gtx960画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

当記事では、GeForce GTX 960の性能スペック&ベンチマークを紹介している。現在GTX 960を持っていて最新のグラフィックスと比較して相対的なスコアを知りたい方や中古でGTX 960の購入を検討している方向けのコンテンツだ。60番台は今でも人気が高く注目度も高い。

後継モデルはPascal世代の「GeForce GTX 1060」だ。GPUメモリが6GBと3GBと2種類のモデルがある。価格の安い3GBモデルが人気だった。2022年5月時点でも多くのユーザーによって使用されているグラフィックボードだ。GTX 960の登場からもう数年が経ちその価値を大きく下げている。GTX 970との性能差が大きいのがここに来てマイナスになった。

もちろん、新品で購入する価値がないだけでゲームに全く通用しないというわけではない。ライトなゲームではまだまだ現役で使える。問題は次世代のエントリークラスである「GeForce GTX 1650」よりもパフォーマンスが大きく劣ってしまうということだ。評価は用途次第ということになることは押さえておこう。

>>>GTX 960を確認(Amazon)<<<

GeForce GTX 960の概要

基本スペック

 GTX 960GTX 970GTX 760
コードネームMaxwellMaxwellKepler
GPUGM206GM204GK104
プロセス28nm28nm28nm
トランジスタ数29億52億35億
ダイサイズ227m㎡398 mm²294m㎡
CUDAコア数1024基1664基1152基
ベースクロック1127MHz1050 MHz980MHz
ブーストクロック1178MHz1178MHz1033MHz
GPUメモリ4GB GDDR54GB GDDR52GB GDDR5
メモリクロック1753 MHz
(7 Gbps)
1753 MHz
(7 Gbps)
1502 MHz
(6 Gbps)
メモリバス128 bit256 bit256 bit
バンド幅112.2 GB/s224.4 GB/s192.3 GB/s
TDP120W148W170W
価格$199$329$249
発売日2015/01/232014/09/192013/06/25
GeForce GTX 960のスペックについて詳しく見ていこう。比較対象となるのは前世代の同じ60番台であるGTX 760と現行の上位モデルであるGTX 970だ。まず、GTX 760とスペックを比較するとそれほど大きく変わっていないことがわかる。Kepler→Maxwellでは共通している部分も多い。コードネームこそ異なるもののプロセスは28nmと同じだ。

GTX 960は、GTX 760と比べてトランジスタ数が17%少ない29億となっている。ダイサイズは23%小さく227m㎡だ。CUDAコア数は10%程度少ない。ベースクロック及びブーストクロックをそれぞれ15%引き上げられてパフォーマンスの向上を図っている。GPUメモリも2GB→4GBと倍増しているのも大きい。

一方で、メモリバスは256 bitから半減の128 bitとなっている。バンド幅も40%少ない112.2 GB/sだ。TDPが170W→120Wへと引き下げられて省電力性に磨きが掛かっている。価格差は$50で価格が引き下げられた形だ。

上位モデルのGTX 970になるとGPUが一回り大きいGM204となる。トランジスタ数がGTX 960と比べて80%増えて52億となる。ダイサイズは75%大きく398 m㎡だ。CUDAコア数は59%多く1664基だ。ベースクロックはGTX 960の方が7%高く、ブーストクロックはどちらも1178MHzとなっている。

GPUメモリ容量及び規格・メモリクロックは変わらない。メモリバスはGTX 970が倍の256 bitだ。バンド幅も2倍で224.4 GB/sとなっている。TDPはGTX 970の方が24%高く148Wだ。価格差は$130とやや大きい。

総合性能

gtx960seinou2022

GTX 960の性能は後継モデルであるGTX 10シリーズのGTX 1050 Tiと同等程度の性能である。次世代モデルの最下位クラであるのGTX 1650に届かないので最新のゲームを楽しむのは非常に厳しくなって来ている。現行のAmpere世代のエントリークラスであるGeForce RTX 3050なら2倍程度パフォーマンスが高くなる。2018年より前のゲームならある程度対応できる。プレイするゲームに合わせて使用する方がよいだろう。

