discordtop


当ページでは、ボイスチャットツールである「Discord(ディスコード)」の基本的な使い方について解説している。FPSなどのゲームをプレイしている方にとって非常に身近な存在だろう。

どうしてDiscordが使われれるようになったのかについて軽く触れながら基本的な使い方や機能について見ていく。まだ導入していない方はぜひ参考にして欲しい。

当ページの目次

Discord(ディスコード)の基本

Discord(ディスコード)とは

discord画像引用元:https://play.google.com/

Discord(ディスコード)はゲーム向けのボイスチャットツールである。2015年とかなり後発のサービスだが、Discord公式ブログによると2019年時点ですでに20億人以上のゲーマーによって使用されているということだ。TeamSpeak3やSkypeよりも機能面で優れていることから多くのゲーマーに使われるようになった。

公式サイトトップに「Skype、TeamSpeakの時代は終わりを告げた…!」と、超攻撃的なキャッチコピーがあるのが面白い。ここまでストレートなメッセージはないだろう。「必要機能が全て詰まった、ゲーマー向け音声テキストチャットアプリ。」で間違いない。そう記載されているように、TeamSpeak3の良いところとSkypeの良いところを合わせたツールであるDiscordは、2020年時点でゲームプレイにおいて主流となっているボイスチャットツールだ。

利用料金

基本的に無料で利用することが可能だ。一部課金要素として「サーバーブースト」がある。特定のサーバーに対してレベルアップをすることで機能が拡張されるというものだ。お気に入りのサーバーをカスタマイズしたり、様々な特典を受けたりすることができる。

主な特典は下記の通りだ。ただし、課金の恩恵としては薄いこともあり、一つのコミュニティとして確立されたサーバーにはあっても良いかもしれない程度のもので必須というわけではなく、装飾やオマケ程度となっている。

サーバーブースト一覧

  • 名前の横のメンバーリストアイコン
  • 時間が経つと変化する輝くプロフィールバッジ
  • サーバーブーストを適用したサーバー限定で新しいロール
  • カスタム絵文字枠の増設
  • ボイスチャンネルとGo Liveの品質アップ
  • サーバーメンバー全員のアップロードサイズアップ

ボイスチャットツールの比較

 DiscordSkypeTeamSpeak3
音質
自動ミュート-
他ユーザーの音声調整-
クライアントの負荷
画面共有-

Skypeは常時マイクがオン状態になるため、環境音を拾いやすくトークバック等のトラブルが発生しやすい。他のユーザーの音量を調整できないので音量が大きい、小さいユーザーに変更してもらう必要がある。
音質はクリアなので聞き取りやすい。

TeamSpeak3は自動ミュート機能があり、設定した音量以上の音を拾ったときだけマイクがオンになる。これにより環境音を拾いにくい代わりに音質がやや悪い。また、チャンネルを作る手間がかかり手軽さが無い。
画面共有機能も無く、チャットはIRCのような簡素なものでSkypeに慣れていると違和感がある。
クライアントが軽いことが一つの特徴で、全体的にゲーミングPCの性能が低かった時代はSkypeよりも軽いことでゲームに与える影響が小さいので重宝されていた。

そしてDiscordは音質はSkypeと同等以上で自動ミュートがあり、他ユーザーの音声調整も可能。チャットも見やすく動作も軽いことでSkypeとTeamSpeak3の良いところを集めたボイスチャットツールとして注目を集め、オンラインゲーマーの間で急速に広がった。チャンネルはSkypeに近く、サーバーを建てる必要もないので非常に手軽だ。今ではFPSやRTSなどの連携が必要なゲーム以外でも、それこそMMORPGやスマホゲームでもDiscordを使用するユーザーが多く、クランやギルドでも導入しているところが多い。
画面共有が可能なことでオンラインゲームでなくとものんびり会話しながら、配信しているような形でお互いの画面を共有しながらゲームプレイをすることも可能である。

>>>>>Discord公式サイト<<<<<

Discordの主な機能

ボイスチャット(サーバー)

Discordの基本の機能がボイスチャット機能となっている。ユーザー同士で会話をしたり、ゲームを円滑に進めたりという役割を担う。ユーザビリティーが高く直感的に操作を行えるのは魅力的だと言える。様々なチャットアプリがある中で特にゲームに特化したコミュニケーションだ。

通話の品質も高く基本的な部分では申し分がない。その他にもユーザーを見つけやすくなっていて気軽にコミュニケーションを取ることが可能だ。多くのゲーマーがゲームをプレイしている間だけではなく、ソーシャル・ネットワーキングとして活用されている。

ゲームアクティビティ

discord-gameactivity
プレイヤーのゲームアクティビティーをいつでも確認することができる。画像の赤枠に現在プレイしているゲームが表示される仕組みだ。フレンド一覧にも表示されるため他のユーザーあるいはあなた自身が現在何をしているのかを確認することができる。他のプレイヤーに知られたくない場合は表示をオフにすることも可能だ。

