cputoha
当ページでは、CPU内蔵グラフィックスのゲーミング性能について徹底的に検証している。外付けのグラフィックボードが本当に必要なのかどうか知りたいという方はぜひ参考にして欲しい。

結論から言うと、CPU内蔵グラフィックスは性能が十分とは言えず満足にゲームプレイを行うことはできない。世代ごとに性能は向上しているが、エントリークラスのグラフィックボードとの性能差も歴然だ。妥協して選ぶことはおすすめしない。ゲームプレイを考えているなら外付けのグラフィックボード(dGPU)を選択するべきだろう。

搭載モデルについては、「CPU内蔵グラフィックス搭載ゲーミングPC一覧」で紹介している。ゲーミングPCとして販売されているが、性能が低いため積極的にはおすすめできない。クリエイター向けモデルだと考えた方がよいだろう。

CPU内蔵グラフィックスとは?

CPU内蔵グラフィックスとは、Intel or AMD製CPUに内蔵されているGPU(グラフィックス機能)のことだ。IntelであればUHD 770 Graphics/UHD 750 Graphics、AMDであればRadeon RX Vegaシリーズとなる。AMDの場合CPU内蔵グラフィックスを搭載したCPUのことはAPU(Accelerated Processing Unit)と呼ばれることがある。

どのパソコンにもCPUは搭載されているので、内蔵グラフィックスを搭載したCPUを選べば単体で販売されているグラフィックボードを別途購入する必要がなくコスト面で優位性がある。CPU内蔵グラフィックスの役割は一般的なアプリケーションの使用における3D処理となる。

エクセル・ワード・パワーポイントなどのマイクロソフトオフィス・Adobeソフト・動画視聴などであれば問題なく対応することが可能だ。ゲームプレイやプロフェッショナル用途でのAdobeソフトの使用、3D CADに関するアプリケーションでの用途では性能は不十分となる。

単体のグラフィックボードとの特徴比較

CPU内蔵GPU外付けGPU
価格安価普通~高価
本体大きさ省スペース普通~大きい
パフォーマンス低性能普通~高性能
GPUメモリ非搭載2GB~11GB
消費電力省電力省電力~大きい

外付けのグラフィックボードとの特徴の比較をまとめている。価格はCPU内蔵グラフィックスの方が安価だ。外付けグラフィックボードの場合は性能によって異なるが、30,000円~150,000円ほどとなる。グラフィックス本体の大きさは外付けグラフィックボードの方が大きい。一方、CPU内蔵グラフィックスはCPUに内蔵されているという特性上省スペースだ。

その他大きく異なるところとしては、GPUメモリの有無だろう。CPU内蔵グラフィックスではGPUメモリは非搭載となっている。代わりにメインメモリの一部を活用することになる。GPUメモリに比べて速度は遅くどうしてもパフォーマンスは低くなってしまう。CPUと共有するという点でも不利だ。

GPUメモリ非搭載及びパフォーマンスが低いということで消費電力についてはCPU内蔵グラフィックスが優れている。外付けグラフィックボードは、性能に比例して消費電力が増えるため電源ユニットにも気を使う必要があるのだ。機能的には同じ役割を果たすが、特徴を見れば全く異なるものだということがわかるだろう。用途に合わせて最適な選択をして欲しい。

CPU内蔵グラフィックスの性能比較表

uhdgraphicsseinou

青色がRyzenシリーズに搭載されているRadeon Graphicsで、赤色がIntel製CPUに搭載されているUHD Graphicsだ。グラフを見てわかるとおりCPU内蔵グラフィックスはRadeon Graphicsが優勢だ。Ryzen 7 5700Gに搭載されているRadeon GraphicsではIntel製のIntel UHD 770よりも20%高いグラフィックス処理性能を持っている。Intel第12世代Core iシリーズでこのUHD 770が搭載されたが、Radeon Graphicsとの差は大きい。

Radeon Graphicsは、外付けのグラフィックボードのエントリークラスであるGeForce GT 1030を5%程度上回るパフォーマンスを発揮する。下位モデルのRyzen 5 5600G搭載のRadeon Graphicsでも上回っている。もっともゲームプレイにおいて最低ラインであるGTX 1050と比べるとRadeon Vega 11でも半分以下と勝負にならない。これがCPU内蔵グラフィックスの現実だろう。

CPU内蔵グラフィックスの特徴&強み

省スペースかつ安価

CPU内蔵グラフィック最大の特徴は、省スペースかつ安価であるという点だ。CPUに内蔵されているという特性故に場所を取ることがない。パソコン内部のスペースを考える必要がなくスリムタワーやキューブタワーでも問題なく利用可能だ。当然別途購入する必要がないため価格も安価で搭載パソコンの価格も抑えられる。

パソコンを購入すればCPUは必ず付いているので、内蔵されているグラフィックスまで意識することは少ないかもしれない。しかし、Photoshopなどの3Dアプリケーションを快適に利用できるのは内蔵グラフィックスが存在しているからだ。

性能は上がっている

CPU内蔵グラフィックスの性能は、Intel第二世代や第三世代と比べて飛躍的に向上し続けている。また、内蔵グラフィックスについてはAMDの方が一歩先を行っていて評価が高い。これはラップトップ向けの内蔵グラフィックスにも当てはまる。

ただし、性能は上がっているとは言っても外付けグラフィックボードの性能を超えることはないと考えている。それはスペースの問題と消費電力の問題があるからだ。当然スペースが限られていると性能に直結する部品を取り付けるところがなく性能は上がらない。また、仮にそれができたとしても消費電力が上がってしまい対応できなくなってしまう。

今後どのようになるかはわからないが、今後もCPU内蔵グラフィックスの性能は上がっていくだろう。さらに、Intelも外付けグラフィックボードをリリースすると噂になったことがある。NVIDIAと競合することになるのか気になるところだ。

非搭載モデルも登場

デスクトップ向けのIntel製CPUが第9世代になってCPU内蔵グラフィックス非搭載モデルが登場した。型番の末尾に「F」が付くモデルがそれに該当する。非搭載モデルは外付けグラフィックボード搭載が前提となっている。

つまり、より高性能なグラフィック性能を求めるユーザーが増えているということだろう。CPU内蔵グラフィックスで事足りるなら外付けモデルを選ぶ理由はに。確かに、グラフィックボードを搭載するのにCPU内蔵グラフィックスが搭載されているともったいない気もする。

ゲームプレイ時のフレームレート計測まとめ

フルHD及びHD環境においてフレームレートを計測している。基本的にすべて低設定だ。高設定でのゲームプレイは厳しいと考えて間違いない。Core i7-11700KはUHD 770で、Core i5-0600KはUHD 630となる。

Far Cry 5

farcry5

Ryzen 7 5700G61.6
33.2
Ryzen 5 5600G59.5
31.5
Ryzen 7 4750G58.8
31.8
Ryzen 5 3400G54.4
30.0
Core i5-11400(GT 1030)42.0
23.0
Core i7-11700K30.8
16.6
Core i5-10600K17.6
9.6
720p1080p

Radeon Graphicsの場合HD環境ならかろうじてゲームプレイを楽しめそうだ。Ryzen 7 5700Gは最新のAPUだが、従来モデルのRyzen 7 PRO 4750Gとの性能差は5%程度とそれほど大きいわけではない。CPU内蔵グラフィックスについてはこの辺りが限界なのかもしれない。Intel製のCPU内蔵グラフィックスでは歯が立たない状態だ。HD環境でさえゲームプレイは厳しいと考えてよい。

Grand Theft Auto V

gta5

Core i5-11400(GT 1030)165.3
114.5
Ryzen 7 5700G138.1
86.2
Ryzen 5 5600G137.9
85.4
Ryzen 7 4750G119.6
82.3
Ryzen 5 3400G110.2
73.9
Core i7-11700K91.5
51.9
Core i5-10600K55.5
33.5
720p1080p

