LEVEL-M1P5-R45-SLX-WHITEtop


パソコン工房が販売する「LEVEL-M1P5-R45-SLX-WHITE」のレビューをまとめた。GeForce RTX 4060 Ti搭載で最安値クラスという低価格が魅力のモデルだ。2023年12月に登場したLEVELθ(シータ)シリーズのコンセプトはコストパフォーマンスだ。当該モデルはLEVELθだからこそ実現できたモデルと言えるだろう。GeForce RTX 4060 Tiは、コストパフォーマンスが高く初心者から熟練のゲーマーまで幅広く選ばれている。

本格的なゲームプレイもできる優れたミドルハイクラスの性能と、ミドルクラス並の価格は予算を抑えたい方にとっても有力な選択肢になるはずだ。セール・キャンペーンでの限定モデルでもない限り、GeForce RTX 4060 Ti搭載で13万円台はなかなか難しい。この驚異的な価格設定で、15万円以下の価格帯のモデルを席巻する存在になりそうだ。

LEVEL-M1P5-R45-SLX-WHITEのスペック解説

LEVELTheta

メーカーパソコン工房
ゲーミングブランドLEVELθ
製品名LEVEL-M1P5-R45-SLX-WHITE
価格144,800円(税込)
CPURyzen 5 4500(レビュー)
GPUGeForce RTX 4060 Ti(レビュー)
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GB
電源650W BRONZE
マザーボードチップセットB550
おすすめ度Bランク
評価・コスパ
6.1

—–内訳—–
・ショップ評価
8.7

コストパフォーマンスの評価は6.1だ。標準より少し高い程度で、Ryzen 5 4500搭載モデルとしては少し物足りない。10,000円の値上げで評価を落としいる形だ。おすすめ度もSランクからBランクまで落ちた。GeForce RTX 4060 Ti搭載モデルとしては頑張っているが、現時点ではやや微妙な存在といえる。

>>LEVEL-M1P5-R45-SLX-WHITEを購入<<

LEVEL-M1P5-R45-SLX-WHITEのカスタマイズ(おすすめ度)

  • CPU -
  • CPUグリス ×
  • CPUクーラー ×
  • メモリ ×
  • SSD △
  • 電源 –

カスタマイズを検討するならSSDぐらいだろう。そのSSDも必須と言えるほど重要ではなく、好みの問題でしかない。唯一ストレージ容量だけは性能や用途問わず必要となるため、1TBへのカスタマイズは恩恵がある。容量がアップすれば、保存できるゲームやファイルが増える。最新のゲームでは300GBもの容量が必要となるものもあり、500GBでは不足しやすい。

価格が高くなるので推奨しにくいが、LEVEL-M1P5-R45-SLX-WHITEをカスタマイズするならSSDをおすすめしたい。CPUグリスとCPUクーラーは、CPUの冷却効果を高めるためのものだ。Ryzen 5 4500の発熱量なら標準で十分だ。性能が控えめなモデルには、メモリ容量アップも恩恵が薄い。

各タイトルの対応表

Apex Legendsフォートナイトパルワールドマイクラ
Apex-Legends
・240Hz


・144Hz
fortnite
・240Hz


・144Hz
palworld
・144Hz


・60Hz
minecraft1
・影Mod


・通常

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

LEVEL-M1P5-R45-SLX-WHITEはRyzen 5 4500とRTX 4060 Tiを搭載したミドルハイクラスのゲーミングPCだ。CPU性能は少し低く、CPU性能が求められるゲームは苦手だ。ゲーム以外の用途も得意ではないため、用途の幅は広いとは言えない。プレイスタイルに適しているか確認してほしい。

Apex Legendsはバトロワ系の中でも人気のゲームだ。240fpsの張り付きを求めるコアなゲーマーが多い。LEVEL-M1P5-R45-SLX-WHITEは、240Hz環境への対応力に優れ、240fpsも実現可能だが、240fpsの張り付きは難しい。負荷のかかる場面では不安定になることが多く、安定させるには設定を下げなくてはならない。同じく人気のフォートナイトでは、最高設定でも240fpsの張り付きが可能だ。フォートナイトはそれほどCPUパワーが必要とならないことから、LEVEL-M1P5-R45-SLX-WHITEでも安定させやすいのが特徴だ。

