gtx1060kurouto画像引用元:https://www.kuroutoshikou.com/

当記事では、GeForce GTX 1060のスペックとベンチマークを紹介している。GTX 1060は、2016年7月下旬に登場したミドルクラスのグラフィックボードだ。2021年4月時点で発売から5年近くの歳月が流れ、後継モデルである「GTX 1660 SUPER」が登場している。フルHD環境での適性が高い点でGTX 1060と共通している部分も多い。

後継モデルのGTX 1660 SUPERが登場しても今なお人気のあるグラフィックボードだ。かつての人気モデルはその息も長いものになっている。GTX 1060には6GBモデルと3GBモデルがある。少しでも長く使いたいと考えるなら6GBを選択するべきべきだろう。価格的な優位性はあってもGPUメモリ容量に余裕があるに越したことはない。

>>GTX 1060の最新価格を確認<<

GeForce GTX 1060の概要

基本スペック

 GTX 1060 6GBGTX 1660 SUPERGTX 960
アーキテクチャPascalTuringMaxwell
GPUGP106TU116GM206
プロセス16nm12nm28nm
トランジスタ数44億66億29.4億
ダイサイズ314m㎡284m㎡227m㎡
SM数10228
CUDAコア1280基1408基1024基
ベースクロック1506MHz1530MHz1127MHz
ブーストクロック1708MHz1785MHz1178MHz
GPUメモリ6GB GDDR56GB GDDR62GB GDDR5
メモリクロック2002 MHz1750 MHz1753 MHz
メモリバス192 bit192 bit128 bit
バンド幅192.2 GB/s336.0 GB/s112.2 GB/s
TDP120W125W120W
価格$299$229$199
GTX 1060は、Pascal世代のグラフィックボードだ。前世代MaxwellのGTX 960及びTuring世代のGTX 1660 SUPERとスペックの違いを比較していこう。ポイントはやはりGTX 960→GTX 1060での進化だろう。GTX 960は、プロセスが28nmとかなり大きいグラフィックボードだった。それがGTX 1060になると28nm→16nmへと40%以上縮小化されている。当然小さくなればトランジスタの数が増やせるので、29.4億→72億へと大幅に増量されている。トランジスタ数50%アップに対してダイサイズは40%アップに留まる。省電力性が上がるというメリットもある。

グラフィックボード性能に大きく影響を与えるCUDAコアが1024基から1280基へと増えているのもポイントだ。ベースクロック周波数は34%高く、ブーストクロック周波数は45%引き上げられている。さらに、メモリ容量も2GB→6GBへの大幅アップだ。GPUメモリ容量が多いほうがゲームプレイ時のフレームレートが上がる。長く使うことを考えるなら心強い。

メモリバンド幅も70%以上引き上げられていて全体的にパワーアップしていることがわかる。これはメモリバスが128 bitから192 bitへと広くなったのが大きい。TDPは同じ120Wで省電力性の高さが伺える。この世代の進化が最も革命的だった。ここから一気にゲーミングPCが普及したように思う。

Turing世代のGTX 1660 SUPERとさらに進化しているが、MaxwellからPascal世代への進化と比べて見劣りしてしまう。それでもプロセスが16nm→12nmへと縮小化が図られているのは注目ポイントだ。グラフィックボード自体の進化も進んでいる。トランジスタ数は50%アップしつつもダイサイズも一回り小さくなっている。また、CUDAコアも10%アップだ。それでいて価格が安くなっているのだから文句なしだと言える。

ゲーミング性能

gtx10606gbseinou

GeForce GTX 1060 6GBは、ミドルクラスのグラフィックボードだ。GeForce GTX 960の上位モデルであるGTX 970と比較しても20%も性能が向上している。やはりPascal世代は革命的だったと言える。

GTX 1060 6GBとGTX 1060 3GBの差は7%程度ある。今は50番台でもGTX 1650 SUPERになるとさらに性能が高くなっていることを考えると少しでも性能の高い6GBモデルを選択するべきだろう。現行の上位モデルであるGTX 1660になると17%高く、GTX 1660 SUPERは33%高くなっている。

>>GTX 1060の最新価格を確認<<

現在のGeForce GTX 1060の評価【2021年】

最も利用者の多いグラフィックボードに君臨

gtx1060statistics参考:(Steam, 2021)

実はGeForce GTX 1060は、2021年時点でも最も利用者の多いグラフィックボードとなっている。世界的にも人気が高いということだ。中古での購入を視野に入れるのも悪くないかもしれない。全体でのシェアは2021年3月時点で9.46%と高水準だ。一時は10%を超えていたこともある。後継モデルであるGTX 1660 SUPERやGTX 1660も人気が高いことがわかる。

中古価格は15,800円~と手頃になっている

gtx1060dospara
現在中古価格は税込15,000円からと購入しやすくなっている。(参照:ドスパラ)中古なら新品の半額以下で購入できるということになる。また、10%程度性能差はあるとは言っても現行のGTX 1650 SUPERが2万円オーバーであることを考えると意外と悪くない選択肢になるだろう。

設定調整をすればフルHDでのゲームプレイが可能

GTX 1060が出た当時はフルHD環境×高設定でのゲームプレイもできていた。今は要求スペックも上がり高設定でのゲームプレイが厳しいタイトルも増えてきている。基本的には設定調整が前提で選ぶようにしよう。最高設定で快適にとはいかない。

また、性能に余裕をもたせるという意味でGPUメモリ容量6GBを選択するのが無難だ。価格を重視して選びたいなら3GBモデルでもよい。性能差7%をどう考えるかで人によって判断は変わるはずだ。