比較的に負荷の軽いGTA5ではCPU内蔵グラフィックスでも対応しやすいことがわかる。Intel UHD 630を搭載しているCore i5-10600K以外はまずまず対応できると考えてよいだろう。Ryzen 5 5600GやRyzen 7 5700GならフルHD環境でもある程度安定しそうだ。もっとも設定を上げるとフレームレートが低下してしまうため妥協は必要となる。トップはGT 1030となったのは興味深い。GPUメモリ容量の差が出たのかもしれない。

Shadow of the Tomb Raider

Shadow Of The Tomb Raider

Ryzen 7 5700G62.1
37.6
Ryzen 5 5600G59.8
36.0
Ryzen 7 4750G58.3
36.1
Ryzen 5 3400G52.2
32.3
Core i5-11400(GT 1030)52.0
30.8
Core i7-11700K27.3
16.0
Core i5-10600K16.2
9.7
720p1080p

Ryzen 7 4750G以上のAPUならゲームプレイに対応できなくはないと言えそうだ。それでも平均フレームレートが60fps前後となるため状況によっては不安定になってしまうこともあるかもしれない。Intel製CPU内蔵グラフィックスは全くフレームレートが出ていない。UHD 750搭載のCore i7-11700Kでも27.3fpsとかなり厳しい。Radeon GraphicsがGT 1030を大幅に上回ったのは評価に値する。

Strange Brigade

death stranding

Ryzen 7 5700G71.1
38.9
Ryzen 7 4750G67.3
36.6
Ryzen 5 5600G65.9
37.0
Ryzen 5 3400G60.6
33.7
Core i5-11400(GT 1030)59.8
29.8
Core i7-11700K40.8
22.3
Core i5-10600K27.5
14.6
720p1080p

トップはRyzen 7 5700Gとなった。HD環境では71.1fpsとまずまずの結果だ。Radeon Graphicsならなんとかゲームをプレイできる。やはりCore i7-11700KやCore i5-10600KなどのIntel製CPUは大苦戦だ。Radeon Graphics搭載モデルがゲーミングPCとして販売される一方で、UHD Graphics搭載モデルが販売されていないのはこういった事情があるのだろう。

CPU内蔵グラフィックス搭載ゲーミングPC一覧

LEVEL-M0P5-R75G-EZX(パソコン工房)

frontiergaseries価格:105,980円(税込)
CPU:Ryzen 7 5700G
GPU:Radeonグラフィックス
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:500GB NVMe対応
HDD:非搭載
電源:350W BRONZE

公式サイト

Ryzen 7 5700Gを搭載したゲーミングPCだ。ミニタワーケースを採用している。CPU内蔵グラフィックスとして現行最強のグラフィックス性能を誇る。8コアで2000 MHzを実現している。負荷の軽いタイトルならHD環境×低設定で対応できなくはない。純粋なCPU性能も高くクリエイターPCとしてもおすすめだ。

G-GEAR mini GI5A-B211/T(TSUKUMO)

G-GEAR mini GI7J-B194T価格:109,800円(税込)
CPU:Ryzen 5 5600G
GPU:Radeonグラフィックス
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:500GB NVMe対応
HDD:非搭載
電源:500W SILVER

公式サイト

Ryzen 5 5600Gを搭載したモデルだ。コンパクトケースを採用していてデスクの上に設置しても違和感がない。6コア12スレッドというスペックだ。意外とRyzen 5シリーズはCPU性能は高い。Radeonグラフィックスは7コアでクロック周波数は1900MHzとRyzen 7シリーズと比べると控えめだ。HD環境で低設定ならプレイできるタイトルもある程度だ。

G-GEAR mini GI7A-C211/T(TSUKUMO)

G-GEAR mini GI7J-B194T価格:124,800円(税込)
CPU:Ryzen 7 5700G
GPU:Radeonグラフィックス
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:500GB NVMe対応
HDD:非搭載
電源:500W SILVER

公式サイト

Ryzen 5000 Gシリーズの最上位モデルだ。8コア16スレッドとかなり高いCPU性能を持っている。Radeonグラフィックスも8コア、クロック周波数2000MHzと高い。他のモデルと同様にゲーム目的ではおすすめしづらい。どうしてもCPU内蔵グラフィックスで対応したいと考えている方向けだ。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya

ベンチマークテスト環境

desktoppc