現行のグラフィックボードはGTX 900番台から3世代後のモデルになる。ミドルクラスの2世代差は性能が不足しだすので買い替えを検討する時期だ。買い替え対象はローエンドクラスならGTX 1660GTX 1660 SUPERGTX 1660 Ti辺りがよい。性能アップを体感しやすく、多くのゲームの推奨環境を満たしている。

当時のGTX 960と同等の価格で展開されているので選びやすさもある。これまでミドルクラスを使用してきたユーザーにとっては扱いやすい性能だ。GTX 960は優秀なグラフィックボードだった。その後継のGTX 1060はパフォーマンスを大きく向上させた。そしてGTX 1060の後継機GTX 1660は価格を抑えたGTX 960と性能を大きく伸ばしたGTX 1060のよさをしっかり引き継いでいる。優秀な系譜を持つグラフィックボードだ。

GeForce GTX 960の性能&評価【2022年時点】

選択するメリットの薄いグラフィックボード

製品価格
GTX 970$329
GTX 960$199
GTX 760$249

GTX 900番台はグラフィックボード界に革命を起こした。新世代は前世代よりも価格が高くなる事が当たり前だった。その常識を打ち壊し、価格を落としたのが900番台だ。GTX 700番台までは性能と一緒に価格も上がっていたが、900番台は一気に価格が引き下げられた。

それにより、これまでミドルクラスまでしか予算的に選択できなかったユーザーでもワンランク上の性能に手が届くようになったと言える。グラフィックボードの価格が抑えられたことで、ゲーミングPCの価格にも大きな影響を与えた。それは性能が高いグラフィックボードであるほど影響が大きかったのだ。当時のグラフィックボード事情ではGTX 960は、比較的有用なグラフィックボードだった。しかしながら、次世代モデルであるGTX 10シリーズから性能が大きく向上してGTX 960は一気に評価が下がってしまった経緯がある。

もしも、GTX 960 Tiのような製品が登場していれば、今尚語り継がれる伝説となっただろう。実際はGTX 960とGTX 970の繋ぎ番しか登場しなかった。グラフィックボードの型番は性能を刻みつつ数字が上がっていく。これは現在でも当然のことである。ところが、GTX 900番台は60と70に2ランクほどの差があるのだ。

結果的に、GTX 760を選択したユーザーがGTX 970を選択するようなことはなく、GTX 960に大きく偏ってしまった。予算に少し余裕があっても選択肢が他になかったのだ。GTX 960は$199で展開され、GTX 970は$329で展開された。この$130差は現行で言えばGTX 1650GTX 1660 Tiと同じである。搭載ゲーミングPCで言えば税込み10万円のモデルか、税込み14万円以上のモデルかの選択肢しかなかったのだ。

価格に満足できても、性能に満足できるユーザーは少なかったのではないかと思う。特に、上位モデルは性能でも他を圧倒していたが、下位モデルはそうではなかった。GTX 980は当時シングルGPU最速のGTX 780 Tiをも軽く超える性能だった。一方で、GTX 960はGTX 760と同等以上という評価に留まった。

GTX 760は$249で展開されたいたので価格は確かに安くなってはいた。ただ、性能にややムラがあったこと、同じ性能帯に留まってしまったことで注目度は低かった。もう少し性能がGTX 970に近ければ、もっと違っていたことだろう。それだけに惜しいポジションのグラフィックボードと言える。

中古で4,000円以下なら検討する価値あり

これから安価でGTX 960を入手しようとするユーザーにとっては、より性能の高いGTX 1650とGTX 1050 Tiという壁がある。中古市場でもGTX 1050 Tiが存在している。GTX 1650もGTX 1050 Tiも同じ75Wの補助電源無しモデルだ。GTX 960を2022年に新たに購入するのはおすすめしない。よっぽど安くなければメリットが薄いどころか、ないに等しい評価となる。

これからGTX 960を入手しようとするなら中古モデルが主となる。価格も現行の最下位モデルGTX 1650より安価でなくてはならない。何故なら、グラフィックボードは世代を重ねて進化を続ければ自然と省電力かつ高性能になっていくからだ。GTX 900シリーズの60番台はGTX 10シリーズの50番台の性能に近い。世代が一つ進むと、性能は一つ下に下がる。この事が特徴を大きく変える要因になる。

例えば、GTX 1650になると補助電源を必要としない75Wになる。GTX 960は120Wの6pin仕様だ。この差は搭載する電源容量にも大きく影響を与えるだろう。また、GTX 1650は静音性に特化したファンレスモデルも存在している。CPUと違いマザーボードのチップセットが古くてもグラフィックボードは正しく認識される。こうなると、性能も機能も上の新品モデルより安くなくては中古モデルを選択するメリットは無い。

GTX 960を今選択するメリットがあるなら、中古のGTX 1050 Tiより安いことは絶対だ。それも、1,000円~2,000円の差では選ぶメリットがない。最低でも4,000円を下回っていなくてはならない。それ以上だと、1,000円ほどプラスしてGTX 1050 Tiが選択できてしまうことになる。

性能が高く、消費電力は半分近くにまで抑え、価格が同じグラフィックボードとなれば、そちらを選ぶ方がよい。中古でGTX 960を選択するのはハードルが高い。安価なGTX 1050 Tiを探した方が手っ取り早いはずだ。そもそも、CPUはチップセットや用途で古いものを選択するメリットはある。

グラフィックボードはゲームで使用するのが主であることを考えれば2世代以上前の古いものを選択するメリットがない。中古でグラフィックボードを購入するのは価格が安いこと以外にないと言える。その価格で上位モデルに敵わない可能性が高いなら、最初から上位モデルの選択を検討した方がよい。

中古のGTX 960に4,000円出すのと、中古のGTX 1050 Tiに5,000円を出すなら間違いなく後者だ。この差をどこまで広げることが出来るか。要はどこまで安いGTX 960を見つけられるかである。そもそも、そこまで予算を抑えるならGTX 960にこだわる必要もない。5,000円出してグラフィックボードを探すなら、その範囲内で探した方がよいだろう。

2019年の上旬はGTX 1050 Tiがまだ現役だったことで中古価格も高めだった。その時点ではGTX 960は1万円程度で手に入るならよいという評価になっていた。GTX 1650の登場で一気にGTX 1050 Tiが中古市場に流れ、状況が一変した。結論は何度も言うように、GTX 960よりもGTX 1050 Tiを選択した方がよいということだ。

>>>GTX 960を確認(Amazon)<<<

GeForce GTX 960のベンチマーク

フルHD環境×標準設定及び最高設定でのフレームレートを計測している。WQHDや4K解像度を除外しているのは明らかにターゲットではないからだ。それを踏まえた上でデータを参照して欲しい。ポイントは、GTX 1050 TiやGTX 970との性能差だ。特にGTX 970との差が大きいことがわかるはずだ。

Battlefieled 1

battlefield

GTX 970113.7
86.7
GTX 1050 Ti94.3
68.4
GTX 96086.2
63.6
GTX 95078.7
55.4
GTX 105078.7
57.7
RX 46069.5
49.6
標準設定最高設定
attlefieled 1ではGTX 960でも最高設定でのゲームをプレイすることが可能だ。設定を落とせば平均フレームレートは86.2fpsと余裕がある。下位モデルのGTX 950との差は10%となっている。上位モデルのGTX 970になると一気にフレームレートが高くなる。標準設定なら113.7fpsと100オーバーだ。これだけ性能差があるのだから隙間を埋めるモデルがあったのではないかと今でも考えてしまう。

Rise of the Tomb Raider

Rise Of The Tomb Raider

GTX 97076.6
54.1
GTX 96053.4
34.6
GTX 1050 Ti50.4
32.6
GTX 95046.5
23.2
GTX 105044.6
25.5
RX 46041.1
23.6
標準設定最高設定
Rise of the Tomb Raiderでは、GTX 960がGTX 1050 Tiを上回る結果となった。フレームレートの差は6%と十分だろう。GTX 970との差は43%-60%と大きい。900番台で選ぶならGTX 970が無難だということがわかる。

