geforcegtx970

当記事では、GeForce GTX 970の性能スペック&ベンチマークを紹介している。発売当時各BTOショップが最も力を入れていたグラフィックボードの一つだ。従来モデルのGTX 780との比較や現行で似た性能を持つGTX 1650との比較で性能を見ていこう。

GTX 970はコストパフォーマンスに優れたグラフィックボードで人気が高かった。今でも70番台のグラフィックボードは人気であることを考えるとこの時から続いているということだ。現在の評価についてもまとめているので、交換を考えている方や自作で中古の購入を検討している方は参考にして欲しい。

>>GTX970の価格を確認(Amazon)<<

GeForce GTX 970の概要

基本スペック

 GTX 970GTX 780GTX 1060GTX 1650 SUPER
アーキテクチャMaxwellKeplerPascalTuring
プロセス28 nm28 nm16 nm12 nm
トランジスタ数52.0億70.8億44.0億66.0億
ダイサイズ398 mm²561 mm²200 mm²284 mm²
CUDAコア数1664基2304基1280基896基
コアクロック1050MHz863MHz1506MHz1530 MHz
ブーストクロック1178MHz900MHz1708MHz1725 MHz
GPUメモリ容量4GB GDDR53GB GDDR56GB GDDR54GB GDDR5
メモリクロック1753 MHz1502 MHz2002 MHz1500 MHz
メモリバス256 bit384 bit192 bit128 bit
バンド幅224.4 GB/s288.4 GB/s192.2 GB/s192.0 GB/s
TDP145W230W120W100W
価格$329$649$299$159
発売日2014/09/192013/05/232016/07/192019/11/22
GTX 970の一つ前の世代から、2つ後のTuring世代まで4世代のグラフィックボードを比較している。おおよそ同等のゲーミング性能を持つ。古い順からGTX 780→GTX 970→GTX 1060→GTX 1650 SUPERの流れだ。注意点としてGTX 780からは一つずつナンバリングが下がっている。前世代のxx80番台は次世代のxx70番台である。世代ごとに性能が一つ上がっているのが分かるだろう。

現行の性能としてはGTX 1650 SUPERと同程度となっている。性能は現行のローエンドクラスと言ったところだ。性能では並んでいても、流石にxx50番台の省電力性には及ばない。性能の高さはGTX 1060→GTX 1650 SUPER→GTX 970→GTX 780の順だ。GTX 780からGTX 970ではプロセスは同じ28nmだ。ダイサイズが30%近くもコンパクトになっている。

GTX 970のCUDAコア数は28%少ない1664基だ。コアクロックは22%高く、ブーストクロックも30%高くなっている。メモリ容量は1GBアップだ。メモリバスは384 bitから256 bitへとスペックダウンされている。バンド幅も23%狭い224.4 GB.sとなっている。GTX 970になって省電力性が高くなり145Wと37%抑えられている。価格も$649→$329へと大幅に安い。

GTX 1060→GTX 1650 SUPERとプロセスが28nm→16nm→12nmと微細化されている。特にPascal世代のGTX 1060 6GBでは性能・省電力性に磨きが掛かっている。ダイサイズもかなりコンパクトだ。価格もGTX 970の$329から$299→$159へと購入しやすい価格帯になっている。もちろんゲーム側の要求スペックも上がっているのでグラフィックボードの序列は変わらない。

性能

gtx970seinou

GTX 970の性能は従来モデルのGTX 770よりも65%程度ゲーミング性能が高くなっている。やはりひとつ上のGTX 780が比較対象となる。それで性能差は20%程度と上回っている。GTX 970よりも$170安価なGTX 1650 SUPERよりも1%程度低い。70番台と50番台が同程度の性能を持っているというのは驚くしかない。世代の進化を感じさせるには十分だろう。

GTX 900番台は価格を大きく下げた革命的なグラフィックボードだ。対してGTX 16シリーズもその系譜を順当に進化させた最新のグラフィックボードとなっている。900番台の革命から生まれたのがGTX 16シリーズだと考えれば素晴らしい実績を出したと言える。

>>GTX 970の価格を確認(Amazon)<<

GeForce GTX 970の評価【2021年時点】

今となっては性能は高くないがユーザーは多い

steamgtx970出典:(Steam, 2021)

2021年時点では、GTX 970の性能はそれほど高いとは言えない。現行モデルで言えばGTX 1650 SUPERと同程度だ。Steamの統計によると、全てのグラフィックボードで14番目にユーザー数が多いモデルとなっている。シェアとしては1.57%だ。

2014年に発売されてから7年経ってもこれだけ上位に食い込んでいるのはいかに売れたグラフィックボードなのかということがわかる。また、70番台のグラフィックボードが多いことに気付くはずだ。GTX 970の後継モデルであるGTX 1070→RTX 2070→RTX 3070とすべてTOP 20に入っている。