話題となったパルワールドは、要求スペックが高めのゲームだ。推奨環境にメモリ32GBが要求されるなど、最新のゲームらしい負荷がかかる。LEVEL-M1P5-R45-SLX-WHITEはやや苦手としているゲームながら、144Hz環境は目指せる。今でも人気のMinecraftでは、グラフィック品質を向上させる影Modを導入可能だ。負荷は高まるものの、CPUへの負荷はそれほど高くならない。グラフィックボードの性能で対応することになるため、LEVEL-M1P5-R45-SLX-WHITEのようなモデルでは得意なゲームである。他のModを導入しても安定させられるので安心してMinecraftの世界を堪能できる。

LEVEL-M1P5-R45-SLX-WHITEの性能まとめ

ゲーミングPCは、CPUやグラフィックボードなどのパーツの集合体である。ゲームにはCPUとグラフィックボードの性能が重要になる。初心者の方やパソコンに慣れていない方に、スペックを見て性能をイメージすることは難しいと考えている。そのため、CPUとグラフィックボードの性能をグラフとスコアで直感的にわかりやすくしている。

Ryzen 5 4500(CPU)

LEVEL-M1P5-R45-SLX-WHITEではCPUにZen 2アーキテクチャ採用のRyzen 5 4500を搭載している。6コア12スレッドとハイパースレッディングに対応しているが、ゲーミング性能はそこまで伸びていない。従来モデルのRyzen 5 3500との性能差は7%程度に留まっている。現行のゲーミングPCに採用されるCPUでは最も性能が低い。

その分だけ価格も安くなっているため、価格を抑えたいミドルクラスやロークラスでは有用だ。グラフィックス処理性能が高くない場合CPUのボトルネックはある程度避けられる。デメリットなしで価格を抑えられると考えると悪くない。GeForce RTX 4060 Tiとの組み合わせでは不利な部分もあり、フレームレートが落ち込んでしまう可能性もある。それでも価格を抑えることが目的なら懸命な判断となる。

GeForce RTX 4060 Ti(GPU)

rtx4060tinew

GeForce RTX 4060 Tiは、Ada Lovelace世代で人気のあるグラフィックボードだ。従来のGeForce RTX 3060 Tiよりも15%ほど性能が高く、その上位モデルであるGeForce RTX 3070と同等の性能を有している。性能の向上によりWQHD解像度への対応力が増している。WQHD解像度で144Hzや165Hzなどの高リフレッシュレートも実現できる。幅広いゲーム環境を構築可能だ。最新のゲームもスペックが不足することがない安心感がある。

ゲームの推奨環境でGeForce RTX 4060 Ti以上が求められることは少ない。ただ、Ryzen 5 4500との組み合わせは、ベストマッチというわけではない。体感できるほどパフォーマンスが落ちることはないが、Core i5-13400FやRyzen 7 5700Xとの組み合わせに比べてフレームレートは落ちる。フレームレートも安定しにくいため、240Hz環境は得意とは言えない。180Hzを上限に考えた方が無難だ。

>>LEVEL-M1P5-R45-SLX-WHITEを購入<<

LEVEL-M1P5-R45-SLX-WHITEの特徴&注意点

10,000円の値上げが致命的

LEVEL-M1P5-R45-SLX-WHITEは10,000円の値上げが適用された。これにより、評価は大きく下がり、競合製品に差をつけられる結果となった。Ryzen 5 4500搭載モデルは、価格の安さが求められる。GeForce RTX 4060 Ti搭載で13万円台という低価格を実現していたモデルにとって、10,000円の値上げは致命的だ。

ただ、GeForce RTX 4060 Ti搭載モデルとして見れば、14万円台の現在でも優秀な価格設定だ。GeForce RTX 4060 Ti搭載モデルは全体的に値上げされていて、Ryzen 5 4500との組み合わせでも15万円台に突入するモデルが増えている。現在の144,800円でも十分選びやすい。144,800円は、円安で値上げされる前のミドルクラスの価格帯だ。十分にアドバンテージがあるように見える。

それにもかかわらず、ここまでおすすめしにくくなったのは競合製品の存在が挙げられる。旧世代のグラフィックボードを搭載したモデルに近づいてしまっている。せめて5,000円程度の値上げにとどめ、13万円台を維持できていれば評価は違っていただろう。もっとも在庫処分的な立ち位置で売り切れとなればまた話は変わってくる。

