-4960Xと比べると8%性能が向上している。ただ、i7-4770Kの方がスコアが高くなっていることからゲームプレイにおいてはやはりマルチスレッド性能を生かすことはできていない。ただ、タイトルによっては確かに数値が高くなることがあるので一概には言えない。価格を考えると選択肢に入ることはないだろう。

かつで販売されていたCore i7-5960X EE搭載パソコン紹介

i7-5960Xはゲーミング用途としては現実的なCPUとは言えなかった。そもそもIntel側もゲーム向けとして販売しているわけではない。ではなぜゲーミングPCを紹介するサイトでこのCPUを紹介したかというと下記のモデルの存在が大きい。

ドスパラで電王戦で使用されたモデルとして販売されたモデルがあったのだ。当時の記事が残っているのでここに紹介しておく。現在は販売されていない。

ガレリア電王戦価格379,980円
CPUCore i7-5960X EE
GPUGeForce GTX960
メモリ64GB
SSD250GB
HDD設定なし。
コスパ
レビューGALLERIA 電王戦レビュー記事

>>Core i7-5960X EE確認する(Amazon)<<

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2019年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2019年最新】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る

ベンチマークテスト環境

desktoppc

GPUGTX 780 Ti
メモリ8GB
電源ユニットCorsair AX1200i