LEVEL-M1A6-R75F-SLX-WHITEtop


パソコン工房が販売する「LEVEL-M1A6-R75F-SLX-WHITE」のレビューを行った。CPUにコストパフォーマンスの高いRyzen 5 7500Fを搭載して価格を抑えつつ、ミドルハイクラスのGeForce RTX 4060 Tiの性能を活かせる構成だ。LEVEL-M1A6-R75F-SLX-WHITEの強みは性能と価格だ。既存のGeForce RTX 4060 Ti搭載モデルに対して、どの程度の位置に付けていくのだろうか。人気のGeForce RTX 4060 Ti搭載モデルのラインナップに新たに加わり、その存在感を発揮できるか注目のモデルである。

Ryzen 5 7500Fは一般販売されていないCPUで、搭載モデルを扱うメーカーは限られている。そのせいで認知度も低く、本来の評価を正しく受けていないように感じる。Ryzen 5 4500の印象が大きいせいか、Ryzen 5というだけで避けてしまう方もいるかもしれない。そんな不安を払拭できる性能があるので、ぜひともLEVEL-M1A6-R75F-SLX-WHITEをチェックしてほしい。1.5万円の値上げが適用となってもおすすめ度は高めだ。

LEVEL-M1A6-R75F-SLX-WHITEのスペック解説

LEVELTheta

メーカーパソコン工房
ゲーミングブランドLEVELθ
製品名LEVEL-M1A6-R75F-SLX-WHITE
価格169,800円(税込)
CPURyzen 5 7500F(レビュー)
GPUGeForce RTX 4060 Ti(レビュー)
メモリDDR5-4800 16GB
SSDNVMe 500GB
電源650W BRONZE
マザーボードチップセットA620
おすすめ度Aランク
評価・コスパ
6.5

—–内訳—–
・ショップ評価
8.7

コストパフォーマンスの評価は6.5と標準よりも高めだ。GeForce RTX 4060 Ti搭載モデル全体が値上げ傾向にあり、6.5でも比較的上位に位置する評価だ。最新の構成が採用されていることから、評価が暴落することはないだろう。評価の割にはおすすめしやすいモデルだ。

>>LEVEL-M1A6-R75F-SLX-WHITEを購入<<

LEVEL-M1A6-R75F-SLX-WHITEのカスタマイズ(おすすめ度)

  • CPU -
  • CPUグリス ×
  • CPUクーラー ×
  • メモリ △
  • SSD ◯
  • 電源 –

LEVEL-M1A6-R75F-SLX-WHITEのカスタマイズは、メモリとSSDがおすすめだ。CPUクーラーとCPUグリスは、Ryzen 5 7500Fの発熱量では必要ない。電源は変更できないため、カスタマイズのポイントはメモリとSSDに絞られる。両方カスタマイズすると価格が高くなる。どちらか一つの変更にとどめたい。メモリの変更はパソコン操作全体の快適性につながる。

ゲームだけでなく、ブラウジングや動画視聴にも有用だ。ただし、メモリ32GBが必要となる使い方は、ブラウザタブを多く開きながら別のアプリケーションを使用するなど、負荷の高まる操作が必須となっている。そのため、メモリ32GBは人を選ぶカスタマイズとなる。もう少しゲーム性能が高ければ、ゲーム用途にも使いやすかった。ゲームでメモリ32GBが必要となる場面は、GeForce RTX 4060 Ti搭載モデルではなかなか実現しない。

SSD容量は性能や用途を問わずに重要だ。長くパソコンを使用すれば、どうしても容量は圧迫されていく。ゲームにしても、様々なゲームをプレイするには、まずストレージに保存しなければならない。都度削除して対応しようにも、ゲームによってはとても時間がかかるものもあるため現実的ではない。500GBという容量は、ゲーミングPCでは最低限の容量だ。ここを1TBへ変更するだけでも、扱いやすさに大きな違いが出る。メモリとSSDのカスタマイズで、汎用性が高いのは間違いなくSSDだ。

