LEVEL-M1P5-R45-LAX-WHITEtop


パソコン工房が販売する「LEVEL-M1P5-R45-LAX-WHITE」のレビューを行った。税込99,800円とゲーミングPC全体で見ても低価格を実現している。Ryzen 5 4500×GeForce RTX 3050 6GBの組み合わせでゲーム性能は高くないが、価格が武器となることもあって評価は高い。

LEVEL-M1P5-R45-LAX-WHITEは、2023年12月に登場したパソコン工房のLEVELθというシリーズのモデルだ。価格を抑えたコストパフォーマンス重視のLEVELθだからこそ、GeForce RTX 3050 6GB搭載モデルも日の目を見られるようになったと言える。LEVEL-M1P5-R45-LAX-WHITEの登場により、ゲーミングPC市場における新たな試みと形が誕生したと言ってもいい。低価格帯に割り込める価格で今後の期待値を含めて楽しみなモデルである。円安の影響で価格は上昇傾向にあるが、評価は高い。登場時99,800円から5,000円アップの104,800円で販売中だ。

LEVEL-M1P5-R45-LAX-WHITEのスペック解説

LEVELTheta

メーカーパソコン工房
ゲーミングブランドLEVELθ
製品名LEVEL-M1P5-R45-LAX-WHITE
価格104,800円(税込)
CPURyzen 5 4500(レビュー)
GPUGeForce RTX 3050 6GB(レビュー)
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GB
電源650W BRONZE
マザーボードチップセットB550
おすすめ度Bランク
評価・コスパ
6.9

—–内訳—–
・ショップ評価
8.7

LEVEL-M1P5-R45-LAX-WHITEのコストパフォーマンス評価は6.9と標準よりも高めとなっている。少し前まで8.3と優秀だったことを考えると、迫力は失われたと言える。必要最低限にまとめられた構成は、しっかり価格の安さに活かされている。評価ダウンとはなったものの、今でもコストパフォーマンスを武器にできているモデルだ。予算を抑えた有力な選択肢となりそうだ。

>>LEVEL-M1P5-R45-LAX-WHITEを購入<<

LEVEL-M1P5-R45-LAX-WHITEのカスタマイズ(おすすめ度)

  • CPU -
  • CPUグリス ×
  • CPUクーラー ×
  • メモリ ×
  • SSD ×
  • 電源 –

LEVEL-M1P5-R45-LAX-WHITEは、カスタマイズを行わない方がよいモデルだ。これはLEVEL-M1P5-R45-LAX-WHITEに限らず、価格を重視したモデルは、カスタマイズで価格が高くなると評価が大きく落ちる。低価格であることが強みのLEVEL-M1P5-R45-LAX-WHITEは、標準構成で選んでこそのモデルだ。

どこかをカスタマイズするくらいなら、標準構成が理想的なモデルを選ぶ方がいい。Ryzen 5 4500の発熱量は大きくないため、CPUクーラー・CPUグリスの変更は恩恵が少ない。メモリ容量は使用感に多少プラス要素はあるが、メモリ32GBへ変更しても32GBが必要な用途には性能が物足りない。SSD容量のアップは悪くないように見えて、8,000円プラスされてしまうのがデメリットになる。11万円台にまで届くと、別のモデルが候補に入ってくる。メモリやSSDは後から増設できるので、不足を感じたら考えるくらいでいい。

各タイトルの対応表

Apex Legendsフォートナイトパルワールドマイクラ
Apex-Legends
・240Hz


・144Hz
fortnite
・240Hz


・144Hz
palworld
・144Hz


・60Hz
minecraft1
・影Mod


・通常

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

LEVEL-M1P5-R45-LAX-WHITEは、Ryzen 5 4500とGeForce RTX 3050 6GBを搭載したロークラスのゲーミングPCだ。ゲーム性能に関しては必要最低限という評価で、最新のゲームや高い負荷のかかる環境でのゲームプレイは得意とは言えない。設定は標準程度、あるいは少し下げた環境でのゲームプレイがおすすめだ。

Apex Legendsは、設定を下げさえすれば240Hz環境にも対応できる。ただし、144fps以上が出る場面があるという程度で、144Hz環境がベストだ。激しい交戦が続くとフレームレートが不安定になることから、完全な144Hz環境を構築するには最低設定も視野に入れるべきだろう。フォートナイトは負荷の軽い部類のゲームだ。基本的に240Hz環境でのゲームプレイも可能だ。ゲームモードによっては240fpsでの安定は難しく、200fps程度を目指すくらいになりそうだ。フォートナイトはアップデートで推奨環境が高くなっていることから、ある程度設定を下げることを前提にしたい。

