rtx2070msi画像引用元:https://www.msi.com/

当記事では、Geforce RTX 2070の性能スペックレビュー&ベンチマークの検証をしている。ついにRTX 20シリーズ第三弾「GeForce RTX 2070」が2018年10月17日発売となった。

歴史的にNvidiaの70番台ビデオカードはコスパが高く人気のモデルになるというのが宿命だ。そういう意味ではこのRTX 2070には注目が集まる。

その後後継モデルとして「GeForce RTX 2070 SUPER」が登場した。RTX 2070よりも高い性能を持ち高解像度にも対応することが可能だ。

よくわかる!!GeForce RTX 2070の特徴まとめ

GPUTU106
プロセス12nm
CUDA CORE2304
ベースクロック1410 MHz
ブーストクロック1620 MHz
GPUメモリ8GB
発売日2018年10月17日
価格$499
コメントGTX 1080よりも高いパフォーマンスを持つ(+)
DLSS&レイトレーシングを安価に試せる(+)
同じ70番台でもGTX 1070から一気に価格が上がった(-)
評価 ・総合評価
★★★★★★★☆☆☆7.0

・ゲーム評価
★★★★★★★☆☆☆7.0

>>>>>GeForce RTX 2070を確認する(Amazon)<<<<<

GeForce RTX 2070の実力は!?総合性能を計る!

rtx2070seinou

RTX 2070は、RTX 2080など上位のモデルと比較して順当な性能ということになる。前世代のGTX 1080よりも約12%性能が高い。GTX 1080 Tiと変わらないぐらい性能を持つ。ただし、GTX 1080に比べて価格が33%高いためコスパは高くない。DLSSやレイトレーシングなどに価値を見出だせる方なら納得できるはずだ。RTX 2080がGTX 1080 Tiと同等以上の性能を持っていることを考えると妥当だろう。

世代ごとにどんどん性能の底上げがされているのがおもしろい。二世代前のGTX 970と比べるとおよそ2倍となっている。GTX 970では最近のタイトルへの対応が難しくなっているはずだ。GTX 970など前々世代だけではなく前世代の60番台を持っている方も買い替え対象に入れても良いだろう。

なお、後発モデルであるRTX 2070 SUPERになるとさらにパフォーマンスが向上している。RTX 2070との差は5%ほど高くなっている。RTX 2080に近い性能を持っているということだ。価格は据え置きであることを考えると十分選択肢に入れても良い。

GeForce RTX 2070の概要、基本スペック・仕様を押さえる!

 RTX 2070GTX 1080GTX 1070RTX 2070 Super
コードネームTuringPascalPascalTuring
GPUTU106GP104GP104TU104
プロセス12nm16nm16nm12nm
ダイサイズ445m㎡314m㎡314m㎡545m㎡
トランジスタ数108億72億72億136億
RTコア数36基--40基
Tensorコア数288基--320基
CUDAコア数2304256018202560
ベースクロック1410MHz1607MHz1506MHz1605MHz
ブーストクロック1710MHz1733MHz1683MHz1770MHz
メモリバス帯域幅448 GB/s320 GB/s256 GB/s256 GB/s
GPUメモリ8GB GDDR68GB GGDR5X8GB GGDR58GB GDDR6
TDP185W180W150W215W
価格$599$799$449$599
MSRP$499$699$399$499
発売日2018/10/182016/05/062016/06/102019/07/09
GeForce RTX 2070のスペックについて、Pascal世代のGTX1080やGTX1070と比較しながら見ていこう。単体で見るよりも比較することで見えない性能が見えてくるだろう。参考までにRTX 2070の後発モデルであるRTX 2070 SUPERについても追加している。

Turingベース(TU106)のグラボ

該当箇所はコードネームからトランジスタ数までとなっているので参照しながら読んで欲しい。RTX 2070は、新世代Turingというコードネームとなっている。なお、GPUはTU106となっていてRTX 2080のTU104やRTX 2080 TiのTU102の廉価モデルという認識で良い。TU106は3つのGPCからなっていてそれぞれのGPUCが6つのTPCを持っている。RTX 2070 SUPERになるとRTX 2080と同じTU104になっていることからパフォーマンスが近いということは容易に想像が付く。

プロセスについて見ると、RTX 2070ではGTX 1070の16nmから12nmに縮小している。プロセスが小さくなることでより多くのトランジスタ数を搭載することができるという特徴がある。パワー効率も上がりグラフィックボードのプロセスではこの縮小化が課題となっているのだ。しかし、GPU全体のダイサイズは445m㎡と40%大きくなってしまっている。これはRTコア及びTensorコアが関わってきている。

パフォーマンス面

気になるパフォーマンスを見ていこう。CUDAコア、ベース/ブーストクロック、メモリバス帯域幅、GPUメモリが重要となる。RTX 2070のベースクロックは1410MHzでブースト時は1710MHzとなる。ファウンダーズエディションでは消費電力を挙げて冷却性能を高めていることから底上げが行われている。RTX 2070 SUPERになるとさらに強化されていて上位互換モデルと言える。

TU106はTU104と同じGDDR6 8GBを搭載、メモリ帯域幅は448GB/sとなっている。GTX 1070よりも70%以上高い。表には記載がないがL2キャッシュも2MBから4MBへと倍増している。すでに総合性能を見たが、RTX 2070についてはGPUメモリの規格進化によって大きく性能がアップしたと考えて良いだろう。CUDAコアやクロック数はGTX 1080よりも劣っているのだから。

消費電力

ダイサイズが大きく増えたにもかかわらず消費電力は比較的抑えられていると言える。RTX 2070の消費電力は185Wは、GTX1070の170Wから10%程度上がっている。しかし、同等以上のパフォーマンスを持つGTX 1080の180Wとほぼ同じなので、特に大きなデメリットとなっているわけではない。RTX 2070 SUPERになると215Wに跳ね上がってしまうのは注目に値する。

GeForce RTX 2070の評価【2020年】

WQHD環境にも対応できるポテンシャルを持つ

RTX 2070は、ハイクラスの性能を持つグラフィックボードで、WQHD環境でのゲームプレイにも対応することが可能だ。性能は高く4K解像度へのこだわりがない方におすすめだ。4K解像度あるいはWQHD環境×最高設定となると厳しい。

FULL HD環境なら100fps以上でのゲームプレイもできる。DLSSやレイトレーシングにも対応していることから新しいことを試してみたいと考えている方にもおすすめだ。2、3年は現役で通用するグラフィックボードだと言えるだろう。

NVLink非対応

RTX 2070ではNVLink(SLI)には対応していない。つまり、グラフィックボードの2枚挿しで性能を引き下げることができないということだ。中古でRTX 2070を2つ購入して強化するという手段は取ることができない。

これは理論上RTX 2070×2枚=RTX 2080 Tiとなって不都合が生じるためあえて潰しに来ていると考えてよい。基本的にSLIにすると2ランクぐらい性能があがるという前提でおおむね間違っていないだろう。RTX 2070の価格が$599×2=$1,198、RTX 2080 Tiが$1,199と差がない。

国内価格についてはASK税でRTX 2080Tiが割高になっている今RTX 2070を2枚用意する方が安く上がるというわけだ。NVIDIAにとっては都合が悪い。ということでNVLinkには対応させていない。この点は理解しておく必要があるだろう。

中古価格は38,000円~と狙い目

rtx2070chukokakaku参照元:https://used.dospara.co.jp/

中古価格は38,000円からと手頃な価格設定になっている。同じぐらいの性能を持つRTX 2060 SUPERが40,000円弱であることを考えると意外と悪くない。もう数千円安くなればコストパフォーマンスも高く積極的におすすめできる。現在GTX 980やそれ以下のグラフィックボードを使っている方も買い替えを考えても良いかもしれない。

GeForce RTX 2070のベンチマーク一覧

実際のゲームプレイにおける性能を見ていこう。4K解像度のスコアも記載しているが、最高設定が前提なら最適なのはWQHD(2K)ということになる。

FF 14

ff15

RTX 2080 Ti(DLSS)55.3
RTX 2080(DLSS)44.7
RTX 2080 Ti(TAA)39.9
RTX 2070(DLSS)37.5
RTX 2080(TAA)32.6
GTX 1080 Ti32.0
RTX 2070(TAA)27.1
まずはDLSSをサポートしているFinal Fantasy XV Windows Editionにおけるベンチマークを見ていこう。これでDLSの効果を計ることができる。DLSSが有効の場合、TuringベースのGPUがレンダリングにおいてインプットサンルの半分を使用する。そしてTensorコアが最終的な画像を作るのに残りの半分を埋めるというわけだ。

4K解像度+最高設定でのテスを実施。これによるとRTX 2070は通常のTAA環境と比べて38%スピードがアップしていることがわかる。これはTAAでのGTX 1080 TiやRTX 2080よりも高性能だということだ。将来、もしゲームのほとんどがDLSSをサポートしてこの結果が他のタイトルにも適用されたら喜ばしいことだ。RTX20シリーズを購入する理由が見えてくる。