現時点の評価としては、価格重視のRyzen 5 4500搭載モデルは価格で並ばれると厳しい。特に競合製品の多くはRyzen 5 4500よりも優れたCPUを搭載しているモデルばかりだ。性能を犠牲に価格を抑えるRyzen 5 4500搭載モデルは、価格で大きなリードを広げられなければ選択する意味がなくなる。今のLEVEL-M1P5-R45-SLX-WHITEは選択するメリットが薄い状態だ。

ゲーミングPCは15万円前後のモデルが最も人気がある。その価格帯に含まれているLEVEL-M1P5-R45-SLX-WHITEは、競合製品の存在によりおすすめしにくい。人気の価格帯はそれだけ強力な製品が集まる。値上げで評価を下げているモデルでは対抗することすら難しいといえる。

値上げでRyzen 5 4500搭載が仇となる

LEVEL-M1P5-R45-SLX-WHITEの弱みはCPU性能の低さだ。確かにRyzen 5 4500は低価格で価格を重視するなら魅力的なモデルだ。しかし、値上げによってその強みを失った今弱みだけが残ってしまったといえる。Ryzen 5 4500の性能は思っている以上に低い。ゲームプレイでもフレームレートに影響を与えやすい。

対人要素の強いゲームでは、Ryzen 5 4500を搭載していると、体感できるくらいにフレームレートが落ち込む可能性がある。これはベンチマークではわかりにくい部分だ。いかにグラフィックボードの性能が高くても、CPU性能が低ければゲームを快適にプレイすることは難しい。もちろん、CPUへの負荷が低いゲームではその限りではない。

ゲーム以外での用途でもデメリットが顕著となる。ブラウジングや動画を視聴する程度では気にならないが、画像の編集、動画のエンコードなどCPU性能が求められるケースだ。Discordの画面共有機能、負荷の低いアプリの同時起動でもカクつく場面がある。とくにDiscordの画面共有機能は注意したい。自分の画面を共有すると、ゲームや他のアプリケーションの動作が明らかに悪くなる。

便利な機能やアプリケーションの起動にストレスを感じる場面が増える。現行のゲーミングPCで最低限として扱われるRyzen 5 4500は、その性能の低さを理解する必要がある。一つの用途に対しては、それほどCPUパワーが不足する印象はない。何かをしながらのマルチタスクが苦手のようだ。ゲームならゲームだけ、作業なら作業だけを行う。

そういった制限がかかるため、人を選ぶ性能と言える。ストリーマーやクリエイターにはおすすめできない。また、できることならゲーマーも避けたい。それは、比較対象に強力なモデルがあることが大きく影響している。比較の項目もチェックしておいてほしい。

>>LEVEL-M1P5-R45-SLX-WHITEを購入<<

競合モデルとの比較

ブランド名LEVELθNEXTGEAR
イメージLEVEL-M1P5-R45-RLX-WHITEnextgear
製品名LEVEL-M1P5-R45-SLX-WHITENEXTGEAR JG-A7G70
RTX 3070搭載
ケースミニミニ
価格144,800円144,800円
送料2,200円(会員無料)無料
CPURyzen 5 4500
(6コア12スレッド)
Ryzen 7 5700X
(8コア16スレッド)
GPURTX 4060 TiRTX 3070
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GB1TB Gen4 NVMe
電源650W BRONZE750W BRONZE
マザーボードB550B550
納期2~7日後約11営業日
保証
(延長)
1年間
(最長4年間)
3年間
(延長保証なし)
電話サポート24時間365日24時間365日
公式公式公式
レビュー当ページ当ページ
比較対象はマウスコンピューターのNEXTGEAR JG-A7G70だ。LEVEL-M1P5-R45-SLX-WHITEの完全上位互換と言えるモデルだ。CPU性能・グラフィックス性能・SSD規格/容量・電源容量で上回る。さらに、基本保証が3年間と長く設定されている。価格が同じである以上、LEVEL-M1P5-R45-SLX-WHITEを選択する理由はない。値上げの影響を受けなかったNEXTGEAR JG-A7G70が狙い目であり、おすすめのモデルだ。すぐに在庫切れとなるはずなので購入検討中の方は必見だ。

パソコンケースレビュー

LEVELθは2023年12月7日に登場した新しいシリーズだ。ミニタワーケースを採用しており、ゲーミングPCらしいデザインが特徴だ。最大240mmの水冷クーラーも搭載可能で、拡張性にも優れたケースである。