パルワールドは要求スペックの高いゲームで、LEVEL-M1P5-R45-LAX-WHITEの性能では負荷を感じる場面が多い。細かな設定で負荷を下げにくいゲームであるため、多少の妥協が求められそうだ。60fps程度を目指すことは難しくないため、高リフレッシュレートを想定していなければ必要十分だろう。Minecraftの負荷はかなり低めだ。LEVEL-M1P5-R45-LAX-WHITEであっても余裕を持って対応できる。ただ、影Modのような、露骨に負荷が増大するModを導入する際は注意したい。設定をさげるなどして、負荷をさげなければラグが生じて致命的なミスに繋がる可能性がある。高画質Modを入れて画質を下げるというのは本末転倒にも思える。許容範囲は個人差があるので、必要十分と取るか物足りないと取るかは意見が分かれるところだ。

LEVEL-M1P5-R45-LAX-WHITEのゲーミング性能まとめ

Ryzen 5 4500(CPU)

LEVEL-M1P5-R45-LAX-WHITEで採用されているCPUは、Ryzen 5 4500だ。現行最低クラスのモデルとなる。旧世代のRyzen 5 3500と比べて6%程度伸びているだけに留まる。L3キャッシュ容量が半減したことでそこまでの伸びを得られなかった。GeForce RTX 3050 6GBとの組み合わせなら、ゲームプレイにおいてマイナスの影響はそれほどない。

性能が高くないことを理解し、ゲーム向けと割り切った使い方が適している。価格が安いので、性能が控えめであることも納得しやすい。低価格帯のモデルには最適なCPUである。ハイパースレッディングに対応したことで処理性能自体は大きく向上している。ただし、ゲーム実況や動画のエンコードのように処理性能が求められる用途は苦手だ。元々の性能が控えめであるため、伸び幅が大きくても実用面では物足りなさがある。

GeForce RTX 3050 6GB(GPU)

rtx30506gbgamescore

当該モデルで搭載されているGeForce RTX 3050 6GBは、一世代前にあたるAmpere世代のエントリークラスのGPUだ。GeForce GTX 1650の後継機で、性能はGeForce GTX 1650 SUPERに近い。RTコアを搭載したGeForce GTX 1650 SUPERのような立ち位置だ。GeForce RTX 3050 8GBモデルとの性能差は20%とやや大きい。GeForce GTX 1650の後継モデルとして見れば悪くない。レイトレーシング・DLSSをサポートしているのも強みだ。

>>LEVEL-M1P5-R45-LAX-WHITEを購入<<

LEVEL-M1P5-R45-LAX-WHITEの特徴&注意点

値上げで10万円を超えても優秀な一台

LEVEL-M1P5-R45-LAX-WHITEは、5,000円の値上げが適用となり10万円以下で購入できるゲーミングPCという強みは失った。わずか5,000円といっても、低価格帯のモデルにとってはかなりの痛手になる。しかしながら、LEVEL-M1P5-R45-LAX-WHITEがおすすめのモデルであることは変わらない。下位モデルであるGeForce GTX 1650搭載モデルも値上げされているからだ。

円安の影響は避けられない。相次ぐ値上げは、低価格帯のモデルにも直撃している。かつては8万円台だったモデルが、送料込みで9万円台中盤にまで差し掛かっている。この状況なら、GeForce RTX 3050 6GB搭載で104,800円なら十分低価格と言える。5,000円の値上げが適用となったにも関わらずおすすめできるのは、元々の価格が抑えられていることもある。

さらに、会員登録を行うことで送料が無料になるのも大きい。競合モデルと比べても優位性がある。Ryzen 5 4500とGTX 1650を搭載した一般向けモデルは送料込みで97,280円だ。最低クラスのゲーム性能のモデルがギリギリ100,000円を下回っている状況だ。少し性能に余裕のあるLEVEL-M1P5-R45-LAX-WHITEはゲーミングPCだ。ケースデザインや構成で上回るなら、7,000円程度の差は覆せる。