買い替えはGTX 1660 SUPER以上がベスト

GTX 970からの買い替えはGTX 1660 SUPER以上を推奨する。GTX 1660でも性能の向上は見られるが、GTX 1660はコストパフォーマンスを重視したグラフィックボードだ。性能自体の伸びよりも価格を抑えることを重視しているので恩恵が薄い。

はっきりと性能の違いを体感できるのはGTX 1660 SUPER以上だろう。予算に余裕があればRTX 2060やRTX 2060 SUPERも検討したい。GTX 970を選択した時同様に、長く安定してゲームをプレイするならRTX 2070以上も視野に入れても良いだろう。ただしその場合は電源の交換も必要となるかもしれない。

GTX 780やGTX 770もGTX 1660 SUPER以上が同じ理由でおすすめだ。GTX 1060からの買い替えはRTX 2060 SUPER以上が良いだろう。ただ、GTX 1060は1世代前のまだ新しいグラフィックボードである。買い換えるなら、次の世代を待ったほうが良さそうだ。

グラフィックボードの買い替えは主に性能の向上が目的だ。GTX 900番台からの買い替えは性能だけではなく消費電力にも注目したい。世代が新しくなれば同等のパフォーマンスを持つグラフィックボードの消費電力は大きく下がる。この省電力性を求めるのも一つだろう。

また、旧世代から現世代のグラフィックボードへの買い替えは、消費電力の関係で高い性能のグラフィックボードを選択しやすい。例えばGTX 970のTDPは145Wだ。現世代ではRTX 2060のTDP 160Wまでが選択肢に入るだろう。上位グラフィックボードへの買い替えに電源の交換を必要としにくいのはメリットと言えるだろう。

中古価格10,000円がボーダーライン

中古でGTX 970の購入を考えている方は10,000円を基準に検討しよう。グラフィックボードと言っても、全て同じ製品というわけではない。オーバークロックモデルやトリプルファン搭載モデルなど多岐に渡る。中古のランクによっても価格は大きく変わるだろう。

それでも、10,000円を超えるとなるとGTX 1650の新品価格に大きく近づいてしまう。中古パーツを選択するのは価格を抑えることが目的である。同等のパフォーマンスを持つ新品製品と同じ価格ではメリットが無い。グラフィックボードの中古品等はAmazonやヤフオク、ドスパラなどのパーツショップで探す必要がある。

GTX 970は約6年前に登場している。そのため、価格はかなり安く、変動も激しい。世代が上がるごとに旧製品は安価になるので手が出しやすくなる。一方で、故障等のリスクも年々高くなることは理解しておかなくてはならない。

>>GTX 970の価格を確認(Amazon)<<

GeForce GTX 970のベンチマーク

現行のGTX 16シリーズ、前世代のGTX 10シリーズ、前々世代のGTX 900シリーズと3つの世代で同性能帯のグラフィックボードのスコアを比較している。最新のゲームを含め、GTX 970はどこまで健闘できるのだろうか。

Borderlands 3(フルHD×最高・標準設定)

boarderland3

GTX 1660 SUPER104.7
55.1
GTX 166091.2
46.8
GTX 1650 SUPER88.6
45.8
GTX 1060 6GB81.1
43.6
GTX 97069.2
36.2
GTX 165064.8
33.3
標準設定最高設定
フルHDで標準設定であればGTX 970でも60fpsを超えている。2019年登場の最新に含まれるゲームでも高い数値を叩き出している。最高設定では大きく数値が下がり36.2fpsとなる。とてもまともにプレイできない。

設定を標準以下に下げれば対応できるという程度に見ておきたい。GTX 1650 SUPERになると28%もパフォーマンスが高くなる。最新のグラフィックボードの方に最適化されていると言えるかもしれない。

Borderlands 3(標準設定の最大・最小fps)

GTX 1660 SUPER104.7
75.1
GTX 166091.2
68.6
GTX 1650 SUPER88.6
66.7
GTX 1060 6GB81.1
63.2
GTX 97069.2
51.6
GTX 165064.8
51.0
最大最小
次にフルHD標準設定の最大fpsと最小fpsを表すグラフィックボードを見て欲しい。GTX 970は負荷の高い場面で51.6fpsまで落ちる。グラフ全体で見ると、GPUメモリ容量が大きく影響していそうだ。もちろん性能あってのことではある。快適にプレイするためには標準よりも設定を下げた方がよい。FPSというジャンルである以上、フレームレートの低下は快適性を損なうことになる。

なるべく60fps以上を安定して出せる設定でプレイしたいところだ。最新のゲームだけあって負荷は非常に高い。CPUがCore i7-6700以上である場合、最低設定であれば100fps以上を出すことはできる。高リフレッシュレートへもギリギリ対応できると言える。GTX 970の対応力が高いと取るか、最新のゲームは流石に厳しいと取るか分かれそうである。快適にゲームをプレイ出来るグラフィックボードの分水嶺に位置している。