各タイトルの対応表

Apex Legendsフォートナイトパルワールドマイクラ
Apex-Legends
・240Hz


・144Hz
fortnite
・240Hz


・144Hz
palworld
・144Hz


・60Hz
minecraft1
・影Mod


・通常

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

LEVEL-M1A6-R75F-SLX-WHITEはRyzen 5 7500FとRTX 4060 Tiを搭載したミドルハイクラスのゲーミングPCだ。人気の性能で、多くのゲームを快適にプレイできる。フルHDであれば高リフレッシュレートに対応できることから、対人要素の強いゲームや、競技性の高いゲームで真価を発揮する性能と言える。

Apex Legendsでは、設定を少し下げれば240fpsも目指せる。ただし、240fpsの張り付きは少し厳しい。200fps~240fpsで揺れ動くことが多く、マップや戦闘状況によっては不安定に感じる場面がある。設定を標準より少し下げる方が無難だ。同じジャンルであるフォートナイトは、負荷が低めで240fpsの張り付きも余裕を持って実現できる。注意点は、アップデートで年々要求スペックが高くなっていることだ。新モードなどが追加されると、完璧な240fpsの張り付きはできないかもしれない。それだけは留意しておきたい。

話題となったパルワールドは、推奨環境にメモリ32GBが指定されている。LEVEL-M1A6-R75F-SLX-WHITEは16GB搭載であるため、推奨環境を完全にクリアすることはできない。あまり細かく設定を変更できないこともあり、144fpsでの安定は難しい。100fps以上は目指せるので144Hz環境に対応はできる。今も高い人気を誇るMinecraftでは、負荷の高い影Modを導入しても安定したゲームプレイが可能だ。MinecraftはModでゲーム性が大きく変わると同時に、負荷が大きくなるものもある。Minecraftを遊び尽くす上で、Modを導入しても安定する性能というのは重要だ。LEVEL-M1A6-R75F-SLX-WHITEなら、それを実現できる。

LEVEL-M1A6-R75F-SLX-WHITEのゲーミング性能まとめ

ゲーミングPCは、CPUやグラフィックボードなどのパーツの集合体だ。とくにグラフィックボードはゲームに大きな影響を与えるパーツだ。CPUはゲームはもちろん、ゲーム以外の用途にも使用される重要なパーツだ。初心者の方は、CPUやグラフィックボードの型番やスペックから性能をイメージしにくいはずだ。それぞれの性能をよく知ることで、理想的な環境を整えることができるようになる。CPUとグラフィックボードの性能をグラフとスコアでわかりやすく解説している。

Ryzen 5 7500F(CPU)

ryzen57500fgamescore

LEVEL-M1A6-R75F-SLX-WHITEに搭載されているCPUは、登場したばかりのRyzen 5 7500Fだ。国内では単体での販売がないことから、BTOや規制品を利用するユーザー向けのCPUと言える。CPU内蔵グラフィックスは非搭載であるため、グラフィックボードが必須だ。性能がゲーム寄りに作られており、ゲーマー向けのCPUと言っても過言ではないだろう。

Core i5-13400と比べてゲーム性能は同等だ。処理性能では下回るものの、ゲーム性能で並んだことを評価したい。従来のRyzen 5 5500より34%、Ryzen 5 4500よりも37%もゲーム性能を伸ばしている。これまでのシリーズではゲーム性能でCore i5シリーズに完敗だった。そこからゲーム性能を伸ばして、並び立てるまでになったのは快挙と言える。プラットフォームコストがかかることで、Core i5-13400Fよりも劇的に安くなることはない。それでも、Core i5シリーズに対抗できる性能を持っているので、多くの方にとって優秀な選択肢になっていくはずだ。

GeForce RTX 4060 Ti(GPU)

rtx4060ti8gbgamescore

GeForce RTX 4060 Tiは、Ada Lovelace世代で人気のあるグラフィックボードだ。従来のGeForce RTX 3060 Tiよりも15%性能が高く、その上位モデルのGeForce RTX 3070と同等の性能がある。性能を伸ばしたことで、WQHD解像度への対応力も向上し、幅広い環境でゲームプレイを行えるようになった。最近はWQHD解像度で144Hzを出せるモニターも登場している。高解像度と高リフレッシュレートを実現できるようになり、GeForce RTX 4060 Tiの人気を後押ししている。

今はフルHDだけの時代ではない。多くのゲームがフルHDを超える解像度に対応し、フレームレートだけではなく画質も求められるようになった。グラフィックボードの性能が伸びてきたことで、新しい環境としてWQHDは定着しそうだ。Ryzen 5 7500Fとの組み合わせなら、WQHD解像度が一般的になったとしても、ある程度対応できると見ている。もちろん、フルHDでも力を発揮し、240Hzを目指すことも可能だ。ゲームの環境を選ばない汎用性が人気の理由でもある。

>>LEVEL-M1A6-R75F-SLX-WHITEを購入<<

LEVEL-M1A6-R75F-SLX-WHITEの特徴&注意点

15,000円の値上げも選びやすさは健在

LEVEL-M1A6-R75F-SLX-WHITEは、15,000円の値上げが適用された。これまでの154,800円という価格設定はそれだけで選択する理由になるほどの強みでそれが失われた形だ。それでも他のGeForce RTX 4060 Ti搭載モデルも軒並み値上げされていることを考慮すると今でも優れたモデルとなる。円安の状況を考えるとゲーミングPCの価格が上がるのは不思議ではない。

LEVEL-M1A6-R75F-SLX-WHITEのよさは、価格の安さというよりも選びやすさにあったと言える。Ryzen 5 7500Fは、Core i5-14400Fに近い性能を持ち価格を抑えやすいという特徴がある。Core i5-14400F搭載モデルよりも値上げ額が抑えられていることから特徴がしっかりと反映されていることがわかる。

Ryzen 5 7500FとGeForce RTX 4060 Ti搭載モデルで16万円台はまずまずの価格だ。値上げ後のLEVEL-M1A6-R75F-SLX-WHITEがその価格帯に落ち着いたのは素晴らしい。値上げで選択しにくい状況になることを防いだ。GeForce RTX 4060 Ti搭載モデルの人気は高く、ミドルハイクラスの人気は、LEVEL-M1A6-R75F-SLX-WHITEが支えていくことになりそうだ。

問題があるとすればRyzen 5 7500Fの認知度が低いことだろうか。Core i5-14400Fと性能が近くても、CPU単体で市販されていないことから知らない人の方が多いかもしれない。また、価格の安さは必ずしもよい反応が得られるとは限らない。価格が安いと性能も低いと考えられてしまうこともあるかもしれない。優秀なモデルであっても、少し不利な状況であることは否めない。

円安による値上げの中で、ギリギリの価格帯で踏みとどまったLEVEL-M1A6-R75F-SLX-WHITEは、もっと評価されてもおかしくない。値上げされてもおすすめできるモデルは限られている。今の狙い目はLEVEL-M1A6-R75F-SLX-WHITEだ。候補に入れておいて損はないはずだ。

構成は弱点だがカバー可能

LEVEL-M1A6-R75F-SLX-WHITEにも弱点は構成が平凡であることだ。価格を抑えたLEVELθシリーズ特有の弱みとなる。価格を抑えるためには構成を充実させるわけにはいかない。最低限と言える構成でまとめられているため、全体的に物足りなさを感じる。性能と価格に特化したモデルによくある利便性の低いモデルだ。