LEVEL-M1P5-R45-LAX-WHITEは価格だけが優れたモデルではない。値上げの影響はあっても、他に並び立てるモデルはない。GeForce GTX 1650搭載モデルより性能は高く、同じ価格帯に優れたモデルもない。値上げでコストパフォーマンスの評価は下げても、近い価格帯に強力なモデルは存在しない。それだけでLEVEL-M1P5-R45-LAX-WHITEを選ぶ理由になる。

理想を言えば99,800円で展開し続けてほしかった。低価格帯にも値上げの波が押し寄せている状況だ、5,000円の値上げで踏みとどまってくれるのなら御の字である。値上げで10万円台に突入したが、今でも低価格帯のモデルとしておすすめできる。少なくとも、強力なモデルが登場するまでは価格帯トップクラスのモデルだ。

ライトゲーマー向けの控えめな性能を持つ

LEVEL-M1P5-R45-LAX-WHITEの価格が安い理由は、性能や構成を抑えているからだ。特に、性能に関してはゲーミングPCの中で最低クラスである。CPU性能は、ゲーミングPCに採用されるCPUの中で最も低い。グラフィックボードは、Ampere世代であるGeForce RTX 30シリーズで最も低いグレードとなっている。4K解像度や240Hz環境でのゲームプレイを行うには適していない。

LEVEL-M1P5-R45-LAX-WHITEは、標準設定以下で60fpsが出せればよいというモデルである。本格的なゲームプレイや、ライバルに差をつける環境を構築することは難しい。古いゲームであっても144fpsで安定させるのが難しいこともある。価格のみならず、その性能からもエントリークラスと呼ぶに相応しいモデルだ。

最新のゲームを快適な環境でプレイするようなスタイルには合わない。基本無料系のゲームをみんなとわいわい遊べる性能だ。少し負荷の高いゲームをプレイすると、カクつきを感じる場面が出てくるだろう。はっきり言うと、多少の妥協が求められる性能だ。LEVEL-M1P5-R45-LAX-WHITEは買い替え対象ではなく、初めてのゲーミングPCにおすすめのモデルだ。

PCゲームとはどういったものか、それを体験できるモデルである。少し古いハイクラスやハイエンドクラスからの買い替えでは、性能が下がった感覚に陥るだろう。2世代前くらいのミドルハイクラスからだと性能は下がる。LEVEL-M1P5-R45-LAX-WHITEは選びやすいモデルである反面扱いにくいモデルだ。どの程度の性能があるか、初心者の方には理解しにくいはずだ。価

格だけを見て選択すると後悔する。Apex LegendsやVALORANTを240Hz環境でサクサクプレイすることはできない。あくまでも、エントリークラスだ。本格的なゲーム環境を構築することは難しいので、あまり高い期待を寄せるのは避けてほしい。悪く言えば価格相応のモデルである。

>>LEVEL-M1P5-R45-LAX-WHITEを購入<<

競合モデルとの比較

ブランド名LEVELθLightning
イメージLEVEL-M1P5-R45-RLX-WHITELightning AH5
製品名LEVEL-M1P5-R45-LAX-WHITELightning AH5
ケースミニミニ
価格104,800円93,980円
送料2,200円(会員無料)3,300円
CPURyzen 5 4500Ryzen 5 4500
GPURTX 3050 6GBGTX 1650
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GBNVMe 500GB
電源650W BRONZE450W BRONZE
マザーボードB550A520
納期2~7日最短翌営業日
保証
(延長)
1年間
(最長4年間)
1年間
(最長5年間)
電話サポート24時間365日24時間365日
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象はドスパラのLightning AH5だ。一般向けのビジネスモデルで、ゲーミングPCではない。そのため、コストは抑えられているが、ケースデザインは明らかに落ちる。送料込みの価格は97,280円で、LEVEL-M1P5-R45-LAX-WHITEより7,520円安い。グラフィックボードに1ランクの差があり、電源容量とチップセットでも差をつけられている。ケースデザインまで考慮すると7,520円の差は容易に覆る。

基本保証は双方1年だが、ドスパラは延長保証が最長5年だ。延長保証の最大年数と納期の短さがドスパラ製品の特徴だ。延長保証は費用がかかることもあり、それ自体がメリットとは言いにくい。誰にとっても恩恵があるのは納期が短いことくらいだろう。それだけでは、LEVEL-M1P5-R45-LAX-WHITEを超えることは難しい。