正面

Thetashoumen
これまでのLEVEL∞シリーズを踏襲したような、真ん中にLEVELθのロゴがあるシンプルなデザインだ。下部にThermaltakeのロゴがあるように、Thermaltake製のS100 TGシリーズをベースとしている。白色に溶け込むような目立たないロゴが、ケースのよさを引き出しているように見える。

左側面

Thetaleft
左側面は中身を全て確認できる大きなガラスパネルを採用している。LEDファンとの相性もよく、5割程度がガラスパネルのケースと違って見栄えがよい。白色ケースではLEDファンは青色発光になる。光を反射する白色によく合うカラーだ。

左側面カバー

Thetaswing
左側面はスウィングドアになっており、簡単に開閉ができる。増設などで内部を触る機会が多い方にとっては、有用な開閉システムと言える。一方で、スライド方式と違い、カバーを開くスペースが必要になる。PCワゴンのようなところに設置すると、開閉に一手間あるかもしれない。設置場所に少し気を遣う必要があるのはデメリットとなるかもしれない。

右側面

Thetaright
右側面にはとくに何もない。フロント側にエアホールがあるくらいだ。

天板

Thetatenban
本体上部の天板には2基のLEDファンと防塵フィルターがある。フロントファンは増設できるが、主なエアフローはこの天板部分のファンから行う。少し特殊な構造ながら、冷却性能の評価は高い。I/Oパネルも天板部分に設置されている。天板のほとんどはフィルターに覆われていることからわかるように、比較的大きめのファンも取り付けられそうだ。

I/Oパネル

Thetaiopanel
天板のI/Oパネルには、電源・リセットボタン・USB3.0 x1・USB 2.0 x2・イヤホンマイクの入出力端子がある。構成は標準的だ。気になるのはフロント部分に横一列に設置されているところだ。パソコンの設置場所によっては少し邪魔になるかもしれない。とくに、上部にスペースのない場所では、USBを接続することが難しくなる。ケース正面はすっきりするが、利便性は少し落ちるかもしれない。

背面

Thetahaimen
LEVELθの白色ケースの魅力は、この背面部分も白に統一されている点だ。多くの白色ケースは、普通に設置すると見えない背面部分の色が黒や銀色である。しっかりと白く塗装されているのは評価したい。排気ファンのあるメッシュ部分も白く、PCIeスロットカバーも白い。背面I/Oパネルと電源部分は搭載するマザーボードと電源の色となる。背面I/Oパネルは銀色、電源は黒になりやすい。それを差し引いても、背面全体が白色に統一されているのは素晴らしい。

底面

Thetateimen
本体底面はよくある構造だ。電源部分は天板と同じハニカム構造に防塵フィルターだ。四隅の足に滑り止めがついているので、設置面を気にしなくていい。基本に忠実といったところだろうか。

管理人による総評(LEVEL-M1P5-R45-SLX-WHITE)

LEVEL-M1P5-R45-SLX-WHITE

LEVEL-M1P5-R45-SLX-WHITEは、Ryzen 5 4500×RTX 4060 Tiを搭載したゲーミングPCだ。パソコン工房の新シリーズLEVELθはコストパフォーマンスを重視している。その特性通り、当該モデルもGeForcfe RTX 4060 Ti搭載で最安値クラスのモデルである。GeForce RTX 4060 Ti搭載モデルは値上げ傾向にあり、そのタイミングでの最安値モデルの登場は、他のメーカーにも影響を与えるかもしれない。

構成は必要最低限、カスタマイズの自由度は低い。しかしながら、それらはLEVEL-M1P5-R45-SLX-WHITEのデメリットにはならない。価格を抑えたモデルは、カスタマイズで価格を上げてしまうと価値が失われる。構成は不足するほどではないため、標準構成のままでも使用感に快適性が落ちるわけではない。価格を抑えるために、様々な工夫を凝らし、そして結果に繋げている。

LEVELθは大きなインパクトと同時に、これまでなかったゲーミングPCの形を確立させる存在だ。LEVEL-M1P5-R45-SLX-WHITEに触発されて、よりよいモデルが多く登場することに期待する。そして、それらのモデルに対して、常に牽引するような存在になってくれることにも期待している。10,000円の値上げが適用となり評価を落としている。今は旧世代のゲーミングPCを狙うのがよさそうだ。

価格CPUグラボ
144,800円Ryzen 5 4500RTX4060Ti
メモリSSDHDD
DDR4 16GB500GB非搭載