Merto Exodus

Metro-Exodus-Title

GTX 1660 SUPER72.1
52.7
GTX 166062.7
47.1
GTX 1650 SUPER57.8
42.3
GTX 1060 6GB55.4
41.5
GTX 165043.1
31.0
GTX 97042.5
29.4
標準設定最高設定
Merto ExodusではGTX 970はなかなか厳しい状況となっている。GTX 1650よりも低く標準設定でも42.5fpsとなる。負荷の高さで有名なタイトルだ。グラフィックボード基準ならGTX 1650 SUPER以上は必須となる。最新というわけではないゲームでも、負荷の高いゲームは苦手である。当時は無類の対応力を誇っていたGTX 970も時代の進化には付いて行けていない。今後も更に厳しいタイトルが登場してくるはずだ。

Assassin’s Creed Odyssey

Assassinscreed

GTX 1660 SUPER90.2
52.5
GTX 166081.1
45.9
GTX 1650 SUPER79.9
38.4
GTX 1060 6GB70.3
43.8
GTX 165063.9
31.5
GTX 97056.8
30.0
標準設定最高設定
2018年に登場したAssassin’s Creed Odysseyのベンチマークだ。こちらもGTX 970にとっては非常に厳しい現実となった。高設定時はGPUメモリの容量が影響していそうではある。しかし、標準設定では純粋な性能でGTX 1650を下回っている。快適にゲームをプレイするにはGTX 970では難しい。

買い替え対象におすすめしているGTX 1660 SUPERは標準設定であれば十分なfpsが出ている。設定を更に落とすことで高リフレッシュレートにも対応できる。性能の違いから、対応力では現行のグラフィックボードには及ばない。ただ、全くプレイできないわけではない。ある程度設定に妥協で最低限の快適性は維持出来る。

>>>GTX970の価格を確認する(Amazon)<<<

販売当時の評価【2016年時点】

GTX 780を超える性能を持つ

GeForce GTX 970はコストパフォーマンスに優れたグラフィックボードだ。性能は上の下といったところだ。無料オンラインゲーム程度であればどのゲームでも快適な環境を築くことが可能。発売時に発表されたスペックから下方修正されたのは残念だが今でも人気は高い。

GTX 770と同じ70番台ながらGPUメモリが2GBから4GBに増量し、電力消費も半分近く減少している。そればかりでなく、ミドルエンドクラスだったGTX770よりも性能は圧倒的に高く、GTX780よりも上だ。

メーカーによって、OCモデルなどの性能が高いモデルも存在している。しかし、リファレンスモデルでも十分通用する。また、消費電力が低いため、増設などを行わなければ電源の容量も500Wで十分だろう。

各ショップの特徴が表れやすいグラボ

一般的なゲームプレイであればGTX 970があれば困らないことがほとんどだ。価格も抑えられているので構成の自由度が高く、ショップごとに最も特徴が表れるモデルだと言える。万人受けするモデルなので当サイトでも一番おすすめしたいグラフィックボードとなっている。

海外のゲームをプレイする際にも、GPUメモリが4GBあるのは大きく、GTX 980ほどとまでは言わないがスペックを気にせずゲームが出来る。グラフィックの設定を高くすればするほどCPUの性能も必要となってくる。そのため、性能を上手く発揮させるには最低でもi5-6600以上を推奨したい。(第4世代ではi5-4590)理想を言えばi7-6700以上だ。(第4世代ではi7-4790)

>>>GTX 970の価格を確認する(Amazon)<<<

最後に

GTX 970はグラフィックボードに革命を起こしたGTX 900シリーズのフラグシップモデルだ。性能の下方修正という逆風にも崩れなかった人気モデルとなっている。今でもある程度通用するので使用しているゲーマーは多い。

GTX 10シリーズが出てからもGTX 900シリーズを使用しているユーザーが多いのはGTX 970の性能が十分高かったというのが要因だ。GTX 10シリーズは性能に大きな向上を見せた。しかし、GTX 970は当時主流だったGTX 1060 3GBに近い性能を持っていた。買い替えを考えるほど性能不足に陥ることは無かった。それは今でも同じかもしれない。特定のゲームでは厳しいこともある。それでも設定を最低にまで下げればプレイ出来ないゲームはほとんど無いだろう。

グラフィックボードの買い替え周期は2世代~3世代と言われている。今GTX 900シリーズを使用しているユーザーは現行のGTX 16、RTX 20シリーズか、次世代のRTX 30シリーズのタイミングでの買い替えとなるだろう。現行世代から2世代前のグラフィックボードを使用するユーザーは非常に多い。Steamでは現行から4世代までのグラフィックボードで約10%のユーザーがGTX 900シリーズを使用している。

GTX 970はまだまだ現役で通用するグラフィックボードである。ただ、2020年~2021年に登場する次世代グラフィックボードでの買い替えは推奨だ。性能不足が徐々に現れてくるだろう。プレイしたいゲームがスペック不足という事態を避けたい。GTX 970の製品寿命は2021年中旬くらいまでだろう。そこから登場するゲームは快適にプレイ出来なくなりそうだ。

>>GTX 970の価格を確認(Amazon)<<

参考外部サイト

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya