gtx1050msi画像引用元:https://www.amazon.co.jp/(Amazon公式)

当記事では、GeForce GTX1050の性能スペック&おすすめゲーミングPCを紹介している。GTX1050は、2016年10月下旬に登場したグラフィックボードだ。これまで登場したGTX1080などのPASCAL製品はずば抜けて性能が高く必要としないユーザーもいた。

一方、今回登場した50番台はエントリーモデルとして注目に値する。これでパスカルのグラボもより幅広い層にリーチすることができるだろう。ゲーミングPCでの価格帯は70,000円台後半から100,000円程度となっている。ここまで価格が下げられたのかと驚くばかりだ。今まで全くおすすめできなかった価格帯だけにやはりパスカルはすごい!というのが正直な感想だ。

2018年05月29日追記!!
同時期に登場したGTX1050Tiと比べるとどうしてもコスパは落ちる。PUBGなど最新のタイトルでは役不足感は否めない。また、GTX1050及びGTX1050Ti搭載のゲーミングPCが極端に少ない。当サイトが自信をもっておすすめできるモデルはほとんどない。場合によってはGTX1060 3GB以上を検討すると良いだろう。性能は格段にアップする。

>>>GTX1050を確認する(Amazon)<<<

GTX1050の性能スペックと概要

 GTX1050GTX1050TiGTX950
アーキテクチャPascalPascalMaxwell
CUDAコア数640基768基768基
コアクロック1354MHz1290MHz1024MHz
ブーストクロック1455MHz1392MHz1188MHz
GPUメモリ2GB4GB2GB
TDP75W75W75W
PASCAL世代の特徴としてCUDAコアを減らしてクロック数を上げるというのがトレンドだ。性能的にはGTX950と大きな違いはなく、同じPASCAL世代の上位モデルに比べると物足りないというのが正直な気持ちだ。GPUメモリについても変わりない。GTX1050TiになるとGPUメモリもアップして性能差を体感できるだろう。

GTX1050の特徴まとめ

先代のGTX950よりも高パフォーマンス(+)

gtx1050seinou
GTX1050はPascal世代待望のミドルクラスであり、900シリーズではロークラス、ローエンドクラスにあたる。価格は当時のローエンドクラスGTX750Tiに近く、性能は当時のミドルクラスGTX950よりも僅かに高い。

性能は他の製品より伸びなかったが、補助電源無しでミドルクラスまで性能を底上げしている。特に省電力性は魅力が高く、一般向けのパソコンにもそのまま搭載することができる。低価格帯のグラフィックボードとしてはこれまで考えられないパフォーマンスを持っている。

買い替え対象としては範囲が狭く、600シリーズの50番台以下の製品からくらいだろうか。新規で購入する際に価格が抑えられているため、初心者にとっては選びやすいかもしれない。グラフィックボード自体はGTX950の性能とGTX750の価格に近いためコストパフォーマンスは良好だ。長く低価格帯を支えてきたGTX750とGTX750Tiに引導を渡す大役を任されることになった。後継機としては申し分無く、まずまず評価されていくと思われる。

将来性が高いモデルではない(-)

パスカル世代になって性能が上がったとは言え、あくまでミドルクラスのグラフィックボードだ。これから何年も使っていくというのは心もとない。性能は控えめとなっているのでVR、4K解像度や高設定でのゲームプレイなど高い負荷には対応していない。

また、GTX1050は、GTX1060のような60番台でありながら旧モデルの80番台に追いつくようなものではない。さらに、上位のGTX1050Tiの存在も大きい。グラフィックボード単体で5,000円の差、ゲーミングPCも同等の差でワンランク上のモデルを購入できることを考えるとそれほどおすすめできるわけではない。

とにかく今は安く抑えておきたいという方や初心者にはいいが将来的にもゲームをプレイし続けるのであれば考え直す必要があるだろう。

>>>GTX1050を確認する(Amazon)<<<

GTX1050のベンチマーク

nextgearmicro

CPUGPUメモリ
Core i7-7700GTX10508GB
ベンチマーク測定に使用したパソコンの構成は上記の通りだ。比較対象のGTX1060及びGTX1050Tiもグラフィックボード以外は同じ構成となっている。相対的な性能を知るのに最適だろう。ゲームプレイで最適なスコアについてはGTX1060 3GBを基準にすると良い。

FF14(DirectX11版)ベンチマーク

gtx1050

他製品との比較

gtx1050benchtop
非常に快適となっているが、実際にゲームをするとなると性能不足だ。GTX1050Tiよりも10%、GTX1060 3GB搭載モデルよりも40%スコアが低い。DirectX 9までが適正なのかもしれないが、エントリーモデルだと考えると十分か。

SkyDiver

skydiver

他製品との比較

skydivergtx1050

GTX1050とは接戦となっているが、GTX1060 3GB搭載モデルと比べると差が開いてしまっている。負荷の高い環境下ではどうしても差が出てしまう。ゲームをする上で設定を下げることは必須だ。

GeForce GTX1050搭載おすすめゲームパソコン

NEXTGEAR-M im610BA1-TV(G-Tune)

im610価格:89,800円
CPU:Core i5-8400
GPU:GeForce GTX1050
メモリ:DDR4 8GB
SSD:非搭載
HDD:1TB
電源:500W BRONZE
公式詳細

CPUにi5-8400を搭載した一台だ。GTX1050搭載モデルとしてはコストパフォーマンスは高めだ。構成を落とすことで予算を落としGTX1050搭載モデルとしての価値を高めている。税込みでも10万円にいかない価格は魅力的だろう。

LEVEL-M0B6-i3-LN(パソコン工房)

LEVEL-M037-i5-VN価格:74,980円
CPU:Core i3-8100
GPU:GeForce GTX1050
メモリ:DDR4 8GB
SSD:非搭載
HDD:1TB
電源:500W BRONZE
公式詳細

Core i3-8100を搭載した一台。ゲーミング用途というよりもグラフィックボードを搭載したビジネスパソコンと言えるかもしれない。それでも一世代前のCore i5に匹敵する性能を持つCPUは安心感がある。

>>>GTX1050を確認する(Amazon)<<<

GTX1050搭載ゲーミングPC一覧

製品名価格CPUGPUメモリSSDHDD
GALLERIA SS99,980i3-8100GTX10508GB240GB×
GALLERIA DC79,980i3-8100GTX10508GB240GB×
GALLERIA DS82,980i5-9400FGTX10508GB×1TB
GALLERIA MS112,980i7-8700GTX10508GB240GB×
i330BA2-MD94,800i5-9400FGTX10508GB240GB1TB
im610BA179,800i3-8100GTX10504GB×0.5TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2019年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る