Rise of the Tomb Raider

Rise Of The Tomb Raider

RTX 208078.7
65.3
GTX 1080 Ti78.4
65.2
RTX 207062.9
51.7
GTX 108060.0
48.1
GTX 107044.2
38.2
WQHD4K
WQHD環境ではGTX 1080よりも5%高いスコアが出ている。Radeon RX Vega 64よりも11%早い。4K解像度だとRTX 2070では苦しい。51.7fpsとGTX 1080よりも高いスコアが出ているもののやはり4K解像度では満足できるレベルではない。ただし、設定を下げれば十分60fps以上を出すことができる。もっともこれはGTX 1080にも当てはまることだが…

destiny 2

desiny2

RTX 2080133.5
73.5
GTX 1080 Ti129.8
68.0
RTX 2070109.6
58.2
GTX 1080100.7
53.8
GTX 107080.0
44.3
WQHD4K
RTX 2070は、WQHD環境において前世代のGTX 1070よりも37%高いスコアを出している。しかし、本当の比較対象はGTX 1080であるべきだろう。RTX 2070は9%性能が高いが、20%高い値札が付いている。RTX 2070の信用のためにも言っておくと、ゲームの最も高い設定で100fps以上が出ているのはすごいことだ。

適正価格になれば本当の勝者になるだろう。RX Vega 64は、RTX 2070のわずか80%のスコアしか出ていない。4K解像度でもゲームプレイができるフレームレートを維持している。GTX 1080よりはわずか8%sコアが高い。ただ、$500のRX Vega 64よりも28%高くなっている。

Far Cry 5

farcry5

RTX 2080102.7
57.0
GTX 1080 Ti99.3
52.0
RTX 207085.2
46.8
GTX 108079.9
42.3
GTX 107063.2
33.7
WQHD4K
Far Cry 5をWQHDで計測するとGTX 1080との性能差はわずか7%となる。価格を考慮すると満足できる数値ではない。Nvidiaのラインナップでは、これはTU106とGP104との戦いになる。$100安いRadeon RX Vega 64とほとんど差がないのは痛い。

Grand Theft Auto5

gta5

GTX 1080 Ti93.0
84.8
RTX 208091.8
86.7
RTX 207077.8
72.8
GTX 108076.6
70.1
GTX 107062.6
57.1
WQHD4K
GTA5のWQHD環境においてはボトルネックが発生しているため上位モデルのスコアはほとんど変わらない。RTX 2070は、比較的健闘していると言える。それでもGTX1080とはわずか1%と誤差の範囲内。新世代のグラフィックコアはDX11ベースのタイトルでは苦戦すると言われているが、RTX 2070はRX Vega 64よりも35%高いスコアを計測。RX Vegaよりも安定感がありそうだ。

>>>>>Geforce RTX 2070を確認する(Amazon)<<<<<

GeForce RTX 2070の特徴&注意点【2018年】

RTコアとTensorコアを初めて搭載

Turingで大きく変わったのはレイトレーシングに特化したRTコアとディープラーニング(深層学習)に特化したTensorコアということになる。プロセスは小さくなったのにダイサイズがGTX 1080やGTX 1070よりも大きくなったのはこれら2つのコアを搭載しているからだ。

RTX 20シリーズ最大の特徴となっている。いずれもゲームのグラフィックスをより魅力的なものにしてくれる。レイトレーシングとは、光と影をより鮮明に映し出すことができる技術のことだ。ゲームプレイがリアルなものになるということになる。

時代は常に進化しているのだ。そしてディープラーニングは、高品質なアンチエイリアシングを実現することだ。これまでVoltaやXavierなどの特定の用途向けのグラフィックボードにしか搭載されていなかった。それがゲームで生かせることがわかりTuring世代では搭載されることになったということになる。

ただし、いずれの技術もゲーム側で対応しない限り宝の持ち腐れとなる。まだ、それほど普及していない技術に投資できるかどうかということでこのグラフィックボードの価値が決まる。

コストパフォーマンスは良くない

rtx2070kospa

$1当たりのゲームプレイのフレームレートをグラフにしたものだ。これでコストパフォーマンスを把握することができる。これによると先に出たRTX 2080やRTX 2080 Tiに比べるとコスパは良いと言える。

しかし、GTX 1070やGTX 1070 Tiに比べると5%-10%程度コスパが悪い。今後価格が落ち着けばいい勝負をすることができるだろう。

>>>>>Geforce RTX 2070を確認する(Amazon)<<<<<

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2020年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る

ベンチマークテスト環境

desktoppc

CPUCore i7-7700K
メモリG.Skill’s F4-3000C15Q-16GRR
SSDCrucial’s MX200 SSD
マザーボードMSI Z170 Gaming M7
電源ユニット-