GE76-12UHS-222JP
当記事では、モバイル向けGeForce RTX 3080 Ti MobileのスペックとおすすめのゲーミングノートPCを紹介している。2022年1月に、RTX 3080 Mobileの後継モデルに当たるRTX 3080 Ti Mobileがリリースされた。Ampere世代におけるフラグシップモデルということになる。高リフレッシュレートや高解像度でのゲームプレイにこだわりたい方におすすめだ。

搭載モデルの価格が高く万人受けするわけではない。海外メーカーでのみ取り扱いがある。また、デスクトップ向けの「GeForce RTX 3080 Tiの性能スペック&おすすめゲーミングPC紹介」とは性能差が大きく同一に考えることはできない。モバイル向けモデルの場合消費電力の問題もあってパフォーマンスを落としているのだ。

RTX 3080 Ti Mobileスペック比較

型番RTX 3080 TiRTX 3080 TiRTX 3080
プラットフォームモバイルPCモバイル
プロセス8nm8nm8nm
GPUGA103GA102GA104
トランジスタ数-283億174億
ダイサイズ496 mm²628 mm²392 mm²
SMs58基80基48基
CUDAコア7424基10240基6144基
RTコア58基80基48基
Tensorコア232基320基192基
定格クロック810 MHz-1230 MHz1365 MHz1110 MHz-1350 MHz
最大クロック1260 MHz-1590 MHz1665 MHz1545 MHz-1710 MHz
メモリ形式GDDR6GDDR6XGDDR6
GPUメモリ16GB12GB8GB or 16GB
メモリバス256 bit384 bit256 bit
クロックスピード16 Gbps19 Gbps14 Gbps
メモリバンド幅512.0 GB/s912.4 GB/s448.0 GB/s
消費電力115W-150W350W115W-150W

RTX 3080 Ti Mobileのスペックについて下位モデルであるRTX 3080 Mobile及びデスクトップ向けモデルであるRTX 3080 Tiと比較していく。RTX 3080 Ti Mobileは他のモバイル向けモデルと同じようにベンダー側で消費電力などの設定を変更できる。当然消費電力が高い=クロック周波数が高いということでより高いグラフィックス処理性能を得られる。ただし、排熱コストが掛かるため本体の価格は上昇傾向にある。

新しいGPUである「GA103」を採用している

RTX 3080 Ti MobileではRTX 3080 Mobileで採用されていたGA104ではなく新しいGA103を採用している。デスクトップ向けのRTX 3080 Tiで採用されていたGA102とGA104の間に収まる。ダイサイズはRTX 3080 Mobileよりも26%大きい。SMの数が21%増えて58基となる。CUDAコアは7424基(SMs 58×128)だ。RTコア・Tensorコアもそれぞれ21%増となる。

一方で、クロック周波数はRTX 3080 Mobileよりもダウンとなった。定格クロックは9%-26%低く、最大クロックは7%-19%低い。メモリ形式はGDDR6と共通だ。GPUメモリは16GBのみの設定となる。メモリバスは256 bitと共通だが、クロックスピードは16 Gbpsへと強化された。メモリバンド幅も14%広い。消費電力は115-150Wとなる。

デスクトップ向けモデルとのスペック差は大きい

デスクトップ向けのRTX 3080 Tiとのスペック差はかなり大きい。デスクトップ向けのRTX 3080 Tiでは、GPUに一回り大きいGA102を採用している。ダイサイズは26%大きい。SMsは38%多く80基だ。CUDAコアは10240基と38%多くなっている。RTコア及びTensorコアも多くなっている。定格クロックも11%高く、最大クロックも4%高い。

さらに、メモリ形式もGDDR6Xとワンランク上だ。GPUメモリ容量は12GBとモバイル向けモデルの方が多い。メモリバスはデスクトップ向けのRTX 3080 Tiでは384 bitでかつクロックスピードも19 Gbpsとなる。メモリバンド幅78%も広い。消費電力は2.3倍の350Wだ。