発売当初のGeForce GTX 1060の評価【2016年】

ゲーミングPCのラインナップが多い(+)

各BTOメーカーにおいてGTX 1060搭載モデルは非常にラインナップ数が多い。GTX 1660 Tiが登場した今でも現役で活躍しているグラフィックボードだ。扱いやすいモデルということで各ショップが力をいれて販売している。現在6GBモデルは減少しているが、3GBモデルでも問題ない。

G-Tuneでは3GBモデルしか取り扱っていない。こう考えると3GBでも全く問題がないと考えて良いだろう。一方、ドスパラでは3GBとは別に6GBのラインナップもある。好みで選んでしまって良い。

人気の秘密は、手頃な価格で十分な性能を持つグラフィックボードだからだ。VRあるいはHD環境で力を発揮する。ライトゲーマーからヘビーゲーマーまで幅広くおすすめできる。GTX1050Tiよりもゲームプレイの快適性は高い。

60番台がついにハイクラスになった(+)

これまで60番台というとミドルクラスの代表格だった。しかし、実態はハイクラスに属するモデルとなっている。Pascal世代の60番台であるGTX 1060は低価格で人気のGTX 960と同じポジションかと思われたが少し違う。どちらかというとより性能の高いGTX 980に近い位置にいるように思える。60番台で前世代の80番台と同等だ。

2ランク上と性能の高さが魅力だが、低価格とは少し違うため従来のようにライトゲーマーにおすすめできない。性能が上がっている分、VRを思う存分に楽しみたいとか多くのタイトルを楽しみたいというゲーマー向けだ。GTX 960から買い換えても十分性能差を体感することができるだろう。それほどグラフィックボードの進化は凄まじい。

選択肢が豊富なため初心者には選びにくい(-)

GTX 1060搭載モデルを選択するに当たって迷ってしまう可能性がある。ラインナップ数が多いがゆえのデメリットだ。当サイトでも50種類近くのゲーミングPCを紹介している。種類が多すぎることは必ずしもよいというわけではない。

GTX 1060という軸があるのであれば下記のおすすめゲーミングPC5選を参考にしてほしい。コスパが高く購入しても後悔しないモデルを厳選して紹介している。それ以外のモデルを検討している方で不安な方はぜひコメントかお問い合わせフォームより連絡して欲しい。あなたの環境に合うベストな提案をする。

>>GTX 1060の最新価格を確認<<

GeForce GTX 1060のベンチマークまとめ

Borderland 3

boarderland3

GTX 1660 Super104.7
55.1
GTX 166091.2
46.8
GTX 1650 Super88.6
45.8
GTX 1060 6GB81.1
43.6
GTX 1060 3GB73.8
36.2
GTX 97069.2
36.2
標準設定最高設定
標準設定なら3GBモデルでも73.8fpsと余裕がある。6GBになると81.1fpsと10%のパフォーマンス向上を見込めることができる。最高設定にこだわらないならGTX 1060でも問題ないと考える。Maxwell世代のGTX 970よりも余裕があることがわかる。現行モデルのGTX 1660 SUPERあるいはGTX 1660になるとさらに余裕が生まれる。最大30%の差があるのは大きい。GTX 1650 SUPERとの差は9%とそれなりに開いている。

Shadow of the Tomb Raider

Shadow Of The Tomb Raider

GTX 1660 Super100.6
85.1
GTX 166086.7
73.6
GTX 1650 Super84.3
64.0
GTX 1060 6GB68.9
59.1
GTX 1060 3GB64.0
51.8
GTX 97060.0
52.0
標準設定最高設定
Shadow of the Tomb Raiderなら最高設定でも対応できそうだ。標準設定なら安定したゲームプレイが可能となる。GTX 970よりも13%程度スコアが高い。GTX 1060 6GBとGTX 1060 3GBとの性能差は7%だ。最高設定なら14%も差がある。GTX 1650 SUPERになるとさらに23%性能が高い。もはや50番台の面影はないレベルだ。

Metro Exodus

Metro-Exodus-Title

GTX 1660 Super72.1
52.7
GTX 166062.7
47.1
GTX 1650 Super57.8
42.3
GTX 1060 6GB55.4
41.5
GTX 1060 3GB51.7
38.7
GTX 97042.5
29.4
標準設定最高設定
負荷の高いタイトルになると現行のミドルクラスでも最高設定でのゲームプレイは厳しくなる。標準設定でのゲームプレイが前提だ。これはゲーム側の最適化を待つのがよいかもしれない。GTX 1060 6GBとGTX 1060 3GBとの性能差は7%だ。負荷の高いタイトルを考えると6GB搭載モデルを選択した方がよいかもしれない。Pascal世代のGTX 970だとかなり苦戦している。GTX 1060 6GBとのフレームレートの差は30%-40%と大きい。

>>GTX 1060の最新価格を確認<<

GeForce GTX 1060搭載おすすめゲーミングPC

GALLERIA XA7C-R70S (2)
搭載モデルはない。後継モデルである「GTX 1660 SUPER」あるいは「GTX 1660 Ti」をチェックして欲しい。

参照外部サイト

当記事の訪問者に人気の記事一覧

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya

ベンチマークテスト環境

desktoppc

CPUCore i7-8700K
メモリ2x8GB G.Skill TridentZ RGB DDR4-3200
ストレージSamsung 970 Evo 1TB
Samsung 860 Evo 4TB
電源ユニットEVGA SuperNova P2 1000W
マザーボードGigabyte Z370 Aorus Gaming 7