computer

当ページでは、完成品のゲーミングPCでも問題となることのあるプチフリについて原因と解消法について解説している。パソコンを使っていて固まってしまったという悩みがある方が対象だ。ゲームプレイ時のストレスは相当なものになるだろう。Twitterで見ていてもプチフリに悩んでいる方が多いように思う。

ドスパラのGALLERIA XFなど人気のゲーミングPCでもプチフリが発生したという報告があるので是非チェックして欲しい。これは製品そのものの不具合というよりもSSDの特性上そうなってしまうというものだ。通常設定を変更すれば問題は解消して対策となる。最近のドスパラやG-Tuneのモデルであれば発生しない。このページを読めばパソコン初心者の方でも対応できるはずだ。

プチフリとは

プチフリーズ略して「プチフリ」。主にSSDが一時的にフリーズしてしまうことを「プチフリ」と呼んでいる。数秒間固まってしまい動かせなくなるということだ。様々な原因によって引き起こされるがそこまで深く考えなくても対策は比較的簡単だと言える。このページを読んでそのとおりに対策を行えば解決する。

Window10におけるプチフリの原因

コントローラー側の問題

原因の一つがいわゆるコントローラー側の問題であり「JMF602」というコントローラを搭載しているSSDに多く見られる現象だ。有名どころではTranscendのTSxxGSSD25S-MシリーズやBuffaloのSHD-NSUMシリーズなどが該当している。どちらかというと少し古いタイプのモデルで起こる問題だ。

ガレリアXFの後継モデルである「GALLERIA XA7C-R37(ガレリアXA7C-R37)」など新しいモデルを使っているのであれば気にしなくてもよいだろう。前述のようにSSDはランダムアクセスに長けているという特性がある。HDDとは構造が違い管理がしやすい反面、ファイルごとの管理ではなくエリアやブロックという形で管理されている。

このことで僅かな容量しか持たないファイルの書き換えを行った場合でも管理されているエリアやブロックも同時に書き換えられることとなる。この作業が頻発した場合、本来小さなファイルであっても多数のエリアに干渉し速度が急激に低下してしまうのだ。ただし、こちらの問題はBTOパソコンで原因となることはないので対策については省略する。

LPM(Link Power Management)重要!!

もう一つの原因は「LPM(Link Power Management)」に起因するもので、簡単に言えば省電力機能が原因となっているということだ。システムが求めていないタイミングでSSDが省電力化を図った際に電力をシャットアウトして動作を停止してしまうものになる。

市販されているゲーミングPCで多いのはこのLPMによるプチフリであり、解決策や対策もそれなりに挙げられている。SSD自体が一般的に搭載されていなかった時は問題となることはなかった。最近はゲーミングPCではSSD標準搭載のモデルが増えてきてる。それこそミドルクラス以上になれば当たり前のように搭載されている。SSDはランダムアクセスに長け、HDDと比べてアクセス速度が非常に速い。

これはSSD内に保存しているアプリケーションの起動速度や読み込み速度にも大きく関係しており、ゲームやシステムを快適に稼動させるのに一役買っている。この普通なら便利なはずのSSDによって起こることで、当ページではLPMに起因するプチフリについて詳しく解説している。

LPMによるプチフリ対策\AHCI Link Power Managementの設定変更

プチフリ対策の手順は決まっているのでわかりやすい。それでも、レジストリを変更することになるため作業に自信のない方はショップ側に問い合わせることを強く推奨する。あくまでも自己責任で行って欲しい。なお、プチフリバスターというソフトが販売されているがわざわざソフトを使うほどのものではない。

