LEVEL-17FG104-117K-VAZX

当記事では、モバイル向けGeForce RTX 3080 MobileのスペックとおすすめのゲーミングノートPCを紹介している。ゲーミングノート向けのフラグシップモデルで、高リフレッシュレートを実現できる高い性能を持つ。現時点で最高のゲーム環境を構築したいと考えている方は必見だ。

注意点としては、型番は同じでもデスクトップ向けのRTX 3080とは全く別物で性能面でも大きく劣るということだ。デスクトップ向けモデルで言うとRTX 2080 Tiに近い性能を持っている。詳細についてはベンチマークを参考にして欲しい。

RTX 3080 Mobileスペック比較

型番RTX 3080RTX 3080RTX 2080
プラットフォームモバイルPCモバイル
プロセス8nm8nm12nm
GPUGA104GA102TU106
トランジスタ数174億283億136億
ダイサイズ392 mm²628 mm²545 mm²
SMs48基68基46基
CUDAコア6144基8704基2944基
RTコア48基68基46基
Tensorコア192基272基368基
定格クロック1110 MHz-1350 MHz1440 MHz1380 MHz
最大クロック1545 MHz-1710 MHz1710 MHz1590 MHz
メモリ形式GDDR6GDDR6XGDDR6
GPUメモリ8GB or 16GB10GB8GB
メモリバス256 bit320 bit256 bit
クロックスピード14 Gbps19 Gbps14 Gbps
メモリバンド幅448.0 GB/s760.3 GB/s448.0 GB/s
消費電力115W-150W320W150W

RTX 3080 Mobileのスペックはベンダー側の設定によって異なる。定格クロック・最大クロック・GPUメモリ・消費電力はベンダー次第ということだ。それでもフラグシップモデルという特性を考えると基本的には最大スペックを基準にしておいてよいだろう。

PC向けモデルから大幅にダウングレードされている

RTX 3080 Mobileは、PC向けのRTX 3080と比べると大きくスペックダウンされている。ゲーミング性能は大きく劣ることは理解しておこう。モバイル向けのRTX 3080では、GPUがGA102ではなく下位モデルのGA104が搭載されている。モバイル向けモデルとPC向けモデルで唯一採用されているGPUが異なるのがこのRTX 3080 Mobileということになる。SMsがおよそ30%少なく結果的にCUDAコア数も30%少ない。RTコア・Tensorコアも同様に30%少なくなっている。定格クロックは6%低いものの最大クロックは同等だ。

また、GPUメモリについてもダウングレードされている。PC向けモデルではGDDR6Xが採用されているが、モバイル版ではGDDR6が採用されている。メモリバスも320 bitではなく256 bitを採用している。クロックスピードも19 Gbpsから14 Gbpsとなっている。結果的にメモリバンド幅はPC向けモデルよりも41%狭い448.0 GB/sだ。消費電力はデスクトップ向けモデルよりも53%低い150Wに抑えられている。メモリ周りのダウングレードもこの消費電力を抑えることに繋がっている。

RTX 2080 Mobileと比べると大幅に性能アップ

世代間かつ同じモバイル向けという土俵で比較するとスペックは高い。まずプロセスが12nmから8nmへと微細化されたことでより多くのトランジスタを搭載することができる。そして省電力性も向上していて消費電力を抑えつつより高いグラフィックス処理性能を引き出すことが可能だ。事実トランジスタ数が27%増えているにも関わらず、ダイサイズは26%縮小化されている。

CUDAコアは2944→6144へと210%も多い。RTコア及びTensorコアは数値的にはそれほど大きくないが、Ampere世代ではより高いパフォーマンスを発揮する。最大クロックは7%引き上げられている。メモリ形式はGDDR6と共通だ。GPUメモリ容量はRTX 3080 Mobileの方が多い。メモリバス・クロックスピード・メモリバンド幅は共通で消費電力も同じ150Wとなっている。

RTX 3080 Mobile搭載ゲーミングノートPCの特徴

RTX 2080 Tiに近いゲーミング性能を持っている

rtx3080mobileseinouRTX 3080 Mobileは、従来モデルのRTX 2080 Mobileと比べて18%程度パフォーマンスが高い。Turing世代のデスクトップ向けのフラグシップモデルだったRTX 2080 Tiに近いゲーミング性能を誇る。消費電力を考えてもアーキテクチャの進化を感じられるだろう。

フルHD環境で高リフレッシュレートモニターを活かしたいと考えている方に最適だ。下位モデルであるRTX 3070 Mobileとの差は22%と大きい。確かにデスクトップ向けのモデルと比べると見劣りしてしまうのは事実だが、ノート向けモデルという括りで見ればトップに君臨している。

Core i9やRyzen 9と組み合わせたモデルが多く高価

RTX 3080 Mobile搭載モデルは非常に高価となることが多い。最低でも税込み30万円程度を見ておく必要がある。ハイエンドクラスのグラフィックボードの性能を引き出すために高価なハイエンドのCPUが必要になるからだ。RTX 3080 Mobile搭載モデルでの妥協は好ましいとは言えないだろう。

RTX 3080 Mobileに合わせるCPUとしては、Ryzen 9 5900HX・Core i9-10980HK・Core i9-11900Hなどが挙げられる。Ryzen 7 5800HやCore i7-11800Hを搭載したモデルもあるがベストはフラグシップモデルだ。一部デスクトップ向けCPUを搭載したモデルもあるがそれは特殊だ。また、次に解説している排熱対策のためのコストも忘れてはならない。

排熱対策のために本体が大きくなりがち

排熱対策のために本体が大きくなるというのは、ハイエンドクラスのRTX 3080 Mobile搭載モデルの宿命というべきポイントだ。CPUもハイエンドクラスのモデルが選択されることが多く熱対策は必須だ。複数ファンの搭載やエアフロー確保のためにどうしても本体を大きくする必要がある。

結果的に本体も分厚くなり重量2.5kg近くになることも珍しくない。さすがに本体重量が2.0kgを超えてくると持ち運びが難しくなる。外出先での使用をメインに考えている方は注意しよう。ゲーミングノートPCに性能を求めるとこのようなデメリットが出てくる。実用性か性能かじっくり考えないけといけないだろう。

RTX 3080 Mobileのベンチマーク

デスクトップパソコン向け及びモバイル向けのグラフィックボードのベンチマークをまとめている。なお、Core i7-10870H×RTX 3070 Mobile搭載モデルは消費電力が抑えられたモデルでRyzen 9 5900HX×RTX 3070 Mobileのものよりもパフォーマンス面で劣る。性能よりも省電力性を重視しているモデルだ。

Metro Exodus

Metro-Exodus-Title

i5-10600K×RTX 3080(Desk)158
142
i5-10600K×RTX 3070(Desk)141
109
i9-10980HK×RTX 3080119
98
9 5900HK×RTX 3070106
84
7 5800H×RTX 306093
71
i7-10870H×RTX 307074
64
フルHDWQHD
デスクトップ向けモデルとの差が大きいタイトルの一つだ。RTX 3080 Mobileは、デスクトップ向けのRTX 3080と比べて35%もフレームレートが低くなっている。RTX 3070と比べても20%の差がある。これがWQHDになるとさらに差は大きくなりRTX 3080と比べて45%だ。一方で、下位モデルであるRTX 3070 Mobileよりも13%-17%フレームレートが高く順当だと言える。RTX 3070 Mobileよりもワンランク高い性能が手に入る。

Borderlands 3

boarderland3

i5-10600K×RTX 3080(Desk)108
107
i5-10600K×RTX 3070(Desk)108
99
9 5900HK×RTX 307091
76
i9-10980HK×RTX 308088
90
7 5800H×RTX 306082
64
i7-10870H×RTX 307078
62
フルHDWQHD
Borderlands 3はCPU負荷の高いタイトルとなっている。その影響もあってフルHD環境においてはRyzen 9 5900HXを搭載しているRTX 3070 Mobileが、RTX 3080 Mobileを上回っている。WQHD環境ではRTX 3080 Mobileの方が18%フレームレートが高い。純粋なグラフィックボードの性能ではRTX 3070 Mobileを大きく上回る。デスクトップ向けモデルと比べていこう。フルHD環境ではRTX 3080よりも23%劣る。WQHD環境では19%と少しだけ差が小さくなる。RTX 3070と比べるとフルHD環境では23%、WQHD環境では10%だ。

Red Dead Redemption 2

Red Dead Redemption 2

i5-10600K×RTX 3080(Desk)131
115
i5-10600K×RTX 3070(Desk)112
89
i9-10980HK×RTX 308092
81
9 5900HK×RTX 307083
68
7 5800H×RTX 306078
63
i7-10870H×RTX 307074
61
フルHDWQHD
Red Dead Redemption 2ではデスクトップ向けモデルとの差が大きくなっている。RTX 3080 Mobileは、フルHD環境ではデスクトップ向けモデルよりも30%劣る。WQHD環境では29%劣っている。デスクトップ向けのRTX 3070と比べても10-18%低い。デスクトップ向けモデルで対等なのはRTX 3060 Tiだろう。一方で、RTX 3070 Mobileと比べると11%-20%高い。より高みを目指したいならRTX 3080 Mobile搭載モデルを選択する価値がある。

Assassin’s Creed Valhalla

Assassin’s Creed Valhalla

i5-10600K×RTX 3080(Desk)102
87
i5-10600K×RTX 3070(Desk)92
75
i9-10980HK×RTX 308080
72
9 5900HK×RTX 307071
62
7 5800H×RTX 306061
53
i7-10870H×RTX 307061
52
フルHDWQHD
Assassin’s Creed Valhallaではデスクトップ向けのRTX 3070に近いフレームレートを出している。フルHD環境では15%の差があるが、WQHD環境では5%まで差が縮まっている。デスクトップ向けのRTX 3080と比べるとフルHD環境で28%、WQHD環境で20%の差がある。下位モデルであるRTX 3070 Mobileとの差は14%-17%となっている。平均fpsで70を超えているなら最高設定でも快適にゲームを楽しめるだろう。

Cyberpunk 2077

Cyberpunk2077top

i5-10600K×RTX 3080(Desk)111
79
i5-10600K×RTX 3070(Desk)89
58
i9-10980HK×RTX 308076
53
9 5900HK×RTX 307064
44
7 5800H×RTX 306053
32
i7-10870H×RTX 307046
36
フルHDWQHD
Cyberpunk 2077でもデスクトップ向けモデルとの差は大きい。フルHD環境においてRTX 3080との差は32%、RTX 3070との差は13%となっている。一方で、WQHD環境ではRTX 3080との差は33%、RTX 3070との差は8%となる。高解像度になるとRTX 3070との差がやや小さくなる。RTX 3070 Mobileと比べるとフルHD環境でもWQHD環境でも20%もフレームレートが高い。フラグシップモデルであるRTX 3080 Mobileを選択する理由はありそうだ。

RTX 3080 Mobile搭載おすすめゲーミングノートPC

ROG Strix SCAR 15 G533QS(ASUS)

ROG Strix SCAR 15 G533QS価格:329,800円(税込)
モニター:15.6インチ 165Hz
CPU:Ryzen 9 5900HX
GPU:GeForce RTX 3080 Mobile
メモリ:DDR4-3200 32GB
SSD:1TB×2
HDD:非搭載

公式サイト

RTX 3080 Mobile×Ryzen 9 5900HX搭載のゲーミングノートPCだ。第4世代RyzenシリーズのフラグシップモデルであるRyzen 9 5900HXを搭載しているのがポイントだ。クロック周波数が高くゲームプレイだけではなくクリエイター作業にも適している。CPU負荷の高いタイトルではCore i9シリーズを上回ることもある。Zen 3アーキテクチャ採用によってパフォーマンスが引き上げられている。メモリ32GB、SSD 1TB×2基と圧倒的な構成を誇る。まさにゲーミングノートPCの最高峰だ。

NEW ALIENWARE X15 スプレマシー(DELL)

NEW ALIENWARE X15価格:443,980円(税込) 355,184円(税込)
モニター:15.6インチ 165Hz
CPU:Core i9-11900H
GPU:GeForce RTX 3080 Mobile
メモリ:DDR4-3200 32GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載

公式サイト

エイリアンウェアの最上位モデルだ。4つのファンを搭載していて冷却性能も極限まで高められている。本体重量約2.27kgというのはこの性能帯では軽量化されていると言える。CPUにはCore i9-11900Hを搭載していてボトルネックの解消になる。Core i7シリーズとは一線を画する性能を持つ。メモリ32GB、SSD 512GBと構成も充実している。

LEVEL-17FG104-117K-VAZX(パソコン工房)

LEVEL-17FG104-117K-VAZX価格:380,578円(税込)
モニター:17.3インチ 144Hz
CPU:Core i7-11700K
GPU:GeForce RTX 3080 Mobile
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:500GB NVMe
HDD:非搭載

公式サイト

パソコン工房のハイエンドゲーミングノートPCだ。CPUにデスクトップ向けのCore i7-11700Kを搭載しているのがポイントだ。ゲーミングノートの場合CPU性能がボトルネックとなることがあるので、デスクトップ向けモデルを搭載するのは理にかなっていると言える。メモリ16GB、SSD 500GBと構成も充実していて性能面に不足はない。ただし、本体重量約4.7kgでかつバッテリー駆動時間が約1.9時間と短い。基本的には自宅据え置きの使用となるだろう。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

ベンチマークテスト環境

notepc

モデルMSI GE76 Raider
CPUCore i9-10980HK
GPUNvidia GeForce RTX 3080 Laptop
メモリ32GB DDR4-3200
ストレージ