現在プレイしているゲームが表示されるのはSteamのフレンド機能に近く、フレンドをゲームに誘うときの声かけの基準にもできてしまう。ボイスチャットツールでもあり、ライトなSNSのようなコミュニケーションツールとしての運用できる。Skypeのフレンドと似たような形であっても、ゲームに関連した管理のしやすさはDiscordが圧倒的に上だろう。こういった面でもDiscordはゲーム向けのツールであることが分かる。

画面共有

画面の共有を行うことも可能だ。表示するモニター、あるいはアプリケーションを選択することでフレンドに自分の選択した画面を見せることができる。二人で遊ぶ場合はお互いに画面共有することで、相手が何をしているのかが分かりやすい。

Skypeと違うのは画面共有したアプリケーション等の音声を流すことができることだ。これ自体にあまりメリットは感じることはないかもしれないが、使い方次第では幅広い遊びができそうだ。ただ、綺麗に描写するには当然負荷がかかる。

それなりの性能を持つパソコンがなければプレイしているゲームがカクつく原因となるので、シミュレーションゲーム等のソロゲームを二人で見せ合いながら遊ぶくらいでないと厳しい。簡単に言えば相互配信のようなものだろうか。

配信機能

DiscordにはGO LIVEという配信機能がある。これはDiscordでサーバーを建てることで配信することができる。フレンドを招待することで限定的な配信が可能となる。仲間内で楽しむにはもってこいの機能だ。

ただ、機能的には画面共有に近いものがあり、チャンネル内でのイベント等に使用するくらいだろうか。筆者は残念ながらこの機能を使用したことはない。

Discord(クライアントアプリ)の導入方法

Discordの公式サイトから”Windows版をダウンロード”するをクリックする

discordhow2use-1

exeファイルをクリックしてインストールを行う

discordhow2use-2

検出された音声機器にデバイスを切り替える

discordhow2use-3

株の”登録”をクリックする

discordhow2use-4

メールアドレス、ユーザー名、パスワードを入力して”はい”をクリックする

discordhow2use-5

メールアドレスを確認してメールアドレスを認証して完了となる

discordhow2use-6

上記の手順で公式サイト(https://discordapp.com/)からアカウントを作成しよう。ここではクライアントのダウンロードを解説したが、ブラウザで使用することも可能だ。このブラウザで使用することができるというのがメリットの一つと言える。ただ、安定という意味ではクライアント版を使用することを推奨したい。

アカウントを作成しログインするまではSkypeに近く、多くのアプリケーションの基本的な導入方法と同じである。TeamSpeak3よりも簡単に導入することができるので、多くのユーザーがTeamSpeak3からDiscordに流れている。

サーバーの建て方

DiscordのサーバーはTeamSpeak3と違い、クライアント内で完結するSkypeのグループチャットに近いものがある。サーバーの建て方について詳しく解説していく。

画面左端の+アイコンからサーバーを追加する

discord-servertuika

”サーバーを作成”(参加する場合はサーバーに参加)を選択する

discord-serversakusei

サーバーの名前を決めて新規作成する

discord-sanka

これでサーバーが完成となる

discord-kansei

左側にテキストチャンネルとボイスチャンネルがある。この辺りはTeamSpeak3のチャンネル機能に近いものがある。TeamSpeak3とSkypeの良いとこ取りはこういった部分にもしっかり反映されている。

当記事のまとめ

Discordは現時点では最もポピュラーなボイスチャットツールの一つで、ゲームを複数人でプレイする場合や仲間内で集まったりする場所として重宝する。Skypeのように改悪とも呼べるアップデートもなく、TeamSpeak3よりも導入が簡単で同等以上の機能を扱うことができる。まさに良いとこ取りのボイスチャットツールと言えるだろう。

しかし、良いところも多い反面ボイスチャットをせずにのんびりゲームをしたいユーザーにとって、ゲーマーの間で急速に広まったDiscordは平和ブレイカーの一つである。最近のMMORPG等、ゲームカテゴリ関係なくチームや仲間との連携が必要なオンラインゲームが増えてきている。そこにきてDiscordの登場により、クランやギルド内でDiscordの導入が当然になっていたりする。のんびりと仮想現実を楽しむゲームスタイルは廃れ、ゲーム内にも妙な人間関係が構築されてきている。

ボイスチャットツールは時として、楽しいゲームの雰囲気を一変させてしまう。文字ではなく音声によりコミュニケーションを求めていないユーザーにとってはゲームがよりリアルに近づいてしまうことは望んでいないだろう。見知らぬ他人と繋がれるオンラインゲームの魅力はそのままに、距離が詰まり過ぎてしまうのは弊害の一つだろう。

むしろ積極的にコミュニケーションを取りたいユーザーは導入しておいて損はない。注意点としては、コミュニケーションを積極的に取りたいユーザーはDiscordだけでなくSkypeやTeamSpeak3の導入も検討しておかなければならない。既にそれぞれのボイスチャットツールでコミュニティが確立されていれば、Discordに移っていないグループも多く存在しているからだ。Discordの言う「面倒なTeamSpeakやSkypeとはさよなら」というわけにもいかないのが現実である。これから導入するならまず間違いなくボイスチャットツールとしては優秀なDiscordをおすすめしたい。

>>>>>Discord公式サイト<<<<<

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2020年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2020年最新】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る