ただ、メモリ規格はDDR5-4800で、チップセットはA620を採用している。Ryzen 5 7500Fは最新のパーツが必須となることから、品質が悪いというわけではない。電源容量も650Wで余裕がある。LEVEL-M1A6-R75F-SLX-WHITEの構成で弱みとなっているのはSSDだ。500GBの容量は、ゲームをメインとするゲーミングPCでは満足できる容量ではない。メモリ容量にしても、32GBを標準に考える方が多くなっている。

Steamのハードウェア調査(Steam, 2024)を見るとメモリ16GBが48%で、メモリ32GBが28%だ。32GBというメモリ容量は標準的になりつつある。朗報としてはSSDもメモリもカバーがしやすいことが挙げられる。カスタマイズはもちろん、必要性を感じたら増設することも可能だ。メモリもストレージも後から追加することは難しくない。

メモリはスロットに差し込むだけ、ストレージはUSB接続の外付タイプもある。メモリとSSDの容量が弱点のモデルは、実質的に弱点がないとも言えそうだ。コストもあまりかからず対応できる問題だ。人によっては変更する必要性を感じないこともあるくらいだ。LEVEL-M1A6-R75F-SLX-WHITEの弱点は、強いて言えばという程度でしかない。改善できない問題を抱えたモデルはおすすめできないが、LEVEL-M1A6-R75F-SLX-WHITEは容易に改善できるのでおすすめだ。

>>LEVEL-M1A6-R75F-SLX-WHITEを購入<<

競合モデルとの比較

ブランド名LEVELθNEXTGEAR
イメージLEVEL-M1P5-R45-RLX-WHITEnextgear
製品名LEVEL-M1A6-R75F-SLX-WHITENEXTGEAR JG-A7G70
RTX 3070搭載
ケースミニミニ
価格169,800円144,800円
送料2,200円(会員無料)無料
CPURyzen 5 7500FRyzen 7 5700X
(8コア16スレッド)
GPURTX 4060 TiRTX 3070
メモリDDR5-4800 16GBDDR4-3200 16GB
SSD500GB NVMe1TB Gen4 NVMe
電源650W BRONZE750W BRONZE
マザーボードA620B550
納期2~7日後約11営業日
保証
(延長)
1年間
(最長4年間)
3年間
(延長保証なし)
電話サポート24時間365日24時間365日
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象はマウスコンバーターのNEXTGEAR JG-A7G70だ。価格は25,000円も安く、標準で3年保証が付属する強力なモデルだ。CPUの性能は少し下がるが、グラフィックボードの性能は同等だ。SSD容量倍増、SSD接続規格が向上、電源容量にも余裕がある。ゲーム性能はCPU性能の分だけ下がるものの、総合的に見れば同等の性能を持つモデルだ。構成にも優れており、25,000円も安く選択できるなら優秀だ。

NEXTGEAR JG-A7G70は少し異質なモデルで、1世代前のGeForce RTX 3070を搭載している。値上げの対象とならず、価格を維持できたことで評価を高めた。円安で値上げが続いている状況では、かなり有力なモデルと言える。前世代のハイクラスは、現行のミドルハイクラスだ。今だからこそ選びたいモデルである。LEVEL-M1A6-R75F-SLX-WHITEも優秀なモデルだが、NEXTGEAR JG-A7G70の方がおすすめだ。

パソコンケースレビュー

LEVELθは2023年12月7日に登場した新しいシリーズだ。ミニタワーケースを採用しており、ゲーミングPCらしいデザインが特徴だ。最大240mmの水冷クーラーも搭載可能で、拡張性にも優れたケースである。

正面

Thetashoumen
これまでのLEVEL∞シリーズを踏襲したような、真ん中にLEVELθのロゴがあるシンプルなデザインだ。下部にThermaltakeのロゴがあるように、Thermaltake製のS100 TGシリーズをベースとしている。白色に溶け込むような目立たないロゴが、ケースのよさを引き出しているように見える。

左側面

Thetaleft
左側面は中身を全て確認できる大きなガラスパネルを採用している。LEDファンとの相性もよく、5割程度がガラスパネルのケースと違って見栄えがよい。白色ケースではLEDファンは青色発光になる。光を反射する白色によく合うカラーだ。

左側面カバー

Thetaswing
左側面はスウィングドアになっており、簡単に開閉ができる。増設などで内部を触る機会が多い方にとっては、有用な開閉システムと言える。一方で、スライド方式と違い、カバーを開くスペースが必要になる。PCワゴンのようなところに設置すると、開閉に一手間あるかもしれない。設置場所に少し気を遣う必要があるのはデメリットとなるかもしれない。

右側面

Thetaright
右側面にはとくに何もない。フロント側にエアホールがあるくらいだ。

天板

Thetatenban
本体上部の天板には2基のLEDファンと防塵フィルターがある。フロントファンは増設できるが、主なエアフローはこの天板部分のファンから行う。少し特殊な構造ながら、冷却性能の評価は高い。I/Oパネルも天板部分に設置されている。天板のほとんどはフィルターに覆われていることからわかるように、比較的大きめのファンも取り付けられそうだ。

I/Oパネル

Thetaiopanel
天板のI/Oパネルには、電源・リセットボタン・USB3.0 x1・USB 2.0 x2・イヤホンマイクの入出力端子がある。構成は標準的だ。気になるのはフロント部分に横一列に設置されているところだ。パソコンの設置場所によっては少し邪魔になるかもしれない。とくに、上部にスペースのない場所では、USBを接続することが難しくなる。ケース正面はすっきりするが、利便性は少し落ちるかもしれない。

背面

Thetahaimen
LEVELθの白色ケースの魅力は、この背面部分も白に統一されている点だ。多くの白色ケースは、普通に設置すると見えない背面部分の色が黒や銀色である。しっかりと白く塗装されているのは評価したい。排気ファンのあるメッシュ部分も白く、PCIeスロットカバーも白い。背面I/Oパネルと電源部分は搭載するマザーボードと電源の色となる。背面I/Oパネルは銀色、電源は黒になりやすい。それを差し引いても、背面全体が白色に統一されているのは素晴らしい。

底面

Thetateimen
本体底面はよくある構造だ。電源部分は天板と同じハニカム構造に防塵フィルターだ。四隅の足に滑り止めがついているので、設置面を気にしなくていい。基本に忠実といったところだろうか。

管理人による総評(LEVEL-M1A6-R75F-SLX-WHITE)

LEVEL-M1A6-R75F-SLX-WHITE

LEVEL-M1A6-R75F-SLX-WHITEは、Ryzen 5 7500F×RTX 4060 Tiを搭載したゲーミングPCだ。Ryzen 5 7500Fを搭載したモデルは、各メーカーから登場している。その中でもLEVEL-M1A6-R75F-SLX-WHITEは、Ryzen 5 7500Fのよさを最大限引き出したモデルと言える。性能的に競合するのはCore i5-13400F搭載モデルだ。本来最新のマザーボードなどプラットフォームコストが高くなるRyzen 5 7500F搭載モデルは価格を抑えきれない印象が強い。

ところがLEVEL-M1A6-R75F-SLX-WHITEは、Core i5-14400F搭載モデルよりも値上げ幅が抑えられているので選択する理由になる。LEVEL-M1A6-R75F-SLX-WHITEこそRyzen 5 7500Fのよさを全面に出したモデルだ。RTX 4060 Tiとの組み合わせで、ゲームへの対応力は高く、今後のスタンダードになりそうだ。Ryzen 5 7500Fを搭載しているのであれば、価格は非常に重要だ。Core i5-14400F搭載モデルよりも価格が高いモデルばかりで、いまいちよさが伝わりにくかった中でLEVEL-M1A6-R75F-SLX-WHITEの登場は驚きだ。業界が変わる可能性も秘めている。

価格CPUグラボ
169,800円Ryzen 5 7500FRTX4060Ti
メモリSSDHDD
DDR5 16GB500GB非搭載

参照外部サイト