ファイル名を指定して実行「regedit」

デスクトップ画面左下のスタートメニューを右クリックし、出てきたメニューから選択(Windows10の場合)する
putifuri-1

「regedit」と入力し、レジスターエディターを起動させる
putifuri-2

レジストリを変更する

putifuri-3
【HKEY_LOCAL_MACHINE】

【SYSTEM】

【CurrentControlSet】

【Control】

【Power】

【PowerSettings】

【0012から始まるフォルダ】

【0b2dから始まるフォルダ】
このフォルダの「Attributes」の設定値を【1】から【0】へ変更しよう。

追加された電源オプションから設定を変更する

スタートメニューから、Windowsシステムツールの項目を開き「コントロールパネル」を選択
putifuri-4

【ハードウェアとサウンド】から【電源オプションを選択】し、現在選択されているプランの【プラン設定の変更】をクリック
putifuri-5

【詳細な電源設定の変更】からAHCI Link Power Management – HIPM/DIPMの項目の設定をActiveに変更
putifuri-6

補足:SSD最適化設定ツールを使う方法もある

ssdsaitekika画像引用元:https://forest.watch.impress.co.jp/

上記レジストリの変更までが完了したら「SSD最適化設定(窓の杜公式HP)」というツールを使用する方法もある。ここで簡単に手順をまとめておく。

  1. SSD最適化設定メニューを選択
  2. putifuri-7

  3. 手動設定を選択
  4. putifuri-8

  5. LPM(省電力)設定のLPMチェックを選択
  6. putifuri-9

  7. 表示された画面でLPMをチェック
  8. putifuri-10

電源のバランス設定はLPM(HIPM)設定:LPM(HIPM)OFF、と表示されているため、筆者の環境ではLPMがオフになっている。また、SSD一覧で「LPM(HIPM)」が未対応となっているものはプチフリの原因になっている可能性がある。筆者の環境では上2つが未対応だがLPMはOFFとなっているためプチフリは起こらない(はず)。

ここで【LPM設定の呼び出し】を選択し、【電源オプションの呼び出し】を選択すると電源オプションが開く。この辺りから上記手順3(電源オプションから設定を変更)と同じ形になる。閉じようとすると30秒広告を見ろと言われるのは手間に感じてしまうものの様々な設定が可能なのは便利だ。

プチフリと呼ばれる現象の主な原因はこのLPMが有効になっていることであり、大体は上記の方法を取ることで解除することが可能だ。

ドスパラ「GALLERIA XF」でプチフリが発生!

galleriaxfreview画像引用元:https://www.dospara.co.jp/

LPM問題が発生。 ゲーム中、ゲーム外でもプチフリが発生しました。 自己解決しましたが、注意書きも何もないので不親切です

プチフリが発生したので自分で調べて改善しましたがゲーミングPCでこれはないと思う。せめて対処方や対処ソフト同梱すべき。

8年前に購入したパソコンが壊れたためガレリアxfを購入 スペック、外装にはとても満足しましたが初日からプチフリが数時間に一度おこり、調べてみるとssdのlpm問題みたいでした 自己解決できましたが動作確認が甘いんじゃないかなーと思いました

性能は素晴らしいです。以前低スペックPCを使っていたので驚きが大きいです。ただSSDのLPM病?でプチフリーズが多発し、解決に少し手間取りました。それ以外は完璧です。

納期も早く丁寧な梱包でした。 しかし、起動してた後、ゲームやネットサーフィンなどをしている最中に2.3秒間フリーズすることがあります。 再起動しても同様に起こります。 こちらの環境が無線LANなのでその関係もあるかも知れませんがグラボに問題があるかもしれません。 それ以外は非常に静かで処理も早いく良いパソコンです。 購入する方はフリーズする点を注意し問題があればドスパラさんに連絡し解決してもらう形が良いでしょう。

ドスパラの人気ゲーミングPCだった「GALLERIA XF」でもプチフリが発生しているという口コミが多く投稿されている。これだけ口コミがあればドスパラ側でも何らかの対策はされているだろう。もちろん最新のモデルであれば対策は不要だ。

ただ、プチフリ自体は故障というわけではないので深刻に考える必要はない。対策をすればすぐに問題はなくなるので安心してほしい。実際に問題が起きたら上記の解消法を試してみると良い。初心者の方や自信のない方はお店側に連絡をして対策してもらうとよいと思う。

当記事のまとめ

当記事では、完成品のゲーミングPCで生じることのある「プチフリ」の原因と解消法についてまとめた。BTOパソコンで起こる場合、主な原因としては、「LPM(Link Power Management)」と呼ばれるSSDに搭載されている省電力機能の誤認識が挙げられる。

ゲーミングPCでもSSDが標準搭載となってきたことでプチフリの問題について表に出るようになった。ドスパラの人気ゲーミングPCであるGALLERIA XFでも同様の口コミが複数確認された。誤解のないように忠告しておくとこの問題はドスパラが悪いわけではない。SSDが高性能であるが故に生じてしまうのだ。

対策としてはレジストリからAHCI Link Power Managementの変更を行うだけだ。ただし、レジストリを触ることから思いもよらない損害を被ってしまう可能性がある。あまり自信のない方や初心者の方にはおすすめしない。購入したお店に連絡をすれば対応してくれる。

BTOパソコン購入後に読んで欲しい記事まとめ

BTOパソコンとはパソコンパーツ
kaigaipc

返品
届いたら
cpuparts

CPUとは
メモリとは
トラブル対処法デバイス・周辺機器
oyakudati

スペック不足
プチフリ
device

ゲーミングモニター
ゲーミングマウス
ゲーム環境構築
ゲームの仕組み
kankyou

モニター解像度
PCの置き場所
gameshikumi

FPS英語
3D酔い

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya