Ryzen 7 3700X画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

当ページでは、Ryzen 7 3700Xの性能レビュー及びおすすめゲーミングPCの紹介をしている。Ryzen 3000シリーズ(第3世代)のモデルが発売開始となった。秋葉原のPCパーツショップなどでは大盛況のようだ。発売から時間が経ち価格も落ちてきている。

Ryen 7 3700Xは、ゲーミング用CPUとしてコストパフォーマンスが高く本命のCPUとなっている。気になるその性能について詳しく見ていこう。搭載モデルについては、ページ下部の「Ryzen 7 3700X搭載おすすめゲーミングPC」でまとめている。

後継モデルとしてZen 3アーキテクチャを採用した「Ryzen 7 5800X」が販売されている。まだまだ価格が高くBTOメーカーではRyzen 7 3700Xを取り扱っているところが多い。

よくわかる!!Ryzen 7 3700Xの特徴まとめ

  • 総合評価 :80点/100点
  • ゲーム評価:70点/100点
  • 価格:約40,000円
  • 発売日:2019年7月7日

今回登場したRyzen 3000シリーズの中でもこのRyzen 7 3700Xはゲーミングパフォーマンスが高くおすすめしやすい。BTOメーカーのラインナップも多く注目度の高さが伺える。

ゲームプレイにおいては上位のRyzen 9 3900Xに近い性能を持っている。ゲームプレイを考えるのであればRyzen 9シリーズよりもRyzen 7 3700Xは最善の選択となるだろう。ただし、Intel製CPUと比べるとやや見劣りしてしまう部分もある。

>>>Amazonを確認(Amazon)

Ryzen 7 3700Xの基本情報

スペック

 7 3700X7 2700Xi7-9700
メーカーAMDAMDIntel
プロセス7nm12nm14nm
コードネームZen2Zen+Coffee Lake-R
CPUコア数888
スレッド数16168
定格クロック3.6 GHz3.7 GHz3.0 GHz
最大クロック4.4 GHz4.3 GHz4.7 GHz
L3キャッシュ32MB16MB12MB
オーバークロック×
TDP65W105W65W
価格$329$329$323
発売日2019年7月7日2018年4月19日2019年6月22日
前世代のRyzen 7 2700Xと比較していこう。Zen 2アーキテクチャになって大きく変わったのはプロセスだろう。12nm→7nmへと縮小化された。プロセスが小さくなるとパワー効率が上がり、高いクロック周波数、そして多くのトランジスタ搭載が可能となる。つまり、その分だけCPU性能に良い影響を与えるということだ。CPUの技術革新はこのプロセスが第一の焦点となる。

前世代のRyzen 7 2700Xよりもブーストクロックが0.1GHzが上がった。そして、消費電力(TDP)が105W→65Wへと省電力が計られた。これはユーザーからすると嬉しいポイントとなる。電源ユニットに掛けるコストを浮かすことができるからだ。いずれのモデルもオーバークロックに対応している。さらに、L3キャッシュが16MB→32MBへと倍増となった。このL3キャッシュはGame Cache(ゲームキャッシュ)と名前を付けられ、まさにゲームのレイテンシ低減のためにあるのだ。なお、Socket AM4対応マザーボードが使用できるためCPUを変えてもマザーボードはそのまま流用できる。

競合であるIntelのCore i7-9700との比較も見ていこう。価格はほぼ同等だ。Core i7-9700は、プロセスが14nmとおよそ倍の大きさとなっている。プロセスについては、AMDが一歩先をいっている。スレッド数、定格クロック、L3キャッシュ、TDPといずれもRyzen 7 3700Xが上回る。Core i7-9700はオーバークロックに対応していない。スペックを見る限り一つ上のCore i7-9700Kとの比較の方が良いかもしれない。クロック周波数がそれぞれ3.6 GHz、4.9GHzへとアップする。価格は$385となる。ベンチマークではCore i7-9700Kとの比較を行った。