Lightning AH5が9万円台を切らない限りはLEVEL-M1P5-R45-LAX-WHITEをおすすめしたい。価格差が開けば比較の対象にはならない。1ランク上のゲーミングPCの比較対象になっている状況がLightning AH5には不利だ。価格差が10,000円以上つくまではLEVEL-M1P5-R45-LAX-WHITEを選んでおけば間違いない。

パソコンケースレビュー

LEVELθは2023年12月7日に登場した新しいシリーズだ。ミニタワーケースを採用しており、ゲーミングPCらしいデザインが特徴だ。最大240mmの水冷クーラーも搭載可能で、拡張性にも優れたケースである。

正面

Thetashoumen
これまでのLEVEL∞シリーズを踏襲したような、真ん中にLEVELθのロゴがあるシンプルなデザインだ。下部にThermaltakeのロゴがあるように、Thermaltake製のS100 TGシリーズをベースとしている。白色に溶け込むような目立たないロゴが、ケースのよさを引き出しているように見える。

左側面

Thetaleft
左側面は中身を全て確認できる大きなガラスパネルを採用している。LEDファンとの相性もよく、5割程度がガラスパネルのケースと違って見栄えがよい。白色ケースではLEDファンは青色発光になる。光を反射する白色によく合うカラーだ。

左側面カバー

Thetaswing
左側面はスウィングドアになっており、簡単に開閉ができる。増設などで内部を触る機会が多い方にとっては、有用な開閉システムと言える。一方で、スライド方式と違い、カバーを開くスペースが必要になる。PCワゴンのようなところに設置すると、開閉に一手間あるかもしれない。設置場所に少し気を遣う必要があるのはデメリットとなるかもしれない。

右側面

Thetaright
右側面にはとくに何もない。フロント側にエアホールがあるくらいだ。

天板

Thetatenban
本体上部の天板には2基のLEDファンと防塵フィルターがある。フロントファンは増設できるが、主なエアフローはこの天板部分のファンから行う。少し特殊な構造ながら、冷却性能の評価は高い。I/Oパネルも天板部分に設置されている。天板のほとんどはフィルターに覆われていることからわかるように、比較的大きめのファンも取り付けられそうだ。

I/Oパネル

Thetaiopanel
天板のI/Oパネルには、電源・リセットボタン・USB3.0 x1・USB 2.0 x2・イヤホンマイクの入出力端子がある。構成は標準的だ。気になるのはフロント部分に横一列に設置されているところだ。パソコンの設置場所によっては少し邪魔になるかもしれない。とくに、上部にスペースのない場所では、USBを接続することが難しくなる。ケース正面はすっきりするが、利便性は少し落ちるかもしれない。

背面

Thetahaimen
LEVELθの白色ケースの魅力は、この背面部分も白に統一されている点だ。多くの白色ケースは、普通に設置すると見えない背面部分の色が黒や銀色である。しっかりと白く塗装されているのは評価したい。排気ファンのあるメッシュ部分も白く、PCIeスロットカバーも白い。背面I/Oパネルと電源部分は搭載するマザーボードと電源の色となる。背面I/Oパネルは銀色、電源は黒になりやすい。それを差し引いても、背面全体が白色に統一されているのは素晴らしい。

底面

Thetateimen
本体底面はよくある構造だ。電源部分は天板と同じハニカム構造に防塵フィルターだ。四隅の足に滑り止めがついているので、設置面を気にしなくていい。基本に忠実といったところだろうか。

管理人による総評(LEVEL-M1P5-R45-LAX-WHITE)

LEVEL-M1P5-R45-LAX-WHITE

LEVEL-M1P5-R45-LAX-WHITEは、Ryzen 5 4500×RTX 3050 6GBを搭載したゲーミングPCだ。通常のGeForce RTX 3050 8GBのスペックダウンバージョンであるGeForce RTX 3050 6Gbを搭載している。ゲーム性能は控え目でフルHD環境でも設定調整は必須だ。高解像度への適性は低いといっていい。GeForce GTX 1660 SUPERの販売が終了して低価格帯のモデルが激減している。税込10万円以下という価格設定だけで評価は高くなる。新しい選択肢の登場で、ゲーミングPCの幅は広がった。LEVELθだからこそ活かせたモデルである。その後5,000円の値上げが適用となったが価格帯ではトップクラスのモデルだ。

価格CPUグラボ
104,800円Ryzen 5 4500RTX3050 6GB
メモリSSDHDD
DDR4 16GB500GB非搭載