RTX 3080 Ti Mobile及び搭載モデルの特徴

RTX 3080 Mobileよりも7%程度パフォーマンスが高い

rtx3080timobileseinou
RTX 3080 Ti Mobileは、Ampere世代におけるフラグシップモデルのグラフィックボードだ。下位モデルであるRTX 3080 Mobileよりも7%程度高い処理性能を持っている。Radeon RX 6800Mと比べても25%以上性能で上回っている。その高い性能はWQHD環境でのゲームプレイにも対応可能だ。

最近はゲーミングノートPCでもWQHDモニターを搭載していることがあり高解像度でのゲームプレイにこだわりたい方におすすめだ。ただし、デスクトップ向けのグラフィックボードと比べるとRTX 3070と同等に留まる。モバイル向けモデルでは消費電力が抑えられていることもあって負荷によってはパフォーマンスが大きく落ち込むこともある。

搭載ゲーミングノートPCは海外メーカーが中心で価格が高め

RTX 3080 Ti Mobile搭載ゲーミングノートPCは、ASUS・Dell・MSIと海外メーカーが中心だ。いずれのモデルも税込50万円近い価格で誰もが簡単に購入できるわけではない。高性能なグラフィックボードには、高性能なCPUが選択されるため仕方がないかもしれない。RTX 3080 Ti Mobileは発熱量が多く、本体が大きくそして重くなる。

本体重量は2.0kgオーバーが当たり前だ。持ち運びがメインの方にはおすすめしづらく、自宅などでの使用を考えている方向けだ。ドスパラ・G-Tuneなどの国内BTOメーカーから販売される可能性は低いのではないかと思う。それはRTX 3080 Mobile搭載モデルのラインナップが販売されていないことからも想像に難くない。

RTX 3080 Ti Mobileのベンチマーク

Watch Dogs Legion

watchdogslegion

i5-10600K×RTX 3080(Desk)96
82
i7-12700H×RTX 3080 Ti84
65
i9-11980HK×RTX 308074
62
9 5900HK×RTX 307067
58
i7-11800H×RTX 307060
43
フルHDWQHD
Watch Dogs LegionではフルHD環境においてRTX 3080 Mobileと比べて14%もフレームレートが高い。WQHD環境になるとその差が5%まで縮まってしまう。また、デスクトップ向けのRTX 3080と比べると12%フレームレートが低くなっている。WQHD環境ではデスクトップ向けのRTX 3080との差が28%と差が開いてしまう。それでもWQHD環境で平均60fpsを超えているのは評価できる。

Metro Exodus

Metro-Exodus-Title

i5-10600K×RTX 3080(Desk)150
142
i9-11980HK×RTX 3080116
95
9 5900HX×RX 6800M113
82
i7-12700H×RTX 3080 Ti112
91
9 5900HK×RTX 3070106
84
i7-11800H×RTX 307089
73
フルHDWQHD
Metro Exodusではややイレギュラーな結果となった。驚くべきことにRTX 3080 Mobileに劣る結果となった。フルHD環境では3%低く、WQHD環境では4%低い。クロック周波数が引き下げられたことがマイナスに働いているのかもしれない。また、RX 6800Mよりも劣ってしまっているが、WQHD環境では10%以上高いフレームレートが出ている。RTX 3070 Mobileとの差は6%程度だ。

Red Dead Redemption 2

Red Dead Redemption 2

i5-10600K×RTX 3080(Desk)131
115
i7-12700H×RTX 3080 Ti104
82
i9-11980HK×RTX 308095
82
9 5900HX×RX 6800M94
79
9 5900HK×RTX 307083
68
i7-11800H×RTX 307081
66
フルHDWQHD
Red Dead Redemption 2ではWatch Dogs Legionと同等の結果となっている。RTX 3080 Mobileと比べてフルHD環境では10%程度フレームレートが高い。ただし、WQHD環境ではその差がなくどちらも82fpsとなる。デスクトップ向けのRTX 3080との差は25%-40%とかなり大きい。特に高解像度になるとその差が広がることになる。

Horizon Zero Dawn

horizon zero dawn

i5-10600K×RTX 3080(Desk)137
121
i7-12700H×RTX 3080 Ti116
102
i9-11980HK×RTX 3080109
100
9 5900HX×RX 6800M100
85
9 5900HK×RTX 307088
80
i7-11800H×RTX 307080
75
フルHDWQHD
フルHD環境ではRTX 3080 Mobileと比べて7%フレームレートが高い。例に漏れずWQHD環境では性能差は2%に留まる。RX 6800Mとの差は15%-20%と大きい。モバイル向けのグラフィックボードはNVIDIAが優勢だ。デスクトップ向けのRTX 3080との差は19%となる。Horizon Zero DawnではWQHD環境でも差が広がることはない。

Cyberpunk 2077

Cyberpunk2077top

i5-10600K×RTX 3080(Desk)111
79
i9-11980HK×RTX 308080
53
i7-12700H×RTX 3080 Ti78
50
9 5900HX×RX 6800M75
49
9 5900HK×RTX 307064
44
i7-11800H×RTX 307062
41
フルHDWQHD
Cyberpunk 2077でもRTX 3080 Mobileに劣る結果となっている。デスクトップ向けのRTX 3080との差は43%-58%とかなり大きい。負荷の大きいタイトルではモバイル向けモデルの限界が見える。

RTX 3080 Ti Mobile搭載おすすめゲーミングノートPC

NEW ALIENWARE X15 R2 プラチナ(ALIENWARE)

NEW ALIENWARE X15 R2価格:622,140円(税込) 販売価格447,490円(税込)
モニター:15.6インチ FHD 165Hz
CPU:Core i7-12700H
GPU:GeForce RTX 3080 Ti Mobile
メモリ:DDR5-5200 32GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載

公式サイト

ALIENWAREから早くも搭載モデルがリリースされている。165Hz対応モニター搭載でゲームに没頭できる。CPUにはハイクラスのCore i7-12700Hを搭載している。14コア20スレッドとマルチスレッド性能が高くゲームプレイにおいて十分なパフォーマンスを発揮する。メモリにはDDR5-5200 32GB搭載で妥協は見られない。SSD 512GBとストレージ容量は控えめだ。本体重量約2.34kgとなっている。RTX 3080 Ti Mobile搭載モデルの中では比較的軽い部類だ。

GE76-12UHS-222JP GEシリーズ(MSI)

GE76-12UHS-222JP価格:489,800円
モニター:17.3インチ WQHD 240Hz
CPU:Core i9-12900HK
GPU:GeForce RTX 3080 Ti Mobile
メモリ:DDR5-5200 32GB
SSD:1TB NVMe
HDD:非搭載

公式サイト

現在購入できるゲーミングノートPCの最高峰だ。17.3インチWQHD 240Hz対応モニターを搭載している。高性能モニターを活かすのに十分なゲーミング性能を持つ。CPUにはCore i9-12900HKを搭載していて高いパフォーマンスを発揮する。14コア20スレッドとCore i7シリーズの上位モデルと同等のスペックだが、より高いクロック周波数を実現している。ボトルネックが生じにくく魅力的なCPUだ。メモリ32GB、SSD 1TBと構成も充実している。

NEW ALIENWARE X15 R2 スプレマシー(ALIENWARE)

NEW ALIENWARE X15 R2価格:633,140円(税込) 55,520円(税込)
モニター:15.6インチ FHD 165Hz
CPU:Core i9-12900H
GPU:GeForce RTX 3080 Ti Mobile
メモリ:DDR5-5200 32GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載

公式サイト

ALIENWAREのフラグシップモデルとなっている。3.5万円ほど価格が下がって購入しやすくなった。15.6インチ165Hz対応モニターを搭載している。カスタマイズでQHD 240HzモニターやFHD 360Hzにアップグレード可能だ。当該モデルの処理性能を考えるとアップグレードもおすすめだ。CPUには上位モデルのCore i9-12900Hを搭載している。Core i9-12900HKと比べるとパフォーマンスが劣るもののモバイル向けモデルとしてはトップクラスの性能を誇る。メモリ32GB、SSD 512GBという構成だ。ストレージについてはカスタマイズを検討してもよいかもしれない。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

ベンチマークテスト環境

notepc

モデルXMG GM7AG8M
CPUCore i7-12700H
GPUNvidia GeForce RTX 3080 Ti Laptop
メモリ32GB DDR5-5200
ストレージ