総合性能

73700xseinou

CPUの総合性能では、Intel Core i7-9700を大きく上回っている。上位モデルであるCore i7-9700Kよりもパフォーマンスが高い。前世代のRyzen 7 2700Xと比べると30%以上パフォーマンスが向上した。7nmプロセス採用のインパクトは大きい。価格を考えると非常にお買い得なCPUだと言える。最新の第十世代のCore i7-10700をも上回っているのは驚くしかない。

ただし、これはあくまでもCPUの総合性能であることを理解してほしい。これがゲーミングパフォーマンスだけとなると少し異なりIntel製CPUの方が有利になるのだ。Core i7-9700Kと比べるとかなりゲーム適性は落ちてしまう。ゲームプレイだけを考えるならRyzen 7 3700Xのコスパはそれほど高いわけではない。詳細は後述のベンチマークにまとめている。

>>>>>Ryzen 7 3700Xを確認する(Amazon)<<<<<

Ryzen 7 3700Xの特徴詳細

高いゲーミングパフォーマンスを持つ

Ryezn 7 3700Xは、Ryzen 3000シリーズの中でも高いゲーミングパフォーマンスを持っている。Zen 2アーキテクチャ採用で期待も大きい。価格及びコストパフォーマンスを考えると確実にフラグシップモデルのRyzen 9 3900Xよりも優れている。ゲームプレイ時は、ほぼ同等のフレームレートを計測した。(詳細はゲームベンチマーク一覧を参照)

前世代のRyzen 7 2700Xと比較すると20%性能がアップしている。これは、アーキテクチャがZen +からZen 2に変わったことによる恩恵だ。プロセスも7nmへの縮小化されていてAMDの強さが発揮できている。L3キャッシュが増えたことも性能面でプラスに働いたと言える。

残念ながらIntel製CPUと比べるとゲーミング性能は伸びない。これはRyzen 7 2700Xと変わっていない。コア同士のデータのやり取りを行う際に発生するレイテンシの影響だ。また、シングルスレッド性能の低さも影響している。こういったことが改善されない限り追いつくことはできないだろう。そういう意味では最新のRyzen 7 5800Xなら改善されていると考えてよい。

CPUクーラー「Wraith Prism RGB」同梱

Wraith Prism RGB画像引用元:https://www.amd.com/

Wraith Prismと呼ばれるCPUクーラーが標準搭載となっている。AMDの公式発表によるとおよそ$43の価値があるということだ。Intel製のCPUにはクーラーが搭載されていないことを考えるとこのCPUクーラーの分だけお得だと言える。

グラフィックボードを搭載して発熱量が大きくなりがちなモデルにおいて強みになる。冷却性能も高くLモードで116W、Hモードで124Wの廃熱を散らすことができる。ソフトウェアでLEDライトを変更したり、ファンのプロファイルを変更することが可能だ。

BTOメーカーのラインナップが多い

Ryzen 7 3700Xを搭載したゲーミングPCのラインナップがどんどん投入されている。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、パソコンショップセブンなど国内のBTOメーカーから続々と発売開始となった。Ryzen 9 3800Xは性能が高すぎるので万人受けするモデルとは言えない。Ryzen 5 3500やRyzen 5 3600Xでは物足りないと感じる方はぜひチェックして欲しい。

そう考えるとこのRyzen 7 3700Xがちょうど良い性能ということだろう。ミドルクラスからハイクラスまで幅広いグラフィックボードに合わせられるのも後押ししている。Intel製の売れ筋であるCore i7-9700K/i7-9700に近いゲーミング性能を持っていることを考えると不思議ではない。その後Intel第10世代CPUが登場してさらに価格が落ちてきている。今がRyzen 7 3700Xの買い時だと言える。

Ryzen 7 3700Xのゲームベンチマーク一覧

Farcry 5

farcry5

Core i9-9900K134.5
107.7
Core i7-9700K129.8
94.4
Ryzen 9 3900X115.3
86.3
Ryzen 7 3700X114.2
88.5
Ryzen 7 2700X96.4
73.0
平均99th
上位のRyzen 9 3900Xとほぼ同じスコアとなっている。やはりRyzen 7 3700Xのコスパの高さが光る。ゲームだけを考えるのであればこのCPUがベストの選択肢となる。Ryzen 7 2700Xと比較すると20%程度高い。Core i7-9700Kと比べると10%劣ってしまっている。

Final Fantasy XV

final fantasy xv

Core i9-9900K169.7
110.4
Core i7-9700K170.9
129.8
Ryzen 9 3900X166.4
118.4
Ryzen 7 3700X163.4
118.2
Ryzen 7 2700X151.2
106.6
平均99th
こちらも上位モデルと同等のスコアが出ている。Core i7-9700Kと比較すると5%スコアが落ちている。Ryzen 7 2700Xと比べて10%高くなっていることからやはり世代が変わったメリットがあると言えるだろう。

Hitman 2

hitman2

Core i9-9900K113.3
61.7
Core i7-9700K107.9
60.7
Ryzen 9 3900X100.7
58.6
Ryzen 7 3700X99.4
58.4
Ryzen 7 2700X81.9
48.2
平均99th
Hitman 2ではそれほど大きな性能差は出ていない。その中でCore i9-9900Kが頭一つ抜けている。Ryzen 7 2700Xと比較すると20%スコアが伸びている。ゲームプレイ時の安定感も増し優れたCPUだと言える。

その他アプリケーションのベンチマーク

Cinebench R20

cinebenchryzen73700x-cinebench

CPUのレンダリング性能を図る定番のベンチマークだ。R15からR20に新しくなった。Core i7-9700Kと比較して30%マルチスレッド性能が高くなっている。Ryzen 7 2700Xと比較しても20%高くCPU性能の高さが伺える。シングルスレッド性能についても、Ryzen 7 2700Xから15%アップとなった。

Handbrake

handbrakeryzen73700x-handbrake

Handbrakeで動画のエンコードに掛かる時間を計測した。数値が早いほど高性能ということになる。Ryzen 7 2700Xよりも48%高速化されている。Core i7-9700Kよりも数値上勝っている。純粋なCPU性能ではやはり競合よりワンランク上だろう。

7 Zip

ryzen73700x-7zip

Zipファイルの解凍及び圧縮速度を計測。数値が高いほど速度が早く高性能ということになる。Ryzen 7 2700Xよりも13%-35%高くなっている。Ryzen 7 1800X→Ryzen 7 2700X→Ryzen 7 3700Xと着実に性能がアップしているということだ。

>>Ryzen 7 3700Xを確認(Amazon)<<

Ryzen 7 3700X搭載おすすめゲーミングPC

G-GEAR GA7A-E194/T(TSUKUMO)

G-GEAR GA7A-B180T価格:124,800円(税込)
CPU:Ryzen 7 3700X
GPU:GeForce GTX 1660
メモリ:DDR4 16GB
SSD:240GB
HDD:非搭載
電源:650W 80PLUS BRONZE

公式サイト

GTX 1660搭載モデルとしてかなり安い一台となっている。Ryzen 7 3700Xとの相性も良く初心者の方にもおすすめできる。メモリ16GB、SSD 240GBと構成は必要最低限に留まる。ストレージ不足を感じる方はカスタマイズで対応すれば問題ない。必要な部分だけカスタマイズができるのはBTOパソコンの醍醐味だと言える。フルHD環境でゲームをしたいとか動画編集などクリエイター用途でも使いたいと考えている方向けだ。

GALLERIA XA7R-G60S(ドスパラ)

GALLERIA XA7C-R70S (2)価格:137,478円(税込)
CPU:Ryzen 7 3700X
GPU:GeForce GTX 1660 SUPER
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載
電源:550W 80PLUS BRONZE

公式サイトFRXN710/WS3詳細

ドスパラのRyzen 7 3700X搭載モデルはIntel製と比べても極端に割高になっていないためおすすめしやすい。こちらのモデルは、グラフィックボードにGTX 1660 SUPERを搭載している。フルHD環境でのゲームプレイに最適だ。価格も税込13万円台と購入しやすい価格帯だ。メモリ容量16GB、SSD 512GB NVMe対応と扱いやすい。従来モデルからメモリ容量倍増とより購入しやすくなったと言える。

GALLERIA XA7R-R36(ドスパラ)

GALLERIA XA7C-R70S (2)価格:165,000円(税込)
CPU:Ryzen 7 3700X
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載
電源:650W BRONZE

公式サイトFRXN710/WS3詳細

RTX 3060搭載のミドルクラスのゲーミングPCだ。ドスパラの売れ筋ランキングNo.3にランク入りとなったこともある。税込み16万円台と価格は高めだが、最新モデルということもあってある程度は理解できるはずだ。。Ryzen 7 3700XとRTX 3060との組み合わせも良好だ。フルHD環境で高リフレッシュレートのゲームプレイにも対応できるパフォーマンスは魅力だと言える。メモリ16GB、SSD 1TB、電源650W BRONZEと構成も充実している。このクラスのモデルとしてはコスパも高くおすすめしやすい。

GALLERIA XA7R-R37(ドスパラ)

GALLERIA XA7C-R70S (2)価格:192,478円(税込)
CPU:Ryzen 7 3700X
GPU:GeForce RTX 3070
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載
電源:650W 80PLUS BRONZE

公式サイトFRXN710/WS3詳細

RTX 3070を搭載したハイクラスのゲーミングPCだ。AMDが好きだという方はぜひチェックして欲しい。ドスパラの売れ筋ゲーミングPCである「GALLERIA XA7C-R70S」に似たモデルとなっている。大きなところではCPUがCore i7-10700かRyzen 7 3700Xかの違いとなる。総合性能では同等だ。フルHD環境で高フレームレートを叩き出すことができる。WQHD以上の環境にも対応できるポテンシャルを持つ。Ryzen 7 3700Xとのバランスも良くゲーム配信や動画編集など幅広く対応可能だ。メモリ16GB、SSD 512GB NVMe対応と構成も十分で使い勝手が良い。電源ユニットには650W 80PLUS BRONZEを採用し高性能パソコンをしっかりと支えてくれる。

Ryzen 7 3700X搭載ゲーミングPC一覧

製品名価格CPUGPUメモリSSDHDD
GALLERIA XA7R-R36199,9807 3700XRTX306016GB1TB×
GALLERIA XA7R-R36T 3700X219,9807 3700XRTX3060Ti16GB1TB×
GALLERIA XA7R-R37259,9807 3700XRTX307016GB1TB×
GALLERIA XA7R-R38279,9807 3700XRTX308016GB1TB×
GALLERIA XA7R-R39259,9807 3700XRTX309016GB512GB×
GALLERIA XA7R-67XT182,9807 3700XRX6700XT16GB1TB×
G-Tune HM-A186,7807 3700XRTX306016GB512GB×
G-Tune EN-A208,7807 3700XRTX306016GB512GB2TB
G-Tune XN-A285,7807 3700XRTX308016GB512GB2TB
DAIV A7230,7807 3700XRTX306032GB512GB2TB
LEVEL-M0B5-R73X-RBX172,6787 3700XRTX306016GB500GB×
G-GEAR GA7A-F210/T154,3647 3700XRTX306016GB500GB×
G-GEAR GA7A-H203/XT2219,8007 3700XRTX307016GB500GB×
OMEN Obelisk Desktop 875-0200113,4557 3700XRX5700XT16GB256GB2TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya

ベンチマークテスト環境

desktoppc

GPUNvidia GeForce RTX 2080 Ti
メモリ2x 8GB G.Skill Flare DDR4-3200
ストレージ2TB Intel DC4510 SSD
電源ユニットEVGA Supernova 1600 T2, 1600W
マザーボードMSI MEG X570 Godlike