Deus Ex: Mankind Divided

deusex

GTX 97057.0
42.0
GTX 96038.7
29.0
GTX 1050 Ti38.3
28.6
RX 46037.8
25.8
GTX 105033.5
24.1
GTX 95033.2
24.3
標準設定最高設定
負荷の高いタイトルではどのモデルでも苦戦している。GTX 1050 Tiよりほんのわずかに高いスコアを出しているが誤差の範囲だろう。いずれにせよ快適にゲームをプレイすることはできない。それがGTX 970になるとやや高くなっている。標準設定なら快適にプレイできる。GTX 960とGTX 970の差は50%とかなり大きい。

販売当時の評価【2015年時点】

当時はミドルクラスに位置している

GeForce GTX 960は標準的な性能を持ち、コストパフォーマンスに優れているグラフィックボードだ。完全にGTX 760の換装品としてポジションを得たように思える。省電力に加えて低コストが魅力で最も需要の高いモデルとなっている。性能はそこまで高いというわけではない。上位モデルのGTX 970との性能差がかなり大きいのが悩ましい。

しかし、グラフィックの設定を標準以下に下げることでほとんどのゲームに対応することができる。最新のゲームに対応できるかは難しいところだ。グラフィックにクオリティを求めなければ対応は容易だろうと思う。主に、要求スペックが低めなゲームや標準程度のゲームに適しており、オンラインゲームのほとんどはこのグラフィックレベルに存在している。

低価格を求めるユーザーにおすすめしたい。しかしながら、良くも悪くも価格通りの性能なので過信は禁物だ。GTX 970やGTX 980に比べると、プレイに多少制限が出てくるのは否めない。特に大人数でダンジョンを攻略するものやプレイヤーが同時に大量に描写される場面に弱い。表示人数などの設定を決められるのであれば、事前にある程度下げておいたほうが快適にプレイできる。

GeForce GTX 760との比較

GTX 960は、GTX 760と比べて勝っている部分もあれば劣っている部分もある。ベンチマークのスコアではGTX 760よりも高くなる傾向にあるが、負荷が高ければ安定感に欠けてしまいGTX 760よりも劣ってしまうこともあるようだ。処理速度は体感できるほど差はないようにも考えられる上に、コストパフォーマンスではまだGTX 760ほどではない。

基本的にグラフィックボードは最新のものの方が扱いやすいため、新しくゲーミングPCを購入するというのであればGTX 760よりもGTX 960を推奨したい。総合的に見ても同等であるが、省電力というBTOパソコンにとっては非常に優れたメリットを持っているため、フラグシップとなれそうだ。ただし、一般的な用途であれば期待通りの性能を発揮できるものの、負荷の高いゲームなどでは不安が残る。

良くも悪くもミドルクラスでしかないため、過度な期待はしないでおくほうがいいだろう。それでも発売当初と比べると性能などが明確になり、高い評価を集めているのも事実だ。買い替え対象は以前と変わらずGTX 650以前の古いものとなる。しかし、評価は以前と打って変わって高くなっているので候補に挙げるユーザーも少なくない。

>>>GTX 960を確認(Amazon)<<<

GeForce GTX 960搭載搭載おすすめゲーミングPC

1位:GALLERIA DT9 (ドスパラ)

GALLERIA DTspec価格107,980円/Windows 10
109,980円/Windows
124,980円/Windows10 SSD搭載モデル
CPUCore i5-6500
GPUGeForce GTX960
メモリ8GB
SSD非搭載
HDD1TB
コスパ107,980円/Windows 10★★★★★☆☆☆☆☆
109,980円/Windows 7★★★★★☆☆☆☆☆
124,980円/Windows10 SSD搭載モデル
★★★★★★☆☆☆☆

2位:NEXTGEAR i650SA5-SP (G-Tune)

NEXTGEAR i650SA5-SP価格Windows 10/124,800円
CPUCore i7-6700
GPUGeForce GTX960
メモリDDR4 16GB
SSD240GB
HDD非搭載
コスパ★★★★★★☆☆☆☆

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya

ベンチマークテスト環境

desktoppc

参照元:GEFORCE GTX 1050 TI REVIEW (PCGAMER)